【GR 86】エンジンオイル交換と新旧モデルの違いについて

86

利用者急増中!愛車を手に入れる新しい方法

コロナ禍で移動手段に車を選択する人が増えています。

★★納車待ち期間が短くなるかも!?★★
(車種・グレードによる違いはあります)

★頭金が不要で毎月一定額で利用可能

★Web上で手続き可能で即納車

★自動車保険料・各種税金・車検費用コミコミ

★トヨタの正規販売店でメンテナンス

★クレジットカード払い可能

KINTOを利用して新しいカーライフを始めてみませんか?

↓↓ KINTOの詳細はこちらから ↓↓




トヨタ【GR 86】の最適なオイル交換時期は、どのようになっているのでしょうか。

GR 86と言えば、昨今の国内自動車市場では珍しい存在となったスポーツカーに属する車ですが、スポーツカーと聞くとエンジンオイルを頻繁に交換しなければならないイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

また、GR 86は先代モデルをベースとして2021年10月にフルモデルチェンジが行われましたが、新旧の両モデルではどのような部分が変わったのか概要を知りたいと言う方も、少なくないはずです。

そこで今回は、GR 86におけるおすすめのエンジンオイル交換時期やオイルの種類、新モデルと旧モデルの比較についての紹介などを中心に、トヨタ・GR 86のエンジンオイル交換と新旧モデルの違いについて解説していきます。

スポンサードリンク

【GR 86】おすすめエンジンオイルと交換時期

引用:https://bit.ly/3PYca9B

トヨタ・GR 86を中心とした自動車のメンテナンスと言えば、洗車やタイヤ交換などが挙げられますが最も身近なものというと、エンジンオイルの交換をイメージする方も多いのではないでしょうか。

自動車のエンジンオイルは、定期的な交換を怠ってしまうと燃費の低下を招いてしまうだけでは無く、エンジンが持つ本来の性能を発揮することができず、最悪の場合には大きな故障に繋がり載せ替えを余儀なくされる事もあるため、非常に大切なメンテナンスの1つとなります。

また、GR 86にはスバルと共同開発を行った水平対向4気筒エンジン(通称ボクサーエンジン)が搭載されており、高回転で動作する事も多いスポーツカーである事から、どのくらいでエンジンオイルを交換したら良いのか、概要を知りたい方は多いはずです。

では実際に、GR 86の場合にはどのくらいの頻度でエンジンオイルを交換するのがおすすめなのでしょうか。

引用:https://bit.ly/3e7lnze

これは、予め充填されているオイルのグレードや走行する環境などにも左右されるため全てのケースに当てはまる訳ではありませんが、多くの自動車メーカーが奨める目安の交換サイクルとしては

  • 走行距離5,000km~10,000km前後
  • 交換時期半年~1年

のどちらか早い方での交換が一般的となります。

ただし、メーカー奨めるオイル交換のサイクルは、上記を目安に交換すれば故障のリスクは少なくなり修理の保証対象に該当すると言う指標であり、実際に新車時の燃費や性能を維持する場合はこれよりも短い期間での交換が理想的です。

引用:https://bit.ly/3Rh4Xm4

特にGR 86や兄弟車となるスバル・BRZの場合は、スポーツカーという事もありエンジンが高回転で動作し熱を持ちやすい傾向に加え、水平対向エンジンは低走行時のメンテナンスを怠ると、年月が経過してからトラブルが発生しやすくなる傾向にありますので、大まかな交換サイクルとしては

  • 走行距離3,000km~5,000km前後
  • 交換時期3ヶ月~5ヶ月前後

と、先に挙げたメーカーが奨める交換サイクルよりも早い時期での交換が、GR 86の場合は新車時の燃費や性能を維持するために望ましく、おすすめの交換時期だと言えますので覚えておくと良いでしょう。

引用:https://bit.ly/3TDL1vV

もちろん、早いサイクルで交換を行っていた場合でも、高速走行が多い場合や反対に短距離走行が多い場合は、目に見えてオイルに汚れが生じていなくても、熱や水分等によって劣化が進んでいるケースもありますので、走行環境に応じ交換していくことをおすすめします。

GR 86に最適なエンジンオイルの種類は?

引用:https://bit.ly/3wFhVSZ

先述した通り、GR 86はメーカーが奨めるサイクルよりも早い期間で交換を行うと新車時の燃費や走行性能を維持していけることが分かったと思います。

ただ、GR 86にはどのような種類のオイルを使用したら良いのか分からないと言う方もいらっしゃると思いますので、ここではGR 86に最適なエンジンオイルの種類を説明していきます。

先に触れた通り、GR 86にはスバルと共同開発を行った水平対向エンジンが搭載されていますが、このエンジンに推奨または適合するオイルの詳しい種類をみてみると

メーカーの推奨・適合オイルとオイル粘度
メーカー推奨オイル トヨタ純正モーターオイル0W-20
メーカー適合オイル トヨタ純正モーターオイル5W-30

となっており、通常はオイルの粘度が低く省燃費性に優れた0W-20を、高速走行などエンジンに高負荷が掛かり高温になりやすい環境の場合は、ややオイル粘度の高い5W-30と言う物を選択すれば大きな問題はありません。

また、GR 86とBRZには推奨または適合品ではないものの、純正オプション品として0W-30と言う粘度のオイルも設定されていますので、オイルを選ぶ際はこの範囲の種類で選ぶようにして下さい。

代替:トヨタ GR86 エンジンオイル 交換 モデル 違い 社外オイル

さらに、自動車のエンジンオイルには粘度の他にベースとなるオイルにグレードが設けられており、このグレードによって耐久性や洗浄能力などの機能が左右されますが、最も安価な鉱物油の特徴としては

  • 価格は安いが、オイル中の分子が不揃いであるため耐久性が低く洗浄や静粛性能も低い

最も高価で、グレードの高い化学合成油の場合は

  • オイル中の分子を化科学的に均一化している事から耐久性が高く高性能だが、価格が高い傾向にある

上記の2つの間に位置づけられる部分合成油

  • 鉱物油と化学合成油を合わせて作られるため、価格を抑えながらも耐久性などの機能も維持したバランスオイル

がそれぞれの特徴です。

引用:https://bit.ly/3ATNCua

では実際に、GR 86にはどのグレードのオイルが最適なのかというと、これは車を使用する頻度や環境などにもよりますが、スポーツカーらしくエンジンの性能をフルに発揮させる事を前提とするならば、機能性に優れた化学合成油またはバランスのとれた部分合成油がおすすめだと言えるでしょう。

余談となりますが、GR 86やBRZに搭載されるエンジンはどちらもガソリンを燃料としますが、種類としては通常のレギュラーガソリンではなく無鉛プレミアムガソリン(ハイオク)が指定されています。

そのため、エンジンオイルを推奨または指定された種類の物に交換していても、レギュラーガソリンを入れてしまうと本来のエンジン性能を発揮することができませんので、燃料は必ず無鉛プレミアムガソリンを選ぶようにして下さい。

引用:https://bit.ly/3TtQJA4

ちなみに、GR 86のエンジンオイルを交換する際に必要となるオイル量は

GR 86エンジンオイルの交換量
エレメント交換有り 5.0L
エレメント交換無し 4.8L

となっており、カー用品店などで販売される一般的なサイズの4.0L缶では不足してしまう事に加え、追加する1L缶ではコストが高くなってしまう傾向にありますので、交換を行う際はディーラー等で行われているボトルキープや量り売りを利用すると、費用を抑えることができますので担当者に相談する事をおすすめします。

このようにGR 86のエンジンオイルは、メーカーが奨める期間よりも早く交換する事で新車時の燃費やエンジン性能を維持する事ができ、エコカー向けの低粘度オイルや一般車向けのやや粘度が高いオイルに加え、部分合成油や化学合成油と言った高いグレードのオイルがおすすめですので、交換を行う際の参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

【GR 86】新旧モデルではここが変わった

引用:https://bit.ly/3wFPAvG

トヨタ・GR 86は、先代モデルの登場から約9年が経過した2021年10月に待望のフルモデルチェンジが行われ、機能面を中心として大きな進化を遂げたことでも話題となりました。

ただ、実際にどのような部分が変わったのか分からないと言う方もいらっしゃると思いますので、ここでは新モデルのGR 86と先代モデルとなるトヨタ・86の新旧比較をしていきます。

引用:https://bit.ly/3wHkZ0R

まずは、外観に関してですが新型モデルとなるGR 86は先代モデルのスポーツクーペを踏襲したフォルムを採用しているため、フロントライトやバンパー部のデザインこそ異なりますが、基本的なコンセプトは両モデルで同じです。

ただし、ボンネットや前後のフェンダー部分はGR 86の方がやや盛り上がった形状となるため、先代モデルよりも重厚感が感じられる点も新型モデルの1つの特徴だと言えます。

また、GR 86と先代モデルの外観部分に関する大きな違いとして挙げられるのが、リヤ部分のデザインです。

引用:https://bit.ly/3RjhlCe

先代モデルとなる86のリヤ部分は、ルーフ部からトランク部にかけ緩やかに下がる形状でしたが、GR 86ではダックテールと呼ばれトランク部分の先端が、やや空に向かって伸びるデザインとなり、エアロパーツが非装着でも空力抵抗を減らす工夫がなされています。

さらに、テールランプの形状やナンバープレートの位置が変更されたことにより、力強さが増した印象を受けるため、実際のボディサイズは両モデルでほぼ同じですが、GR 86の方が大きく感じる点も外観部分に関する違いと言えるでしょう。

引用:https://bit.ly/3pShZL9

内装部分や機能面に目を向けていくと、基本的なスイッチや計器類のレイアウトは両モデルで同じですが、先代モデルの86はアナログ式のメーターだったのに対し、GR 86は液晶パネルを組み合わせたデジタル式に変更されている点が特徴です。

これは、GR 86のAT仕様車でアイサイトコアテクノロジーと呼ばれる先進の事故予防システムが搭載された事が影響しており視認性に加え、衝突被害軽減ブレーキやクルーズコントロールなど安全面も大きく向上した点は新旧モデルの機能面に関する大きな違いと言えます。

また、GR 86は先代モデルと比べダッシュボード部が横一直線の水平デザインとなる事から前方の見通しが良く、実際に座ってみるとフロントシートの改良に伴い視線が低く感じられる為、よりスポーティな内装に生まれ変わった印象だと言えるでしょう。

引用:https://bit.ly/3Trus63

最後に、GR 86と先代モデルの86ではリヤデザインや安全機能の大幅な向上など様々な点で違いがありますが、最も変わった部分と言えば、搭載されるエンジンの排気量が大きくなったという点です。

この両モデルのエンジンは、共にスバルが開発したFA型と呼ばれる水平対向エンジンにトヨタが開発したツインインジェクターと呼ばれる燃料噴射装置を組み合わせていますが、先代モデルの86は排気量が2.0Lだったのに対し、新型モデルとなるGR 86では2.4Lに排気量が上げられています。

これにより、先代モデルで指摘されていた中回転域での力不足を解消し、加速や動力性能を大幅に向上させ約30馬力程度パワーアップした点は、GR 86と先代モデルの走行性能において大きく変わった点です。

引用:https://bit.ly/3Q0XAhN

この他、GR 86では衝突安全性能などの観点からプロトタイプモデルの時点で車両重量が70kg程度重くなる事が予定されていましたが、ボンネットやルーフ部等をアルミ合金に変更するなど、先代モデルと比べ目に見えない部分でも進化しており、軽いながらも剛性が向上している点は新型モデルの大きな特徴だと言えるでしょう。

このようにフルモデルチェンジが行われたGR 86と先代モデルの86では、基本コンセプトは同じですが特に外観部分ではリヤデザイン、内装や機能面では先進の事故防止システムの採用、搭載されるエンジンの変更など様々点で違いがありますので比較を行う際の参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

【GR 86】中古車市場について

引用:https://bit.ly/3e9cllo

トヨタ・GR 86は、先代モデルのヒットを受け2021年10月にフルモデルチェンジが行われましたが、価格は約280万円~351万円に設定されており、先代よりも60万円~70万円程度車両価格が値上げされた点も大きな話題となりました。

実際に購入を予定していた方の中には

  • 安全性や走行性能が向上した点は嬉しいが、正直なところ60万円以上の値上げは厳しい
  • このご時世なので値上げは仕方無いが、金額的に予算オーバーなので暫く様子を見るつもり
  • 先代モデルと同じくらいの価格だと思っていたので、今のところ乗り換えは考えていない

など、機能や性能が向上した事からある程度の価格上昇は予想していたが、思いのほか上げ幅が大きかったため乗り換えまたは購入を見送ったと言う声や、オプション品の装着を諦めたという声も少なくないのが現状です。

この様な場合、新車よりも価格が下げられた試乗や展示車などの未使用車や、程度の良い中古車を購入するという方法も1つの有効な選択肢となりますが、実際にGR 86の中古車市場は現在のところどのような状態となっているのでしょうか。

GR 86の中古車価格

引用:https://bit.ly/3RluDOl

先に紹介した通り、GR 86は2021年10月にフルモデルチェンジが行われた車両である事から、現時点では中古車の登録台数が全国で概ね100台あまりとなっており、流通が少ない点が特徴です。

ただ、モデルチェンジから間もない事もあり、中古販売される中の半数以上は登録済み未使用車または走行距離が1,000km以下の低走行車となっているため、新車に近い状態の車両を購入する事も可能ですが、肝心な詳しい車両価格をグレード別にみてみると

GR 86の中古価格帯
グレード 走行距離の状態 車両価格
RC 未使用~1,000km以下 約340万~360万円程度
SZ(MTとATを含む) 未使用~1,000km前後 約360万円~370万円程度
RZ(MTとATを含む) 未使用~1,000km前後 約370万円~400万円以上

程度となっており、中古車全体としては概ね374万円が現在のGR 86の中古車市場における、平均的な価格帯となります。

引用:https://bit.ly/3pW3UfA

これを見て既に、乗り換えや購入を検討している方の中にはお気づきになった方もいらっしゃると思いますが、現時点でのGR 86における中古車市場の平均的な価格相場は、メーカーで新車を購入するよりも車両価格が高くなっていると言う点が大きな特徴です。

通常、自動車の中古価格は元々の人気に加え流行の傾向、初回登録からの年月や走行距離の長さなどによって決まり、一般的には徐々に新車時よりも価格が下がる傾向にありますが、昨今では新車よりも中古車の方が高額になるケースも珍しくありません。

なぜ、このような価格の逆転現象が起きているのかよく分からないと言う方もいらっしゃると思いますが、主な要因を挙げていくと

  • 世界的な感染症の拡大による影響で、部品の調達不足などから生産台数が少なくなっている
  • 自動車の製造に不可欠な半導体が、世界的に不足している
  • 部品の調達不足による工場の一時停止などで、納車までの時間が非常に長くなっている

など、新車は販売店で発注が行われた後に生産が開始されるのに対し、未使用車や中古車は既に完成した車両があり手続きを行う事により短期間で車が手に入るため、需要と供給のバランスが崩れている事から、新車と中古車の価格における逆転現象が発生していると言う訳です。

引用:https://bit.ly/3KzkFXE

現に、トヨタ系列が運営を行う中古車店のGR 86における中古車価格を見てみると、オプション品の有無によってバラツキはあるものの

GR 86の中古価格帯
グレード 走行距離 車両価格
SZ(MT車:ナビ有り) 約5,000km 約348万円
RZ(MT車:ナビ無し) 約4,000km~5,000km前後 約361万円

となっており、いずれも3,000km以上を走行していることに加え、約5万円~24万円程度のナビやオーディオ装着している事を加味しても新車より高い水準で取引されており、今後も感染症の収束や納期問題が解決するまでは、中古車価格の高騰が続くと言えるでしょう。

先代86の中古車価格

引用:https://bit.ly/3Q4wDd1

先述した通り、GR 86の中古車価格は納期遅れによる新車の流通量が少ない点などから、未使用車や中古車の方が新車よりも高額となっている事が分かりましたが、既に生産が終了した先代モデルとなる86の中古車市場における価格は、どのようなものとなっているのでしょうか。

先代モデルとなる86は、2012年4月に販売が開始され2021年7月末まで生産が行われており、この間に通常のカタログモデルに加え、特別仕様車や台数限定のモデルなどが販売されていますが、現在で約1,700台あまり中古車市場に流通しているため、GR 86よりも選択の幅は広くなっています。

引用:https://bit.ly/3Kw5Zsk

この中でも、2014年10月に全国100台限定で販売されたモデルにおいては、走行距離が5,000km~10,000km程度の車両で約450万円~700万円前後と、希少価値の高さから現在でも高額で取引が行われているのが現状です。

次に、現行モデルとなるGR 86と同じく通常のカタログモデルに目を向けていくと

GR 86の中古価格帯
グレード 走行距離の状態 車両価格
RC/レーシング 10,000km~50,000km前後 約150万円~280万円程度
G(MT車) 1,000km~30,000km前後 約160万円~260万円程度
GT(MT車) 1,000km~30,000km前後 約170万円~310万円程度

となっており、こちらは流通量が多いことから全体的な平均車両価格は210万円程度、多走行車や先に触れた台数限定車を含む価格帯は約80万円~740万円前後となっています。

引用:https://bit.ly/3ebqnCX

このため、新型モデルのGR 86と比較すると車両の状態によるものの概ね新車よりも安い100万円台で購入が可能となりますが、未使用車や低走行車においては現在新車で購入することができない事から、こちらも全体的に高値で取引されている状況だと言えるでしょう。

このようにGR 86の中古車市場は、流通車が少ない点や生産の遅延による納期遅れなどが要因となり、現在は多くの中古車両で新車よりも価格が高く設定される傾向にあり、旧型モデルにおいても、限定車や低走行車は高値で取引されていますので参考にして下さい。

【GR 86】オイル交換や新旧モデルの違いについてのまとめ

今回は、トヨタ・GR 86のエンジンオイル交換や新旧モデルの違いについて解説をしてきましたが、GR 86のエンジンオイルはメーカーが奨める期間よりも早いサイクルで交換すると、新車時の燃費やエンジン性能を保てる事が分かったと思います。

これに加え、GR 86にはエコカー向けの粘度が柔らかい0W-20、やや硬めの5W-30と言った粘度のオイルが推奨または指定されており、この中でも部分合成油や化学合成油と言ったグレードの高いオイルがおすすめですので、使用する環境などに応じて選んでいくと良いでしょう。

また、新型モデルとなるGR 86は、内外装を中心として先進の事故予防システムの搭載や異なる合金を用いた軽量化など、先代モデルとなる86と比べ様々な部分で異なる箇所が存在する点も大きな特徴です。

さらにGR 86は、未使用車や中古車を購入する事が可能ですが、現段階では中古車市場における流通量が少なく新車の納期に遅れが生じているなどの要因も重なり、新車よりも中古車の方が価格が高くなっている傾向にありますので、購入や乗り換えを検討している際の参考にしてみて下さい。

アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/3wFPAvG

【GR 86】ラゲッジスペース容量とおすすめカスタマイズ

【GR 86】ATとMTそれぞれの魅力とボディカラー

【GR 86】価格と納期とお得な買い方

愛車のサブスクリプション【KINTO】の魅力とは!?

KINTOのメリット

★★納車待ち期間が短くなるかも!?★★
(車種・グレードによる違いはあります)

★購入やカーリースと比べるとトータルコストが結構安い
実際に各種カーリースなどと比べるとお値打ちな結果に

★自動車保険もコミコミ価格
事故を起こしても保険等級に変更なし

★契約途中でも車の乗り換えが可能
「乗り換えGO」というサービスで手数料を払えば乗り換え可能

★トヨタ正規販売店でメンテナンス
車検も正規販売店で行うので安心

★クレジットカード払い可能でポイントが貯まる
毎月の固定費でポイントが貯まっていくのは非常にお得

★契約はWEB上のみで完結出来る
見積もりの比較・検討が簡単に出来ます

★消耗品の交換費用も価格に含まれている
半年毎のメンテナンスの際、必要な部品は無償で交換

★車検代もコミコミ
なんと必要ならばタイヤ交換も無償でしてくれます

★各種税金もコミコミ価格
自動車税・重量税・自賠責保険も全てコミコミ

ポイントは毎月の固定費だけで車の維持費をほとんど計画出来る点です。
KINTOが高いと感じている方はこれも考慮した上で比較していただけるといいかもしれません。




タイトルとURLをコピーしました