【C-HR】エアロでカスタム!GR・モデリスタの魅力を紹介

C-HR

維持費を気にせずに欲しい車を手にする!

カーリースを利用することはメリットがたくさんあります!

頭金ゼロでずっと定額の支払い

クルマ代は使う分だけ

車検代、メンテ代は全てコミコミ

国産、輸入車問わず好きな車種が選べる

使わない時はシェアして維持費を軽減できる

カーリースでクルマを購入するという選択肢を知っているだけで大幅に節約できますよ!


クーペスタイルのスポーティーなデザインが特徴的なクロスオーバーSUV【トヨタ C-HR】

デザインのみならず【プリウス】譲りの走りと燃費性能も人気の理由ですが、メーカー製コンプリートカーといえる存在GR SPORTが標準グレードとしてラインナップされていて侮れない走りを見せる事も人気の理由でしょう。

GR SPORT以外にも豊富なカスタマイズパーツが純正アクセサリーとしてラインナップしていて純正パーツだけで個性的なカスタマイズが出来るのも魅力の一つとなっています。

【C-HR】のエアロカスタムをしていくのに辺り、GR SPORTやモデリスタ・TRDといった純正アクセサリーの魅力を紹介していきます。

スポンサードリンク

【C-HR】C-HR GRの魅力

引用:https://toyota.jp/c-hr/

2019年10月のマイナーチェンジで追加された「GR SPORT」。

トヨタのモータースポーツ活動を担う「TOYOTA GAZOO Racing」が手掛けるスポーツカーシリーズ「GR」のライトチューニングモデルであり、C-HRにはハイブリッドモデルの「S”GR SPORT”」、ガソリンエンジンモデルの「S-T”GR SPORT”」の2種類が設定されています。

引用:https://toyota.jp/c-hr/

引用:https://toyota.jp/c-hr/

引用:https://toyotagazooracing.com/jp/gr/grparts/c-hr/

パワーユニットはノーマルのままですが、フロントグリルエアロパーツ、GR専用剛性アップパーツ・ブレーキキャリパーによりノーマルとは異なるエクステリアデザインとなっています。

引用:https://toyotagazooracing.com/jp/gr/c-hrgrs/gallery/

タイヤは19インチの専用アルミホイールにGR SPORT専用タイヤとしてYOKOHAMAのハイパフォーマンス・スポーティ・タイヤ「ADVAN FLEVA」が採用されています。

引用:https://toyotagazooracing.com/jp/gr/c-hrgrs/

引用:https://toyota.jp/c-hr/

引用:https://toyotagazooracing.com/jp/gr/c-hrgrs/

インテリアGRロゴ入りのGR小径本革巻き3本スポークステアリングホイール・専用スポーティーシート・専用スタートスイッチなどスポーティーな仕上がりとなっています。

https://www.instagram.com/toyota_gazoo_racing/

その他、標準品のままながらもバネレートやショックアブソーバーの減衰力を専用チューニングした足回りとなっており、電動パワーステアリングも専用チューニングされています。

引用:https://toyotagazooracing.com/jp/gr/c-hrgrs/feature/interior/

これにGR専用剛性アップパーツの効果が加わる事で標準グレードよりもステアリング操作・アクセル操作に対する反応が良くなっていて気持ち良い走りを堪能する事が出来ます。

あくまで公道で気持ち良く走るチューニングなのでガチガチに固めた足回りではなく、タイヤ性能を引き出す絶妙なバランスとなっています。

 

さらに、GR SPORT向けのTRD製パーツである「GRパーツ」を追加することで更なるカスタマイズが出来ます。

引用:https://toyotagazooracing.com/jp/gr/grparts/c-hr/

GRフロントサイドスポイラー・GRサイドスカート・GRリヤバンパースポイラー・GRドレスアップマフラー迫力のある外観となります。

引用:https://toyotagazooracing.com/jp/gr/grparts/c-hr/

6MT車の場合、GRサスペンションセットを装着すれば17mmローダウンする事が出来ます。
このGRサスペンションセットは標準グレードの6MT車にも装着可能ですが、インテリジェントクリアランスソナー付車には装着出来ません

引用:https://toyotagazooracing.com/jp/gr/c-hrgrs/

ノーマルのC-HRとは異なるフロントビューだけでなく、見えないところまでチューニングされたGR SPORT

C-HRのデザインに違和感無く溶け込むデザインとコンセプトを崩さない絶妙のカスタマイズは、「GR SPORTこそ本来のC-HRの姿」なのかもしれません。

引用:https://toyota.jp/gr/garage/nishinomiya/

カスタムに興味が無いという方や個性的なカスタマイズをしたいのでGR SPORTにあまり興味が無いという方であっても各地の「GR Garage」にて一度は見て、乗ってGRの世界を体験してみてください。
きっと、目にした瞬間にGR SPORTの魅力に惹かれる事でしょう。

スポンサードリンク

【C-HR】モデリスタでドレスアップ

引用:https://www.modellista.co.jp/product/c-hr/

C-HRには専用のカスタマイズパーツ純正アクセサリーとしてラインナップされており、その中で「モデリスタ」ブランドのドレスアップパーツによるコーディネートプランが2種類用意されています。

引用:https://toyota.jp/c-hr/

MODELLISTA BOOST IMPULSE STYLE」はフロントスポイラー・サイドスカート・リヤスカートもしくはリヤスタイリングキットといった「モデリスタエアロキット」にフロントグリルガーニッシュやフェンダーガーニッシュ・バックドアスポイラーを追加する事でスポーティーな外観となっています。

引用:https://toyota.jp/c-hr/

MODELLISTA ELEGANT ICE STYLE」はモデリスタエアロキットにサイドドアガーニッシュ・ミラーガーニッシュ・ドアハンドルガーニッシュといったメッキパーツとマフラーカッターを装着することで上品な仕上がりとなっています。

どちらもローダウンせずに地上高がオリジナルより約68~71mmダウンするのでSUVらしさを崩さずにスポーティークーペを彷彿とさせるエクステリアデザインとなります。

 

モデリスタのカスタマイズパーツにはアルミホイールやインテリアパーツもラインナップされています。

引用:https://www.modellista.co.jp/product/c-hr/

アルミホイールは17インチと19インチが用意されており、19インチはファルケン AZENIS FK510をセットしたタイヤホイールセットとなっています。

専用ホイールロックナットを組み合わせる事でスタイリッシュな足回りとなり、モデリスタ以外のエアロパーツやノーマルのままでホイールだけカスタマイズするという方、インチアップ・インチダウンやスタッドレスタイヤ用などに選ぶのも良いでしょう。

引用:https://www.modellista.co.jp/product/c-hr/

インテリアパーツではインテリアパネルセット(エボニー木目調×メッキ調)・(チタニウムグレイン×メッキ調)が用意されており上質なインテリアデザインに変貌させることが出来ます。

引用:https://www.modellista.co.jp/product/c-hr/

シフトベースフィニッシャーに無機ELを内蔵したイルミパネルによりクリアランスランプONでメッキ調の表面を透過するようにライン状に面発光する事で、まるでSF映画の世界に入ったかのようなメカニカルで未来感あふれるインテリアを演出してくれます。

引用:https://www.modellista.co.jp/product/c-hr/

LEDルームランプセット(面発光タイプ)とフロントドアの開閉に合わせてブルーのイルミネーションが輝くスカッフプレートLEDスマートフットライト、明るさを調整出来るラゲージLEDを組み合わせる事でLEDによるトータルコーディネートが出来るのもモデリスタパーツの魅力です。

LEDルームランプセットとLEDスマートフットライト・ラゲージLEDは利便性の高いパーツですのであまりカスタマイズに興味が無い、インテリアはノーマルのままでも良い、という方でも装着する事をオススメします。

スポンサードリンク

【C-HR】エアロパーツでおすすめカスタム

引用:https://www.trdparts.jp/product/c-hr/

C-HRにはGR SPORTとモデリスタ以外にもカスタマイズパーツが純正アクセサリーとしてラインナップされており、新車発注の段階で好みのカスタマイズをする事が出来ます

オプションパーツとして、ディーラーオプションのエアロパーツとトヨタの定番カスタマイズパーツブランドであるTRD、そしてTRD製の「GRパーツ」が用意されています。

引用:https://toyotagazooracing.com/jp/gr/c-hrgrs/

「GRパーツ」はGR SPORT向けのTRD製パーツがメインとなりますが、ノーマルグレード向けのトヨタ製パーツも用意されています。

GRブレース・GRドアスタビライザー・GR小径本革巻き3本スポークステアリングホイール・GR本革巻きシフトノブ・GRスタートスイッチなどのパーツでノーマルグレードをGR SPORTに近づける事が出来ます

引用:https://toyotagazooracing.com/jp/gr/c-hrgrs/

GRスポーツサイドバイザーは全グレードで装着可能で、バイザーの前後にフィン形状を織り込むことで、操縦安定性を向上させる効果があるのでカスタマイズをしないという方でも装着しておきたいパーツです。

引用:https://www.trdparts.jp/product/c-hr/

TRDのパーツによるコーディネートとしては「TRD Street Monster」と「TRD Field Monster」の2種類があります。

引用:https://www.trdparts.jp/product/c-hr/

TRD Street Monster」は「低く構え、颯爽と駆け抜けるUrban Sport Crossover」をコンセプトに、スポーティークーペを思わせるC-HRの流麗なデザインを引き立たせるデザインとなっており、迫力のあるデザインが特徴です。

引用:https://www.trdparts.jp/product/c-hr/

TRD Field Monster」はC-HRのデザインを活かしつつフロントスポイラーやオーバーフェンダー・マッドフラップによりエレガントかつラリーシーンを彷彿とさせるデザインとなっています。

引用:https://www.trdparts.jp/product/c-hr/parts.html

他にも19インチ・18インチアルミホイール、メンバーブレースセット、パフォーマンスダンパーセット、サスペンションセットといった走りを強化するパーツが取り揃っているのもTRDの特徴です。

引用:https://www.trdparts.jp/product/c-hr/parts.html

6MT用にシフトを固定するゴム製のブッシュをスチールブッシュに交換する「シフトリジッドメタルブッシュ」が用意されており、しっかりとしたシフトフィーリングとなる事でより正確なシフト操作をする事が出来るようになります。

引用:https://www.trdparts.jp/product/c-hr/parts.html

走り以外のパーツとしては標準スピーカーをJBLのスピーカーに交換する「TRDスピーカーセット」といったパーツもラインナップしており、フルカスタマイズからライトカスタマイズまで幅広いニーズに応えるTRDのパーツC-HRのカスタマイズでは掛け替えのない存在です。

アイキャッチ画像引用URL:https://toyota.jp/c-hr/

【C-HR】新車や中古の価格帯・値引きはどのくらいまでいけるの?

【C-HR】人気ボディカラーランキング

 

車検や保険の維持費を気にせずにクルマを手に入れる方法

数あるサイトの中で【コータローの自動車ブログ】をご覧いただき誠にありがとうございます。

運営者のコータローと申します。

今このサイトをご覧頂いているということは、あなたにも憧れのクルマや現在購入を検討しているクルマがあるのかもしれません。

「発売されたばかりの新型車に乗りたいけど、実際に車を購入するには費用がかかる」

「乗りたい車はあるけれど、普段は電車通勤(通学)であまり車は乗らない」

「保険料やメンテナンス費用を払っていくのがツライ」

「車検費用を払いたくない」

など、新車を購入したくても費用的になかなか車を所有するというのは大変なことです。

ネットやカタログで欲しい車の価格を見ていても、実際に車を所有すれば当然維持費もかかってきます。

保険料や車検費用、タイヤ交換やオイル交換も定期的に自費で行わないといけません。

それでもやっぱり憧れのクルマに乗りたい!というあなたにとっておきの方法をご紹介します。

カーリースで欲しい車を手にする!

カーリースを利用することはメリットがたくさんあります!

頭金ゼロでずっと定額の支払い

クルマ代は使う分だけ

車検代、メンテ代は全てコミコミ

国産、輸入車問わず好きな車種が選べる

使わない時はシェアして維持費を軽減できる

カーリースでクルマを購入するという選択肢を知っているだけで大幅に節約できますよ!


スポンサードリンク





タイトルとURLをコピーしました