【マツダ MX-30】特徴的なデザインに注目!3トーンのボディカラーとは?

MX-30

【マツダ MX-30】のデザインは、どの様な点が特徴となるのでしょうか。

MX-30は、マツダの新世代車種の1つとして2020年10月に日本国内での販売が開始され、今までのマツダ車にはない様々な技術が盛り込まれた車として、大きな話題となっています。

中でもデザイン面は、従来型のマツダSUVシリーズとは異なるコンセプトとなっているため、特徴的な外観やボディカラーバリエーションに興味を持っていると言う方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、MX-30とマツダSUVシリーズのデザイン面に関する相違点や特徴的な3トーンカラーの紹介などを中心に、マツダ・MX-30と特徴的なデザインについて解説をしていきます。

スポンサードリンク

【MX-30】他のCXシリーズとは違う特徴とは?

引用:https://bit.ly/2YlXOaO

MX-30は、マツダ3やCX-30と同じくマツダの新生代を切り開く車種として2020年10月に日本での販売が開始されたSUVです。

従来マツダのSUVシリーズと言えば、CX-〇〇と言う車名になるのが通例ですがMX-30の場合には新しいことに挑戦する、CXシリーズとはコンセプトが異なるという意味合いも込め、マツダSUVシリーズとして初めてMXと付けられた事も大きな話題となりました。

では実際に、MX-30は現在販売が行われているCXシリーズとどの様な点で異なる特徴があるのでしょうか。

引用:https://bit.ly/2NCD4cy

まず、内装のデザインに関して触れてみるとぱっと見は既存のCXシリーズと変わらない上質で落ち着いた雰囲気のデザインとなっていますが、センターコンソール部分にはコルク材で装飾が行われるなど、自然素材を活かした加飾が大きな特徴です。

また、内装材の一部には使用済みのペットボトルを再利用して加工が行われた再生布と呼ばれる素材が使用されており、環境にも配慮した車造りが行われている点も1つの特徴として挙げられます。

加えて、CXシリーズは全ての車種で従来型のシーケンシャル型シフトを採用しているのに対しMX-30は、トヨタ・プリウスや日産・ノートe-POWERなどに採用される電機制御式シフトを採用し、未来感あるデザインに仕上げられている点もCXシリーズとは大きく異なる部分となります。

引用:https://bit.ly/3qVgRF0

外観部分のデザインは、他のCXシリーズと同じく動物がアグレッシブに駆け抜ける姿をコンセプトとした『魂動』デザインが採用されていますが、MX-30の場合にはCXシリーズの様なアグレッシブさが抑えられ全体的に丸みを帯びたライト類になっている点が外観デザインの違いです。

加えて、MX-30のフロントグリル部分はCXシリーズの様な大口径グリルは採用されず、横長のやや控えめなデザインとなっておりライト類と同様にシャープさが抑えられている点も外観の大きな違いだと言えるでしょう。

そして、MX-30とCXシリーズの中でも最も違う特徴として挙げられるのが、フリースタイルドアと呼ばれる観音開き式4ドアをMX-30は採用していると言う点です。

引用:https://bit.ly/3chlk0N

観音開き式4ドアは過去に新世代スポーツ車として開発が行われたマツダ・RX-8、トヨタではMX-30と同じジャンルのSUVであるFJクルーザーにも採用されていた珍しい開閉方式のドアとなります。

MX-30に観音開き式ドアが採用された背景には、冒頭でも説明した通りCXシリーズとは異なり新しいことに挑戦すると言うコンセプト以外に、後方のピラー部が大きく寝かされたデザインとなっている事から後席への乗降のし易さを考慮した結果、観音開き式ドアが採用されたと言われています。

観音開き式ドアは、開閉に関しての順序が決まっており使い勝手の面では賛否が分かれるドア方式ですが、CXシリーズとは180°異なる観点から設計が行われている事を考えると、正にMX-30の顔ともなる大きな特徴の1つだと言えるでしょう。

このようにMX-30は、内装や外装デザインなど様々な部分で他のCXシリーズとは異なる部分のある車となりますので参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

【MX-30】全7色のボディカラーと3トーン

引用:https://bit.ly/3cFP87C

MX-30は、内外装のデザインやドアの開閉方式など様々な部分でマツダCXシリーズと異なる特徴がありますが、もう一つ外観面で大きな特徴となるのがボディカラーのバリエーションです。

昨今では、SUVブームの影響もあり自動車メーカー各社で様々なSUVが販売されており、ボディ部とルーフ部などの色が異なった2トーンカラーの車種も販売されているなか、MX-30には3トーンカラーと言う独自のカラーバリエーションが設定され大きな話題ともなりました。

引用:https://bit.ly/3r5zmXt

この3トーンカラーとは、従来の2トーンカラーと同じくボディ部とルーフ部に加え、フロントガラスサイドのAピラーからドアの上部を通りリヤハッチサイドのDピラーとなる、ルーフサイド部がそれぞれ異なるカラーに塗り分けられている点が特徴です。

引用:https://bit.ly/3tbB0IX

もちろんMX-30には、従来通りの1トーンカラーと呼ばれるモノトーン色も設定されていますが、具体的にはどの様なボディカラーが設定されているのか分からないと言う方もいらっしゃいますので、ここではMX-30のボディカラーを紹介していきます。

現在MX-30には、4色の1トーンカラーと3色の3トーンカラーが設定されており、それぞれの特徴を挙げていくと1トーンのカラーの場合は

  • マシーングレープレミアムメタリック(特別塗装色+55.000円)

引用:https://bit.ly/39AnYNa

特徴:チタンの様な重厚感を感じさせるやや黒味が強く、1トーンカラー専用色

  • ポリメタルグレーメタリック(通常塗装色)

引用:https://bit.ly/3cuexAS

特徴:マツダ・ロードスターやCXシリーズにも設定される青味が強いグレー

  • ジェットブラックマイカ(通常塗装色)

引用:https://bit.ly/3oDA78l

特徴・目映いツヤと深みが魅力の黒色で、1トーンカラー専用色

  • セラミックメタリック(通常塗装色)

引用:https://bit.ly/3r4HpUq

特徴:通常のパール系ホワイトでは無くやや青味が加えられた白色

となり、このうちマシーングレープレミアムメタリックとジェットブラックマイカは1トーン専用色となり3トーンカラーの設定はありません

また、3トーンカラーはルーフ部がブラック、ルーフサイド部は選択を行うボディカラーによってダークとシルバーの2種類が設定されており、それぞれの特徴を挙げていくと

  • ソウルレッドクリスタルメタリック×ブラック×ダーク(特別塗装色+110.000円)

引用:https://bit.ly/3t8Q4Hg

特徴:マツダ車の全てに設定されているメーカーのイメージカラーで、MX-30の場合は3トーンカラー専用色

  • ポリメタルグレーメタリック×ブラック×シルバー(特別塗装色+66.000円)

引用:https://bit.ly/3r5ts8B

特徴:3トーンカラーの中では唯一ルーフサイドがシルバーに塗装され、アクセントカラーになっている

  • セラミックメタリック×ブラック×ダーク(特別塗装色+66.000円)

引用:https://bit.ly/2MbGD9y

特徴:ルーフ部からボディ部まで色のグラデーションを楽しむことのできる組み合わせ

となっており、このうちマツダ車のイメージカラーでもあるソウルレッドクリスタルメタリックはMX-30の場合3トーンカラー専用色となり、1トーンカラーでは選択を行う事ができませんので注意が必要です。

ちなみに海外で販売が行われているMX-30には、上記で紹介をしたカラーの他にセラミックメタリックよりも純白に近いアークティックホワイトと呼ばれるボディカラーも設定されており、今後は日本でも設定される可能性がありますので覚えておくと良いでしょう。

このようにMX-30には、全部で7色のボディカラーが設定されており1トーンに設定されたカラーと、3トーンに設定された色を比較すると大きく印象が変わる点が特徴だと言えますので、購入を検討している場合などの参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

【MX-30】自分だけのMX-30に。おすすめアクセサリー

引用:https://bit.ly/36jdDDh

MX-30は、ベース車両を元としてパッケージオプションを追加することでグレードが変化をする車種となり、組み合わせによっては内装カラーなどを自由にアレンジできる点も大きな特徴です。

そんなカスタマイズの自由度が高いMX-30の場合にはオプション品を選択する事でさらに自分だけのMX-30を作り上げる事も可能となっていますので、ここではおすすめのアクセサリーを紹介していきます。

  • ルーフデカール

引用:https://bit.ly/3r2xq20

1つ目のMX-30におすすめのアクセサリーは『ルーフデカール』です。

前述した通りMX-30には、ボディカラーのバリエーションとして3トーンカラーが3色設定されていますが、マシーングレープレミアムメタリックやジェットブラックマイカは1トーンカラー専用色であるため残念ながら、色のバリエーションを楽しむことができません。

そんな場合におすすめなのがルーフデカールとなり、1トーンカラー専用色の場合でもルーフ部分のカラーを簡単に変える事ができ実質的な2トーン仕様に変化をさせる事が可能となります。

また、ルーフデカールは装着を行う事でルーフ部分に発生してしまう雨染みや糞害などを防ぐ効果も期待できるため、ボディの状態をいつまでもきれいに保ちたいという方にもおすすめのアクセサリーです。

ちなみに、ルーフデカールはブラックとブラウンの2色から選択する事ができますので、ボディカラーや内装色などに応じて選択を行うと良いでしょう。

  • エクステリアガーニッシュセット

引用:https://bit.ly/2Yr0c02

2つ目のMX-30におすすめのアクセサリーは『エクステリアガーニッシュセット』です。

前述した様にMX-30は、マツダCXシリーズの流れをくみながらも基本的なデザインのコンセプトに違いがあるため、外装デザインの方向性は大きく異なる点が特徴です。

特に、フロント部分を中心とした外装部分はCXシリーズの様にメッキ加飾が施されたパーツは一切装着されておらず、どこか物足りなさを感じてしまう部分もありますがエクステリアガーニッシュセットは装着する事によって、外観に大きなアクセントを加える事が可能となります。

また、別途でクロームメッキタイプのナンバープレートホルダーを組み合わせて装着すれば、さらにフロント・リヤ部分にデザインのアクセントを加える事が可能となりますので、オリジナリティ感を出したい場合におすすめのアクセサリーだと言えるでしょう。

  • オートエグゼ・ホイールナット

引用:https://bit.ly/36HSOSh

3つ目のMX-30におすすめのアクセサリーは『オートエグゼ・ホイールナット』です。

オートエグゼはマツダ車のカスタムパーツを専門に製造しているメーカーとなり、ディーラーでも正式に販売店オプションとして扱われているメーカーです。

MX-30のアクセサリーについては、販売開始からあまり日が経っていないことから現在はステアリングや足まわりの強化パーツが中心となりますが、その中でも特に外観のデザインにアクセント加えられるアクセサリーは独自デザインのホイールナットとなります。

こちらのホイールナットは、先端のキャップ部分にオートエグゼのイメージカラーである赤とロゴが刻印されており、標準装着ホイールでも外観に大きなアクセントカラーを加える事が可能です。

また、通常のホイールナットとは異なり7角形の特殊形状となることから、ホイールの盗難被害を抑制する防犯効果も兼ねており純正アクセサリーに設定される高価なアルミホイールと組み合わせると、さらにオリジナリティの高いMX-30に仕上げることができるでしょう。

このほかにもMX-30には、SUV感をさらに向上させるマットガードやシステムキャリアベースなど様々なアクセサリーが設定されていますので、好みに応じて選択を行いオリジナリティの高い1台を作ってみて下さい。

スポンサードリンク

【MX-30】特徴的なデザインのまとめ

今回は、マツダ・MX-30と特徴的なデザインについて解説をしてきましたが、MX-30は既存のマツダCXシリーズと比べ様々な面でコンセプトが異なる車である事が分かったと思います。

特に外観のデザイン面では、観音開き式4ドアや3トーンカラーの採用などCXシリーズには無い独特のデザインがMX-30の大きな特徴と言えますので覚えておくと良いでしょう。

また、MX-30には外観のイメージを変更させる事のできるアクセサリーが複数設定されていますので、購入を検討している場合には前述してきたおすすめアクセサリーを参考にしてみて下さい。

 

アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/3cFP87C

【マツダ MX-30】マツダCXシリーズとの比較。価格・外観・燃費・性能など

タイトルとURLをコピーしました