【ライズ】【ロッキー】納車待ち情報

ライズ

【無料】で試せる!クルマをさらに安く購入する方法!

愛車を少しでも高く売りたい。

新車を少しでも安く買いたい。

車は大きな買い物です。

【無料】で試せて大きな成果!!

浮いたお金で余分にオプションを付けるのも良し。

一つ上のグレードに変更してみるのもいいでしょう。

そんな情報を今回ここだけでお教えします!

【無料】一括査定を使うとどうなるか!?

中古車一括査定をご存じですか?

例えばディーラーで10万円の下取りが一括査定を利用することで数倍の値が付くことも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社があなたの愛車の買い取り価格を競ってくれるので結果的に値段が吊り上るのです。

【トヨタ ライズ】と【ダイハツ ロッキー】には、どの程度の納車待ちが発生しているのでしょうか。

2019年11月に満を持して販売が開始されたライズとロッキーは、昨今のコンパクトSUVブームの影響もあり発売直後から大人気となっている車種ですが、購入を検討している方の中にはどのくらいの納車待ちが発生しているのか気になっている方も多いと思います。

自動車の納期は、車種の人気や時期によって大きく異なりますが昨今では世界的に流行している感染症の影響もあり、納期遅れが発生するケースも存在するため購入前に大まかな納期を把握しておきたいところです。

そこで今回は、ライズとロッキーの納車までに掛かる最新の情報や既に納車された方と納車を待っている方の口コミ情報の紹介などを中心に、ライズとロッキーの納車待ちについて解説をしていきます。

スポンサードリンク

【ライズ】【ロッキー】最新納車待ち情報

引用:https://bit.ly/36LcfnA

ライズロッキーは、2019年11月に販売が開始され昨今のコンパクトSUVブームの影響もあり発売開始直後から好調な売れ行きを維持していますが、販売が開始されてから丸1年となる2020年11月の納車待ちの時間はどれくらいとなっているのでしょうか。

これは、グレードやボディカラーに加えてオプション品の有無などが関係してくるため多少の誤差はありますが、この両車における最新納車待ちはライズの場合で約1ヶ月~1ヶ月半程度、ロッキーの場合には1ヶ月半から2ヶ月程度が最新の納車待ち状況となります。

ちなみに、販売開始から半年程度が過ぎた2020年5月時点では両車ともおよそ4ヶ月~5ヶ月程度の納車待ちが、7月の時点では2ヶ月半~3ヶ月程度の納車待ちが発生していましたので、この頃から比べると現在の納車までの期間は大きく短縮されていると言えます。

引用:https://bit.ly/2IuqREV

また、ライズとロッキーは同一工場で生産が行われていますが、生産ラインの割合はライズが7割程度となりロッキーは3割程度の割合で生産されているため、グレードやオプション品の有無によっても異なりますが、全体としてはライズの方が納車待ちの期間が短くなる様です。

このようにライズとロッキーの最新の納車待ち状況は、一般的な車種とほぼ変わらない通常出荷状態になっていると言えますので、購入を検討している場合の参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

【ライズ】【ロッキー】納車された人の口コミや納車待ちしている人の情報

引用:https://bit.ly/2H0N2BA

前述した通り、ライズロッキーの最新の納車待ち状況はライズが約1ヶ月~1ヶ月半程度、ロッキーの場合には1ヶ月半~2ヶ月程度である事が分かったと思います。

では、既に納車が済んでいる方や現在納車待ちをしていると言う方の情報と口コミは、どの様なものが挙がっているのでしょうか。

様々な自動車などの口コミが掲載されているサイトでライズとロッキーの納車に関する情報収集を行ったところ、既に納車が済んでいる方の口コミとしては

  • 2020年5月初旬の契約だったが、納車されたのは9月の下旬だったので実際の納車待ちは4ヶ月程度だった
  • 7月中旬に契約を済ませその当時は年内ギリギリの納車になると言われていたが、突如販売店から連絡が来て最終的には10月下旬に納車されました
  • たまたまキャンセル車や在庫車に当たったのかもしれませんが、10月初旬の契約10月の最終週に納車されました

など、7月以降に契約を行った方は以前と比べて納車待ちに掛かる時間が短くなったと言う口コミが多く、全体的にはロッキーよりもライズの方が納車までに掛かる時間が短くなっている様です。

引用:https://bit.ly/2IBhz9B

反対に、既に発注は行ったものの現在は納車待ちの状態となっている方の情報としては

  • ライズの納車待ちですが、11月初旬に契約を行いギリギリ年内の納車が可能と連絡が来ました
  • 6月以降は生産調整が少なくなり、2020年初頭と同じ程度の生産能力になってきているので、8月以降の注文に関しては通常の出荷状態に戻ると説明を受けた
  • ロッキーを11月初旬に契約しましたが、年内の納車は難しく年末年始の休業も重なるため恐らく1月の2週目あたりが納車になると説明された

など、夏場以降は生産台数が増え徐々に納車待ちの状況が解消されていると言う説明を受けた方が多く、納車待ちの期間に対する不満などの情報も少なくなっている点が特徴です。

これらの情報から、ライズとロッキーの現在の納車待ち状況はほぼ通常通りに戻っていると言えますので、参考にすると良いでしょう。

スポンサードリンク

【ライズ】【ロッキー】納期遅れはあるの?

引用:https://bit.ly/2KhpJ83

ライズロッキーの納車までに掛かる時間は、2020年8月あたりを境に徐々に通常の納車待ち状態となってきている事が口コミなどの情報から明らかになりました。

ただ、5月~7月以前のライズとロッキーは4ヶ月を超える納車待ちが発生していただけに、この先両車の購入を検討している方の中には再び長期間の納期遅れが発生するのではと、危惧している方もいらっしゃると思います

では、ライズとロッキーの場合には今後納期遅れが発生してしまう可能性はあるのでしょうか。

結論から先に言ってしまうと、これには様々な考え方がありますがライズとロッキーの場合には、今後も納期遅れが発生する可能性は少なからずあると言えます。

引用:https://bit.ly/35AxzSc

現在ライズとロッキーは、滋賀県蒲郡郡竜王町にあるダイハツ滋賀工場で生産が行われていますが、こちらの工場は世界的な感染症の拡大によって車両を作るために必要なパーツの供給が滞ってしまったため、3月~5月に掛けて一時的に工場の稼働を停止していました。

前述で説明した通り、2020年5月~7月の納車待ちが4ヶ月を超える事態となったのは、ライズとロッキー自体の人気が高く受注に対して生産が追いついていなかった点もありますが、大元の原因は部品の供給に滞りがあり生産停止を余儀なくされていたからなのです。

自動車の各部品は、メーカーが全て自社生産している訳ではなく各々のパーツを異なる企業が製造し1つの部品に組み上げて出荷を行う方式をとっており、この中には海外から部品を輸入している企業も存在します。

引用:https://bit.ly/3pxOvAS

そのため、これらのどこか1つでも部品の供給が滞ってしまった場合には、最終的に車両を組み上げることができず一時的な生産停止を再度余儀なくされる場合がライズやロッキーにはあるため、今後も納期遅れが発生する可能性は少なからずあると言えるのです。

この様に、現在のところライズとロッキーは他の車種の一般的な納車待ち状況と変わらずほぼ通常出荷の状態となりますが、場合によっては再び納期遅れが発生するケースもあるため可能性の1つとして覚えておくと良いでしょう。

【ライズ】【ロッキー】兄弟車だけど異なる部分はあるの?

引用:https://bit.ly/3nD3Y0X

前述した通りライズロッキーは、滋賀県に生産拠点を置くダイハツの工場で生産が行われている事が分かりましたが、この両車は兄弟車として基本的なデザインや機能は共通している部分も多い車種となります。

最近ではダイハツが製造したワゴン車であるトールをトヨタではルーミー/タンクとして、反対にトヨタが製造を行ったプリウスαをダイハツではメビウスとして販売を行うなど、メーカーのエンブレムや一部の仕様変更によって車名が異なる車種も存在します。

これはライズとロッキーにも同じ事が当てはまりますが、細かい部分を見ていくと実は異なる箇所も多いのがこの両車の特徴です。

では、ライズとロッキーではどの様な箇所で異なる部分があるのでしょうか。

引用:https://bit.ly/3lBAr7c

この両車は搭載されるエンジンの種類や内装のデザイン、乗車定員など基本的には共通する部分の多い車種ですが主な違いを挙げていくと

  • ボディのサイドからリヤ部分に掛けては同じだが、フロントグリルフォグライトのデザインが異なる
  • 標準装着されるアルミホイールのデザインが両車で異なり、ライズのエントリーグレードにはスチールホイールが標準装備される
  • 商品名は異なるものの、オプションのエアロパーツは同じデザインとなりトヨタ直系のブランドであるモデリスタ製エアロも用意されているが、ロッキーにはライズに設定されているモデリスタ・エレガントアイススタイルやTRD製エアロは設定されない
  • ロッキーには全部で4つのグレードが設定されるが、ライズにはロッキーの最上位グレードにあたるグレードが設定されず、代わりにスマートアシストなどが非搭載となる最廉価グレードが設定される
  • ボディカラーは共通で7色(+ツートーンカラー2種)が設定されているが、ライズには専用色としてターコイズブルーマイカメタリックが、ロッキーにはコンパーノレッドと言うそれぞれの専用色が設定されている

などが挙げられます。

この中でもフロントグリルやアルミホールのデザインは、両車で最も分かりやすい違いとなり車全体の印象が大きく変わる点も特徴です。

この様に、ライズとロッキーは同じダイハツで生産が行われる兄弟車ですが異なる部分も多数ありますので、購入を検討している場合には前述した例を元に、見比べてみることをおすすめします。

【ライズ】【ロッキー】納車待ち情報のまとめ

今回は、ライズとロッキーの納車待ち情報について解説をしてきましたが、この両車は一時期4ヶ月を超える納車待ちが発生していたものの現在では、通常時の出荷目安となる1ヶ月~2ヶ月程度になっている事が分かったと思います。

これは、部品調達の滞りが解消された点や販売開始から1年が経過し受注が落ち着いてきたことが要因だと言えますが、現在世界的に流行している感染症などの状況によっては再び長期の納車待ちが発生する可能性もありますので覚えておくと良いでしょう。

また、ライズとロッキーは同じ工場で生産される兄弟車ですがフロント部分やアルミホイールのデザイン、グレード設定などに違いがありますので購入を検討している場合には前述してきた例を参考にしてみて下さい。

アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/2H0N2BA

【ライズ】【ロッキー】車中泊がしたい!おすすめアイデア

【ライズ】【ロッキー】人気カラーをランキング形式でご紹介

【ライズ】【ロッキー】機械式駐車場に入るのか?外寸は?

【ライズ】【ロッキー】オイル交換はメンテナンスの基本。最適オイルは?

なぜ一括査定はお得だと言えるのか!?

乗り換えを行う際はディーラーでの下取りと中古車買取店での売却ではどちらが得なのかイマイチ分からないと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から先に言ってしまうと、こちらは現在所有している車種や車両の状態によっても異なりますが、

基本的に自動車を手放す際は、街中に存在する中古車買取店やインターネットによる一括査定を利用した売却の方が、高い値段で車を手放せる傾向にあると言えます。

一般的に、ディーラーなどで行われる下取り査定は

  • 年式
  • 走行距離
  • 車両の状態

などで判断されるため、車両自体や社外装備品の価値などは反映されず最低限の価格を提示される点が特徴です。

さらに、下取りで得られた金額は現金化する事ができず、新車の購入時のみ使用する事が可能となるため、後日タイヤの交換やドライブレコーダーなどの機器を追加する際は使用する事ができません。

一方の買取店や一括査定による車両の売却は、ディーラーでの下取り査定と同じく年式や走行距離、車両の状態などに加え

  • 中古車市場の需要と供給のバランス
  • 人気の有無
  • 装備品の価値

などが加味された査定となる事から、所有している車の価値に応じた買取査定額が提示されるため、ディーラーで行う下取り額よりも売却価格が高くなる傾向にある

と言う訳です。

また、車を売却した際の金額は1度現金化される事からタイヤやオイル交換等のメンテナンス、社外品の導入などにも使用する事が可能となるため、車を手放す際は下取りではなく売却を選択する方が得だと言えるでしょう。

ただし、中古車買取店などで売却を行う場合でも、車両の状態(事故等の有無)や市場の動向によっては必ずしも下取りより高額な査定を受ける事ができないケースもありますので、あくまでも1つの目安として無料の一括査定に申し込んでみることをおすすめします。

ディーラーの値引きを最大限に引き出し、さらにあなたの愛車の下取り金額を最大限にアップさせる。

これこそが、新車を最高に安く手に入れる方法なのです!

 

タイトルとURLをコピーしました