【GR 86】ATとMTそれぞれの魅力とボディカラー

86

利用者急増中!愛車を手に入れる新しい方法

コロナ禍で移動手段に車を選択する人が増えています。

★★納車待ち期間が短くなるかも!?★★
(車種・グレードによる違いはあります)

★頭金が不要で毎月一定額で利用可能

★Web上で手続き可能で即納車

★自動車保険料・各種税金・車検費用コミコミ

★トヨタの正規販売店でメンテナンス

★クレジットカード払い可能

KINTOを利用して新しいカーライフを始めてみませんか?

↓↓ KINTOの詳細はこちらから ↓↓




トヨタ【GR 86】に設定されるトランスミッション形式の魅力や、設定されるボディカラーはどのようになっているのでしょうか。

GR 86と言えば、昨今では珍しくなった本格スポーツカーとなり走る楽しさを味わえる点が大きな魅力ですが、実際に設定されるAT(オートマチック)とMT(マニュアル)ではどのような違いや魅力があるのか、興味を持っている方も多いと思います。

また、スポーツカーと言えば重厚さが伝わるデザインに加え彩り豊かなボディカラーも1つの特徴となるため、GR 86の場合にはどのような色が設定されているのか概要を知りたい方は多いはずです。

そこで今回は、GR 86に設定されるATモデルとMTモデル違いや魅力、設定されるボディカラーラインナップの紹介などを中心に、トヨタ・GR 86のトランスミッション別の魅力やボディカラーについて解説をしていきます。

スポンサードリンク

【GR 86】ATとMTそれぞれの魅力

引用:https://bit.ly/3PZbfWp

トヨタ・GR 86は、2012年4月に同社として約5年ぶりとなる新型スポーツカーの復活モデルとして、スバルと共同開発された車です。

2021年10月に行われたフルモデルチェンジでは、世界で販売が行われるグローバルモデルとして生まれ変わり、それまで『トヨタ・86』だった車名はスープラやヤリスと同じく頭にGRの付いた車名に変更された点も1つの話題となりました。

設定されるトランスミッション形式は、先代モデルと同じくAT(オートマチック)とMT(マニュアル)の2種となっており、エンジンの最大出力やトルク値は両トランスミッション形式で大きな差はありません。

引用:https://bit.ly/3RlxxTf

ただし、GR 86に設定されるATモデルには、先代モデルでも否搭載となっていた先進の事故予防システムの1つであるアイサイトコアテクノロジーが標準搭載されており、安全性能が大きく向上した点はATモデルの大きな魅力の1つと言えます。

アイサイトコアテクノロジーの、主な事故予防システム内容としては

  • プリクラッシュブレーキ
  • 定速/全車速追従機能付クルーズコントロール
  • 車線逸脱警報/ふらつき警報/先行車発進お知らせ機能
  • AT誤発進・誤後退抑制制御

などの機能がATモデルの全てのグレードに標準搭載されています。

引用:https://bit.ly/3wKNCu6

また、ATモデルにはクラッチやマニュアルシフトが完備されませんが、ステアリングの背面には自由にギアチェンジを行う事のできるパドルシフトが設置されているため、MT感覚でスポーティーな走行を行える点も魅力的な機能の1つだと言えます。

引用:https://bit.ly/3csYTbD

一方のMTモデルには、冒頭で触れた通りATモデルで標準搭載されるアイサイトコアテクノロジーは否搭載となり、クルーズコントロールこそ完備されますが機能としては定速のみの対応となるため、事故防止などの安全機能に関してはATモデルよりも劣ってしまうのが実状です。

ただし、クラッチやシフトチェンジなどMTモデルならではの操作感と、スポーツカーらしく車両を意のままに操ることができる点は、ATモデルで味わうことが難しくMTモデルにおける最大の魅力だと言えます。

引用:https://bit.ly/3TrC34B

また、燃費面に関しても6速の細かいギアチェンジが可能な事からMTモデルの方が僅かながら優れており、特に市街地走行ではATモデルと比べ0.7~0.8km/L低燃費となっていますので、MTモデルは走る楽しさや操作感に加え燃費性能も魅力の1つと言えるでしょう。

ではGR 86の場合、ATモデルとMTモデルではどちらを選べば良いのか悩んでしまうところですが、これは個人の感覚に因る部分が大きくATとMTで優劣はありませんし、GR 86がスポーツカーだからと言ってMTモデル択一という訳でもありません

ただ、どちらのモデルが向いているかという部分で診断するならば、ATモデルの場合は

  • 事故予防などの安全機能を重視しながらも、スポーティーな走行を行いたい方
  • 運転の負担を軽減したい方

MTモデルの場合は

  • スポーツカー特有の操作感を味わいたい方
  • 渋滞など、操作が多い環境でも苦にならない

等が1つの目安となりますので、覚えておくと良いかも知れません。

引用:https://bit.ly/3ADZRtg

ちなみに、実際のGR 86におけるATモデルとMTモデルの比率としては、若年層を中心としてMTモデルが概ね6割~7割弱程度となっていますので、トランスミッション形式を選ぶ際の参考にすると良いでしょう。

このようにGR 86には、先代モデルと同じくATモデルとMTモデルの2種が設定されており、充実した安全機能やスポーツカー特有の操作感などそれぞれで大きな魅力がありますので、購入を検討している場合などの参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

【GR 86】ボディカラーラインナップ

引用:https://bit.ly/3CKZL5Z

トヨタ・GR 86には、スポーツカーらしくATモデルとMTモデルの2種のトランスミッション形式が設定され、それぞれで異なる魅力があることが分かりましたが、スポーツカーと言えば颯爽としたデザインはもちろんのこと、設定されるボディカラーが気になる方も多いのではないでしょうか。

特に自動車のボディカラーは、その車を印象づける大切な役割を担っており実際に購入直前まで迷ってしまうケースも珍しく無いため、ここでは現在GR 86に設定されているボディカラーラインナップを色見本形式で紹介していきます。

現在GR 86には、全部で7種のボディカラーが設定されており、それぞれの色と特徴を挙げていくと

  • スパークレッド(有料:+ 55,000円

引用:https://bit.ly/3Q2Mvwy

特徴:発色が良く、スポーツカーの名に恥じない鮮やかさが特徴のレッド系カラー

  • クリスタルブラックシリカ

引用:https://bit.ly/3TtFec3

特徴:光輝材によって、目映い光を放つブラック系カラー

  • クリスタルホワイトパール(有料:+ 33,000円

引用:https://bit.ly/3D0KcHF

特徴:柔らかさと力強さを兼ね備えた、ホワイト系パールカラー

  • ブライトブルー

引用:https://bit.ly/3CScV0S

特徴:晴天の青空を連想させ、爽快感が感じられるブルー系カラー

  • アイスシルバーメタリック

引用:https://bit.ly/3pYWyIi

特徴:ボディラインの凹凸が、より立体的に感じられるシルバー系カラー

  • マグネタイトグレーメタリック

引用:https://bit.ly/3R4mI8B

特徴:色のトーンが抑えられ、重厚さを感じさせるグレー系カラー

  • サファイアブルー

引用:https://bit.ly/3R6oK80

特徴:発色が抑えられ、光の加減で様々な表情に変化するブルー系カラー

がラインナップされており、このうちスパークレッドとクリスタルホワイトパールは、それぞれ55,000円と33,000円のメーカーオプションカラーに設定されている点が特徴です。

また、ブライトブルーは兄弟車となるスバル・BRZには設定されずGR 86専用カラーとなり、反対にBRZにはスバル車の定番でもあるWRブルー・パールが専用カラーとしてそれぞれ設定されていますので、覚えておくと良いでしょう。

引用:https://bit.ly/3KCcuKi

ちなみに、購入を行う店舗や時期によってバラツキがあるため全てのケースに当てはまる訳ではありませんが、この中で人気の高いボディカラーを挙げていくと

  • 第1位:クリスタルホワイトパール(有料:+ 33,000円)
  • 第2位:クリスタルブラックシリカ
  • 第3位:マグネタイトグレーメタリック
  • 第4位:スパークレッド(有料:+ 55,000円)
  • 第5位:アイスシルバーメタリック

となり、スポーツカーらしく爽快感や力強さに加え、重厚さを感じさせるボディカラーがGR 86では人気が高い傾向にあると言えますので、色選びで迷ってしまった際の参考にしてみると良いかも知れません。

引用:https://bit.ly/3KD9tct

さらにGR 86には、現在は受注が終了してしまったものの先代モデルの誕生から10周年を記念した特別仕様車も期間限定で販売され、こちらは初代モデルでイメージカラーにもなったフレイムオレンジが専用色として設定されており、台数が少ない事から希少性の高いボディカラーとなりますので覚えておくと良いでしょう。

このようにGR 86には、現在7種のボディカラーが設定されスポーツカーらしく爽快で力強さを感じさせるカラーラインナップである点に加え、兄弟車となるBRZとGR 86では若干ラインナップが異なる点が特徴となりますので、色選びを行う際の参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

【GR 86】ATとMTの魅力とボディカラーのまとめ

今回はトヨタ・GR 86のATとMTの魅力や機能の違い、設定されるボディカラーラインナップの紹介などについて解説をしてきましたが、GR86にはスポーツカーらしくATモデルとMTモデルの2つのトランスミッション形式が設定されている事が分かりました。

中でもATモデルは、先進の事故防止機能であるアイサイトコアテクノロジーが搭載され安全性が高められている点や、MTモデルは事故防止機能こそ否搭載となるものの、マニュアル車らしく自分の意のままに車両を操り走りが楽しめるなどが大きな魅力だと言えます。

気になるカラーバリエーションについては、現在のところ7種がカタログモデルとして設定され、スポーツカーらしく颯爽感や力強さが表現されたカラーが人気となり、兄弟車のスバル・BRZとは若干設定色が異なりますので覚えておくと良いでしょう。

また、GR 86には外観部分のイメージをよりスポーティーに仕上げることのできるエアロパーツやアルミホイール、価格を抑えながらもアクセントを加えられるおすすめのアクセサリーが豊富に用意されていますので、イメージに合わせ個性的な1台を造り上げてみて下さい。

y:アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/3CKZL5Z

【GR 86】ラゲッジスペース容量とおすすめカスタマイズ

【GR 86】エンジンオイル交換と新旧モデルの違いについて

【GR 86】価格と納期とお得な買い方

愛車のサブスクリプション【KINTO】の魅力とは!?

KINTOのメリット

★★納車待ち期間が短くなるかも!?★★
(車種・グレードによる違いはあります)

★購入やカーリースと比べるとトータルコストが結構安い
実際に各種カーリースなどと比べるとお値打ちな結果に

★自動車保険もコミコミ価格
事故を起こしても保険等級に変更なし

★契約途中でも車の乗り換えが可能
「乗り換えGO」というサービスで手数料を払えば乗り換え可能

★トヨタ正規販売店でメンテナンス
車検も正規販売店で行うので安心

★クレジットカード払い可能でポイントが貯まる
毎月の固定費でポイントが貯まっていくのは非常にお得

★契約はWEB上のみで完結出来る
見積もりの比較・検討が簡単に出来ます

★消耗品の交換費用も価格に含まれている
半年毎のメンテナンスの際、必要な部品は無償で交換

★車検代もコミコミ
なんと必要ならばタイヤ交換も無償でしてくれます

★各種税金もコミコミ価格
自動車税・重量税・自賠責保険も全てコミコミ

ポイントは毎月の固定費だけで車の維持費をほとんど計画出来る点です。
KINTOが高いと感じている方はこれも考慮した上で比較していただけるといいかもしれません。




タイトルとURLをコピーしました