itemscope itemtype="https://schema.org/WebPage" data-barba="wrapper">

【トヨタ ヤリスクロス】オイル交換はメンテナンスの基本。最適オイルは?

トヨタ

トヨタ・ヤリスクロスに最適なエンジンオイルは、どの様な物が良いのでしょうか。

ヤリスクロスは、トヨタ初となる本格的なコンパクトSUVとして販売が開始されましたがこの車には、従来型のガソリン車とハイブリッド車の2種類が設定されているため、どの様な頻度でエンジンオイルを交換したら良いのかよく分からないと言う方も多いのではないでしょうか。

エンジンオイルの交換は、自動車におけるメンテナンスの基本となりエンジントラブルなどを未然に防ぐという意味でも大切な事となりますので、ヤリスクロスにはどの様なオイルが最適なのかぜひ概要を把握しておきたいところです。

そこで今回は、ヤリスクロスに最適なオイル交換時期や適したオイルの種類などの紹介を中心に、トヨタ・ヤリスクロスとオイル交換について解説をしていきます。

スポンサードリンク

【ヤリスクロス】最適なオイル交換時期は?

引用:https://bit.ly/388D1O9

トヨタ・ヤリスクロスには、従来型のガソリンエンジン車とエンジンにモーターを組み合わせて走行を行うバイブリッド車の2種類が設定されていますが、この両エンジン形式の最適なエンジンオイルの交換時期はどの様になっているのでしょうか。

これは、走行を行う頻度や距離などにもよって異なる事から、全ての車に当てはまる訳ではありませんがヤリスクロスの場合には概ね走行距離が約5,000km~8,000km前後、または6ヶ月~12ヶ月の早い方で交換と言うのが最適なエンジンオイルの交換時期となります。

また、ヤリスクロスには先述の通りガソリン車とハイブリッド車の2種類のエンジン形式が設定されていますが、エンジンオイルの最適な交換時期については両エンジン形式で同じとなり、特別にどちらかが早くなる言う事もありません。

引用:https://bit.ly/2JtTW3i

一般的に自動車のエンジンオイルは、走行距離を重ねガソリンを爆発させる際に発生する不純物や金属同士が擦れ合うことで発生する汚れによって徐々に劣化が進んでいきます。

ハイブリッド車に関しては走り出しや巡航、それに信号待ちなどの場面ではエンジンが停止する事からガソリン車よりもオイルの汚れは少なくなる傾向にありますが、同時にオイル内に含まれるごく微量の水分蒸発し難くなると言う点も1つの特徴です。

特に1度の走行距離が短い街乗りなどの短距離走行が多い場合には、オイルが高温になり水分の蒸発が始まる前にエンジンが停止してしまうため、オイル自体の汚れが少なくても残った水分によって酸化劣化が進んでしまいます。

劣化が進んだエンジンオイルは、エンジン内の洗浄能力が低下し動力を生み出す際に余分な負荷が掛かり、普段以上にアクセルを踏まなければならなくなることから燃費の悪化や不快なエンジンノイズの増加に繋がります。

引用:https://bit.ly/34OIYha

さらに、汚れなどの不純物が多いエンジンオイルは汚れ自体がエンジン内部に付着し焼き付きが起きた結果、エンジンの寿命を短くしてしまい最悪の場合には故障し走行できなくなると言うケースも少なくありません。

これらの理由からヤリスクロスの場合には、オイルが汚れすぎない程度で走行距離が約5,000km~8,000km前後、または酸化劣化が起こりやすくなる6ヶ月~12ヶ月程度が最適なオイル交換時期になると言う訳です。

この様にヤリスクロスのエンジンオイルは、走行を行う距離や環境によって交換する頻度にバラツキはありますが基本的には、ガソリン車とハイブリッド車で交換時期が異なると言う事はありませんので参考にすると良いでしょう。

スポンサードリンク

【ヤリスクロス】最適オイルのオイル粘度や種類

引用:https://bit.ly/3mG4jiI

トヨタ・ヤリスクロスのエンジンオイルは、走行を行う距離や環境によっても異なりますが、基本的にはガソリン車とハイブリッド車で交換時期が同じである事が分かったと思います。

では、ヤリスクロスにはどの様な粘度や種類のオイルが最適だと言えるのでしょうか。

前述した様に、ヤリスクロスにはガソリン車とハイブリッド車の2種類のエンジン形式が設定されており、交換時期は基本的に同じですが最適なオイル粘度については両エンジン形式で異なる点が大きな特徴です。

ヤリスクロスのガソリン車に最適なオイルの粘度

引用:https://bit.ly/3ejZ2u5

昨今の自動車に使用されるエンジンオイルは、環境対応のためエンジンに負荷が掛かり難く粘度の低いオイルが使用される傾向にありますが、ヤリスクロスのガソリン車の場合には、一般的なエコカーに使用される物よりやや粘度が低くなる0W-16と言うオイルが標準で使われています。

また、メーカーからは標準的なエコカー向けとなる0W-20のオイルや高速走行などの高負荷時でもエンジン性能を発揮させる事のできる5W-30と言うやや粘度が高いオイルの使用も推奨されていますので、選択の幅が広くなっている点も特徴です。

そのため、ヤリスクロスを使用する環境別に最適なオイルを挙げていくと

  • 高負荷を掛けることが少なく街乗りなどが多い場合燃費重視で0W-16
  • 街乗りも多いが高速走行もある程度行うと言う場合:バランス重視で0-W20
  • 高速走行などエンジンに高負荷を掛ける事が多い場合:パフォーマンス重視で5W-30

と言うのが、それぞれヤリスクロスのガソリン車に最適なオイル粘度だと言えます。

ヤリスクロスのバイブリッド車に最適なオイルの粘度

引用:https://bit.ly/2HYPtVV

先述の通りトヨタ・ヤリスクロスには、ガソリン車とハイブリッド車の2種類のエンジン形式が設定されておりこの両エンジン形式では、最適なオイル粘度が異なる特徴があります。

その特徴の中でもヤリスクロスのハイブリッド車の場合には、ガソリン車で標準使用されているやや粘度の低い0W-16よりも更に25%粘度が低くなっている、0W-8と言う非常に粘度の低いオイルを標準使用している点が特徴です。

このほか、ヤリスクロスのハイブリッド車でメーカーが適合としているオイルの粘度は、ガソリン車と同じく0W-16~5W-30物となり基本的には、ガソリン車と同じオイルを使用しても大きな問題はありません

この0W-8と言うオイルは、同じヤリスクロスのハイブリッド車に0W-16を使用した場合と比べ約0.7%の燃費向上が見込まれており、ハイブリッド車の省燃費性を最重要視する場合に最適な粘度のオイルだと言えるでしょう。

ただしこの0W-8と言う粘度のエンジンオイルは、先にも説明した通りエンジンに高負荷が掛かる高速走行などの場面ではエンジン性能をフルに発揮させる事が難しいと言うデメリットも併せ持っています。

そのため、ガソリン車の場合と同じくヤリスクロスを使用する環境に応じて種類を選んで行くことをおすすめします。

ちなみに、0W-8と言う超低粘度オイルはヤリスクロスの中でもハイブリッド車専用のエンジンオイルとなり、ガソリン車には使用する事ができませんので注意が必要です。

ヤリスクロスに最適なオイルの種類

引用:https://bit.ly/2GDrivq

トヨタ・ヤリスクロスは、設定されるエンジン形式によって最適なオイル粘度が異なる事が分かりましたが、エンジンオイルには粘度の他にオイル自体に性能の異なる種類が設定されています。

一般的に、自動車のエンジンオイルは石油を作る過程で抽出される鉱物油、鉱物油を科学的に分解し分子量が整えられエンジンへの負担が少ない化学合成油(全合成油)、鉱物油と化学合成油を組み合わせ機能面とコスト面を両立させた部分合成油に種類が分類されます。

それぞれのエンジンオイルの特徴は、

  • 鉱物油の場合、安価だが耐久性や耐摩耗性が低い
  • 化学合成油の場合には、3種類の中で最も高性能だが価格が高い
  • 部分合成油の場合には、コストと性能のバランスは良いが耐久性は化学合成油に及ばない

など、それぞれメリットとデメリットを併せ持っている点が特徴です。

ただし、ヤリスクロスなどに搭載される比較的に新しいエンジンは、化学合成油部分合成油を使用した場合に最大限エンジンの性能が発揮できるよう設計されており、現状では価格が安く耐摩耗性などが低い鉱物油は最適なオイルとは言えません。

また、昨今ではオイルを製造するメーカーの企業努力もあって化学合成油と部分合成油では性能には差があるものの、価格自体の差は小さくなっている傾向にあります。

これらの点から、オイル交換のコストを少しでも抑えたいと言う場合には部分合成油、省燃費性やエンジンパフォーマンスを重視したいと言う場合には化学合成油が、それぞれヤリスクロスに最適なオイルだと言えますので参考にしてみて下さい。

では、ヤリスクロスのエンジンオイルを交換する場合には、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。

次の項目では、ヤリスクロスのオイル交換にかかる1回の大まかな費用を説明していきます。

スポンサードリンク

【ヤリスクロス】オイル交換費用は1回いくら?

引用:https://bit.ly/3mIxi5t

トヨタ・ヤリスクロスには、エコカー向けとなる粘度の低いオイルと鉱物油に科学的な変化を加えた合成油が最適である事が分かりました。

ただ、実際にヤリスクロスのオイル交換を行う場合にはどれくらいの費用がかかるのか、よく分からないと言う方もいらっしゃると思います。

では、ヤリスクロスの1回にかかるオイル交換費用はいくら位となるのでしょうか。

ヤリスクロスに搭載されているエンジンオイルの規定量は、ガソリン車の場合オイル交換のみで約3.2L、エンジンオイルを濾過するために必要なエレメントとオイルを同時に交換する場合で約3.4Lのオイルが必要です。

また、ハイブリッド車の場合にはオイル交換のみで約3.3Lエレメントとオイルを同時に交換する場合には約3.6Lのオイルが必要となります。

さらに、ディーラーで量り売りが行われているトヨタ純正オイルの価格は、前述した0W-8~0W-20のエコカー向け物で1Lあたり約800~900円程度、5W-30など比較的に粘度の高い物は1Lあたり約650~750円程度の価格が平均的な相場です。

引用:https://bit.ly/2HV5EmQ

工賃は店舗によって若干のばらつきがあるため全てのケースに当てはまる訳ではありませんが、概ね1作業あたり約500~1,000円程度が平均的な価格となるため、純正オイルをディーラーで交換した場合の1回の費用は

オイル価格(1L) 必要量 エレメント交換 工賃 オイル交換費用
約800~900円 3.2L 無し 約500~1,000円 約3,500~4,000円
3.4L あり 約4,500~5,000円

ハイブリッド車の場合には

オイル価格(1L) 必要量 エレメント交換 工賃 オイル交換費用
約800~900円 3.3L 無し 約500~1,000円 約3,600~4,100円
3.6L あり 約4,800~5,100円

程度が、ディーラーでヤリスクロスのオイル交換を行った場合に発生する1回の費用の目安となり、オイル粘度のやや高い5W-30などの場合には1Lあたりの単価が150円ほど安く設定されているため、上記の費用よりもさらにオイル交換費用を抑える事が可能です。

ちなみに最近では、トヨタ車ディーラーでもモービルカストロールと言った純正以外の社外エンジンオイルも取り扱いが行われています。

1Lあたりの価格は、純正オイルよりも約2割~3割ほど高くなりますが、独自の添加物が配合された高機能なオイルに交換する事も可能となっていますので、興味のある方は販売員に相談してみると良いでしょう。

スポンサードリンク

【ヤリスクロス】オイル交換のまとめ

今回は、トヨタ・ヤリスクロスとオイル交換について解説をしてきましたが、ヤリスクロスには従来型のガソリン車とハイブリッド車の2種類が設定されているものの、オイル交換時期は両エンジン形式で同じである事が分かったと思います。

また、ガソリン車の場合にはオイル粘度が0W-16の物、ハイブリッド車の場合には0W-8と言うオイル粘度の異なるものが標準使用されており、特に0W-8のオイルはハイブリッド車専用のオイルとなりますので注意が必要です。

ただし、ハイブリッド車に標準使用される0W-8以外の適合するオイル粘度はガソリン車と共通しているため、車を使用する環境に応じて複数の種類を選択する事が可能ですので、オイル交換を検討している場合には前述したオイル交換例を参考にすると良いでしょう。

 

アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/383WPlM

タイトルとURLをコピーしました