itemscope itemtype="https://schema.org/WebPage" data-barba="wrapper">

【トヨタ ヤリスクロス】機械式駐車場に入るのか?外寸は?

トヨタ

トヨタ・ヤリスクロスを機械式駐車場に入れることは可能なのでしょうか。

ヤリスクロスは、小型車であるトヨタ・ヤリスをベースに外観をSUVに仕立てたコンパクト車ですが、自動車の登録区分としては3ナンバー車となるためマンションなどに住んでいる方の中には、自宅の機械式駐車場に入るのかと疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

機械式駐車場は、少ない面積で多くの車を収容することができるため現在では都市部を中心に増えている傾向にありますが、入庫に対しては条件が多く場合によっては大きな事故に繋がる恐れもあるため、ぜひ概要を知っておきたいところです。

そこで今回は、ヤリスクロスのボディサイズや入る事のできる機械式駐車場の紹介などを中心に、トヨタ・ヤリスクロスと機械式駐車場について解説をしていきます。

スポンサードリンク

【ヤリスクロス】実際の車体の外寸、横幅、長さ、車高は?

引用:https://bit.ly/2GiQEP2

トヨタ・ヤリスクロスは、同じくトヨタから販売が行われているヤリスをベースに設計が行われているコンパクトSUVですが、コンパクトと呼ばれながらもナンバープレートは3ナンバー車での登録となるため、実際のボディの大きさはどれくらいなのか興味を持っている方も多いと思います。

では、実際のヤリスクロスの外寸はどの様な大きさになっているのでしょうか。

ヤリスクロスの具体的な外寸を見ていくと

  • 全長(長さ):4,180mm
  • 全幅(横幅):1,765mm
  • 全高(高さ):1,590mm
  • ホイールベース(前輪と後輪の間):2,560mm

がヤリスクロスの具体的な外寸です。

ナンバープレートの区分では、全幅(横幅)が1,700mmまでの車両において5ナンバー車での登録となり、ヤリスクロスの場合に65mm(左右で3cmずつ)既定からオーバーするため3ナンバー車での登録となりますが、その他の部分においては全てで5ナンバー車の規格になるため、そこまでボディサイズが大きい訳ではありません。

引用:https://bit.ly/3253A2D

この外寸をベース車両となるヤリスと比較してみると

  • 全長(長さ):3,940mm
  • 全幅(横幅):1,695mm
  • 全高(高さ):1,500mm
  • ホイールベース(前輪と後輪の間):2,500mm

となり、ヤリスクロスはヤリスよりも全長が240mm(24cm)、全幅が70mm(7cm)、全高が90mm(9cm)大きな車である事が分かります。

ただし、ヤリスの場合には全幅部分を含む全ての箇所で既定の範囲内となるため、ナンバープレートの区分は5ナンバー車での登録となる点が特徴です。

そのためヤリスクロスの外寸は、3ナンバー車ではあるもののトヨタ・ハリアーやRAV4と言った車種ほど大きい訳ではなく、ベース車両となるヤリスよりも1周りほど大きいサイズだと言えますので参考にすると良いでしょう。

スポンサードリンク

【ヤリスクロス】どんな機械式駐車場なら入るのか?

https://bit.ly/381V2gJ

トヨタ・ヤリスクロスの外寸は、ベース車両となるヤリスよりも一回りほど大きい事が分かりましたが生活を行う環境によっては、一般的な平面駐車場や立体駐車場ではなく機械式駐車場を利用しなくてはならない場合もあると思います。

では、ヤリスクロスの場合にはどの様な機械式駐車場なら入る事ができるのでしょうか。

ヤリスクロスでも入れる機械式駐車場

引用:https://bit.ly/35aLWN7

昨今では、敷地面積の関係や土地を有効活用する目的からマンションなどの集合住宅でも機械式駐車場の導入が進んでいます。

この集合住宅などに併設される機械式駐車場は、一般的にピット二段式昇降横行式と言う名称が付けられていますがこの方式の駐車場は、車をパレットと呼ばれる台に車を収容し上下左右にパレットが移動できる点が特徴です。

一般的なピット二段式や昇降横行式の機械式駐車場は車両の大きさが

  • 全長:5,300mm前後以下
  • 全幅:2,050mm前後以下
  • 全高:2,100mm前後以下
  • 車両重量:1,800kg~2,500kg前後以下

に設定されている場合が多く、最近ではミニバン車の普及に伴って多くの施設で全幅や全高のサイズに余裕がある設計となっており、ヤリスクロスの場合にはこれらのボディサイズや車両重量など全ての項目で条件を満たしていますので、基本的にはこのタイプであれば駐車する事は可能です。

ただし、同じピット二段式や昇降横行式の場合でも施設自体が古く1990年代以前に導入された機械式駐車場の場合には、コンパクトサイズのヤリスクロスであっても全幅部分などの制限を受け入る事ができない施設も存在するため注意が必要となります。

ヤリスクロスでは入れない機械式駐車場

引用:https://bit.ly/2U1Na6Q

トヨタ・ヤリスクロスの場合には、集合住宅などで導入されているピット二段式や昇降横行式の機械式駐車場であれば殆どの場合で入れることが分かりましたが、中にはコンパクトボディのヤリスクロスでも入る事のできない機械式駐車場も存在します。

これは主に垂直循環式エレベーター式と呼ばれる機械式駐車場となり、外観の見た目としてはタワー型となっている点が大きな特徴です。

これらの機械式駐車場は、敷地面積の狭い繁華街や商業施設と併設して導入される事が多く、設計的な問題や収容台数を優先するなどの点から入庫が可能な車両の制限があり、平均としては自動車の外寸が

  • 全長:5,000mm以下
  • 全幅:1,850mm以下
  • 全高:1,550mm以下
  • 車両重量:1,600kg~2,500kg以下

となっている事が殆どとなり、ヤリスクロスの場合には全長や全幅部分のサイズは特に問題ありませんが、全高に関しては制限である1,550mmを40mm程度オーバーしてしまうため、上記の機械式駐車場に入れない事が多いという訳です。

ただし、昨今ではエレベーター式の機械式駐車場であっても一部では高さ制限が1,800mm程度まで緩和されている施設もあり、全ての垂直循環式やエレベーター式の機械式駐車場で入る事ができないと言う訳ではありませんが、根本的な数自体は少ないのが現状と言えますので覚えておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

【ヤリスクロス】機械式駐車場さがしにはこれが便利

引用:https://bit.ly/3eAABJ8

トヨタ・ヤリスクロスは、機械式駐車場の種類によって入れる施設と入れない施設がある事が分かりましたが、様々な理由から短時間の駐車だけではなく月極として械式駐車場を探さなければならないケースもあると思います。

では、この様な場合どの様な方法を使うと機械式駐車場探しが楽になるのでしょうか。

一般的に大手コインパーキングを運営する会社のスマートフォン向けアプリは、時間貸しの平面駐車場や料金を検索することに長けていますが、タワー型など機械式駐車場の検索に特化した機能は備えられていないことが殆どです。

引用:https://bit.ly/3eBLsCE

ただし、一部の大手コインパーキングを運営する会社ではアプリではなく、自社の検索ページから時間貸しや月極などの機械式駐車場に的を絞って検索が行える機能が備わっている会社も存在するため、機械式駐車場を探す場合にはこの様なサービスを利用すると楽に探す事が可能となります。

また、前述した通りヤリスクロスは集合住宅向けの機械式駐車場であれば殆どのケースで入る事が可能ですが、繁華街や商業施設に併設された機械式駐車場では高さ制限などによって入庫ができない場合も存在します。

しかし、先述のような検索サービスを利用すれば料金や駐車場の場所だけではなく、駐車可能な車両の外寸情報まで予め知ることができるため、駐車場には着いたが結局は入れなかったなどと言う事態も防ぐ事ができますので、機械式駐車場を探す場合にはぜひこの様なサービスを利用すると良いでしょう。

スポンサードリンク

【ヤリスクロス】初めての人でも安心!機械式駐車場が苦手な方へ

引用:https://bit.ly/38mBvYP

時間貸しや月極などタワー型機械式駐車場は、コインパーキングを運営する会社が提供を行う検索サービスを利用すると便利である事が分かりましたが、自宅など集合住宅で機械式駐車場を利用している方の中には、どうしても駐車が苦手だと言う方も多いと思います。

確かに、トヨタ・ヤリスクロスは殆どの集合住宅向けの機械式駐車場に入るサイズの車となり、パレットのスペース的にも余裕はあるはずですが、鉄骨の直ぐ側を通って駐車を行わなければならないため、少なからず苦手意識を持っている方はいるはずです。

では、ヤリスクロスなど様々な車両を機械式駐車場に止める場合には、どの様な事に意識を向ければ苦手意識が薄らぐのでしょうか。

代替:トヨタ ヤリスクロス 機械式駐車場 探す 入れ方 平面駐車場

これには幾つかの方法がありますが、結論から先に言ってしまうと機械式駐車場に車を入れる場合には、平面駐車場とは異なる方法で入れる事がポイントだと言えます。

通常、平面駐車場はバックで入れる場合、駐車スペースに対して斜めに停車をしてハンドル操作を行い曲がりながら枠の中へと車両を収めて行くのが一般的です。

しかし機械式駐車場の場合には、駐車場を形成する鉄骨が組まれていることに加えてパレットにはタイヤが通る部分のみ凹みが付いているため、平面駐車場と同じ方法で入れようとするとかなり窮屈な角度で何度もハンドルの切り返しを行わなければなりません。

これを繰り返しているうちに、他の方が駐車待ちをしている様子などが目に入ると余計に焦りが生まれさらに車を意図しない方向へ動かしてしまうことから、苦手意識を持つ方が多いと言われていますが、実は考え方によっては非常にスムーズな駐車を行う事も可能となります。

代替:トヨタ ヤリスクロス 機械式駐車場 探す 入れ方 機械式駐車場

どの様な方法なのか、いまひとつイメージが湧かないと言う方もいらっしゃると思いますが、方法としては非常に簡単で予めパレットに対して車体を真っ直ぐに整え後へ下がっていくと言うだけで、パレットに進入する際は殆どハンドル操作を行いません。

また、パレットとタイヤやホイールの接触を懸念される方も多いですが、基本的には運転席側のパレットとタイヤとのスペースを直接確認し接触しない程度のスペースを保っていけば、助手席側のタイヤはパレットと接触することもありません。

そのため、パレットに対して車体の体勢を真っ直ぐに整え後はサイドガラスを下げて後輪と前輪のスペースを確認しハンドルを微調整しながら、少しずつ後退していけば機械式駐車場が苦手なでも比較的簡単に駐車を行う事ができると言う訳です。

引用:https://bit.ly/3n0EdqU

これは、前向きでパレットに進入を行う垂直循環式エレベーター式の機械式駐車場でも同じ事が言え、パレットに向かって正対するよう車体を整えた後、運転席から前輪と後輪のスペースを確認しながら進み、後は鏡を見ながら停止線で止まるだけですので基本的な方法は集合住宅向けの場合と変わりません

この様に機械式駐車場では、パレットに対して正対するよう車体の向きを整え直接パレットとタイヤのスペースを確認しながら入る事が大きなポイントとなり、平面駐車場とは駐車の行い方が異なりますので機械式駐車場が苦手な方は、ぜひ実践してみることをおすすめします。

【ヤリスクロス】機械式駐車場のまとめ

今回は、トヨタ・ヤリスクロスと機械式駐車場について解説をしてきましたが、ヤリスクロスは一般的な集合住宅に完備される機械式駐車場には入ることができますが、タワー型などの機械式駐車場には車両の高さ制限によって入れない場合がある事が分かったと思います。

ただし、昨今では少しずつですがヤリスクロスのような全高が1.550mm以上の車種でも入る事のできる機械式駐車場が増えつつあり、コインパーキングを運営する会社では機械式駐車場の場所や入庫条件を検索できるサービスも提供されているため、駐車場を探す場合にはこれらのサービスを利用すると良いでしょう。

また、機械式駐車場はその構造から駐車を苦手とする方が多い傾向にありますが、駐車を行うパレットに対して車体を正対させる点やタイヤを運転席側のスペースに合わせて調整することが、機械式駐車場で楽に駐車を行うポイントとなりますので、苦手な方はぜひ実践することをおすすめします。

 

アイキャッチ画像 引用:引用:https://bit.ly/2HV6xMt

タイトルとURLをコピーしました