新型【ノア】VS【ヴォクシー】徹底比較!外装・価格・燃費など

ノア

【無料】で試せる!クルマをさらに安く購入する方法!

愛車を少しでも高く売りたい。

新車を少しでも安く買いたい。

車は大きな買い物です。

【無料】で試せて大きな成果!!

浮いたお金で余分にオプションを付けるのも良し。

一つ上のグレードに変更してみるのもいいでしょう。

そんな情報を今回ここだけでお教えします!

【無料】一括査定を使うとどうなるか!?

中古車一括査定をご存じですか?

例えばディーラーで10万円の下取りが一括査定を利用することで数倍の値が付くことも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社があなたの愛車の買い取り価格を競ってくれるので結果的に値段が吊り上るのです。

約8年ぶりのフルモデルチェンジ2021年12月に発表、2022年1月13日に発売開始した新型【ノア】と新型【ヴォクシー】

トヨタ販売チャンネル統合に伴う車種再編の流れで車種統合の噂があった両車ですが、先代の兄弟車の一角であった【エスクァイア】が消滅したのみで、同一店舗併売という新たな販売スタイルで両車種共にフルモデルチェンジしました。

同一コンポーネントの兄弟車ながらも一目でわかるほどに違いのある新型【ノア】と新型【ヴォクシー】

今回は新型【ノア】と【ヴォクシー】の外装・価格・燃費を比較しながら両車の特徴を取り上げていきます。

スポンサードリンク

新型【ノア】VS【ヴォクシー】外装の違い

引用:https://bit.ly/3om6ivL

まずは新型【ノア】と新型【ヴォクシー】の外装を比較していきます。

新型【ノア】と新型【ヴォクシー】の外装でそれぞれのキャラクターを分けている事が明確にわかるのが、新型【ヴォクシー】はエアロデザインのみで、新型【ノア】にラインナップされている標準デザイングレードは新型【ヴォクシー】にはありません

その分、新型【ヴォクシー】の方がシンプルなグレード体系となっています。

同じエアロデザインで比較していくと、新型【ノア】と新型【ヴォクシー】の違いが明確なのがフロントデザインとなります。

引用:https://toyota.jp/noah/

新型【ノア】逆L字の一体型LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ+ターンランプと一体化したデザインされたフロントグリルの組み合わせとなっており、【ノア】らしいデザインを維持したシンプルかつ上質なデザインが特徴です。

引用:https://toyota.jp/voxy/

新型【ヴォクシー】は先代【ヴォクシー】最終モデルのデザインを更に進化させ、LEDクリアランスランプ+LEDターンランプによる薄型のアッパー部分厚くスクエアなフロントグリルの中にLEDヘッドランプを配置する事で精悍で個性的なフロントフェイスを実現しています。

LEDフロントフォグランプにも両車の違いが明確に現れており、新型【ノア】はエアロ専用バンパーではフロントグリル内に左右一灯ずつの配置となっており、【ノア】らしさを崩さないデザインとなっています。

引用URL:https://global.toyota/jp/mobility/toyota-brand/toyota-design/noah-voxy/

新型【ヴォクシー】ではフロントグリル両サイドの菱形グリルデザインの中に埋もれるように5分割してLEDフォグランプが配置されており、消灯時に遠目で見るとフォグランプの存在に気が付かないかもしれません。

新型【ヴォクシー】はLEDヘッドランプとLEDフォグランプをフロントグリルとデザインを一体化する事でアッパーライト部があたかも薄型のヘッドランプであるかのように錯覚させるデザインとなっています。

新型【ノア】と新型【ヴォクシー】のフロントデザインを比較していくと、兄弟車とは思えないほどに明確な違いがあり、共に先代モデルのデザインコンセプトを継承・発展させる事で両モデルの違いを明確化している事がうかがえます。

サイドはエアロモデルでは両車の違いはほぼありませんが、リアはリアコンビネーションランプのデザイン・配色が異なっています

引用:https://toyota.jp/noah/

新型【ノア】サイドから曲線を描きつつリアへと回り込むランプデザインで、配色はレッドとなっていて存在感があります。

引用:https://toyota.jp/voxy/

新型【ヴォクシー】はアウトラインは新型【ノア】と共通ながらもスクエアなデザインとなっており、2本の直線がトヨタCIマークを跨いで配置されており、配色はクリアとなっています。

 

ボディカラーラインナップにも違いがあります。

基本的に共通するボディカラーラインナップですが、「レッドマイカメタリック」と「スティールブロンドメタリック」が新型【ノア】のみに設定されています。

引用:https://toyota.jp/voxy/

新型【ヴォクシー】では全6色が全グレードで設定されています。

引用:https://bit.ly/3ugADQk

新型【ノア】ではエアロデザインの【S-Z】【S-G】と標準デザインの【Z】【G】【X】ではボディカラー設定が異なります

S-Z・S-G Z・G・X
ホワイトパールクリスタルシャイン
メタルストリームメタリック
アティチュードブラックマイカ
スパークリングブラックパールクリスタルシャイン
グリッターブラックガラスフレーク
レッドマイカメタリック
スティールブロンドメタリック

はメーカーオプションカラー(+33,000円)

引用:https://bit.ly/3qtezzL

「レッドマイカメタリック」がエアロデザイン専用カラーとなっています。

引用:https://bit.ly/34F63F8

「スティールブロンドメタリック」が標準デザイン専用カラーとなります。

エアロデザインが全6色、標準デザインが全5色から選択可能です。

引用:https://bit.ly/3L1tut8

それぞれデザインに合わせた配色となっており、「レッドマイカメタリック」は上質なレッドカラーとエアロデザインが合わさることで新型【ヴォクシー】よりも個性的な外観となります。

スポンサードリンク

新型【ノア】VS【ヴォクシー】価格の設定差

引用:https://global.toyota/jp/mobility/toyota-brand/toyota-design/noah-voxy/

次に新型【ノア】と新型【ヴォクシー】の価格の違いを見ていきましょう。

両車の価格帯とグレード構成をは以下のようになっています。

■HYBRID

グレード 駆動方式
(乗車人数)
車両本体価格
ノア ヴォクシー
HYBRID
S-Z
2WD(7人乗り) 3,670,000円 3,740,000円
E-Four(7人乗り) 3,890,000円 3,960,000円
HYBRID
S-G
2WD(7人乗り) 3,390,000円 3,440,000円
2WD(8人乗り) 3,390,000円 3,440,000円
E-Four(7人乗り) 3,610,000円 3,660,000円
HYBRID
Z
2WD(7人乗り) 3,590,000円
E-Four(7人乗り) 3,810,000円
HYBRID
G
2WD(7人乗り) 3,320,000円
2WD(8人乗り) 3,320,000円
E-Four(7人乗り) 3,540,000円
HYBRID
X
2WD(7人乗り) 3,050,000円
2WD(8人乗り) 3,050,000円
E-Four(7人乗り) 3,270,000円

 

■ガソリン

グレード 駆動方式
(乗車人数)
車両本体価格
ノア ヴォクシー
S-Z 2WD(7人乗り) 3,320,000円 3,390,000円
4WD(7人乗り) 3,518,000円 3,588,000円
S-G 2WD(7人乗り) 3,040,000円 3,090,000円
2WD(8人乗り) 3,040,000円 3,288,000円
4WD(7人乗り) 3,238,000円 3,090,000円
4WD(8人乗り) 3,238,000円 3,288,000円
Z 2WD(7人乗り) 3,240,000円
4WD(7人乗り) 3,438,000円
G 2WD(7人乗り) 2,970,000円
2WD(8人乗り) 2,970,000円
4WD(7人乗り) 3,168,000円
4WD(8人乗り) 3,168,000円
X 2WD(7人乗り) 2,670,000円
2WD(8人乗り) 2,670,000円
4WD(7人乗り) 2,868,000円
4WD(8人乗り) 2,868,000円

同一名称グレードで比較していくと新型【ヴォクシー】の方が高めとなっています。

引用:https://toyota.jp/voxy/

これは新型【ヴォクシー】ではLEDターンランプ・LED薄暮灯が標準装備となるなど外装デザインの違いが価格にも現れています

価格帯を比較してみると

新型【ノア】 267万円~389万円
新型【ヴォクシー】 309万円~396万円

と、標準デザインに廉価グレード【X】を設ける事で諸経費込で300万円を切る事を実現している新型【ノア】の方が幅広い価格帯となっており、新型【ヴォクシー】よりも安価な価格設定となっています。

引用:https://bit.ly/31VVPiH

デザインよりも装備の充実を選ぶ方にとっては新型【ノア】の標準デザイングレードは魅力的でしょう。

スポーティーなデザインを求める方にとって、新型【ノア】と新型【ヴォクシー】の価格差は実に悩ましいところです。

引用:https://bit.ly/3ACQMRh

この辺りは販売店でじっくりと見比べて選び出すのが良いでしょう。

両車を並べて比較出来るのも販売チャンネル統合のメリットといえるでしょう。

スポンサードリンク

新型【ノア】VS【ヴォクシー】燃費の違い

引用:https://bit.ly/3L7s1S6

次に新型【ノア】と新型【ヴォクシー】の燃費を比較していきます。

といっても、同一車体・同一エンジンの兄弟車ですので同一グレードでの燃費に差はありません

ハイブリッド車・ガソリン車共に新型【ノア】と新型【ヴォクシー】の燃費に違いが出てくるのが新型【ノア】の標準デザインの【G】【X】グレード

装備の違いタイヤ&ホイールの組み合わせなどにより若干の違いが生じています。

WLTCモード燃費比較

S-Z・S-G・Z G X
ハイブリッド車
2WD(7人乗り) 23.0 23.2 23.4
2WD(8人乗り)
E-Four(7人乗り) 22.0 22.0
ガソリン車
2WD(7人乗り) 15.0 15.1 15.1
2WD(8人乗り)
4WD(7人乗り) 14.3 14.3 14.4
4WD(8人乗り)

0.2~0.4km/Lの違いですので実燃費ではほとんど違いは生じない範囲です。

誤差の範囲内の差ですので、カタログ燃費では新型【ノア】の方が若干良いからといって、それを理由に新型【ノア】を選ぶ、という方はこのくらいの差ではあまり居られないでしょうが、デザインの好みよりも燃費を重視する、というのはあまりオススメ出来ません

長い期間を共に過ごすパートナーですから、ライフスタイルに合わせた選択を優先すべきでしょう。

引用:https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/36614622.html

基本骨格は共通ながらもフロントとリアのデザインを変更することでそれぞれの個性を生み出すことは先代【ノア】と【ヴォクシー】から継承しています。

オーソドックスなデザインを求める方には新型【ノア】の標準デザイングレードを、スポーティーかつ個性的なデザインを求める方には両車のエアロデザイングレードを、更なる鋭い個性を追求する方に新型【ヴォクシー】を。

トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店という4系列の販売店での車種分けを廃止し、全店全車種取扱へと販売チャンネル統合を進める中で異例の兄弟車種を維持してのフルモデルチェンジ

両車が同じ販売店で並べられて展示・販売する事はトヨタの人気車種である【ノア】と【ヴォクシー】だからこそ出来る冒険であり、幅広いニーズを取り込み続けようというトヨタの意気込みを強く感じ取れるでしょう。

T:アイキャッチ画像引用URL:https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/36614622.html

なぜ一括査定はお得だと言えるのか!?

乗り換えを行う際はディーラーでの下取りと中古車買取店での売却ではどちらが得なのかイマイチ分からないと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から先に言ってしまうと、こちらは現在所有している車種や車両の状態によっても異なりますが、

基本的に自動車を手放す際は、街中に存在する中古車買取店やインターネットによる一括査定を利用した売却の方が、高い値段で車を手放せる傾向にあると言えます。

一般的に、ディーラーなどで行われる下取り査定は

  • 年式
  • 走行距離
  • 車両の状態

などで判断されるため、車両自体や社外装備品の価値などは反映されず最低限の価格を提示される点が特徴です。

さらに、下取りで得られた金額は現金化する事ができず、新車の購入時のみ使用する事が可能となるため、後日タイヤの交換やドライブレコーダーなどの機器を追加する際は使用する事ができません。

一方の買取店や一括査定による車両の売却は、ディーラーでの下取り査定と同じく年式や走行距離、車両の状態などに加え

  • 中古車市場の需要と供給のバランス
  • 人気の有無
  • 装備品の価値

などが加味された査定となる事から、所有している車の価値に応じた買取査定額が提示されるため、ディーラーで行う下取り額よりも売却価格が高くなる傾向にある

と言う訳です。

また、車を売却した際の金額は1度現金化される事からタイヤやオイル交換等のメンテナンス、社外品の導入などにも使用する事が可能となるため、車を手放す際は下取りではなく売却を選択する方が得だと言えるでしょう。

ただし、中古車買取店などで売却を行う場合でも、車両の状態(事故等の有無)や市場の動向によっては必ずしも下取りより高額な査定を受ける事ができないケースもありますので、あくまでも1つの目安として無料の一括査定に申し込んでみることをおすすめします。

ディーラーの値引きを最大限に引き出し、さらにあなたの愛車の下取り金額を最大限にアップさせる。

これこそが、新車を最高に安く手に入れる方法なのです!

 

タイトルとURLをコピーしました