itemscope itemtype="https://schema.org/WebPage" data-barba="wrapper">

【RAV4】車中泊を快適にするアイデア

RAV4

【トヨタ RAV4】は車中泊を行う事が可能な車なのでしょうか。

RAV4は、SUVらしいワイルドな外観と使い勝手の良い室内空間が確保された車ですが、購入を検討している方や既に購入済みの方の中には『RAV4で車中泊を行ってみたい』と考えている方も多いのではないでしょうか。

車中泊と言えば昨今、宿泊費用を抑え気軽に旅行を行う事のできる手段の1つとして浸透して来ているため、RAV4で車中泊を行う事ができるか或いは快適に過ごすにはどの様なアイデアがあるのか概要を知りたいと言う方は多い多いと思います。

そこで今回は、RAV4で本当に車中泊を行う事はできるのか、また車中泊が行える場合にはどの様なアイデアやアイテムを使用する事で快適に過ごすことができるのかなどを中心に、トヨタ・RAV4と車中泊について解説をしていきます。

スポンサードリンク

【RAV4】で車中泊は可能なのか?

引用:https://bit.ly/2WGGVqx

RAV4は1994年5月に、小型乗用車であるトヨタ・カローラなどの車種をベースとして販売が開始されたコンパクトサイズのSUVでしたが、2018年12月に行われたフルモデルチェンジではボディのサイズが大型化され、現在ではミドルサイズSUVとして人気を博している車です。

外観は、1990年代に絶大な人気を得ていたトヨタ・ハイラックスサーフに似ているとも言われ、販売開始直後から大きな話題となりましたがボディサイズが大型化された事もあり、昨今では流行となっている車中泊をRAV4でも行えないかと考えている方は多いと思います。

では、RAV4で車中泊を行う事は本当に可能なのでしょうか。

引用:https://bit.ly/2LZd76c

RAV4の荷室サイズは、リヤシートを使用した5人乗車時の場合

  • 荷室長:1,015mm
  • 荷室幅:1,000mm(最小部)~1,355mm(最大部)
  • 荷室高:880mm(デッキボード上段時)~935mm(デッキボード下段時)

に設計されているため、通常のシートアレンジ状態では車中泊を行う際に必要なベッドスペースを確保する事はできませんが、リヤシートを前方へ倒し荷室を拡張した場合には最大で1,880mm程度の荷室長を確保する事ができるため、車中泊は十分に行える広さが確保されていると言えます。

引用:https://bit.ly/3o1EpqZ

また、リヤシートは6:4の分割可倒式となっており両方を倒す事でさらに荷室を拡張する事が可能となるため、大まかな車中泊を行える人数としては大人2人と小学校中学年程度のお子さん1人が目安となりますので参考にすると良いでしょう。

ただしRAV4は、車中泊を行える空間が確保されてはいますが単純にシートアレンジを行っただけでは、車中泊を快適に過ごす事はできません

では、どの様にしたら快適に車中泊を行う事ができるのか疑問に思っている方もいらっしゃると思いますので、次の項目では車中泊を快適にするアイデアや工夫を紹介していきます。

スポンサードリンク

【RAV4】車中泊を快適にするアイデア

引用:https://bit.ly/3rrKYFg

前述した通り、RAV4はリヤ部分のシートアレンジを行い荷室の広さを拡張することによって車中泊を行うためのベッドスペースを確保できる事が分かったと思いますが、単純にシートアレンジを行っただけでは車中泊を快適に過ごす事はできません。

これには様々な理由がありますが、代表的なものを挙げていくのであれば自動車自体の構造上の問題や室温調整の難しさ、持ち込める荷物の数に制限があるなどが主な理由となります。

では、これらを解消させRAV4で快適に車中泊を行うには、どの様な工夫やアイデアがあるのでしょうか。

アイデアその1・拡張した荷室を水平にしよう

引用:https://bit.ly/34K8Km1

まず1つ目は、拡張した荷室のベッドスペースを水平にすると言う点です。

昨今のRAV4を含む多くのSUVは、大型な荷物の積載も行う事ができるようリヤシートを倒した場合でも、荷室と倒したシートバック面に段差が生じないよう設計されています。

しかし、もともとリヤシート部分は車中泊を行うような想定はされておらず荷室の拡張は『大きな荷物を乗せる』事を元に設計されているため、シートアレンジを行った際にはシートバック面から荷室に掛けてゆるい傾斜が発生する構造となっています。

これは、座りやすさを優先することからリヤシートの座面先端部分がやや上向きに設計されているためで、構造上の問題から完璧な水平状態を作り出す事はできないと言う訳です。

基本的に車中泊を行う場合には頭をフロントシート側に、足を荷室側に向けて寝ることが多いため足のある荷室側の空間が下がっていると、血流が悪くなるなどの悪影響を及ぼす恐れがある事から安全且つ快適に過ごすにはこの問題を解消させなければなりません。

ただし、この場合それほど難しい工夫やアイデアは必要なくブランケットを重ねることやウレタン製のクッションを敷き傾斜を無くしていけば良いだけですので、それほど大きな問題ではないと言えるでしょう。

水平に近い状態を作り出した後は、エアマットウレタンマットなどの敷けば快適に睡眠が行える空間を作り出すことができますので、車中泊に不慣れな方はまず水平なベッドスペースを作るアイデアを実践してみることをおすすめします。

アイデアその2・アイテムを使用して室温調節や体温調整を行おう

引用:https://bit.ly/34DTSWr

2つ目は、アイテムを使用して室温調節や体温調整を行うと言う点です。

車中泊を行う際は、事故防止の観点から就寝時を中心にエンジンを停止させなければならないため、室温や体温の維持が非常に難しいと言う問題があり、特に夏場や冬場は熱中症と防寒に対する対策を行わなければ、車中泊で命を危険にさらしてしまう場合も存在します。

そのためフロントガラスやサイドガラス、リヤゲート部分のガラスには車中泊を行う季節によってシェードやカーテンと言ったアイテムで断熱・遮熱を行う事が快適に車中泊を行う大きなポイントです。

ちなみに、昨今では車中泊が大きな話題となった事もありRAV4などの人気車種は、車種専用設計のシェードやカーテンも販売されていますので、価格や使用頻度に応じて選ぶと良いでしょう。

また、ポータブル電源などを用意することができれば、USB接続の小型扇風機や電気毛布なども使用することができ、室温と体温の調節が簡単に行える事からより快適に車中泊を行う事も可能となります。

もしも、積載する荷物の関係からポータブル電源等の比較的大きめな機材が持ち込めない場合には、出先などでスマートフォンを充電するために使用するモバイルバッテリーで代用することもできますので覚えておくと良いでしょう。

これらの電源機器は、屋外キャンプなどでも活躍する機会の多いアイテムとなりますので、車中泊に限らずアウトドアを行う機会が多い場合には用意しておいて損はないアイテムの1つと言えます。

アイデアその3・積載する荷物工夫して快適に過ごそう

引用:https://bit.ly/3heUeYG

3つ目は、積載する荷物を工夫すると言う点です。

車中泊を行う場合には、寝具やキャンプ道具など様々な物を積載しなければなりませんが、特に寝具は自宅のベッドで使用しているものを持ち出してしまうと積載できる荷物が大幅に少なくなってしまう事が難点です。

しかし、寝袋などのアウトドア用寝具を利用すれば積載する荷物を大幅に減らすことができ他の必要道具を優先的に持ち込むことができるため、積載する荷物を工夫するアイデアは快適に車中泊を行う際の重要となるポイントでもあります。

寝具以外にも、フロントシートと倒したリヤシートの隙間を埋めるグッズもDIY等で強度の高い物を作ると言った方法がありますが、否使用時にはコンパクトに収納できるエアクッションなどを利用した方が荷物を減らす事ができます。

引用:https://bit.ly/3rrM2sK

また、車中泊やキャンプでは飲料水を確保するためポリタンクを使用しますが、こちらの場合は一般的なハードタイプのタンクではなく、折りたたみが可能なソフトタイプのタンクを使用する事でも荷物を減らす事が可能となりますので覚えておくと良いでしょう。

このように、RAV4で車中泊を快適に過ごすためには様々な工夫やアイデアがありますので、これから車中泊を行う場合には前述してきた例を参考にしてください。

スポンサードリンク

【RAV4】車中泊を行う際に便利なオプション品

引用:https://bit.ly/3rvWsrs

RAV4は、様々なアイデアによって快適に車中泊を行える事が分かりましたが、車中泊を行う際に利便性を高める純正オプション品はどの様な物があるのか気になっていると言う方もいらっしゃると思いますので、ここでは車中泊を行う際に便利なオプション品を紹介していきます。

  • システムラック・ベースラック

引用:https://bit.ly/3aIGp3A

1つ目のRAV4で車中泊を行う際に便利な純正オプション品は、システムラック・ベースラックです。

前述した通り車中泊を快適に過ごすには、持ち込む荷物を工夫し積載量を減らす事がポイントですが目的地や車中泊を行う環境によっては、どうしても荷物を減らす事ができないケースも存在します。

このような場合に便利なのが、システムラック・ベースラックとなりこちらを装着しておけば、使用する用途によっていつでも車外天井部分に荷室容量を拡張する事が可能です。

収納スペースを拡張する場合には、他の純正オプションや社外品としてルーフボックスやルーフラックと言った設備を追加しなければなりませんが、どの設備を追加する場合でもベースラックは必ず必要となりますので、荷室の拡張を予定している場合に便利なオプション品だと言えるでしょう。

  • サンシェード

引用:https://bit.ly/3pniB9d

2つ目のRAV4で車中泊を行う際に便利な純正オプション品は、サンシェードです。

サンシェードは夏場にダッシュボードへの直射日光を避け、室温の上昇を抑えるための物ですが車中泊時にフロントガラスへ設置する事で、室温調整を行う場合にも便利なオプション品です。

特にRAV4の場合には、専用設計となっている事に加えて否使用時は小さく折り曲げて収納する事が可能となっているため、室温調整と同時に積載する荷物を小さくできる事も便利な点だと言えるでしょう。

加えて市販品のサイドガラスやリヤガラス用シェードなどと組み合わせて装着を行うと、より断熱・遮熱効果を期待することができます。

  • アクセサリーコンセント

引用:https://bit.ly/2WMe4Rr

3つ目のRAV4で車中泊を行う際に便利な純正オプション品は、アクセサリーコンセントです。

アクセサリーコンセントは、標準で装着されるUSB電源ジャックとは異なり家電製品も使用することのできるコンセントジャックが取り付けられているため、外部電源が確保できない場合に大変便利な純正オプション品となります。

特にハイブリッド車場合には、キャンプ等のアウトドア時に加えて災害などの車中泊で電源が確保できない非常時でも電源の確保ができる大きなメリットがありますので、ぜひ装着を行っておきたいオプション品だと言えるでしょう。

ただし、こちらのオプションは新車発注時のみ装着可能なメーカーオプションに設定されており、車両の購入後や中古車などへは後付けができませんので注意が必要です。

このようにRAV4には、快適に車中泊を行う上で便利な純正オプション品が多数設定されていますので、購入を検討している場合の参考にしてみてください。

スポンサードリンク

【RAV4】車中泊を行うのに適した環境とは?

引用:https://bit.ly/3mWtP3b

RAV4には、車中泊での快適性を高める様々な純正オプション品が設定されている事が分かりましたが、これから実際に車中泊に挑戦してみようと考えている方の中には、どの様な環境が車中泊に適しているのか分からないと言う方も多いと思います。

では、車中泊に適した環境とはどの様な場所となるのでしょうか。

昨今では、高速道路のサービスエリアパーキングエリア、一部の道の駅車中泊専用の駐車施設など様々な場所で車中泊を行う事ができますが、これらの施設で共通している環境というと必ずトイレなどの共有施設が完備されていると言う点です。

車中泊では、普段の生活とは大きく環境が異なり寝場所が変わる事や電気を自由に使う事ができないと言った不都合が発生しますが、最も困るのは居住空間の中にトイレがないと言う点になります。

引用:https://bit.ly/3aGgtFy

最近では、携帯用の簡易型トイレもカー用品店などで販売されていますが、このような商品は渋滞などに巻き込まれてしまい近くにトイレがないと言った場合の緊急用の物となっているため車中泊での使用は想定されていないほか、衛生面でも長期の使用はおすすめできません

また、周囲にトイレがない場所で車中泊を行ってしまうとその都度コンビニや近場の施設まで移動しなければなりませんので、特に就寝時はしっかりとした睡眠を摂ることができず体調を崩す原因にもなってしまうため、徒歩で行ける距離にトイレがあると言うのは車中泊で最も重要な環境だと言えるのです。

引用:https://bit.ly/2KORGEp

このほか車中泊に適している環境をいくつか挙げていくと

  • 長期間の車による宿泊が認められている環境
  • トイレ以外の水道施設や入浴施設が完備されている環境
  • 電灯などが完備され、遠めからでも人の目につきやすい場所
  • 十分に体を休めることができる落ち着いた環境

等が挙げられますので、全ての条件を満たすのは難しい事ですが車中泊を行う際はなるべく上記に挙げた点に近い環境を選ぶと良いでしょう。

【RAV4】車中泊での過ごし方

引用:https://bit.ly/3pidqY4

RAV4で車中泊を行う場合、トイレなどの共有施設があり長時間の宿泊が可能な事に加えゆっくりと体を休められるなどの環境が最適である事が分かりましたが、車中泊ではどの様に過ごせば良いのでしょうか。

まず基本的なこととなりますが、車中泊中は必ず就寝時以外でもドアロックを行う必要があります。

特に、トイレなどで短時間車を降りる際は車内に人が残っている場合でも、窃盗や他の犯罪に巻き込まれないためにもドアロックは必ず行わなければなりません

また、前述した室温調整を行うためのシェードやカーテンと言ったアイテムは、外部からの視線を遮断し車上荒らしなどの被害を予防する効果も併せ持っている為、防犯という面でも設置する事をおすすめします。

引用:https://bit.ly/34IMDMU

2つ目は、就寝時に必ずエンジンをOFFにすると言う点です。

車中泊では、騒音や環境面を考え極力エンジンはOFF状態にしておくことが基本ですが、就寝時に室温調整などの理由からエンジンを稼働させておくと何かの拍子で車が発進してしまう場合や、排気ガスが逆流してしまい一酸化炭素中毒を引き起こすなどの事故が発生する恐れがあります

加えて、燃料切れでエンジンが停止した場合でも電気系統は作動したままの状態となることから、バッテリー上がりが発生してしまう恐れもあるため様々なトラブルを避ける意味でも就寝時は必ずエンジンをOFFにする必要があるのです。

特にRAV4に搭載される車載バッテリー補機バッテリーは、欧州車規格の価格が非常に高い物となりますので不必要なメンテナンス費用を出さないためにも、就寝時は必ずエンジンを停止するようにしてください。

引用:https://bit.ly/37K16do

3つ目は、エコノミー症候群に注意するという点です。

車中泊では、自宅のベッドで就寝するのとは異なり自由に寝返りがうてず、長時間同じ体位で寝てしまうことも少なくありません。

その結果、体内の血の巡りが悪くなるほか血液の濃度が濃くなり血管中に血の塊が発生し詰まってしまう所謂『エコノミー症候群』と言う病気を発症し、命を落としてしまう恐れもあるため十分な水分補給や意識的に寝る体勢を変えるなどの過ごし方を行う必要があります。

またその他の注意点としては

  • 音楽の音は控えめにし、騒音を出さないように気をつける
  • 認められた場所以外での洗濯や洗い物は控える
  • ゴミの管理を徹底する

などの注意点も存在しますので、ルールを守った上で車中泊を行う様にすると良いでしょう。

【RAV4】車中泊のまとめ

今回は、RAV4と車中泊について解説をしてきましたが、RAV4の荷室はリヤシートを倒すことで1,800mm以上の荷室長を確保できる事から、十分に車中泊を行えるスペースが確保されている事が分かったと思います。

また、ベッドとなるスペースの傾斜を無くす事やシェードなどで室温調整を行うアイデアで、さらに快適な車中泊を行う事が可能となるためこれから車中泊に挑戦してみようという場合には参考にしてみると良いでしょう。

ただし、車中泊は近場にトイレなどの共用施設が必須となりトラブルや病気を防ぐための注意点もいくつか存在しますので、知識の1つとして覚えておくことをおすすめします。

アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/3rrKYFg

【RAV4】人気カラーランキング

【光岡 バディ】VS【トヨタ RAV4】比較してみた

【CX-5】VS【RAV4】どっちがいいの?

 

タイトルとURLをコピーしました