【ハリアー】機械式駐車場に入るか?全高・全幅はどのくらい?

ハリアー

【トヨタ ハリアー】は機械式駐車場に入ることができるのでしょうか。

近年では、平面駐車場よりも効率的に車両を収容できる事から都市部を中心に機械式駐車場の導入が進んでいますが、現在ハリアーの購入を検討していると言う方の中には、ハリアーは機械式駐車場に入ることができるか疑問に思っている方も多いと思います。

機械式駐車場には様々なタイプがありますが、規定サイズ以上の車両が入った場合には大きな事故に繋がる恐れもありますので是非概要を把握しておきたいところです。

そこで今回は、ハリアーの外寸サイズや入庫可能な機械式駐車場の紹介などを中心に、ハリアーと機械式駐車場について解説をしていきます。

スポンサードリンク

【ハリアー】外寸、横幅、長さ、車高データ

引用:https://bit.ly/347oYVX

ハリアーは、国産自動車としては高級車の部類に入るSUVですがボディのサイズとしては、CX-5エクストレイルと同じミドルサイズに属する車です。

ただ、実車を見てみると思いのほか大きく感じられる為、実際の外寸サイズはどれくらいの大きさなのか気になっていると言う方も多いと思います。

では、ハリアーは実際にどのくらいの大きさとなるのでしょうか。

詳しい外寸サイズのデータを見ていくと

  • 全長(長さ):4,740mm
  • 全幅(横幅):1,855mm
  • 全高(車高):1,660mm
  • 最低地上高(地面から車両底部までの高さ):190mm~195mm

に設計されています。

引用:https://bit.ly/37qusgy

これを先述した同クラスとなる2車種と比較するとCX-5の外寸サイズは

  • 全長(長さ):4,545mm
  • 全幅(横幅):1,840mm
  • 全高(車高):1,690mm
  • 最低地上高(地面から車両底部までの高さ):210mm

引用:https://bit.ly/2Wo5CIc

エクストレイルの外寸サイズは

  • 全長(長さ):4,690mm
  • 全幅(横幅):1,820mm
  • 全高(車高):1,730mm~1,740mm
  • 最低地上高(地面から車両底部までの高さ):205mm

に設計されていますので、全高こそ同クラスとなる2車種の方が高くなりますが、その他の全長や全幅はハリアーの方が大きくなりますので、ハリアーはミドルサイズSUVとしては外寸サイズが大きな部類に入る車種だと言えるでしょう。

引用:引用:https://bit.ly/3oZA47t

ちなみに、先代モデルとなる3代目ハリアーの外寸サイズは

  • 全長(長さ):4,725mm
  • 全幅(横幅):1,835mm
  • 全高(車高):1,690mm
  • 最低地上高(地面から車両底部までの高さ):160mm~175mm

となり、全高部分を除いた外寸サイズは先代モデルよりも現行モデルの方がやや大きく設計されていますので、購入を検討している場合などの参考にしてみて下さい

【ハリアー】どんな機械式駐車場なら入るのか?

引用:https://bit.ly/2IH9Xmt

前述した通りハリアーは、同クラス帯のSUVとしてはボディの外寸が大きい部類に入り、先代モデルからもボディサイズが大きくなっている事が分かりました。

ここで気になるのは、本当に機械式駐車場に入れられるのかと言う問題ですが、ハリアーの場合にはどんな機械式駐車場なら入る事ができるのでしょうか。

一般的に機械式駐車場というのは、立体駐車場の中でも運転をしながら駐車スペースを探す自走式では無、パレットと呼ばれる専用の車両収容スペースに車を収め機械が動くことにより駐車スペースへ車が運ばれる方式の駐車場を指します。

また、機械式駐車場は一般的な集合住宅などに導入される機会の多いピット多段式駐車場と、都市部の敷地が狭い集合住宅や商業施設などに導入される機会の多い、タワー型となるエレベーター式等の大きく分けて2種類の方式に分類される点が特徴です。

引用:https://bit.ly/3nvJHug

前者となるピット多段式駐車場に入庫が可能な車両のサイズは、駐車場の設計方法により異なりますが平均としては

  • 全長:最大5,000mm~5,500mmまで
  • 全幅:最大1,850mm~2,050mmまで
  • 全高:最大1,550mm~2,100mmまで

に設定されている事が多いため、全てのケースに当てはまる訳ではありませんが一般的な集合住宅向けの機械式駐車場であれば、ハリアーは入れる可能性が高いと言えます。

ただし、最小サイズで見てみるとハリアーの場合には全幅部分と全高部分で制限を受け入る事ができない場合もありますので、覚えておく必要があります。

引用:https://bit.ly/3ahfrQ3

一方、後者となるタワー型のエレベーター式駐車場などの場合は、集合住宅向けの機械式駐車場よりも入庫できる車両サイズが小さく設定される傾向にあり、平均的な大きさは

  • 全長:最大5,000mm程度まで
  • 全幅:最大1,850mm程度まで
  • 全高:最大1,550mm程度まで

に制限されているケースが殆どです。

そのため、ハリアーの場合には全長こそ問題はありませんが全幅と全高に関しては入庫が可能な制限内に外寸サイズが収まらないため、多くのタワー型となるエレベーター式などの機械式駐車場には入る事ができないと言うのが現状です。

ただし、昨今では国産車を中心にボディの大型化が進んでいることから入庫制限が緩和されたタワー型の機械式駐車場も増えつつあり、一部ですがハリアーの外寸サイズでも入庫が可能な駐車場もありますので覚えておくと良いでしょう。

このようにハリアーには、駐車場の規格や種類によって入れる機械式駐車場と、入れない機械式駐車場がありますので参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

【ハリアー】外装パーツによって外寸はどれくらい変わるのか?

引用:https://bit.ly/3gECNQU

ハリアーには、機械式駐車場の種類によって入れる所と入れない所がある事が分かりましたが、購入を検討している方の中にはエアロパーツなどの外装パーツを装着し、カスタマイズを行いたいと考えている方も多いと思います。

ただ、外装パーツを装着するとボディの外寸サイズが変わる事から場合によっては機械式や自走式などの立体駐車場に入庫ができない、または入庫しづらくなってしまう恐れもありますので、ここではハリアーに設定される外装パーツの紹介と装着した場合に変化する外寸サイズについて説明をしていきます。

モデリスタ・GRAN BLAZE STYLE

引用:https://bit.ly/3ncCHm4

現在ハリアーには、2種類のモデリスタ製外装パーツと1種類のGR PARTS製外装パーツが設定されており、先代モデルの3代目ハリアーの様にトヨタオリジナルアクセサリーTRD製外装パーツの設定は行われていません。

最初にご紹介するモデリスタ製外装パーツは、GRAN BLAZE STYLEと呼ばれるスポーティー指向の強い外装エアロパーツです。

GRAN BLAZE STYLEのパーツは、立体感のあるデザインに多数のメッキパーツが組み合わされリヤ部分は4本出しのマフラースタイルとなっておりスポーティー感が強く、ノーマル状態と比べ重厚感が増す外装パーツとなりますが、これらを装着した場合には非装着時と比べ

  • フロントスポイラー=地上高:約35mmダウン/全長:32mmプラス
  • サイドスカート=地上高:約41mmダウン
  • リヤスタイリングキット=地上高:約28mmダウン/全長:28mmプラス

と言うサイズに外寸が変わります。

引用:https://bit.ly/3a2HFxT

機械式駐車場のパレットは、最低地上高の車検適合範囲内である80mm~90mm程度のスペースが必要となりますが、上記の外装パーツを装着した場合でもハリアーの場合は130mm以上の地上高が確保されるため特に問題は無いと言えます。

ただし、サスペンションなど車高調整を行っていると場合によっては、フロント部分の外装パーツがパレットと接触してしまう恐れがありますので注意が必要です。

モデリスタ・AVANT EMOTIONAL STYLE

引用:https://bit.ly/3m8VNrP

2つ目にご紹介する外装パーツは、こちらもモデリスタ製ですが名称はAVANT EMOTIONAL STYLEと呼ばれGRAN BLAZE STYLEよりもスポーティー感が抑えられた、ラグジュアリー指向の強いデザインが特徴の外装エアロパーツです。

フロント部分は、ギラつき感が抑えられ凹凸の少ない直線上のデザインが採用されている他、リヤ部はマフラーを隠す構造となっておりノーマル状態と比べボディが大きく見える点が特徴となりますが、こちらの外装パーツを装着した場合には非装着時と比べ

  • フロントスポイラー=地上高:約35mmダウン/全長:47mmプラス
  • サイドスカート=地上高:約41mmダウン
  • リヤスタイリングキット=地上高:約22mmダウ/全長:15mmプラス

と言うサイズに外寸が変わります。

引用:https://bit.ly/3a5eZ7l

基本的には、先述したモデリスタ・GRAN BLAZE STYLEと地上高のダウン幅はほぼ同じとなるため機械式駐車場のパレットに車両を収容する際の注意点は変わりませんが、こちらはフロント部分の全長が40mm以上も長くなる点が特徴です。

そのため、自走式の立体駐車場では平面からスロープを上る際またはスロープから平面に降りる際、フロントスポイラーの先端や底部が路面と接触してしまう恐れがありますので、GRAN BLAZE STYLEの外装エアロパーツよりもさらに注意して運転を行わなければならないと言えるでしょう。

ちなみに、この両モデリスタ製外装パーツの価格はGRAN BLAZE STYLEが3点セットで約280,000円~313,000円、AVANT EMOTIONAL STYLEが同じく3点セットで約252,000円となりますので、装着を検討している場合の参考にして下さい。

GR PARTS・エアロパーツセット

引用:https://bit.ly/3oHYHpe

最後にご紹介するハリアーの外装パーツは、GR PARTS製エアロパーツセットです。

GR PARTS製の外装エアロパーツは、先に紹介をしたモデリスタ製外装パーツとはデザインが大きく異なり、ラグジュアリー感の高いメッキパーツは一切使用されずブラック系の色のみを基調とし、重厚感が表現されスポーティー指向の強いデザインが最大の特徴です。

また、GRフロントスポイラーに関してはモデリスタ製外装パーツの様にLEDイルミネーションが装着されないため、ハリアーに設定されたフロントエアロパーツの中では最も価格が抑えられている点も大きな特徴の1つとして挙げられます。

このGR PARTS製の外装エアロパーツを装着した場合には、非装着時と比べ

  • GRフロントスポイラー=地上高:約56mmダウン
  • GRサイドスカート=地上高:約47mmダウン
  • GRリヤバンパースポイラー=地上高:約65mmダウン/全長:49mmプラス

となり、モデリスタ製外装パーツ装着時やノーマルボディ状態と比べ外寸サイズや地上高が大きく変わる点が特徴です。

引用:https://bit.ly/3a0T9lC

特にフロント部分やリヤ部分は、機械式駐車場のパレットへの収容時も接触しないよう気をつけなければなりませんが、自走式の立体駐車場でも場所によっては車輪止めの縁石に外装パーツが接触してしまう恐れがありますので注意が必要となります。

ちなみに、価格はGRフロントスポイラーこそハリアーに設定されているフロント外装パーツの中では最も安く設定されていますが、GRリヤバンパースポイラーに関してはスポーツマフラーとのセット商品になっており、3点セットの価格は約413,000円となりますので参考にしてみて下さい。

このように、ハリアーは様々な外装パーツが設定されており装着を行う事でそれぞれ外寸のサイズが変化をするため、購入や装着を検討している場合の参考にすると良いでしょう。

スポンサードリンク

【ハリアー】機械式駐車場のまとめ

今回は、ハリアーと機械式駐車場について解説をしてきましたが、ハリアーの外寸サイズは同じミドルサイズSUVの中でも大きめに設計されており、先代モデルの3代目ハリアーと比べても大きい事が分かったと思います。

加えて、全てに該当する訳ではありませんがハリアーは集合住宅向けの機械式駐車場には殆どのケースで入れる事ができますが、商業施設などのタワー型となる機械式駐車場には車幅や高さの制限によって入る事ができない場合がありますので、覚えておくと良いでしょう。

また、ハリアーには3種類の純正外装パーツが設定されていますが、装着を行う事でそれぞれ外寸サイズが変わり機械式や自走式の立体駐車場では注意をして運転を行わなければならないケースもありますので、購入や装着を検討している場合には前述してきた例を参考にしてみて下さい。

アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/2IH9Xmt

【ハリアー】口コミや評価・評判は?

【ハリアー】納期・納車情報。納車待ちはどのくらい?

【ハリアー】内装や内装色、室内内寸の詳細

【ハリアー】値引き相場や限度額を知っておこう!

【ハリアー】人気カラーや色見本などをご紹介

【ハリアー】オイル交換はメンテナンスの基本。最適オイルは?

【ハリアー】車中泊したい!快適装備は?

【ハリアー】VS【RAV4】比較してみた

【ハリアー】VS【CX-8】比較してみた。あなたにとって魅力的な車はどっち?

タイトルとURLをコピーしました