【カローラクロス】燃費と価格 ガソリンモデルとハイブリッドモデルどちらがお得?

カローラクロス

維持費を気にせずに欲しい車を手にする!

カーリースを利用することはメリットがたくさんあります!

頭金ゼロでずっと定額の支払い

クルマ代は使う分だけ

車検代、メンテ代は全てコミコミ

国産、輸入車問わず好きな車種が選べる

使わない時はシェアして維持費を軽減できる

カーリースでクルマを購入するという選択肢を知っているだけで大幅に節約できますよ!


トヨタから販売が開始された、新型SUVとなるカローラクロスの燃費や価格はどの様になっているのでしょうか。

カローラクロスは、数多くの派生車種を生み出してきたカローラシリーズ初のSUVとなり2021年9月に日本で待望のデビューを果たしましたが、一足先に販売が開始された海外ではコストパフォーマンスが非常に高いと高評価を得ています。

それ故に、購入を検討している方の中には日本での販売価格がどれくらいに設定されているのか、興味を持っている方は多いはずです。

そこで今回は、カローラクロスに設定されるガソリンモデルとハイブリッドモデルの燃費と価格、他のライバル車種との燃費比較の紹介などを中心に、トヨタ・カローラクロスと燃費や価格について解説をしていきます。

スポンサードリンク

【カローラクロス】ガソリンモデルの燃費と価格

引用:https://bit.ly/3uj4eGK

トヨタの新型SUVとなるカローラクロスは、2021年9月に日本での販売が開始されカローラシリーズとして初のSUVモデルである事から大きな話題を呼んでおり、海外ではひと足先となる2020年7月に販売が開始されています。

設定される動力方式は、日本仕様車と海外仕様車で共に従来型のガソリンモデルに加えエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドモデルとなりますが、購入を検討している方の中には燃費や価格が気になると言う方もいらっしゃると思いますので、まずはカローラクロスのガソリンモデルにおける燃費や価格を紹介していきます。

引用:https://bit.ly/2Yaafd4

ガソリンモデルとなるカローラクロスには、1.8Lの自然吸気エンジンが搭載され駆動方式は2WD(前輪駆動)のみの設定となっていますが、具体的な燃費を見ていくと

計測モード 燃費(2WD) 燃費(4WD)
WLTCモード 14.4km/L
市街地モード 9.8km/L
郊外モード 15.6km/L
高速道路モード 17.0km/L

となっており、最も燃費が伸びるシチュエーションは一定の速度で走行し続ける高速道路、逆に最も燃費が伸びにくいシチュエーションは、信号などで発進と停止の回数が増える街中での走行となります。

ちなみに、同じエンジンが搭載されるオリジナルのカローラやカローラツーリングのガソリンモデルにおける燃費は、WLTCモードで14.6km/Lとなりますので燃費性能に関しては、ほぼ同等である点が1つの特徴です。

引用:https://bit.ly/2WpMzki

また、カローラクロスのガソリンモデルには現在、『G”X”』、『G』、『S』、『Z』と全部で4つのグレードが設定されていますが、気になる車両価格としては

グレード 価格(2WD) 価格(4WD)
G”X” 1,999,000円
G 2,240,000円
S 2,400,000円
Z 2,640,000円

にそれぞれ設定されており、概ね約200万円~265万円程度が価格帯となり、オリジナルのカローラやカローラツーリングのガソリンモデルにおける価格は、概ね193万円~247万円程度となりますので、価格に関してはカローラクロスの方がやや高く設定されていると言えます。

引用:https://bit.ly/3CT9PGS

余談となりますが、ひと足先に海外で販売が開始されたカローラクロスのガソリンモデルにおける価格は、タイの場合で概ね330万円~となっていますので、設定されるグレードに違いはあるものの、日本国内の価格については大幅に安く設定されていると言えるでしょう。

このように、カローラクロスのガソリンモデルにおける燃費はオリジナルとなるカローラなどとほぼ同程度の性能になる事に加え、価格は海外仕様車よりも大きく抑えられている点が特徴となりますので、購入を検討している際の参考にして下さい。

スポンサードリンク

【カローラクロス】ハイブリッドモデルの燃費と価格

引用:https://bit.ly/3zUnTxU

前述した通り、トヨタの新型SUVとして大きな話題を集めるカローラクロスのガソリンモデルにおける燃費は、オリジナルのカローラ等とほぼ同じ性能となり、価格に関しては海外仕様車よりも抑えられている事が分かりました。

一方で、カローラクロスには同じくトヨタから販売されているヤリスクロスやC-HRと同様にハイブリッドモデルも設定されており、購入を行う地域によっては実に7割近くの方がハイブリッドモデルを選択していると言われているだけに、燃費性能や価格が気になると言う方は多いと思います。

では実際に、カローラクロスのハイブリッドモデルにおける燃費と価格はどの程度となっているのでしょうか。

引用:https://bit.ly/2Wj0bOd

現在カローラクロスのハイブリッドモデルには、ガソリンモデルと同様に1.8Lのエンジンが搭載され、駆動方式は前輪駆動となる2WDとE-Four と呼ばれる4輪駆動が設定されていますが、具体的な燃費を見ていくと

計測モード 燃費(2WD) 燃費(E-Four)
WLTCモード 26.2km/L 24.2km/L
市街地モード 25.9km/L 23.5km/L
郊外モード 28.9km/L 25.8km/L
高速道路モード 24.7km/L 23.6km/L

となっており、ガソリンモデルの2WDと比較するとWLTCモードでは概ね12.0km/L程度、市街地モードの場合は16.0km/L以上ハイブリッドモデルの方が、低燃費である事が分かります。

さらに、ハイブリッドモデルの場合は2WDとE-Fourと呼ばれる電気式4WDで想像していたよりも、燃費差が小さいと感じた方も多いのではないでしょうか。

引用:https://bit.ly/3B3lodS

これは、E-Fourの構造が大きく関わっており一般的な4WDの殆どは常に4輪が駆動する仕組みですが、E-Fourの場合は発進時や路面状態が悪い場合を除き、通常走行時は自動的に2WDに切り替わり駆動輪が少なくなるため燃費の差が小さくなると言う訳です。

ちなみに、前述したオリジナルのカローラやカローラツーリングにおけるハイブリッドモデルの燃費は、概ね25.6km/L~29.0km/Lとなりますので燃費性能はカローラクロスの方が劣りますが、それでもミドルサイズSUVと言う事を考慮すると、十分に優れていると言えるでしょう。

代替:トヨタ 新型SUV カローラクロス 燃費 価格 展示車両

また、カローラクロスのハイブリッドモデルには現在『G』、『S』、『Z』とガソリンモデルよりも少ない3つのグレードが設定されていますが、具体的な車両の価格としては

グレード 価格(2WD) 価格(E-Four)
G 2,590,000円 2,799,000円
S 2,750,000円 2,959,000円
Z 2,990,000円 3,199,000円

と、概ね260万円~320万円程度が価格帯となり、ガソリンモデルとの価格差は35万円程度、ハイブリッドモデルの2WDとE-Fourでは約20万円程度の価格差となる点が1つの特徴です。

さらに、前の項目でも触れた海外仕様車の価格はタイでの販売の場合エントリーグレードで約350万円~となりますので、ハイブリッドモデルの場合も日本仕様車は価格が抑えられた設定になっていると言えますので、覚えておくと良いでしょう。

引用:https://bit.ly/3odsIjK

余談となりますが、カローラクロスはトヨタSUVシリーズの中でもコンパクトクラスのC-HRとミドルクラスとなるRAV4の中間に車格が位置づけられますが、価格としては車格が下となるC-HRよりも安く設定されていますので、海外での前評判通りコストパフォーマンスに優れた車種と言えるかも知れません。

このように、カローラクロスのハイブリッドモデルにおける燃費はガソリンモデルよりも大幅に優れ、海外モデルと比べても価格は抑えられているといますので、比較や購入を行う際の参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

【カローラクロス】購入するならどちらがおすすめ?タイプ別診断

引用:https://bit.ly/3ifXZi9

トヨタの新型SUVとなるカローラクロスのハイブリッドモデルは、ガソリンモデルと比較すると燃費が概ね12.0km/L程度優れ、価格は35万円程度高くなる事が分かりましたが、購入を検討している方の中には、結局の所どっちの方が良いのかイマイチ分からないと言う方も多いのではないでしょうか。

確かに、ハイブリッドモデルはランニングコストとなる燃料費を大幅に抑える事ができる傍ら購入時の車両価格が高くなる、反対にガソリンモデルは車両価格が安い反面、燃料費が高くなるなど双方でメリット・デメリットがあるため、どちらが良いのか結論が出ないと言う方は少なくないはずです。

では実際に、カローラクロスの場合にはハイブリッドモデルとガソリンモデルで、どのくらいの期間使用すると、価格差を埋める事ができるのでしょうか。

引用:https://bit.ly/2XUo0fu

前述した通り、カローラクロスのハイブリッドモデルとガソリンモデルの価格差は同グレード同士で35万円程度燃費に関しては概ね12.0km/L程度である点が特徴です。

これを、1Lあたり140円と仮定したレギュラーガソリンで考えてみるとハイブリッドモデルの場合は

  • 140(円)÷26.2(燃費)=5.3円(1kmあたりの走行単価)

ガソリン車の場合には

  • 140(円)÷14.4(燃費)=9.7円(1kmあたりの走行単価)

となります。

また、この両モデルの1kmあたりに掛かる走行単価を差し引くと、ハイブリッドモデルは4.4円程度燃料費を抑えることが可能です。

引用:https://bit.ly/3APJUz9

この数値を両モデルの価格差である35万円÷4.4円で換算してみると、カローラクロスの場合は走行距離が概ね80,000km程度で、ハイブリッドモデルとガソリンモデルの価格差を燃料費によって埋める事ができると言う事になります。

では、80,000kmの走行距離は一般的にどれくらいの期間で達成することができるのかと言うと、これは自動車を使用する頻度など個人差が大きいため一概に言える訳ではありませんが、1ヶ月あたりの走行距離を1,000km程度だと仮定した場合には、概ね6年半程度で達成する計算となります。

つまり、初回の車検を迎えるのが新車の場合は3年、2回目以降は2年毎になりますので、1ヶ月あたり1,000km程度を走行する方は3回目の車検時を目安として、ハイブリッドモデルとガソリンモデルの差額を埋める事ができると言う訳です。

引用:https://bit.ly/2XpyOlw

イメージしやすい様、両モデルでどちらがおすすめとなるのかタイプ別に分けてみると、ハイブリッドモデルがおすすめの方は

  • ひと月の走行距離が、概ね1,000km以上の方
  • 残価クレジット購入など車検毎に乗り換えるのでは無く、長期間乗り続ける予定の方
  • 降雪地域などで、4輪駆動車が必要な方

ガソリンモデルがおすすめとなる方は

  • ひと月あたりの走行距離が短い
  • 短期間での乗り換えを検討している方
  • 購入時の初期費用を、できる限り抑えたい

などに分けることができると言えます。

引用:https://bit.ly/3CVrsFR

もちろん、上記に該当しない場合でも基本的には興味のあるモデルを選ぶ事が最も大切ですので、上記の換算値はあくまでも1つの目安として覚えておくことをおすすめします。

このようにカローラクロスのハイブリッドモデルとガソリンモデルでは、動力方式の価格差を埋める場合1月あたりの走行距離や所有を予定している期間によっておすすめのモデルが異なりますので、購入を検討している際などの参考にすると良いでしょう。

【カローラクロス】他のSUVの燃費はどのくらい?

引用:https://bit.ly/3obLLuP https://bit.ly/3mej7Xs

前述した通りトヨタの新型SUVとなるカローラクロスは、ひと月あたりの走行距離や乗り続ける期間の長さによっておすすめとなる動力方式に違いがある事が分かりました。

もちろん、ハイブリッドモデルとガソリンモデルではどちらにも、価格や走行性能などそれぞれで特性があるため基本的には気に入ったモデルを購入する事が大切ですが、燃費面に目を向けると他のSUVの燃費はどのくらいなのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

特に自動車の燃費性能は、価格以外で自動車を購入する際に行う競合車との比較で大切な交渉材料の1つとなりますので、他のSUVがどのくらいの燃費となるのか前以て概要を把握してきたいところです。

では実際に、カローラクロス以外のSUVはどれくらいの燃費となるのでしょうか。

  • ・競合車その1:トヨタ・C-HR

引用:https://bit.ly/3phJjjY

トヨタ・C-HRは、2016年12月に日本での販売が開始されコンパクトなボディサイズでありながら、スポーティーな走りも実現するSUVとして大きな話題を呼んだ車です。

ボディサイズや搭載されるエンジンは

  • 全長:4,360mm
  • 全幅:1,795mm
  • 全高:1,550~1,565mm
  • 車両重量:1,400~1,450kg
  • 搭載エンジン:1.8L自然吸気(ハイブリッド)/1.2Lターボ(ガソリン)

となり、カローラクロスと比べると一回り弱ボディサイズ小さくガソリンモデルに関しては、搭載されるエンジンも異なる点が特徴ですが具体的な燃費値を見ていくと

ガソリンモデル
計測モード 燃費(2WD) 燃費(4WD)
WLTCモード 14.9km/L~15.4km/L 14.3km/L
ハイブリッドモデル
計測モード 燃費(2WD) 燃費(4WD)
WLTCモード 25.0km/L~25.8km/L

となっており、カローラクロスと比較するとどちらのモデルも同程度の燃費となりますが、C-HRの方がボディサイズは小さい事を考慮すると、総合的な燃費性能はカローラクロスの方が優れていると言えます。

  • 競合車その2:ホンダ・新型ヴェゼル

引用:https://bit.ly/3ASJ8Sa

ホンダ・ヴェゼルは、2013年12月に初代モデルの販売が開始されコンパクトボディでありながら使い勝手の良さが評価され、2014年~2017年までは新車販売台数のSUV部門で1位を獲得するなど、現在のコンパクトSUVブームを牽引してきた車種となります。

2021年4月には、先代モデルの好評を受け待望のフルモデルチェンジが行われ、動力方式はハイブリッドモデルが中心となったラインナップに変更された点も、大きな話題となりました。

ボディサイズや搭載されるエンジンは

  • 全長:4,330mm
  • 全幅:1,790mm
  • 全高:1,580~1,590mm
  • 車両重量:1,250~1,450kg
  • 搭載エンジン:1.5L自然吸気(ハイブリッド)/(ガソリン)

となり、こちらもC-HRと同様にカローラクロスよりも一回り程度ボディサイズが小さく設計されている点が特徴ですが、詳しい燃費値を見てみると

ガソリンモデル
計測モード 燃費(2WD) 燃費(4WD)
WLTCモード 17.0km/L 15.6km/L
ハイブリッドモデル
計測モード 燃費(2WD) 燃費(4WD)
WLTCモード 24.8km/L~25.0km/L 22.0km/L

となりますので、ガソリンにモデルに関しては新型ヴェゼルの方が2.5km/L程度優れていますが、ハイブリッドモデルに関しては2WDと4WDで共に1.4km/L~2.0km/L程度、カローラクロスの方が優れている結果となっています。

また、新型ヴェゼルは先述したC-HRと同様にボディサイズがカローラクロスよりも小さい点を考慮すると、カローラクロスの燃費性能は非常に優秀であると言えるでしょう。

  • 競合車その3:スバル・XV

引用:https://bit.ly/3oMPIn6

スバル・XVは2010年6月に同じくスバルから販売されているインプレッサをベースとして開発されたクロスオーバーSUVとなり、2017年には先代モデルの好評を受け現行型へフルモデルチェンジが行われています。

また現行モデルとなるXVは、先に紹介したC-HRや新型ヴェゼルよりもカローラクロスとボディサイズが近くなる点が1つの特徴ですが、ボディの大きさや搭載されるエンジンとしては

  • 全長:4,465mm
  • 全幅:1,800mm
  • 全高:1,550~1,595mm
  • 車両重量:1,410~1,550kg
  • 搭載エンジン:2.0L自然吸気(ハイブリッド)/1.6L自然吸気(ガソリン)

となります。

気になる具体的な燃費値を見てみると

ガソリンモデル
計測モード 燃費(2WD) 燃費(AWD)
WLTCモード 13.3km/L
ハイブリッドモデル
計測モード 燃費(2WD) 燃費(AWD)
WLTCモード 15.0km/L

となっており、XVは全てのモデルでAWDと呼ばれる全輪駆動式となりますが、同じハイブリッドモデルの全輪駆動モデル同士で比較すると、概ね9.0km/L程度カローラクロスの方が低燃費である事が分かります。

これは、カローラクロスが発進や加速時以外の巡航時でもモーターによる走行を行う事ができるフルハイブリッドシステムであるのに対し、XVは巡航時にモーターのみで走行する事ができないマイルドハイブリッドシステムである点が、両車の燃費差に繋がっている要因の1つだと言えるでしょう。

このようにカローラクロスの燃費は、他のSUVと比べトップクラスの性能となっており、ボディサイズがやや小さい車種よりも優れた燃費性能であると言えますので、購入や比較を行う際の参考にしてみて下さい。

【カローラクロス】燃費と価格のまとめ

今回は、トヨタの新型SUVであるカローラクロスの燃費や価格について解説をしてきましたが、カローラクロスの燃費はガソリン/ハイブリッドの両モデルで優れた性能となっており、他の同サイズSUVと比べてもトップクラスの燃費となる事が分かったと思います。

また、価格に関しては概ねガソリンモデルで約200万円~265万円程度、ハイブリッドモデルは概ね260万円~320万円程度が価格帯となり、ひと足先に販売が開始された海外仕様車の評価と同様に、日本仕様車もコストパフォーマンスに優れた車であると言えるでしょう。

さらに、ガソリン/ハイブリッドの各モデルでは約35万円程度の価格差があり燃料費で差を埋める場合には、ある程度の走行距離と長期間乗り続けることが前提となりますので、購入を検討している場合などの参考にしてみて下さい。

 

アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/3ifXZi9

【カローラクロス】VS【ヤリスクロス】徹底比較!価格・燃費・大きさなど

【カローラクロス】納期・納車待ち情報

【カローラクロス】インテリアやシートアレンジ・車中泊には向いているのか?

【カローラクロス】オイル交換はどのくらいでやったらいいの?かかる費用は?

【カローラクロス】VS【ヴェゼル】徹底比較!価格・燃費・大きさなど

【カローラクロス】ボディカラーラインナップと外装カスタマイズ

車検や保険の維持費を気にせずにクルマを手に入れる方法

数あるサイトの中で【コータローの自動車ブログ】をご覧いただき誠にありがとうございます。

運営者のコータローと申します。

今このサイトをご覧頂いているということは、あなたにも憧れのクルマや現在購入を検討しているクルマがあるのかもしれません。

「発売されたばかりの新型車に乗りたいけど、実際に車を購入するには費用がかかる」

「乗りたい車はあるけれど、普段は電車通勤(通学)であまり車は乗らない」

「保険料やメンテナンス費用を払っていくのがツライ」

「車検費用を払いたくない」

など、新車を購入したくても費用的になかなか車を所有するというのは大変なことです。

ネットやカタログで欲しい車の価格を見ていても、実際に車を所有すれば当然維持費もかかってきます。

保険料や車検費用、タイヤ交換やオイル交換も定期的に自費で行わないといけません。

それでもやっぱり憧れのクルマに乗りたい!というあなたにとっておきの方法をご紹介します。

カーリースで欲しい車を手にする!

カーリースを利用することはメリットがたくさんあります!

頭金ゼロでずっと定額の支払い

クルマ代は使う分だけ

車検代、メンテ代は全てコミコミ

国産、輸入車問わず好きな車種が選べる

使わない時はシェアして維持費を軽減できる

カーリースでクルマを購入するという選択肢を知っているだけで大幅に節約できますよ!


スポンサードリンク





タイトルとURLをコピーしました