【ジムニー】【ジムニーシエラ】口コミを知ることで新たな発見があるかも!?

ジムニー

最後に必ず【貰えるカーリース!!】

○追加料金なしで契約満了時に車がもらえる!

カーリースでは契約満了時に返却する場合もありますが、 MOTAカーリースではリース期間の契約満了時にそのまま車がもらえます! そのため車のカスタマイズも可能です!

○最長11年契約が可能!

他固定維持費を抑えたまま長く乗りたい方に向けた、最長11年のご契約をご用意しています。

○国産車メーカー・全車種OK!

MOTAカーリースでは国産車(レクサスは取扱なし)を取り揃えています!

○諸経費がコミコミで家計も安心!

車の維持に必要な車検・税金・メンテナンス費用などがすべて毎月のお支い払額に含まれているため、月々のリ ース料は定額です。急な出費もなく家計の管理も安心です。

○頭金なし!

車を購入する際に必要になる場合が多い頭金や初期投資が要りません。

○乗りたい新車に乗れる!

近年、安全装備の装着などを理由に軽自動車でも200万円を超える時代になりました。 リースであれば毎月お手頃な価格で憧れの新車に乗ることができます。

○新車保証延長が全ての車種に付与

通常新車登録から3年(6万キロまで)で終了するメーカーの一般保証、5年(10万キロまで)で終了する特別保証が 、新車登録から7年間、走行距離無制限に延長します。 これにより契約期間中メーカー保証が終了しても長く安心して乗ることができます。

↓↓ まずはお試しで審査に申し込む ↓↓

【追加料金なし!】契約満了時に車がもらえる『MOTA定額マイカー』

スズキ 【ジムニー】【ジムニーシエラ】約1年待ちのバックオーダーを抱え続けるほどに人気の高いコンパクトSUVです。

他のSUVとは異なる本格オフローダーとして高い支持を集めているクルマとあってネット上にはユーザーからの多くの評価が見られます。

ここでは【ジムニー】【ジムニーシエラ】の口コミや評価・評判を取り上げていきます。

スポンサードリンク

【ジムニー】【ジムニーシエラ】良い口コミをご紹介

引用:https://www.suzuki.co.jp/release/a/2020/1106/

2020年11月6日に初代「ジムニー」が日本自動車殿堂の歴史遺産車に選定されました。

コンパクトな車体に高い走破性能を誇る本格4WD車というジムニー・ジムニーシエラの原点であり、最新の技術を組み込みながら初代から50年を経た今もその伝統が受け継がれている事が評価されての選定でしょう。

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/g-class/g-class-suv/explore.html

ジムニー・ジムニーシエラは海外では「ベビーメルセデスGクラス」との評価を受けるほどに、クロスカントリーSUVらしいスクエアなデザインコンパクトなサイズながらも本格的なオフロード走行を可能とする走破性能高く評価されています。

安全性能の確保などの要因で年々大型化しているコンパクトカーの中、軽自動車規格をベースとして先代同様のサイズを維持しつつ安全性能を向上させた世界的にも稀少価値の高いクルマとして多くの支持を集めています。

排ガス規制の強化で一旦は販売終了となった欧州での販売ですが、2シーター化して規制の緩い商用車として販売再開されるほどに欧州におけるジムニー(ジムニーシエラ)へのニーズは大きいものがあります。

国内においてもスズキの予想を大きく上回るオーダーを受けて発売開始時から約1年の納車待ちを抱える程に高い支持を受けており、口コミなども愛情の籠もったものが多いです。

引用:http://style.suzuki/special/1544/

スクエアなボディ丸目の組み合わせが可愛らしい女性ファンが増え「ジムニー女子」といった新たなユーザー層が話題になるなど現行型にフルモデルチェンジして以降、ジムニー・ジムニーシエラの世界を楽しむ方が増えています

引用:http://style.suzuki/special/1544/

前席を倒せばフルフラットの空間となり先代よりも簡単に車中泊スペースが構築出来るので実際に車中泊に使ってみた、というレビューも多数見られました。

ジムニー・ジムニーシエラ専用の車中泊アイテムが純正アクセサリーのみならず各社から多種多様に販売されていて車中泊デビューに最適、とのコメントもありました。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

後席格納がしやすくなっており女性一人でも簡単にシートアレンジ出来るのも女性ファンが増えている要因になっているようです。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

室内スペースについてのコメントでは視界が高くて広く、コンパクトサイズとあって取り回しが良いので市街地でも走りやすい街乗りメインでも使いやすいという声が多くあります。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

後席リアガラスが大きくなった事で視界が広くなっていて閉塞感が減ったようです。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

左右独立リクライニング機構(ジムニーXGグレードを除く) が加えられているのでリラックスしやすい姿勢に調整出来る上、リアタイヤハウス上のスペースを活用して肘置きとしていることもあって横方向に余裕があり、狭いという印象に対し実際に乗車してみると意外と広々としていて先代よりも実用性が上がっているのも高評価されているポイントです。

引用:https://cars.suzuki.co.uk/new-cars/jimny/

フルフラットになるラゲッジスペースについても使い勝手が良いとの評価がされています。

後席シートを格納すればタイヤハウスの出っ張りの無い、完全なフラットフロアとなるので箱を積みやすい・仕事道具やレジャーグッズを積載しやすい・ラゲッジネットなどカスタマイズしやすい等々、高評価されています。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

中でも後席は基本格納して1~2人乗りとして使っているという方にとっては後席が綺麗に格納されるので先代と比べると後席の存在が邪魔にならず使いやすくなったようです。

引用:https://www.globalsuzuki.com/automobile/lineup/jimny/index.html

走らせてみる低回転~中回転域でのアクセルレスポンスの良さ悪路走行のみならず街乗りにおいても使い勝手が良くオフローダーとしてのみならずシティーコミューターとしても優秀であるようです。

近所の買い物など日常生活で扱いやすい、というコメントもあって女性からも高評価のようです。

引用:https://www.globalsuzuki.com/automobile/lineup/jimny/index.html

高速走行に関しては、エンジン回転数が高くてうるさく高速走行燃費が悪かった先代に対して、現行型では大幅に改善されている点が高評価になっています。

ジムニーでは100km/h時のエンジン回転数が旧型の4200rpmから3750rpmに抑えられており、ジムニーシエラでは約2,900rpmと更に低く、高速走行時はエンジン音が騒々しかった印象のある先代と比べると一般的な乗用車レベルで不快感が無くなっているとのレビューがあり、先代登場から約18年の進歩を感じ取れます

スポンサードリンク

【ジムニー】【ジムニーシエラ】辛口コメントは?

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

次にジムニー・ジムニーシエラの悪い口コミ・辛口な口コミについて。

前項のようにジムニー・ジムニーシエラを高評価する声が多いので「敢えて上げるならこんな欠点があるよね」「日常生活で使うにはここが不満」といった意見であり、他車種のように競合車と比較しての不満といった口コミは少ないです。

基本的に他のコンパクトカーとは性格が異なるクルマですので「先代と比較するとここまで改善されているから十分」「オフローダーと考えると仕方ない」「目を瞑れる程度の欠点だから特に不満に感じない」といった感じではありますが、どうしても辛口になってしまうのが燃費」と「乗り心地、そして後席の居住性」「後席利用時のラゲッジスペースです。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

燃費については別記事でも取り上げたように現行販売中のスズキ乗用車・他社乗用車と比較するとハイブリッドシステム&回生ブレーキ・CVT・アイドリングストップなどの燃費改善装備は無くラダーフレーム全車FRベースの4WD搭載とあって1,000kg超でエンジン性能に対して重い車重がネックとなり、1世代前の車種程度の燃費となっています。

燃料消費率(km/L) ジムニージムニー
シエラ
5MT4AT5MT4AT
WLTCモード16.213.215.013.6
市街地モード14.611.012.811.2
郊外モード17.513.915.814.7
高速道路モード16.514.215.914.6

確かに20Km/L前後の燃費性能を誇る車種が多い軽乗用車・1.5L以下のクラスにおいては燃費が悪い、というのは事実です。

走破性能は二の次スクエアでありながらもスタイリッシュなデザインに惹かれてジムニー・ジムニーシエラを購入した、という方にとっては日常生活で使い続けるには不満に感じる燃費かもしれません

空気抵抗など空力的に不利なデザインラダーフレームを継続して採用、そしてメンテナンス性と信頼性を重視して旧形式ながらも5MT・4ATのトランスミッションを採用している点など「敢えて他の乗用車ベースのクロスオーバーSUVとは異なるクロスカントリーSUVとしての機能を追求」しているので燃費性能で不利な面が多いです。

しかし、先代と比較する新エンジンの採用もあって燃費性能は向上していますので先代を所有していた方にとっては現行ジムニー・ジムニーシエラはそこまで燃費が悪いという印象にはなっていないようです。

 

高速走行において、登坂時などではジムニー・ジムニーシエラ共にパワー不足を感じる、との不満の声もありました。

この辺りは巡航速度を80km/h程度に抑えてゆっくりと走る事で補えば良いとの意見があり、新エンジンが投入されたとはいえもう少しパワーが欲しかったという声もありました。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

次に乗り心地ですが、これも見解の相違といったところでしょうが舗装の継ぎ目やちょっとした段差での突き上げ感が気になる、といった不満の声があります。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

悪路走行を想定してのサスペンションとセッティングなので舗装路走行が前提の乗用車と比べると乗り心地では劣る面があります

それでも「他の乗用車と比べると悪い」といったコメントがメインで、アウトバーン走行を想定する欧州車やマツダなど硬めの足回り設定のクルマに乗っていた方からはそれほど大きな不満にはなっていないようです。

 

後席の乗り心地についてはリア車軸上にシートがある事もあって突き上げ感に不満を感じる声がありますが、ミニバンの3列目シートやコンパクトミニバン・ハイトワゴンの後席でも同様の突き上げ感はあるからジムニー・ジムニーシエラ特有の欠点でもなく我慢できない程ではない余程の荒れた路面で無い限りは問題無い、というレビューが見受けられました。

引用:https://cars.suzuki.co.uk/new-cars/jimny/

後席については乗り心地以前に足元スペースの狭さへの不満の声が多くありました。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

リムジン顔負けの足元スペースの広さが自慢の軽ハイトワゴンまではいかずとも、【スズキ ハスラー】【ダイハツ タフト】といった軽クロスオーバーSUV【スズキ クロスビー】【トヨタ ライズ/ダイハツ ロッキー】といったコンパクトクロスオーバーSUVと比べると狭すぎる足元スペースへの不満が見受けられます。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

同じく後席利用時のラゲッジスペースの狭さについても同様に他車種と比べての狭さを不満点に上げる声がありました。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

この辺りはFF(前輪駆動)によるスペース効率よりも険しい凹凸を越えていくために必要なアプローチアングルを確保する走破性を優先FRを敢えて採用し、運転席の位置が前後の中央辺りに来るように配置する事でオフロード走行などで車体が大きく揺れても運転席の揺れを抑えて適切な操作が出来るように配慮するジムニー伝統のレイアウトを軽自動車規格サイズで収めた結果として後席とラゲッジスペースにしわ寄せが来てしまっているのは致し方ないでしょう。

普通車であるジムニーシエラであっても室内スペースはジムニーと共通なので軽自動車規格の縛りを受けてしまいます

確かに後席の足元スペースジムニー・ジムニーシエラの実用性でのネックにはなりますが、ユーザーレビューによっては大人4人で余裕を持って搭乗しているものが見受けられます

後席に大柄な人が座っても十分なヘッドクリアランスが確保されている上、横幅は余裕があるので舗装道での移動ならば支障の無い程度の居住性は確保されているとの評価もあり、評価が分かれています。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

これは搭乗者の身長によるシートポジション設定で余裕が生まれたとも考えられますが、適切なシートポジション、つまりはハンドル操作が支障なく行えるシートポジションにすれば後席の足元スペースは十分確保出来る、という事が考えられます。

特にAT車に乗っている方ではシートポジションが後ろ寄りになりすぎている傾向があります。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/owners_manual/files/2_99011-77R02_20190326061918.pdf

「後席は全く使い物にならない」というコメントをしている方オーナーズマニュアル記載の「正しい運転姿勢」以下の解説を参照にシートポジションを見直してみる後席への悪印象が拭えるかと思われます。

ラゲッジスペースに関しては他のクロスオーバーSUVのような後席スライド機構が無い事もあり定員乗車時のラゲッジスペースは約85L買い物袋が置ける程度のスペースとなり、4人で旅行に行く、という場合には手荷物を後席搭乗者の膝上を利用するなど工夫が必要となってきます。

ジムニー・ジムニーシエラの走破性を期待して家族でアウトドアレジャーに行きたい、という方にとっては残念な点ではありますが、コメントを見ていると1~2人でのレジャー利用だから問題無い人と荷物は別の車に載せて同行し目的地でジムニー・ジムニーシエラの走りを楽しむジムニー・ジムニーシエラはセカンドカーとして使うから問題無い、というものが見受けられました。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

他にもステアリング操作が重い、とのコメントもありました。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

路面の凹凸にステアリングが取られるキックバックを低減高速走行時にはステアリングの振動やふらつきを抑える事で高い操縦安定性を確保している事もありステアリング操作は重めとなっています。

軽自動車やコンパクトカーでは片手で楽々にステアリング操作が出来る車種が見受けられますし、10年以上前のミドルサイズカーであっても取り回しやすい軽さのパワーステアリングが見受けられました。

しかし、高速走行を想定した欧州車などではパワーステアリングは重めの設定がほとんどであり今では操縦安定性を優先して多くの日本車でもパワーステアリング設定は重めになっています。

重い、とはいってもパワーステアリング普及以前のものと比べれば段違いに軽く取り回しがしやすくなっていますのでしっかりとステアリングを握って操作すれば支障はありませんシフトレバー操作時での片手でのステアリング保持も問題無く出来ます

軽い設定だと確かに取り回しは楽ですが、ステアリングを正しく握らないで手の平で回すような誤った操作方法が事故の要因になった事例もありますのでジムニー・ジムニーシエラのステアリング設定が重い、という方は重さに慣れた方が良いと思います。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

あとは慣れの問題とはなりますが、パワーウインドースイッチの位置についての不満の声も見受けられました。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

通常ドアに装備されるパワーウインドースイッチですが、ジムニー・ジムニーシエラの場合センターパネルに装備されており、慣れるまでは戸惑うというコメントですがシフトレバー近くに配置されていて走行中の操作がしやすい合理的な配置になっているので慣れてしまえば問題には感じなくなるでしょう。

 

このようにジムニー・ジムニーシエラの弱点に関する辛口コメントは見受けられるものの、ジムニー・ジムニーシエラの美点を見れば妥協出来るでしょう。

スポンサードリンク

【ジムニー】【ジムニーシエラ】口コミ・評価・評判のまとめ

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/special/event/01.html

ジムニー・ジムニーシエラへの評価基本的に好意的なものが多く個人の趣味から山野や工事現場などの法人用途まで幅広いニーズに応えるコンパクトクロスカントリーSUVとして現行型においても不動の地位を確立しています。

最後にジムニー・ジムニーシエラの良い点とイマイチな点をまとめてみました。

ジムニーの良い点:

  1. オフロード性能: ジムニーはその優れたオフロード性能で知られています。4WDシステムや低速走行時のトルク特性、そして十分なグラウンドクリアランスにより、悪路や雪道などの厳しい環境でも優れた走行性能を発揮します。
  2. コンパクトなサイズ: 小回りが利きやすいサイズ感が特徴で、狭い道や都市部での取り回しが容易です。駐車場や狭い道でもストレスなく運転できます。
  3. スタイリッシュなデザイン: 最新モデルでは、従来のジムニーの魅力を維持しながらも、より洗練されたデザインが採用されています。都会的な雰囲気も漂います。
  4. 経済性: 軽自動車なので燃費が良く、維持費も比較的低いです。燃料代や税金などの負担が軽減されます。

ジムニーシエラの良い点:

  1. 快適性の向上: ジムニーシエラは、内装の快適性が向上しています。より広い室内空間や質感の高いシート、豊富な装備などが魅力です。
  2. 高度な装備: 最新のモデルでは、スマートキー、ナビゲーションシステム、スマートフォンとの連携機能など、先進的な装備が充実しています。
  3. 街乗りでも活躍: ジムニーシエラは、ジムニーと同様のオフロード性能を持ちながら、より快適な街乗りも可能です。複数の用途に対応できる汎用性があります。
  4. 安全性: 最新の安全技術も採用されており、衝突回避支援システムや運転支援技術が装備されています。安心して運転できる環境が整っています。

ジムニーとジムニーシエラは、それぞれの特性を活かして幅広いニーズに対応する車種となっています。どちらもスズキの高い技術力と信頼性を体現しています。

ジムニーのイマイチな点:

  1. 高速道路での快適性: ジムニーはオフロード性能に優れていますが、高速道路などでの快適性はやや物足りない面があります。エンジンの回転数が高くなりやすく、長距離ドライブ時に疲れやすいと感じることがあります。
  2. 荷物スペースの制約: 軽自動車のため、荷物スペースが限られていることが難点です。大きな荷物を積む際には工夫が必要ですし、乗員数が多い場合も荷物の収納に苦労することがあります。
  3. 静粛性の改善: エンジンやタイヤノイズが比較的目立つ場合があり、静粛性の面で改善の余地があります。特に高速道路などでの騒音が気になることがあります。
  4. 装備の充実度: 上位モデルでは豊富な装備が用意されていますが、一部の基本的な装備が他車に比べて少ないと感じることがあります。快適性や利便性を求める際には追加オプションが必要となることがあります。

ジムニーシエラのイマイチな点:

  1. 価格帯の高さ: ジムニーシエラは快適性や装備の充実度が高いため、価格帯もそれなりに高くなっています。初期投資や維持費などを考慮すると、予算に余裕のある方向けの車種と言えます。
  2. 燃費の改善: ジムニーシエラはジムニーに比べると大きな車体なため、燃費面で改善の余地があります。特に都市部での走行時に燃費が気になることがあります。
  3. ハンドリングの改善: 高速走行時や急なコーナリング時に、車体の揺れを感じやすいという点が挙げられます。ハンドリングの改善により、安定感のある運転ができるとさらに魅力的になるでしょう。
  4. 後席の座り心地: 後席の座り心地は悪くないですが、長時間の移動時にはもう少し快適性を求める声もあります。シートのサポートや足元スペースの改善が望まれます。

これらのイマイチな点は、個々のニーズや使用シーンによっても異なるため、購入前に試乗や比較検討を行うことが重要です。

アイキャッチ画像引用URL:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/special/

【ジムニー】【ジムニーシエラ】納車待ちはどのくらい?

【ジムニー】【ジムニーシエラ】内装や内装色、室内内寸の詳細

【ジムニー】【ジムニーシエラ】最適なエンジンオイルや交換時期は?

【ジムニー】【ジムニーシエラ】車中泊を快適に過ごすには

【ジムニージムニーシエラ】ATかMTかそれが問題だ

愛車のサブスクリプション【KINTO】の魅力とは!?

★★納車待ち期間が短くなる★★
 (KINTO専用の納期があります)

★購入やカーリースと比べると
 トータルコストが結構安い

★自動車保険もコミコミ価格

★契約途中でも車の乗り換えが可能

★トヨタ正規販売店でメンテナンス

★クレジットカード払い可能で
 ポイントが貯まる

★契約はWEB上のみで完結出来る

★消耗品の交換費用も含まれている

★車検代もコミコミ

★各種税金もコミコミ価格

ポイントは毎月の固定費だけで車の維持費をほとんど計画出来る点です。
KINTOが高いと感じている方はこれも考慮した上で比較していただけるといいかもしれません。

利用者数もどんどん増え、ついに10万人を超えました!

KINTOでクルマを買うなら今!!

トヨタ車をご検討中の皆様、是非一度【KINTO】でのクルマ購入をご検討ください。

↓↓KINTOの詳細はこちらから↓↓



タイトルとURLをコピーしました