【ATF】の交換はいつ行ったらいいの?CVTとの違いとは?

コラム(お役立ち情報)

維持費を気にせずに欲しい車を手にする!

カーリースを利用することはメリットがたくさんあります!

頭金ゼロでずっと定額の支払い

クルマ代は使う分だけ

車検代、メンテ代は全てコミコミ

国産、輸入車問わず好きな車種が選べる

使わない時はシェアして維持費を軽減できる

カーリースでクルマを購入するという選択肢を知っているだけで大幅に節約できますよ!


自動車のATFは、どの様なタイミングで交換を行うのが良いのでしょうか。

ATFは、自動変速機をスムーズに動作させるために欠かすことのできないオイルの1つですが、エンジンオイルの様に頻繁に交換を行うものではないため、どの様なタイミングで交換を行えば良いのかイマイチ分からないと言う方は多いはずです。

そこで今回は、ATFを交換する必要性や交換のタイミング、交換できる場所や費用の紹介などを中心に、ATFの交換について解説をしていきます。

スポンサードリンク

【ATF】交換しないとどうなるの?

引用:https://bit.ly/3A8roCf

自動車には、様々な部分でオイルが使われており冷却や潤滑と言った効果を目的に使用されるエンジンオイルが最も有名ですが、その他にもブレーキやステアリングの動作もオイルの油圧が利用されるなど、車にとってオイルは欠かすことのできない存在です。

中でもATFと呼ばれるオイルは、自動変速機をスムーズに動作させるために不可欠な存在ですが、ATFと聞いてもイマイチどの様なもの指すのか分からないと言う方もいらっしゃると思いますので、まずはATFの説明をしていきます。

ATFとは

引用:https://bit.ly/3AaXDAQ

ATFとは『オートマチック・トランスミッション・フルード』の頭文字をとったもので、文字通り自動変速機が取り付けられるAT車(オートマ車)のトランスミッションに使用される専用のオイルを指し、オイルとフルードは同じ意味合いである事からATオイルと表現される場合もあります。

ATFの主な役割や効果としては

  • トランスミッションの冷却効果
  • トランスミッション内に存在する部品同士の摩耗を防ぐ役割
  • 変速機をスムーズに動かす役割
  • トランスミッションの洗浄効果

など、基本的にはオイルによってトランスミッション内の部品同士を守る効果がある事から、エンジンに使用されるオイルと役割は同じです。

ただしATFは、エンジンオイルと比べ劣化の速度が遅いため、エンジンオイルの様に半年~1年ごとなど頻繁にオイルを交換する必要はありません。

とは言っても、トランスミッションは複雑な金属のパーツ同士が動く箇所であるため、自動車を使用すればするほど汚れなどによって徐々に劣化は進んでしまう点は事実ですが、劣化や汚れのあるATFを交換しないまま使い続けた場合には、どの様な影響があるのでしょうか。

交換をしないと…

引用:https://bit.ly/3hgH79J

オートマチック・トランスミッション(AT車)は、エンジンで作られた動力を加速力や燃費効率などをコンピューターが考え、自動的に最適な変速を行う機械ですがATFが劣化すると汚れなどによってスムーズに自動変速を行う事ができなくなり、変速のタイミングで不快な振動が発生します。

また、汚れたATFはエンジンで作られた動力の伝達効率が下がるためエンジンには何も問題が無いにも関わらず、加速力などが鈍くなると言った走行性能に悪影響を及ぼすケースも存在します。

さらに、劣化が進んだ古いATFはトランスミッション内の洗浄や潤滑効果が低下することから、部品同士の摩耗が大きくなりトランスミッションその物の寿命を縮めてしまう恐れに加え、故障を引き起こす原因にもなってしまう点も1つの特徴です。

引用:https://bit.ly/3x7S1VZ

分かりやすい言葉で要約するならば、ATFを交換しないと

  • 変速時のショックが大きくなる
  • スムーズな変速や走行ができなくなる
  • トランスミッションの故障に繋がる
  • 動力の伝わり方が鈍くなる事から、燃費性能が落ちる

等の悪影響が発生すると言った方が、イメージしやすいかも知れません。

そのため、自動車を快適且つ長い期間乗るためにはエンジンオイルほど頻繁に交換を行う必要はありませんが、定期的なATFの交換は故障を未然に防ぐと言う意味でも重要なメンテナンスだと言えるでしょう。

引用:https://bit.ly/3yhA2wH

余談となりますが、ATFは密閉されたトランスミッションに充填されるオイルである事から、通常はオイルが外部に漏れるまたは滲み出すと言う事はありません。

しかし、パッキンの劣化や変速機などの破損によってオイルの漏れや滲みがある場合には、走行が不可能になるケースに加えて引火の恐れもあることから、不適合箇所として指摘され車検を通すことができませんので注意が必要です。

では、実際にATFの交換はどの様なサイクルやタイミングで行えば良いのでしょうか。

次の項目では、ATFを交換する頻度について説明をしていきます。

スポンサードリンク

【ATF】の交換って、いつやったらいいの?

引用:https://bit.ly/3A8Cl6G

前述した通り自動車のATFは、オートマチック車のトランスミッションに使用されるオイルの事を指し、交換を行わないまま使用し続けた場合には故障を含めた様々な不具合が発生する可能性がある事が分かりました。

ただATFは、エンジンオイルとほぼ同様の役割を担うものの交換を行うサイクルはエンジンオイルの様に頻繁に変える必要は無いため、いつ行ったら良いのかよく分からないと言う方も多いと思います。

では、実際にATFの交換はどの様なサイクルやタイミングで行えば良いのでしょうか。

これは、各自動車メーカーや車種によって異なり様々な考え方があるため全てのケースに当てはまる訳ではありませんが、結論から先に言ってしまうと自動車のATFは概ね30,000km毎、または4年に一度の早い方で交換が望ましいと言えます。

引用:https://bit.ly/3dqIKk1

現在日本では、5社以上のメーカーが自動車を製造・販売していますが各メーカーが生産する車種の説明書を見てみると『無交換』や『販売店に相談』などの表記が多く、推奨される交換時期が表記されていた場合でも走行距離は、メーカーによって50,000km~100,000kmと差が大きくなっている点が特徴です。

実際に販売店でATFの交換目安について相談してみると

確かにメーカーとしては無交換で問題無いと言うのは事実ですが、実際にはエンジンオイルと同じく劣化するので交換した方が、トランスミッションの故障率は大きく下がる事に加え燃費も変化します。

また、新車と同じ状態を維持するのであれば走行距離は20,000km~30,000km毎での交換が本来ならば理想ですが、メーカー自体も無交換や100,000km程度での交換を推奨しているため、販売店としては施工費が発生する事から交換を薦めづらいと言うのも現状です。

そのため100,000kmと言う数字は、あくまで無交換であったとしてもトランスミッションが壊れる可能性は低いと言うだけで、本来であれば故障の可能性や燃費の低下を予防する観点から、定期的な交換は行った方が良いと言うのが結論となります。

と述べていますので、やはりATFは定期的な交換を行った方が良いと言えるでしょう。

引用:https://bit.ly/3gZU7BA

ただし、国産車におけるATFの交換は概ね50,000km以上無交換であった場合、交換を断られるケースもありメーカーが推奨する時期と照らし合わせると、既にオイルを交換する事ができないと言った状況となる場合も存在します。

なぜ、概ね50,000km以上ATFが無交換の場合はオイルの交換を断られるケースがあるのか疑問に感じる方もいらっしゃると思いますが、これはオートマチック・トランスミッションの構造が大きく関係しています。

 ATFの交換を断られる理由

引用:https://bit.ly/3y4WNnq

オートマチック・トランスミッションは変速に必要な複数の歯車などが金属製の箱に収められていますが、構造上の問題から基本的には1度のオイル交換で全てのオイルを入れ替えることができません

またATFは、前述の通りエンジンオイルと同じく冷却や部品同士の摩耗などを防ぐ役割を担っていますが、新たに充填したATFは入れ替える事ができなかった古いオイルよりも洗浄能力が高い点が特徴です。

その結果、交換を行うことで残された不純物が剥がれ歯車の滑りや変速、油の循環などに悪影響を及ぼし、最悪の場合にはトランスミッション自体が故障・破損してしまう恐れがあることから、概ね50,000km以上ATFが無交換の場合はオイルの交換を断られると言う訳です。

もちろん、50,000km以上無交換だったATFを交換した場合、全ての車両で不具合が出ると言う訳ではありませんが、長期間トラブル無く乗り続けると言う観点から見るとATFの交換は、オイルが汚れすぎていない約20,000km~30,000kmと言う走行距離での交換が望ましいと言えるでしょう。

引用:https://bit.ly/2UaTxba

ちなみに、トランスミッションを取り外しての修理や新しい物と交換と言った処置が行われた場合には、車種ごとに金額が異なるものの概ね20万円~80万円程度は掛かってしまいますので、故障を未然に防ぐという意味でも定期的にATFの交換は行っておきたいところです。

さらに、自動車のATFは粘度や添加剤の成分などの関係もあり、ホンダ車などを中心として純正オイルでなければ不具合が発生してしまうと言った例もありますので、交換を行う場合はできる限り純正品を選ぶ事をおすすめします。

このように自動車のATFは、エンジンオイルの様に頻繁に交換する必要はありませんが定期的な交換が行われなかった車両に関しては、交換する事でトランスミッションに不具合をきたすケースもありますので交換を検討している場合の参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

【ATF】CVTとの違いとは?

引用:https://bit.ly/2SExhGw

自動車のATFは、構造上1度の交換で全てを入れ替えることができず長期的に無交換であった場合には、新しいATFに交換する事でトランスミッションに不具合が出る可能性がある事から、概ね30,000km前後での交換が望ましい事が分かりました。

また昨今では、オートマチック車の中でもCVTと呼ばれるトランスミッション形式の車が多くなっていますが、従来型のAT車と何が違うのかよく分からないと言う方もいらっしゃると思いますので、ここではATとCVTの違いを説明していきます。

冒頭でも説明した通り、ATは『オートマチック・トランスミッション』の頭文字をとったもので、MT車(マニュアル車)の場合に手動で行う変速を、速度などに応じて自動で行うトランスミッション形式です。

このATは複数のギヤと呼ばれる歯車を自動で変更し、エンジンで作られた動力をタイヤに伝える役割を担っており、マニュアル車と同じく1速や2速など速度に適した多段変速を行える点が特徴です。

引用:https://bit.ly/366gBKR

これに対し、CVTは『コンティニュアスリー・バリアブル・トランスミッション』の各頭文字をとったもので、ATとは異なり2種類の滑車とベルトやチェーンを使用し、滑車部分の幅を変更する事によって変速を行う点が特徴となります。

加えて、CVTは滑車とベルトを組み合わせて変速を行う事からATの様に歯車が使用される事は無く、1速や2速と言った多段変速が行われてないため、無段変速機と呼ばれるトランスミッションである事がATの大きな違いです。

引用:https://bit.ly/3w4p0cn

そんなことを言われても、2つの違いがイメージしづらいと言う方もいらっしゃると思いますが、身近なもので例えるならば

  • AT=階段(一段一段が変速を行うためのギヤ
  • CVT=スロープ(変速するためのギヤが無い

と考えると少々ニュアンスは違いますが想像しやすいかも知れません。

また、この両トランスミッション形式は共にオートマチック車の部類に分けられますが、ATの場合には前述してきたATFと呼ばれるオイルが、CVTの場合には『CVTF(フルード)』と呼ばれる異なるオイルが使用される点も、2つのトランスミッションの違いとなります。

では、具体的にATFとCVTFは何が違うのでしょうか。

ATFとCVTFの違いは何?

引用:https://bit.ly/3h39wRS

ATCVTは、共にオートマチック車に分類されますが、なぜ同じオートマチック車となるにも関わらず使用されるトランスミッションオイル(フルード)は異なるのか、疑問を持っている方もいらっしゃると思います。

先述の通りATはギヤと呼ばれる歯車を使用して、CVTは2つの滑車の幅を変更することによって、それぞれ変速を行うトランスミッションである点が両者の大きな違いであるため、使用するオイルは双方の特性や構造に合ったものでなければ力を発揮する事ができません。

そのためATの場合は、歯車同士の摩耗を減らしスムーズに変速を行う事に特化したオイル、CVTの場合は滑車とベルトの摩擦を増やしながらも摩耗は最低限に抑えなければならない言った特性の違いがあるため、ATとCVTでは異なるオイルを使用しなければならないと言う訳です。

引用:https://bit.ly/3w5s0oO https://bit.ly/2TeTbAc

ちなみに、現在所有している車がATまたはCVTのどちらか分からない場合は、エンジンルームに設置されたトランスミッションオイルの量を確認するための、オイルレベルゲージと呼ばれる棒を見ると良いでしょう。

トランスミッションオイルのレベルゲージは、製造される年代やメーカーなどによって見た目が異なりますが、識別しやすいようエンジンオイルのレベルゲージとは持ち手部分の色や形状が違う場合が多くなります。

こちらのレベルゲージには、持ち手となるキャップ部分や内側にどのトランスミッションオイルが使用されているのか明記されていますので、この部分を確認する事でトランスミッションの種類を知る事が可能です。

引用:https://bit.ly/3mG4jiI

ただし、2010年以降に販売された車種の中にはトランスミッションのオイル量を確認するためのレベルゲージが廃止されている車種もあり、このような場合には取扱説明書の車両情報などで確認する事ができますので覚えておく事をおすすめします。

このようにATとCVTは、同じオートマチック車に分類されますが基本的な構造が異なる事から充填されるオイルの種類もそれぞれで違いがありますので、交換を検討している場合などの参考にしてください。

【ATF】どこで交換できるの?費用はいくらくらい?

引用:https://bit.ly/3jsptCy

前述した通り自動車のATFは、エンジンオイルと同様にトランスミッションを長持ちさせる為には定期的な交換が必要となり、同じオートマチック車であるCVTのオイルとは種類が異なることが分かりましたが、交換はどの様な場所で行う事ができるのでしょうか。

これは、整備を行うガレージの広さや設備の有無などによっても異なりますが、結論としては新車販売店や一部のカー用品店、また設備が比較的に整っている民間整備工場やタイヤショップなど様々な場所で交換を行うことが可能です。

また、前述でも取り上げた通り通常、自動車のATFは1度の交換で全てのオイルを入れ替えることが難しく、交換を行う場合は2度や3度程度に分けて少量ずつ抜き、排出した量を継ぎ足してATFの汚れを徐々に薄めていく方法が一般的となります。

引用:https://bit.ly/3dqQ1QN

ただし、一部の交換を行う施設では特殊な機械を使用してトランスミッション内を洗浄しながらATFの交換を行う店舗もあり、こちらの場合は短時間で多くのATFを交換できる点が1つの特徴です。

気になる価格としては、施工を行う店舗や交換方法によって異なりますが平均的な費用としては

排気量 ATF交換費用 作業時間の目安
660cc(軽自動車) 7,000円~9,000円程度 30分程度~
~1,500cc 9,000円~12,000円程度
~2,000cc 10,000円~13,000円程度
2,000cc~ 12,000円~16,000円程度

と言うのが、国産ガソリン車の平均的な純正または販売店指定のATF交換費用となります。

引用:https://bit.ly/3y1eIeA

加えて、一部の施設で導入されている特殊な機械を用いたATFの交換費用は、こちらも店舗によって価格は異なりますが交換工賃は概ね7,000円~10,000円程度、これに加えて1Lあたり1,500円~3,000円程度の交換を行うATFが必要となりますので、覚えておくと良いでしょう。

このように、ATFの交換は新車販売店や一部のカー用品店、設備が整った民間整備工場やタイヤショップなどで行う事ができ、費用としては車種によって異なるものの一般的な交換方法では概ね7,000円~16,000円程度が目安となりますので、交換を検討している場合の参考にして見て下さい。

【ATF】ATF交換のまとめ

今回はATFの交換について解説をしてきましたが、ATFはオートマチック車に搭載されるトランスミッションの冷却や洗浄効果、部品同士の摩耗を抑える働きや潤滑油としての役割があるオイル(フルード)である事が分かったと思います。

加えてATFは交換を怠ると、スムーズな変速が行えなくなる点や故障などのトラブルが発生する恐れがあり、多くのメーカーでは無交換または走行距離が100,000km程度での交換が推奨されていますが、故障予防や燃費性能の維持という観点では概ね30,000km毎を目安に交換を行うことが望ましいと言えるでしょう。

またATFは、長期間に渡って無交換状態だった場合には交換を行うことでトランスミッションに不具合が発生してしまう恐れがあることから、交換自体を断られてしまうケースも存在します。

そのため、自動車を長く快適に乗り続ける場合にはエンジンオイルほど頻繁に交換する必要はありませんが、定期的なメンテナンスは不可欠だと言えますので交換を検討している場合の参考にして下さい。

 

アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/3A8Cl6G

CVTフルードの交換時期は?交換するといくらくらいかかるの?

ハイブリッド車のオイル交換時期はどのくらいがいいの?

【エンジンオイル交換】っていつやったらいいの?推奨時期や価格の目安とは

【コラム】タイヤ交換時期はどのくらい?タイヤの寿命やスリップサインの見方

【コラム】パンクしても大丈夫なランフラットタイヤって何?価格や寿命など

車検や保険の維持費を気にせずにクルマを手に入れる方法

数あるサイトの中で【コータローの自動車ブログ】をご覧いただき誠にありがとうございます。

運営者のコータローと申します。

今このサイトをご覧頂いているということは、あなたにも憧れのクルマや現在購入を検討しているクルマがあるのかもしれません。

「発売されたばかりの新型車に乗りたいけど、実際に車を購入するには費用がかかる」

「乗りたい車はあるけれど、普段は電車通勤(通学)であまり車は乗らない」

「保険料やメンテナンス費用を払っていくのがツライ」

「車検費用を払いたくない」

など、新車を購入したくても費用的になかなか車を所有するというのは大変なことです。

ネットやカタログで欲しい車の価格を見ていても、実際に車を所有すれば当然維持費もかかってきます。

保険料や車検費用、タイヤ交換やオイル交換も定期的に自費で行わないといけません。

それでもやっぱり憧れのクルマに乗りたい!というあなたにとっておきの方法をご紹介します。

カーリースで欲しい車を手にする!

カーリースを利用することはメリットがたくさんあります!

頭金ゼロでずっと定額の支払い

クルマ代は使う分だけ

車検代、メンテ代は全てコミコミ

国産、輸入車問わず好きな車種が選べる

使わない時はシェアして維持費を軽減できる

カーリースでクルマを購入するという選択肢を知っているだけで大幅に節約できますよ!


スポンサードリンク





タイトルとURLをコピーしました