新型【ヴェゼル】ボディカラーと外装アクセサリーのご紹介

ヴェゼル

【無料】で試せる!クルマをさらに安く購入する方法!

愛車を少しでも高く売りたい。

新車を少しでも安く買いたい。

車は大きな買い物です。

【無料】で試せて大きな成果!!

浮いたお金で余分にオプションを付けるのも良し。

一つ上のグレードに変更してみるのもいいでしょう。

そんな情報を今回ここだけでお教えします!

【無料】一括査定を使うとどうなるか!?

中古車一括査定をご存じですか?

例えばディーラーで10万円の下取りが一括査定を利用することで数倍の値が付くことも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社があなたの愛車の買い取り価格を競ってくれるので結果的に値段が吊り上るのです。

コンパクトSUV市場を席巻した【ホンダ ヴェゼル】は高い人気を維持したままに2021年4月22日に2代目にフルモデルチェンジしました。

初代モデルからプラットフォームを引き継ぎつつもエクステリアデザインを一新、エンジンも新たに2モーターの『e:HEV』が投入され販売の主体となって電動化に向けた新たなステージに登りました。

2月のデザイン公開で様々な話題となりつつも発売1ヶ月で3万台を超えるオーダーを抱える人気を誇る【新型ヴェゼル】には新デザインに合わせたボディカラーが用意されています。

今回は【新型ヴェゼル】のボディカラーと外装アクセサリーを紹介していきます。

スポンサードリンク

【ヴェゼル】選べる2つのグレードの違いとは?

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

【新型ヴェゼル】のボディカラー構成を紹介する前に新型ヴェゼルの2つの大きなグレードの違いを取り上げます。

新型ヴェゼルはガソリンエンジンは「G」の1グレード、ハイブリッド「e:HEV」は「e:HEV X」「e:HEV Z」「e:HEV PLaY」の3グレードの構成となっており、タイヤサイズやLEDシーケンシャルターンシグナルランプの有無を除けば大まかに「e:HEV PLaY」その他のグレードと大きく二つの構成に分けることが出来ます。

最上位グレードである「e:HEV PLaYは他の「標準仕様」とは装備面で大きく異なります

「e:HEV PLaY」と他のグレードとの違いはエクステリアを見れば一目瞭然です。

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

「2トーンボディカラー」・「パノラマルーフ」・「専用エクステリア(カラーバーオーナメント付フロントグリル・ピューターグレー塗装フォグライトガーニッシュ・パッションレッド加飾ドアロアーガーニッシュ)」が装備される事で、1クラス上の印象を感じさせます。

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

ドアロアーガーニッシュに入るパッションレッド加飾がおしゃれで都市部で走る際に人目を惹くことでしょう。

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

インテリアでは「高触感バーミリオン塗装センターコンソールパネル」、「グレージュ コンビシート(プライムスムース×ファブリック)」、「オレンジステッチ入り本革巻ステアリングホイール(スムースレザー)」により高級感のある仕上がりとなっています。

引用:https://www.honda.co.jp/hondaconnect/

また、「e:HEV Z」の充実した装備に加えて「Honda CONNECTディスプレー+ETC2.0車載器〈ナビゲーション連動〉」、「後退出庫サポート」、「ワイヤレス充電器」が標準装備となり、標準仕様の最上位グレード「e:HEV Z」との価格差が40万円と高額ながらもお買い得感のある内容となっており「e:HEV PLaY」が人気No.1なのも頷けます。

引用:https://www.honda.co.jp/hondaconnect/

引用:https://www.honda.co.jp/hondaconnect/

Honda CONNECT」は車載通信モジュールを介して緊急通報トラブル時のサポートを受けられる機能だけでなく、スマートフォンをリモコン代わりにして家からクルマのエアコンをONにできたり、うっかりライトを消し忘れていたら通知を受け取ったり、お買い物などでクルマの駐車位置がわからなくなった時に探し出したりスマートキーの代わりにドアロック解除やエンジン始動が出来たりします。

音楽アプリなどお好みのアプリをインストールして楽しめるなどスマートフォンのように機能拡張する事も出来ます。

スマートフォンとの連携が深まるのはこれからの自動車社会を先取る機能であり、使い出したら欠かせない機能となるでしょう。

引用:https://www.honda.co.jp/hondaconnect/

また「Apple CarPlay」、「Android Auto」 に対応していますのでスマートフォンのマップアプリを使ったり音楽アプリを使ったり出来ますのでスマートフォンで再生していた音楽の続きを車内で流すといった使い方が出来ます。

メーカー純正ナビに不満を感じる方でも納得の高性能で地図更新機能を備えるので長く使い続けられるのも魅力的なユニットです。

機能だけでなくインテリアデザインとの調和性も良いので「Honda CONNECT」ナビを理由に「e:HEV PLaY」を選ぶのも良いでしょう。

スポンサードリンク

【ヴェゼル】グレード別ボディカラーのご紹介

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

次に新型ヴェゼルのボディカラーを紹介していきます。

前項で取り上げたように新型ヴェゼルには標準仕様と「PLaY」の二種類に大きく分かれており、ボディカラーの設定も「PLaY」のみ2トーンボディカラーとなっています。

 

まずは標準仕様の「e:HEV Z」「e:HEV X」「G」の3グレード用ボディカラーから紹介します。

プレミアムサンライトホワイト・パール

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

プラチナホワイト・パール

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

メテオロイドグレー・メタリック

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

プレミアムクリスタルレッド・メタリック

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

クリスタルブラック・パール

サンドカーキ・パール

全6色がラインナップされており、人気のホワイト系「プレミアムサンライトホワイト・パール」「プラチナホワイト・パール」がラインナップしています。

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

「プラチナホワイト・パール」パールカラーの上品な深みと輝きのあるホワイトになっており38,500円高の特別カラーとなっています。

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

「プレミアムサンライトホワイト・パール」は【新型フィット】や【N-BOX】に採用された新色黄から青へとカラーシフトさせて立体感と滑らかな透明感を表現することで心地良い日の光のように美しく輝くホワイトカラーとなっています。

こちらは60,500円と一番高い特別カラーとなっており、より美しいボディカラーを求める方にとって見逃せないカラーです。

 

次に、「e:HEV PLaY」のボディカラーを紹介します。

プレミアムサンライトホワイト・パール&ブラック

メテオロイドグレー・メタリック&ブラック

クリスタルブラック・パール&シルバー

ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバー

サンドカーキ・パール&ブラック

2トーンカラーが5色ラインナップされており、基本は標準仕様と同じボディカラーの2トーンカラーとなっていますが、「ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバー」のみ「PLaY」専用カラーとなります。

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

深みのある青色とシルバーの組み合わせは美しく、都市部で映える事でしょう。

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

サンドカーキ・パール&ブラック」はSUVらしさを際立たせたボディカラーでアウトドアレジャーにピッタリといえます。

 

新型ヴェゼルのボディカラーは初代ヴェゼルとは大きく異なるエクステリアデザインを採用した新型ヴェゼルのデザインに似合うボディカラーが厳選されており、初代ヴェゼルよりも落ち着きのあるボディカラー構成となっています。

クーペスタイルを活かした2トーンボディカラーが「PLaY」でしか選べないのが残念な点ですが、今後の年次改良で構成が変更されるかもしれません。

スポンサードリンク

【ヴェゼル】おすすめ外装アクセサリー

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/vezel/

最後に新型ヴェゼル用にラインナップされている純正の外装アクセサリーの中からオススメのものを紹介していきます。

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

新型ヴェゼルの一番の特徴として、ボディと一体化したフロントグリルルーバーが挙げられますが、存在感を発揮するのには従来のメッキで囲まれたフロントグリルルーバーの方が良い、という意見が多いでしょう。

 

そこで、純正アクセサリー「ホンダアクセス」からクロームメッキ調グロッシーカッパー・メタリック調のフロントグリルが用意されています。

フロントグリル
[クロームメッキ調](41,250円)フロントグリル用エンブレム(1,650円)

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/vezel/

[グロッシーカッパー・メタリック](44,550円)

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/vezel/

フロントグリル用エンブレム[ゴールド](9,900円)
(Hマーク2個+車名エンブレム)

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/vezel/

フロントグリル用エンブレム[ブラック](11,550円)
(Hマーク2個+車名エンブレム)

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/vezel/

フロントグリルを装着しただけでエクステリアデザインが一変して迫力がある上質なクロスオーバーSUVへと変貌します。

 

こちらのフロンドグリルは人気No.1のアクセサリーとなっており、納品待ちとなっています。

純正のデザインよりもこちらのフロントグリルの方が魅力的だと感じた方は発注時に同時に注文しておく事をオススメします。

上手くタイミングが合えば、ホンダアクセスのフロントグリルを装着した状態で納車されるでしょう。

 

次に人気のある外装アクセサリーが「テールゲートスポイラー」です。

テールゲートスポイラー(55,000円)

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/vezel/

標準装備のテールゲートスポイラーとは異なるデザインでボディカラーとブラックの2トーンカラーとなっており、LEDロングハイマウントストップランプが大きな特徴となっています。

リア周りのデザインを引き立たせるブラックテールエンドは標準装備のテールゲートスポイラーとの好みが分かれるところでしょうがLEDロングハイマウントストップランプのためだけにこのテールゲートスポイラーを選んでも良いでしょう。

 

次に、フロントグリルと一緒に装備したいアクセサリーとして「フロントロアースカート」が人気です。

フロントロアースカート
[ベルリナブラック×カラードタイプ/クロームメッキガーニッシュ付](46,200円)

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/vezel/

フロントロアースカート
[ベルリナブラック×プレミアムアガットブラウン・パール/グロッシーカッパー・メタリックガーニッシュ付](49,500円)

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/vezel/

大人しい印象のある新型ヴェゼルのフロント周りのデザインをSUVらしく引き立たせる効果があり、フロントグリルと揃えることで上質感に磨きをかけることが出来ます。

 

更に「サイドロアーガーニッシュ」「リアロアースカート」「リアロアーガーニッシュ」を装着する事でホンダアクセスが提案するカスタマイズ「Urban Style」「Casual Style」に仕上げる事が出来ます。

サイドロアーガーニッシュ(38,500円)

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/vezel/

サイドロアーガーニッシュ
[プレミアムアガットブラウン・パール](41,800円)

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/vezel/

リアロアースカート(27,500円)

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/vezel/

リアロアースカート
[プレミアムアガットブラウン・パール] (30,800円)

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/vezel/

リアロアーガーニッシュ
[クロームメッキガーニッシュ付](27,500円)

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/vezel/

リアロアーガーニッシュ
[プレミアムアガットブラウン・パール/グロッシーカッパー・メタリックガーニッシュ付](30,800円)

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/vezel/

Urban Style

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/vezel/

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/vezel/

Casual Style

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/vezel/

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/vezel/

 

それぞれ質感の高いSUVに仕上げる事が出来ますので新型ヴェゼルのカスタマイズの指標にすると良いでしょう。

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/vezel/

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/vezel/

他にも「フォグライトガーニッシュ」(11,000円)「エキパイフィニッシャー」(9,900円)も欠かせないアクセサリーです。

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/vezel/

また走行中の換気をする機会が増えてきていますので「ドアバイザー」(19,800円)も装着しておきたいアクセサリーです。

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/vezel/

「ドアバイザー」を装着するなら「フロアカーペットマット」「ライセンスフレーム」「ナンバープレートロックボルト」がセットになった「新車パッケージ」(71,489円)を選ぶと単体価格よりも2,200円お得な価格設定となっていますので「新車パッケージ」を選んだ方が良いでしょう。

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/vezel/

他にもインテリアアクセサリーなども充実しており、新型ヴェゼルをご検討の際には「ホンダアクセス」製の純正アクセサリーも合わせての検討をオススメします。

アイキャッチ画像引用URL:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

なぜ一括査定はお得だと言えるのか!?

乗り換えを行う際はディーラーでの下取りと中古車買取店での売却ではどちらが得なのかイマイチ分からないと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から先に言ってしまうと、こちらは現在所有している車種や車両の状態によっても異なりますが、

基本的に自動車を手放す際は、街中に存在する中古車買取店やインターネットによる一括査定を利用した売却の方が、高い値段で車を手放せる傾向にあると言えます。

一般的に、ディーラーなどで行われる下取り査定は

  • 年式
  • 走行距離
  • 車両の状態

などで判断されるため、車両自体や社外装備品の価値などは反映されず最低限の価格を提示される点が特徴です。

さらに、下取りで得られた金額は現金化する事ができず、新車の購入時のみ使用する事が可能となるため、後日タイヤの交換やドライブレコーダーなどの機器を追加する際は使用する事ができません。

一方の買取店や一括査定による車両の売却は、ディーラーでの下取り査定と同じく年式や走行距離、車両の状態などに加え

  • 中古車市場の需要と供給のバランス
  • 人気の有無
  • 装備品の価値

などが加味された査定となる事から、所有している車の価値に応じた買取査定額が提示されるため、ディーラーで行う下取り額よりも売却価格が高くなる傾向にある

と言う訳です。

また、車を売却した際の金額は1度現金化される事からタイヤやオイル交換等のメンテナンス、社外品の導入などにも使用する事が可能となるため、車を手放す際は下取りではなく売却を選択する方が得だと言えるでしょう。

ただし、中古車買取店などで売却を行う場合でも、車両の状態(事故等の有無)や市場の動向によっては必ずしも下取りより高額な査定を受ける事ができないケースもありますので、あくまでも1つの目安として無料の一括査定に申し込んでみることをおすすめします。

ディーラーの値引きを最大限に引き出し、さらにあなたの愛車の下取り金額を最大限にアップさせる。

これこそが、新車を最高に安く手に入れる方法なのです!

 

タイトルとURLをコピーしました