【カローラクロス】VS【ハリアー】価格・燃費・大きさなど徹底比較!

カローラクロス

最後に必ず【貰えるカーリース!!】

○追加料金なしで契約満了時に車がもらえる!

カーリースでは契約満了時に返却する場合もありますが、 MOTAカーリースではリース期間の契約満了時にそのまま車がもらえます! そのため車のカスタマイズも可能です!

○最長11年契約が可能!

他固定維持費を抑えたまま長く乗りたい方に向けた、最長11年のご契約をご用意しています。

○国産車メーカー・全車種OK!

MOTAカーリースでは国産車(レクサスは取扱なし)を取り揃えています!

○諸経費がコミコミで家計も安心!

車の維持に必要な車検・税金・メンテナンス費用などがすべて毎月のお支い払額に含まれているため、月々のリ ース料は定額です。急な出費もなく家計の管理も安心です。

○頭金なし!

車を購入する際に必要になる場合が多い頭金や初期投資が要りません。

○乗りたい新車に乗れる!

近年、安全装備の装着などを理由に軽自動車でも200万円を超える時代になりました。 リースであれば毎月お手頃な価格で憧れの新車に乗ることができます。

○新車保証延長が全ての車種に付与

通常新車登録から3年(6万キロまで)で終了するメーカーの一般保証、5年(10万キロまで)で終了する特別保証が 、新車登録から7年間、走行距離無制限に延長します。 これにより契約期間中メーカー保証が終了しても長く安心して乗ることができます。

↓↓ まずはお試しで審査に申し込む ↓↓

【追加料金なし!】契約満了時に車がもらえる『MOTA定額マイカー』

トヨタの新型SUV【カローラクロス】2021年9月14日​​国内発売され好調な売れ行きを見せています。

「C」のエンブレムとカローラシリーズだと実感させる日本専用デザインのフロントフェイス「カローラシリーズ初のクロスオーバー車」である事を強調しており、【カローラ】と同じくクロスオーバーのスタンダードになる日も近いのかもしれません。

トヨタの新型SUV【カローラクロス】の登場により、【ライズ】【ヤリスクロス】【カローラクロス】【C-HR】【RAV4】【ハリアー】とコンパクト~ラージサイズまでトヨタブランドにおけるクロスオーバーSUVはフルラインナップとなりました。

この中でもトヨタ国内販売におけるフラッグシップSUVとなる【ハリアー】は【カローラクロス】とどのような違いがあるのか、同じ販売店で直接比較出来るだけに気になる方も多いでしょう。

デザインや走り、そして燃費性能と安全性能が充実している事もあって高い人気を誇るSUV【ハリアー】と新進気鋭SUV【カローラクロス】、今後の国内SUV市場を牽引していくだろう両車の価格・燃費・大きさを徹底比較していきます。

スポンサードリンク

【カローラクロス】VS【ハリアー】価格の違いはどのくらい?

引用:https://toyota.jp/corollacross/ https://toyota.jp/harrier/

まずは【カローラクロス】と【ハリアー】の価格を比較していきます。

共にハイブリッド車(HEV)とガソリン車をラインナップしており、HEVの4WDは電気式4WD「E-Fourを採用するなど共通点のある両車ですが、価格帯はどのような違いがあるのか見ていきましょう。

 

■カローラクロス

引用:https://toyota.jp/corollacross/

グレード駆動方式車両本体価格(税込)
HYBRID Z2WD2,990,000円
E-Four3,199,000円
HYBRID S2WD2,750,000円
E-Four2,959,000円
HYBRID G2WD2,590,000円
E-Four2,799,000円
ガソリンZ2WD2,640,000円
S2,400,000円
G2,240,000円
G“X”1,999,000円

 

■ハリアー

引用:https://toyota.jp/harrier/

グレード駆動方式価格(税込)
HEVZ
“Leather Package”
ハイブリッド
2WD4,820,000円
E-Four5,040,000円
Z
ハイブリッド
2WD4,520,000円
E-Four4,740,000円
G
“Leather Package”
ハイブリッド
2WD4,300,000円
E-Four4,520,000円
G
ハイブリッド
2WD4,000,000円
E-Four4,220,000円
S
ハイブリッド
2WD3,580,000円
E-Four3,800,000円
ガソリンZ
“Leather Package”
ガソリン
2WD4,230,000円
4WD4,430,000円
Z
ガソリン
2WD3,930,000円
4WD4,130,000円
G
“Leather Package”
ガソリン
2WD3,710,000円
4WD3,910,000円
G
ガソリン
2WD3,410,000円
4WD3,610,000円
S
ガソリン
2WD2,990,000円
4WD3,190,000円

ガソリン車が200万円~264万円、HEVが259万円~320万円という価格帯の【カローラクロス】に対し、【ハリアー】はガソリン車299万円~443万円、HEV358万円~504万円クラスが異なる事がよくわかる価格帯となっています。

単純比較では【カローラクロス】の最上位グレード「Z HYBRID 2WD」【ハリアー】のエントリーグレード「S ガソリン2WD」が同価格となりますが、【カローラクロス】】「Z HYBRID 2WD」【ハリアー】HEVエントリーグレード「S ハイブリッド 2WD」とは約60万円の差となるのでHEV同士で比較検討するのは厳しいと言わざるを得ません。

引用:https://toyota.jp/corollacross/

【カローラクロス】のガソリン車には4WDの設定が無い事やビジネスグレードと呼ぶべき「G“X”」が設定されている事、【ハリアー】にはエレガントなデザインに相応しい「Leather Package」が設定されるなど両車のポジションの違いが明確となっていて全般的に価格を直接比較するのは難しいところもあります。

最上位グレードとなる「Z」グレードでの比較では以下のようになります。

カローラクロスハリアー
Z ハイブリッド 2WD2,990,000円4,520,000円
Z ガソリン 2WD2,640,000円3,930,000円

同じグレード名というだけで厳密に同一装備、というわけではありませんが安全装備・便利装備が充実するグレード同士となります。

引用:https://toyota.jp/corollacross/

価格の違いは【カローラ】【プリウス】【C-HR】と同じGA-Cプラットフォームを採用する【カローラクロス】と、【カムリ】【RAV4】と同じGA-Kプラットフォームを採用する【ハリアー】車格(クラス)の違いが明確に現れており、後述するエンジンの違いもあって価格差が大きくなっています。

スポンサードリンク

【カローラクロス】VS【ハリアー】燃費の違いはどのくらい?

引用:https://toyota.jp/corollacross/ https://toyota.jp/harrier/

次に【カローラクロス】と【ハリアー】の燃費を比較していきます。

 

まずは両車のエンジン性能を比較していきます。

■ハイブリッド

引用:https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/35872053.html

 カローラクロスハリアー
エンジン
総排気量(L)1.7972.487
最高出力
(kW[PS]/rpm)
72[98]/5200131[178]/5700
最大トルク
(N・m[kgf・m])/rpm)
142[14.5]/3600221[22.5]/3600-5200
電動機
(フロントモーター)
1NM型3NM型
最高出力
(kW[PS]/rpm)
53[72]88[120]
最大トルク
(N・m[kgf・m])/rpm)
163[16.6]202[20.6]
電動機
(リアモーター)
1MM型4NM型
最高出力
(kW[PS]/rpm)
5.3[7.2]40[54]
最大トルク
(N・m[kgf・m])/rpm)
55[5.6]121[12.3]
動力用主電池 容量(Ah)
[ ]内はE-Four
3.6[6.5]3.7

1.8L エンジンの【カローラクロス】に対し、【ハリアー】には新世代の2.5L「ダイナミックフォースエンジン」が搭載されており余裕のあるパワーと高い燃費性能を誇ります。

引用:https://toyota.jp/harrier/

モーターを見ていくと、同じ「トヨタハイブリッドシステム」ながらもモーター形式は異なり【ハリアー】の方が高出力のものが採用されています。

引用:https://toyota.jp/harrier/

また、電気式4WD「E-Four」用リアモーターにも両車に違いが現れており、発進時や滑りやすい路面でのアシスト程度の用途で小出力リアモーターを採用する【カローラクロス】に対し、【ハリアー】用リアモーターは【カローラクロス】用フロントモーターより若干劣る程度の高出力モーターが採用されています。

高出力モーターを採用したことで【ハリアー】の「E-Four」ではトルク配分を前後比100:0~20:80まで変化させる事が可能となっており、従来のドライブシャフト式4WDに劣らぬ性能を発揮します。

同じ「E-Four」ながらも性格が大きく異なる両車の「E-Four」は、都会派SUVらしい【カローラクロス】全てのシーンで上質な走りを求められる【ハリアー】の明確な違いがわかりやすくなっています。

 

次に、ガソリンエンジン車のエンジン比較です。

■ガソリンエンジン

1.8L 2ZR-FXEエンジン

引用:https://global.toyota/jp/download/24959407/

 カローラクロスハリアー
総排気量(L)1.7971.986
最高出力
(kW[PS]/rpm)
103[140]/6200126[171]/6600
最大トルク
(N・m[kgf・m])/rpm)
170[17.3]/3900207[21.1]/4800

1.8L エンジンの【カローラクロス】に対し、【ハリアー】は2.0L エンジンを搭載しており、車格やハイブリッド用エンジンの排気量差を考慮すると、【ハリアー】用ガソリンエンジンは控え目な印象を受けます。

しかし新世代「ダイナミックフォースエンジン」だけあって従来のエンジンよりもパワフルかつダイレクトでスムーズな加速感が得られるエンジンとなっており、【ハリアー】を軽快に走らせる実力を持っています。

【カローラクロス】は「カローラ」シリーズに共通して搭載されているエンジンだけあってスムーズかつクリーンに走れるエンジンで、「カローラ」らしく軽快に走らせる事が出来ます

 

エンジン性能の比較を踏まえて燃費性能を比較していきます。

まずはハイブリッド

引用:https://toyota.jp/corollacross/

燃料消費率(km/L)カローラクロス
HYBRID[ ]はE-Four
ハリアー
HYBRID[ ]はE-Four
WLTCモード26.2[24.2]22.3[21.6]
市街地モード(WLTC-L)25.9[23.5]19.5[18.9]
郊外モード(WLTC-M)28.9[25.8]25.1[24.2]
高速道路モード(WLTC-H)24.7[23.6]22.1[21.4]

【カローラクロス】の方が高い燃費性能を示しています。

エンジン排気量と後述の車両重量の差を考慮すると当然の差ではありますが、1クラス上の1700kgを超える車両重量である【ハリアー】の燃費性能は侮れないものがあります。

同じトヨタハイブリッドシステムながらも高出力モーターを搭載している事と「ダイナミックフォースエンジン」の効果は大きく、市街地モードでも20km/Lを若干下回る程度とノンハイブリッドのコンパクトカー並の燃費性能を示すなど【カローラクロス】と比べても燃費性能に不満を感じることは無いでしょう。

 

次にガソリンエンジン車

引用:https://toyota.jp/corollacross/

燃料消費率(km/L)カローラクロスハリアー
[ ]は4WD
WLTCモード14.415.4[14.7]
市街地モード(WLTC-L)9.811.3[11.0]
郊外モード(WLTC-M)15.615.7[14.9]
高速道路モード(WLTC-H)17.018.0[17.1]

ガソリンエンジン車では意外にも【ハリアー】の方が高い燃費性能を示しています。

これは【ハリアー】が新世代の「ダイナミックフォースエンジン」とギア機構付CVT「Direct Shift-CVT」を搭載しているのが大きく影響しています。

「Direct Shift-CVT」は従来のCVTに発進用ギアを装備することで発進から高速域まで力強くダイレクトな走りと低燃費を実現する新世代CVTの効果は1,600kgを超える車両重量ながらも「市街地モード燃費」で11.3km/Lという燃費性能を示している点に大きく表れています。

引用:https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/32550990.html

従来のCVTを採用する【カローラクロス】が不利とはなっていますが、今後のマイナーチェンジなどで、【カローラクロス】用の「Direct Shift-CVT」の開発もしくは【カローラ ツーリング 特別仕様車 “2000 Limited”】と同じく【ハリアー】と同じユニットが採用される可能性もあります。

スポンサードリンク

【カローラクロス】VS【ハリアー】大きさの違いはどのくらい?

引用:https://toyota.jp/corollacross/ https://toyota.jp/harrier/

【カローラクロス】と【ハリアー】の大きさにどれ程の差があるのか見ていきましょう。

カローラクロスハリアー
全長(mm)44904740
全幅(mm)18251855
全高(mm)16201660
ホイールベース26402690
最低地上高160190(HEV)
195(ガソリン)
室内長(mm)18051880
室内幅(mm)15051520
室内高(mm)
(パノラマルーフ装備車)
12651215
(1185)
最小回転半径(m)5.25.5~5.7
車両重量(kg)1330〜14101600~1750

引用:https://toyota.jp/corollacross/ https://toyota.jp/harrier/

ボディサイズを見てみると、【ハリアー】の方が一回り大きいサイズとなっておりクラスが異なる事がより実感させられます。

全長4490mmとミドルサイズのCセグメントカーとして標準的な4.5mに収まる長さの【カローラクロス】に対し、250mmも長い【ハリアー】はラージサイズSUVとしては短めながらも駐車時に差を感じる程の違いがあります。

全幅に関しても1800mmを僅かに超える【カローラクロス】に対し、【ハリアー】は全幅1855mmと住宅街などの道幅が狭い道路では気を使う差となります。

全高は一見クーペスタイルの【ハリアー】の方が高いようにも思えますが、実際は【カローラクロス】の方が40mm低くなっているのは最低地上高が【カローラクロス】の方が低いことが原因でしょう。

引用:https://toyota.jp/corollacross/ https://toyota.jp/harrier/

室内スペースを見ていくと、室内長は75mmと大きな差となっておりホイールベースが50mm長いこともあって【ハリアー】の方がリアシート足元スペースは広大となっています。

室内幅は【ハリアー】の方が15mm広く、大きな差とはなっていませんがリアシートの余裕では【ハリアー】が上回ります

しかし【カローラクロス】も十分なシート幅が確保されており、両車の違いはシート仕上げや装備類の充実度に表れています。

引用:https://toyota.jp/corollacross/ https://toyota.jp/harrier/

室内高を見ていくと、クーペスタイルの【ハリアー】よりも【カローラクロス】の方が高さに余裕があり、リアシートのヘッドクリアランスで大きな差となっています。

引用:https://toyota.jp/corollacross/ https://toyota.jp/harrier/

室内長の差はラゲージスペースにも現れており、高さ方向の余裕では【カローラクロス】が上回りますが、奥行きでは【ハリアー】の方が広大なスペースとなっています。

 

一回り外寸が大きい【ハリアー】は室内スペースの広さではメリットばかり注目してしまいますが、ラージサイズである分【カローラクロス】よりも小回りや車両重量では不利となります。

引用:https://toyota.jp/corollacross/

【カローラクロス】は最小回転半径5.2m「カローラ」シリーズらしい小回りの良さを確保していますが、【ハリアー】は「S」「G」グレードでは5.5m、19インチタイヤを装備する「Z」グレードでは5.7m駐車場では何度か切り返しが必要となる最小回転半径となっています。

さらに【カローラクロス】は1330~1410kgとミドルサイズSUVとしては標準的な車両重量となっているのに対し、【ハリアー】は1600~1750kgとラージサイズSUVとしては軽量な部類とはなりますが【カローラクロス】よりも270~420kgと大人3人分以上重くなっており【カローラクロス】の方が軽快に走らせる事が出来るでしょう。

【カローラクロス】VS【ハリアー】比較まとめ

引用:https://toyota.jp/corollacross/ https://toyota.jp/harrier/

【カローラクロス】と【ハリアー】を比較していきましたが、価格帯では上記の通りHEV同士・ガソリンエンジン車同士での比較では価格帯が大きく異なるため直接競合させるのは難しい両車ですが、【ハリアー】のエントリーグレード「S ガソリン」と同価格で【カローラクロス】の最上位グレード「Z HYBRID」を選ぶ事が出来ます

引用:https://toyota.jp/corollacross/

コンセプトや車格が異なる両車ですが、燃費やボディサイズを比較しつつ【カローラクロス】の室内スペースや質感・デザインに満足を持てるならば【ハリアー】よりもお買い得な【カローラクロス】はとても魅力的な選択肢となります。

引用:https://toyota.jp/corollacross/

大開口の「パノラマルーフ」(「Z」「S」にメーカーオプション)を装備すれば家族揃って開放感のあるドライブを楽しむことも出来ます。

街乗りメインで少人数の利用が多い場合には【カローラクロス】の方がボディサイズなど使い勝手の良さが光ります。

引用:https://toyota.jp/harrier/

対する【ハリアー】新世代「ダイナミックフォースエンジン」を搭載する事でガソリン車でも高い燃費性能を誇る事とエントリーグレードでも上質な仕上がりとなっていて、スポーティーなクーペスタイル広大な室内スペースを備えるなど、リアシートを使う機会が多い方にとって魅力的なSUVとなります。

更に【ハリアー】の方が上質な足回りとなっており、路面の凹凸に応じてエンジンとモーターのトルクを制御することで車体の縦揺れをコントロールし滑らかでフラットな乗り心地に貢献する「ばね上制振制御」を装備する事で高級車らしい乗り心地となっています。

引用:https://toyota.jp/corollacross/

【カローラクロス】は「E-Four」モデルを選べばダブルウィッシュボーン式リアサスペンションに変更されるので乗り心地が向上しますので乗り心地優先で「E-Four」を選ぶのも良いでしょう。

4WDに関しては、【カローラクロス】は【ハリアー】と比べると4WDの性能が控え目でガソリンエンジン車には4WDの設定が無いなど、雪道や山道・未舗装道路での利用は厳しい側面があり、本格的な4WD性能を求める方には【ハリアー】の方がオススメとなります。

引用:https://toyota.jp/corollacross/

【カローラクロス】の美点としてはクロスオーバー車の中では低めの最低地上高となっていて乗り降りしやすく、ファミリーカーとしての使い勝手を考慮した作りとなっている事が挙げられ、「カローラファミリー」の一員として多様性のあるサイズSUVならではの広い室内空間や高いユーティリティを備えた「新空間・新感覚 COROLLAとして誕生した経緯など、【ハリアー】とは異なるコンセプトで作られただけあって比較していくと両車の違いが明確になっていくのは当然でしょう。

名称が示すように、【ヤリスクロス】と同じく既存の車種の延長線上にある【カローラクロス】と、上質なSUVとして独立して存在する【ハリアー】との違い、というところでしょうか。

この辺りの違いは同じ販売店で比較出来ますので、展示車や試乗車を直接確認してみて実感してみるのが一番です。

そうすればスペック上だけでは見えてこない【カローラクロス】の美点、【ハリアー】の美点を理解してどちらがライフスタイルにピッタリなのか答えが出てくるでしょう。

アイキャッチ画像引用URL:https://toyota.jp/corollacross/ https://toyota.jp/harrier/

【カローラクロス】VS【ヤリスクロス】徹底比較!価格・燃費・大きさなど

【カローラクロス】納期・納車待ち情報

【カローラクロス】オイル交換はどのくらいでやったらいいの?かかる費用は?

【カローラクロス】VS【ヴェゼル】徹底比較!価格・燃費・大きさなど

【ハリアー】納期・納車情報。納車待ちはどのくらい?

【車を高く売る】ベストな方法を教えます!

今まさにこの時代、クルマを高く売るには最高のチャンスです!!

▼ 半導体不足 

▼ 新車の納期が大幅に遅くなる 

▼ 中古車を購入したい人が増える 

▼ 中古車の販売価格が上昇する 

★ 中古車の買取り価格が上昇する!

中古車買取り業者は数多くありますが、最も楽にお得に愛車を売却したいのは当然の流れ。

まさか、ディーラーの言いなりになって安い下取りで満足していませんよね!?

高値で愛車を売却出来れば、その分次のクルマに使えるお金も増えますよ!

中古車需要は年々上がり、
買取り価格も最高レベル!!

査定だけでもお気軽にどうぞ!!

【オススメポイント】

1. 高額査定の最大3社のみと交渉するから、一括査定にありがちな電話ラッシュなし!

2. 申し込み翌日18時に、最大20社の査定結果がネットで見れる!

3. ネット比較&高額買取店と交渉して最高額の買取店が楽にわかる!

↓↓気になる方はこちらをクリック↓↓

タイトルとURLをコピーしました