itemscope itemtype="https://schema.org/WebPage" data-barba="wrapper">

【ジムニー・ジムニーシエラ】内装や内装色、室内内寸の詳細

ジムニー・ジムニーシエラ

【スズキ ジムニー・ジムニーシエラ】コンパクトなサイズでありながらもラダーフレーム後輪駆動(FR)パートタイム4WDが組み合わされる本格オフローダーです。

軽自動車規格サイズのボディを見ていくとジムニー・ジムニーシエラのコンパクトさがよくわかりますが、室内がどのくらいの広さなのかが気になるでしょう。

スズキ ジムニー・ジムニーシエラ】の室内寸法から内装や内装色などインテリアについて紹介していきます。

スポンサードリンク

【ジムニー・ジムニーシエラ】内寸からわかる室内の広さ

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/special/

ジムニー・ジムニーシエラに似たような外観を持つコンパクトクロスオーバーSUVは存在すれど走破性能をメインに据えている全長4m以下のコンパクトサイズSUVはジムニー・ジムニーシエラのみです。

コンパクトな車体にどのくらいの室内スペースがあるのか、室内寸法を見ていきましょう。

室内寸法 長さ 1,795 mm
1,300 mm
高さ 1,200 mm

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/ https://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

ジムニーとジムニーシエラはボディサイズとエンジン排気量が異なりますが、寸法の違いオーバーフェンダーと前後パンパーによる違いとなり、室内寸法は同一となります。

軽自動車規格内での室内構成のため、室内長・室内幅普通乗用車と比べると一回り以上小さなものとなります。

近年では軽自動車でありながらも広大な室内スペースが自慢の軽ハイトワゴンが人気ですが、コンセプトが異なるジムニー・ジムニーシエラではそこまで広いスペースとはなっておらず、他の軽乗用車と比較するとコンパクトなスペースとなります。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

同じスズキ製の軽SUVである【スズキ ハスラー】と比較すると違いがわかりやすくなります。

ジムニー ハスラー
室内寸法
(mm)
長さ 1,795 2,215
1,300 1,330
高さ 1,200 1,270

スクエアボディ丸型ヘッドランプ・台形ホイールアーチ・高い最低地上高と似通った部分のある外観を持つジムニーとハスラーですが、室内寸法を見比べていくと異なるものとなります。

大きな違いは室内長です。

赤線:ジムニー 黒線:ハスラー)

オフロード向け大径タイヤ走行性能重視FRレイアウト、そしてオフロード走行などで体が大きく揺れても運転席の揺れは抑えて適切な操作が出来るように運転席の位置を前後の中央辺りに来るように配置している等、スペース効率を優先しているハスラーよりも車室が後ろ寄りとなっていて室内長が短くなります。

運転席・助手席スペースに大きな違いはありませんが、後席スペース・ラゲッジスペース室内長の違いが現れています。

引用:https://www.globalsuzuki.com/automobile/lineup/jimny/index.html

ジムニー・ジムニーシエラの後席足元スペースが限られており大人が座る場合膝を抱えるような体勢にしたり前席のシート位置を前寄りにして足元スペースを確保する必要があります。

リアタイヤハウスが肘掛け位置に来るレイアウト座面の厚さは薄め背もたれ幅は狭めですが、タイヤハウス上の空間があるので横方向には余裕があり大人2人が並んで座れます

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

また左右独立して12段階のリクライニングができる左右独立リヤシートリクライニング機構(ジムニーXGを除く)によってリラックスした姿勢を確保出来るので長時間の乗車にも対応出来るようになっています。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

ハスラーの後席を見ていくと足元スペースを調整出来るスライドシートとなっている事もあって座面の厚さがあり背もたれ幅も広くゆったり座れるシートとなっています。

両車を見比べるとジムニー・ジムニーシエラの後席スペースが狭く感じますが、【トヨタ 86/スバル BRZ】といった2ドアスポーツクーペよりはヘッドクリアランス(頭から天井までの距離)に余裕がありジムニー・ジムニーシエラの着座姿勢は比較的無理の無いものとなります

1マイルシート」などと揶揄される事もあるスポーツクーペの後席と異なりジムニー・ジムニーシエラの後席ならば長距離移動も問題無く熟せるでしょう。

但し、リアタイヤ軸上に座席が位置するためちょっとした段差荒れた路面の凸凹などでは突き上げ感が高いので基本的に市街地などの舗装路高速道路など滑らかな路面での利用に限定しておいた方がいいでしょう。

それでも日常生活ちょっとした旅行など幅広いシーンで使える事になります。

支障があるとすれば2ドアクーペと同じく後席用ドアが無いため乗降が面倒な点でしょう。

しかし、最近の3列シートミニバンに乗り慣れている方ならばそれほど面倒に感じないかもしれません。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

室内長の影響が大きく出てくるのは後席スペースよりもラゲッジスペースとなります。

後席使用時には荷室床面長240mmとなり、後席背もたれを実用的な傾斜にリクライニングさせると高さ方向に余裕が無くなり、限られたスペースとなってしまいます。

4人乗車時のラゲッジスペースハスラーと比べると一目瞭然です。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

ハスラー後席スライドシートを最後部まで下げる荷室床面長290mm限られたスペースとはなりますが、スライドシートを最前部にする荷室床面長450mmまで拡張出来るので後席の足元スペースを調整していけば旅行時に大人4人分の荷物を支障なく積載する事が出来ます

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

ジムニー・ジムニーシエラの場合は後席シートを格納すれば大容量352Lラゲッジスペース確保出来ますので2人乗りならば様々なレジャーシーンで必要な荷物を積載する事が出来ます

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

後席に加え、助手席を倒して床面をフラットにすればスキー板などの長尺物の積載も可能となります。

脚立などの長尺の仕事道具も積載出来ますので走破性が求められる林道などの悪路でも活躍するでしょう。

スポンサードリンク

【ジムニー・ジムニーシエラ】内装色のバリエーションをご紹介

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

ジムニー・ジムニーシエラインテリアカラー全グレード共通で、運転に集中できる環境とするため黒を基調としており、無駄な色余計な装飾を排除するなどデザインよりも機能性を重視しているのはエクステリアデザインと共通のコンセプトです。

シート撥水ファブリックシート表皮仕上げとなりますが、ジムニーの最廉価グレードであるXGだけは撥水加工されていないファブリックシート表皮仕上げ色目がブラック一色となりシンプルな見た目となります。

ジムニーXC・XL、ジムニーシエラ

撥水ファブリック

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

ジムニーXG

ファブリック

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

またリアシートジムニーXGだけは簡易的なものとなり、左右独立リヤシートリクライニング機構・シングルフォールディングリヤシート[5:5分割可倒式]・リヤシートヘッドレストが無く、他のグレードと比べるとリアシートは補助シートとして最低限の機能しかありません

これはXGグレードは法人用グレードといって差し支えなく、後席シートは常時格納して1~2人での乗車が前提であるため利便性向上の機能を省いてシート柄も1色仕上げにして無駄を徹底的に省いた結果だと言えます。

正直XGグレードを用意するくらいならヨーロッパ市場向けの2シート仕様に変更して4ナンバー(貨物車)化すべきだと思います。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

インテリアデザインに目を向けていくと、シンプルな色調でハスラーのようなカラフルさはありません。

メーター部など目に入りやすい位置には反射を抑えて傷や汚れが目立ちにくい表面処理が施されており、木目調パネルなど艶がある仕上げの他車種とは異なる印象を受けます。

水平基調でデザインされた立体感のあるインストルメントパネルアームレストは、ジムニー・ジムニーシエラらしい力強さを表現しながら、オフロードなどで水平位置を確認しやすくする事車両姿勢を把握しやすくなっています。

また、フロントドアのベルトライン段差を設けて視界を拡大するなど機能性を追求したデザインで統一されています。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

運転席から見ていくと、まず目に入るのがヘアライン仕上げの立方体メータークラスター

タフなスポーツウォッチを彷彿とさせる機能的なデザインでクラスター内に必要計器がシンプルに配置されています。

いつでも高い視認性を確保できるように常時照明を採用、センターにマルチインフォメーションディスプレイを配置するなどシンプルながらも最新の計器となっています。

センターインフォメーションディスプレイグレードによって異なります

スズキ セーフティ サポート装着車ドットディスプレイ未装着者セグメントディスプレイとなります。

ジムニーXC、ジムニーシエラJC
および
スズキ セーフティ サポート装着車

ドットディスプレイ

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

ジムニーXL・XG、ジムニーシエラJL
(スズキ セーフティ サポート未装着車)

セグメントディスプレイ

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

 

ステアリングホイール本革巻とウレタン素材の2種類となっており、最上位グレードであるジムニーXC・ジムニーシエラJCは本革巻き他はウレタン素材となります。

ジムニーXC、ジムニーシエラJC

本革巻ステアリングホイール

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

ジムニーXL・XG、ジムニーシエラJL

ウレタンステアリングホイール

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

ステアリング周辺から視線を移すと視認しやすい位置にカーナビ・オーディオ用センターパネルが配置されており視線の移動を最小限にしてナビゲーション画面の確認・操作が可能となっています。

引用:https://www.suzuki.co.jp/accessory_car/sierra/sierra/HTML5/pc.html

8インチサイズまで対応可能と、最近の軽自動車同様にカーナビの大画面化に対応しており純正アクセサリーとして高性能モデルからスタンダード・エントリーモデルまで8インチモデル・7インチ(200mmワイド)モデルがラインナップされています。

 

どれもスマホ連携機能・ハンズフリー通話対応なのは当然としてドライブレコーダー連携など拡張性があるので必要な機能・用途に合わせて選んでいくと良いでしょう。

引用:https://www.suzuki.co.jp/accessory_car/sierra/sierra/HTML5/pc.html

大画面8インチモデルを選べばスタイリッシュなオーディオガーニッシュを装着出来ますが、7インチモデルでも別途専用オーディオガーニッシュバンパーに交換すればインテリアデザインをより引き立たせる事が出来ます

引用:https://jpn.pioneer/ja/support/dop/suzuki/iphone/

またナビゲーション機能はスマホのアプリを使うのでカーナビは不要だけどオーディオ機能は欲しい、という方向けに「Apple CarPlay」「Android Auto」対応の「モニター付DVD/CD/USBプレーヤー」が用意されています。

 

オーディオパネルの下には操作しやすいダイヤル式オートエアコンコンソール(ジムニーXGのみマニュアルエアコン)が配置され、その下にはセンタースイッチが配置されています。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

シフトレバーのすぐ上に位置するので運転席から操作しやすく手袋をしたままでも操作しやすいよう大型のスイッチを採用しており、左右にパワーウインドースイッチ、センターESP(R)OFFスイッチヒルディセントコントロールスイッチが配置されています。

パワーウインドースイッチドアパネルではなくセンターに配置されているのには違和感を感じるかもしれませんが、スイッチ類を集約する観点からこの配置となっており次第に慣れていくことが出来るでしょう

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

助手席側を見ていくと正面に乗降グリップが配置されています。

最低地上高が高いジムニー・ジムニーシエラにおいて乗り降りをサポートするグリップは必須のアイテムであり、オーディオパネルへと続く水平基調の機能的なデザインとなっています。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

ドアの開閉時に使うドアグリップ手袋を装着していても握りやすい大型のドアグリップとなっているのも特徴です。

スポンサードリンク

【ジムニー・ジムニーシエラ】内装改造をしたい方必見!おすすめアクセサリーは?

シンプルかつ機能的なデザインのインテリアとなっているジムニー・ジムニーシエラですが、純正アクセサリーを組み合わせることでジムニー・ジムニーシエラの力強さを崩す事無く個性的なインテリアへと変貌させることが出来ます。

 

まずはオーディオガーニッシュバンパー

オーディオガーニッシュバンパー

引用:https://www.suzuki.co.jp/accessory_car/sierra/sierra/HTML5/pc.html

標準オーディオガーニッシュ

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

前項でも取り上げましたが、7インチサイズカーナビ・オーディオ用オーディオガーニッシュで、標準のオーディオガーニッシュよりもボリューム感のあるデザインとなっておりこれを装着するだけでもインテリアの印象を変えることが出来ます

引用:https://www.suzuki.co.jp/accessory_car/sierra/sierra/HTML5/pc.html

次に本革ステアリングホイールカバー

ブラウンブラックが用意されており、ドアグリップカバー・パーキングブレーキカバー・助手席乗降グリップカバーを合わせてトータルコーディネートする事が出来ます。

ウレタンステアリングホイールとなるジムニーXL・XG、ジムニーシエラJLにおいても滑りにくくて掌に馴染みやすく、汗の吸湿性も良い本革巻きの機能性を手に入れられる上、本革巻ステアリングホイールの上質さを手にする事が出来ます。

ブラウンの各カバーを装着する事で黒基調のインテリアをスタイリッシュなものに変更出来るのも素晴らしい点でしょう。

引用:https://www.suzuki.co.jp/accessory_car/sierra/sierra/HTML5/pc.html

シフトゲートパネル(4AT用)・サイドルーバーガーニッシュも装着する事でより一層個性的なインテリアに仕上げる事が出来ます

 

前後シート用には皮調シートカバータイヤパターンシートカバーが用意されています。

皮調シートカバー

引用:https://www.suzuki.co.jp/accessory_car/sierra/sierra/HTML5/pc.html

タイヤパターンシートカバー

引用:https://www.suzuki.co.jp/accessory_car/sierra/sierra/HTML5/pc.html

両方とも撥水加工されており機能を落とさずに見た目を変化させることが出来ます

撥水加工シートではないジムニーXGではどちらかのシートカバーを装着すべきでしょう。

 

ラゲッジ用には数種類のラゲッジマットが用意されています。

フルカバーラゲッジマット(パンパーカバー付)ポリエステル製

引用:https://www.suzuki.co.jp/accessory_car/sierra/sierra/HTML5/pc.html

フルカバーラゲッジマット(パンパーカバー付)塩ビレザー製

引用:https://www.suzuki.co.jp/accessory_car/sierra/sierra/HTML5/pc.html

ラゲッジマット(ソフトタイプ)

引用:https://www.suzuki.co.jp/accessory_car/sierra/sierra/HTML5/pc.html

ラゲッジマット(トレー)

引用:https://www.suzuki.co.jp/accessory_car/sierra/sierra/HTML5/pc.html

ラゲッジマット(ソフトトレー)

引用:https://www.suzuki.co.jp/accessory_car/sierra/sierra/HTML5/pc.html

防汚タイプラゲッジフロアとなっていないジムニーXGではフルカバーラゲッジマットは必須アイテムとなります。

ラゲッジマット(トレー)フロントマスクをモチーフとしたデザインカスタマイズの一種として装備するのも良いでしょう。

引用:https://www.suzuki.co.jp/accessory_car/sierra/sierra/HTML5/pc.html

ジムニー・ジムニーシエラのラゲッジ高い床面なのでリアゲート開閉時に万一にも積載物が落下しないようにリアゲートネットを装着しておいた方が良いでしょう。

引用:https://www.suzuki.co.jp/accessory_car/sierra/sierra/HTML5/pc.html

ジムニー・ジムニーシエラのラゲッジスペースには使い勝手をさらに高めるユーティリティナットが複数設けられており、ユーティリティカラーリングフックを装着する事で荷物をぶら下げたり荷物固定用ネットなどを装着したりと様々な活用が出来ます。

引用:https://www.suzuki.co.jp/accessory_car/sierra/sierra/HTML5/pc.html

活用の一例としてはリアシートを倒してラゲッジスペースを最大にして使う機会が多い方はラゲッジネットを装着して積載物の視認性を落とすのが良いでしょう。

ネット上には最大荷重2kgまでの軽い荷物が載せられますので上着を置いたりと活用する事が出来ます。

引用:https://www.suzuki.co.jp/accessory_car/sierra/sierra/HTML5/pc.html

ラゲッジの利用頻度が多い方にはテールエンドカバーもしくはリアゲートカバーガーニッシュの装着でテールエンドを保護しつつドア開閉時の見た目をカスタマイズするのが良いでしょう。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

ジムニー・ジムニーシエラのシートフロントシートを後方いっぱいに倒す事フルフラットになるので車中泊に使える空間にもなります。

引用:https://www.suzuki.co.jp/accessory_car/sierra/sierra/HTML5/pc.html

助手席側用ベッドクッションを用意する事でよりフラットで1人分のベッドスペースを確保する事が出来ます。

引用:https://www.suzuki.co.jp/accessory_car/sierra/sierra/HTML5/pc.html

ベッドクッション運転席側までカバーする社外品で対応するのも良いでしょうが、ガラス面を覆い、外からの視線を遮るメッシュ付きプライバシーシェード純正アクセサリーを選んだ方がピッタリサイズで使い勝手が良いです。

引用:https://www.suzuki.co.jp/accessory_car/sierra.html

ベッドクッションプライバシーシェードを組み合わせるだけでより快適な車中泊空間に仕上げる事が出来ます。

 

他にも様々な純正アクセサリーが用意されていますので上手く組み合わせることで個性的で使い勝手の良いインテリアに仕上げる事が出来るでしょう。

アイキャッチ画像引用URL:https://www.globalsuzuki.com/automobile/lineup/jimny/

タイトルとURLをコピーしました