itemscope itemtype="https://schema.org/WebPage" data-barba="wrapper">

【ジムニー・ジムニーシエラ】サイズ比較やサイズ感をご紹介

ジムニー・ジムニーシエラ

【ジムニー・ジムニーシエラ】軽自動車規格をベースとするコンパクトSUVで、小さいボディなのに本格オフローダーという世界的にもライバル不在の車です。

軽自動車規格、といっても様々な車種がありコンパクトカー顔負けのユーティリティを誇るハイトワゴンも存在するのでどのくらいのサイズなのか分かりにくいと思います。

カタログスペックから【スズキ ジムニー・ジムニーシエラ】のサイズ感と他の車種との比較をしていきます。

スポンサードリンク

【ジムニー・ジムニーシエラ】ジムニーってやっぱり小さいの?

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

ジムニー・ジムニーシエラは軽自動車規格サイズでありながらも本格オフローダーという世界的にも珍しいコンパクトサイズのクロスカントリーSUVですが、実際どの程度のサイズなのでしょうか。

まずは【ジムニー】の寸法です。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

 

ジムニー
全長 3,395 mm
全幅 1,475 mm
全高 1,725 mm
最低地上高 205 mm
室内寸法 長さ 1,795 mm
1,300 mm
高さ 1,200 mm

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

『全長3.4m以下、全幅1.48m以下、全高2m以下』という軽自動車規格に収まるサイズとなっており全長・全幅は他の軽乗用車と同一となります。

全幅は1,695mm以下の5ナンバークラスの普通乗用車と比較すると200mm以上幅が狭くなります

3ナンバーサイズのSUVから乗り換えるとコンパクトさに驚くことでしょう。

住宅密集地や古い道など6m以下の道路が多い地域では運転しやすいサイズなのは軽自動車全般にいえる美点でしょう。

 

室内寸法他の軽乗用車と比較するとコンパクトなスペースとなります。

3ドア狭い後席スペースと、基本1~2人乗り後席は補助席扱いだと割り切る必要がある室内スペースで、後席使用時にはラゲッジスペースは極小となります。

その代わりに運転席の位置が前後の中央辺りに来るように配置されておりオフロード走行などで車体が大きく揺れても運転席の揺れは抑えて適切な操作が出来るように配慮されており、悪路走行時でも安定した運転操作が出来ます

その分後席はリアタイヤ上に位置するので段差などで大きく揺さぶられてしまいます

後席は舗装路での利用に限定しておいた方が良いでしょう。

 

次に、【ジムニーシエラ】の寸法です。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

ジムニーシエラ
全長 3,550 mm
全幅 1,645 mm
全高 1,730 mm
最低地上高 210 mm
室内寸法 長さ 1,795 mm
1,300 mm
高さ 1,200 mm

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

ジムニーシエラジムニーをワイドトレッド化して材料着色樹脂製のオーバーフェンダーサイドアンダーガーニッシュ、そして前後バンパーを大型化しているので全長・全幅が約150mm拡大していますが室内寸法に変化はありません

全高の違いタイヤサイズの変更足回りセッティングの違いによるものだと思われます。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/special/

並べてみるとジムニーシエラの方が迫力があって大きく見えますが、ワイドトレッド化前後バンパー変更オーバーフェンダー・サイドアンダーガーニッシュ装着の効果が大きいのがよくわかります。

SUVらしく迫力と安定感がある外観ジムニーシエラの美点です。

室内スペースはジムニーと共通ですので基本1~2人乗り後席は補助席、と割り切る必要があるのも同じです。

未舗装道や雪道などの悪路での走破性を優先してスペース効率ではFF(フロントエンジン前輪駆動)に劣るFR(フロントエンジン後輪駆動)ベースの4WDを採用しているのでFFの軽自動車やコンパクトカーと比べて室内スペースが狭いのは致し方ありません

その代わりにコンパクトサイズながらも過酷な環境であっても安心して走れる走破性能信頼性を実現しています。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/ https://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

ジムニー・ジムニーシエラ共に厳しいオフロードでの高い走破性能を確保するために200mmを超える高い最低地上高に設定しています。

 

アプローチアングル・ランプブレークオーバーアングル・デパーチャーアングルからなる対障害角度が確保されており悪路においてもバンパー・アンダーボディーが障害物に接触しにくくなっています

スポンサードリンク

【ジムニー・ジムニーシエラ】実際に乗ってみるとこんなサイズ感なんです

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

次に、室内スペースに注目して見ていきましょう。

ドアを開くと過酷な環境での操作性が追求されたシンプルかつ堅牢なインテリアが出迎えてくれます。

乗り降りをサポートする助手席乗降グリップに握りやすい大型のドアグリップといった工夫が凝らされており同乗者への配慮もなされています。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

前列シートに座ると広々とした視界が広がって運転しやすい視認性が確保されており、適切なドライビングポジションを確保出来る運転席に座ると運転中に操作しやすい位置にシフトレバーとスイッチ類が配置されているのがよくわかります。

引用:https://cars.suzuki.co.uk/new-cars/jimny/

後席に目を向けてみると足元スペースが最小限で大人が座るとかなり窮屈な姿勢を強いられます。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

12段階にリクライニング(XC、XLグレード)するのでスポーツクーペのリアシートとは異なり、ある程度の姿勢を確保は出来ます長時間のドライブには向かないでしょう。

子供や小柄な方なら問題無く座れるでしょうが、レジャー用途などでの4人分の荷物を載せるのが困難なので現実的とは言えません。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

リアシートを収納すれば大容量352Lのラゲッジスペースが確保されますが、リアシート使用時には荷室床面長240mmとミニマムなサイズとなります。

荷室高850mmを活かして縦置きすればボストンバッグに収まる程度の荷物までは収まりそうですがリアシートのリクライニング傾斜に乗員の頭部への接触を回避する必要などを考慮すればリアシート高よりも抑える必要があり積載量は限られ後席乗員の太腿の上など乗員スペースを犠牲にしないと4人分の荷物を載せる事は出来ません

様々な荷物を載せる必要のあるレジャーに行くのならば実質2人乗りということになります。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

スキー板など長尺の物を室内に積載するなら助手席を倒して長さを確保する事が出来ますが一人乗り、もしくは運転席側後席シートを利用しての2人乗りという事になります。

このように他の軽自動車と比べると限られたスペースとなるジムニー・ジムニーシエラですが、コンパクトな室内スペースながらもフロントシートを倒せばフルフラットな空間となり寝転んで休憩を取ることが出来ます。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

車中泊となると一工夫が必要ではありますがレジャーシーンで色々と便利に使えそうです。

このように4人乗りとしては狭いと言わざるを得ない室内スペースですが、2人乗りと割り切れば日常からレジャーシーンまで充分な広さを持つコンパクトSUVとなっています。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

『大容量ラゲッジスペースがあって補助シートも備える2ドアクーペ(2人乗り)SUV』ジムニー・ジムニーシエラの本来の姿だと思います。

そうなるとリアシートを撤去して2シートにすればいいんじゃないかという方も居られるでしょう。

それを実現した2シート商用仕様車ヨーロッパ市場向けに投入予定ですので国内でも是非とも商用車(4ナンバー)グレードを用意してほしいですね。

スポンサードリンク

【ジムニー・ジムニーシエラ】他の車種と比べるとどんな感じ?サイズ比較

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/ https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/ https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_gear/ https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/

ジムニー・ジムニーシエラのコンパクトさを紹介してきましたが他の車種と比べるとどのようになるのか、寸法と寸法図で比較していきます

まずは【ジムニー】から。

ジムニーの比較対象として候補に挙がる軽自動車SUV【スズキ ハスラー】【ダイハツ タフト】、そしてSUV風のデザインで人気の【スズキ スペーシアギア】と比較していきます。

【スズキ ハスラー】

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

ハスラー ジムニー
全長(mm) 3,395
全幅(mm) 1,475
全高(mm) 1,680 1,725
最低地上高(mm) 180 205
室内寸法(mm) 長さ 2,215 1,795
1,330 1,300
高さ 1,270 1,200

赤線:ジムニー・黒線:ハスラー)

【ダイハツ タフト】

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/

タフト ジムニー
全長(mm) 3,395
全幅(mm) 1,475
全高(mm) 1,630 1,725
最低地上高(mm) 190 205
室内寸法(mm) 長さ 2,050 1,795
1,305 1,300
高さ 1,270 1,200

赤線:ジムニー・黒線:タフト)

【スズキ スペーシアギア】

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_gear/

スペーシアギア ジムニー
全長(mm) 3,395
全幅(mm) 1,475
全高(mm) 1,800 1,725
最低地上高(mm) 150 205
室内寸法(mm) 長さ 2,155 1,795
1,345 1,300
1,410 1,200

赤線:ジムニー・黒線:スペーシアギア)

3車共にジムニーよりも運転席が前寄り室内長を確保しているのが寸法図からよくわかります。

最低地上高を205mm確保しているジムニーがハスラーとタフトより全高が高くなっていますが室内高を比べるとハスラー・タフトが70mm高い結果となります。

ハスラー
引用:https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/
タフト
引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/

ジムニーには劣りますがハスラー・タフト共に最低地上高を確保して走破性を向上させています。

4WDモデルでは余程の悪環境で無い限りは充分といえる走破性を確保しているのがハスラーとタフトの美点です。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/

ジムニーをオンロード寄りにしたような仕様の両車は4WD仕様車では滑りやすい路面で前後輪に最適な駆動力を配分する4WDシステムが採用されています。

(ハスラー「グリップコントロール」・タフト「グリップサポート制御」)

ハスラー(4WD)には雪道やアイスバーンでタイヤの空転を抑えるスノーモードが装備されており、深雪や森林や山、河原など道なき道をを行かない限りはハスラー・タフトの走破性能でも充分でしょう。

2WDモデルでも高めに設定された最低地上高のおかげで荒れた路面でも余裕を持って走行出来ます

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

ハスラー・タフト共にジムニーを大きく上回る室内長で室内スペースを確保しており、4人乗りでのレジャー用途向けSUVとして活躍する実力を持ちます。

シートレイアウトで4人乗り時でも荷物を載せられ、日常使いでは乗り降りしやすいシート高各所に配置された数々の収納装備便利な工夫が盛り込まれています。

そうなると走破性能室内スペースを兼ね備えるハスラー・タフトが魅力的に映ってきます。

MTの設定は無いものの、CVTのおかげで街乗り・高速走行でも苦も無く走行出来て低燃費ジムニーが不得手な走行シーンで活躍するでしょう。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_gear/

スペーシアギア見た目はSUVですが、最低地上高はベースとなったスペーシアと同じでハスラー・タフトほど未舗装路での走行性能には期待出来ません

あくまでSUVルックな軽ハイトワゴンだと認識した方が良いでしょう。

それでも最低地上高150mmとそこそこの高さを確保しているので余程の悪路で無い限りは未舗装路での走行に支障の無い実力を備えています。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_gear/

全席撥水加工仕様など外観に合わせて内装もアクティブに使える仕様変更がされており広々とした室内空間ジムニーに劣らぬアウトドアレジャー関連のアクセサリー類の取り揃えなど、ジムニーに負けず劣らずの魅力的なレジャーツールとして強力なライバルになる実力を持っています

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/ https://www.suzuki.co.jp/car/xbee/ https://www.daihatsu.co.jp/lineup/rocky/ https://www.suzuki.co.jp/car/ignis/

 

次に【ジムニーシエラ】とライバルとなるクロスオーバーSUVを比較していきます。

ジムニーシエラと同クラスとなる排気量1.5L以下・全長4m以下のコンパクトSUVである【スズキ クロスビー】【ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ】、そしてSUVとして分類するのが微妙に思えるかもしれませんが、SUVデザインでヨーロッパではジムニーに代わるコンパクトSUVとして注力している【スズキ イグニスHYBRID MF】を比較対象としてピックアップしました。

 

【スズキ クロスビー】

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

クロスビー ジムニー
シエラ
全長(mm) 3,760 3,550
全幅(mm) 1,670 1,645
全高(mm) 1,705 1,730
最低地上高(mm) 180 210
室内寸法(mm) 長さ 2,175 1,795
1,355 1,300
高さ 1,280 1,200

赤線:ジムニーシエラ・黒線:クロスビー)

【ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ】

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/rocky/ https://toyota.jp/raize/

ロッキー ジムニー
シエラ
全長(mm) 3,995 3,550
全幅(mm) 1,695 1,645
全高(mm) 1,620 1,730
最低地上高(mm) 185 210
室内寸法(mm) 長さ 1,955 1,795
1,420 1,300
高さ 1,250 1,200

赤線:ジムニーシエラ・黒線:ロッキー)

【スズキ イグニスHYBRID MF】

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/ignis/

イグニス ジムニー
シエラ
全長(mm) 3,700 3,550
全幅(mm) 1,690 1,645
全高(mm) 1,605 1,730
最低地上高(mm) 180 210
室内寸法(mm) 長さ 2,020 1,795
1,365 1,300
高さ 1,250 1,200

赤線:ジムニーシエラ・黒線:イグニス)

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

クロスビー後席足元スペースを確保しつつラゲッジスペースを拡幅しており、ジムニーシエラのスペアタイヤ分の長さまで含めた全長と同等サイズに収まっています。

運転席が前寄りな分、運転感覚はジムニーシエラよりも寸法以上に大きく感じるでしょう。

 

ロッキー/ライズは1.5Lクラスの1Lターボエンジンを搭載するコンパクトSUVでクロスビーと共にジムニーシエラの比較対象に上がりやすいクルマですが、寸法図を見た通り一回り大きな車体全長が400mm以上長くなっています

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/rocky/

実質ロッキー/ライズは一クラス上のサイズとなっており室内スペースではかなり優位となっています。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/rocky/

ロッキー/ライズではフロントバンパーからの運転席の位置ジムニーシエラとほぼ同じ位置となりますが、座面が低くフロントガラスが傾斜しているのでジムニーシエラとは異なる視界となります。

ジムニーシエラと比べるとシートが後ろ寄りになっていて後席はジムニーシエラより足元スペースを確保しつつラゲッジスペースジムニーシエラのみならずクロスビーよりも長いスペースが割り当てられています。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/ignis/

最後にイグニスとの比較をするとクロスビーと似通ったサイズ感があり、イグニスよりガラス面を立て室内スペースを拡張したのがクロスビー、といった感じとなります。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/ignis/

イグニスに関してはSUV的なデザインの【HYBRID MF】を比較対象としていますが、他のグレードでも最低地上高180mmを確保しておりクロスビー・ロッキー/ライズと同等のロードクリアランスを確保しています。

基本的に1~2人乗りだけど後席の利用頻度はそこそこあるのでジムニーシエラより若干でも余裕のあるコンパクトSUVが欲しい、という条件ならばイグニスが筆頭候補になるでしょう。

引用:https://cars.suzuki.co.uk/new-cars/new-ignis/

フロントグリルが先代ジムニーシエラっぽいのも魅力的です。

引用:https://cars.suzuki.co.uk/new-cars/jimny/

ここまで他車種とサイズ比較してきましたが、ジムニー・ジムニーシエラ共に直接ライバルとなる車は存在せず、見た目は似通っていても性格が異なるコンパクトクロスオーバーSUVが比較対象にするしかありません。

各車共に、4人乗りで問題無く使えるという優位性でジムニー・ジムニーシエラを上回りますが、走破性能オフロード車らしい力強い外観ではジムニー・ジムニーシエラが優位となり、それが魅力的で購入の際にはジムニー・ジムニーシエラ以外の選択肢は無い、という方が多いでしょう。

それでも車両感覚の掴みやすさ室内の広さなどを販売店などで今回の比較対象と見比べた方が後々になって後悔しないで済むでしょう。

アイキャッチ画像引用URL:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/ https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/ https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_gear/ https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/

タイトルとURLをコピーしました