【カローラクロス】オイル交換はどのくらいでやったらいいの?かかる費用は?

カローラクロス

維持費を気にせずに欲しい車を手にする!

カーリースを利用することはメリットがたくさんあります!

頭金ゼロでずっと定額の支払い

クルマ代は使う分だけ

車検代、メンテ代は全てコミコミ

国産、輸入車問わず好きな車種が選べる

使わない時はシェアして維持費を軽減できる

カーリースでクルマを購入するという選択肢を知っているだけで大幅に節約できますよ!


トヨタの新型SUVとなるカローラクロスのオイル交換は、どのくらいで行えば良いのでしょうか。

自動車の購入後に行うメンテナンスと言えば、タイヤやバッテリーの交換など様々ですが最も身近なものと言えるのが、エンジンオイルの交換です。

エンジンオイルの交換は、エンジン自体の寿命を延ばし故障を防ぐ以外にも、燃費やエンジン性能の維持など様々な効果をもたらしますが、交換の頻度は車種によって異なりますのでカローラクロスの場合は、どのくらいで交換を行えば良いのか概要を知りたい方は多いはずです。

そこで今回は、カローラクロスの最適となるオイル交換頻度やおすすめとなるオイルの種類、オイル交換に掛かる目安となる費用の紹介などを中心に、カローラクロスとオイル交換について解説をしていきます。

スポンサードリンク

【カローラクロス】オイル交換はどのくらいの期間でやるのがベストか?

引用:https://bit.ly/2ZV8T6L

トヨタから新たに販売が開始された新型SUVのカローラクロスは、様々な派生車が存在するカローラシリーズの中でも初のSUVとなる点が話題となり、現在最も大きい反響を呼んでいる車となります。

また、カローラクロスは発売開始前に行われた先行予約で13,000台あまりの受注数となった事から話題性だけではなく非常に人気の高い車種でもありますが、自動車はタイヤやバッテリーの交換など、購入後に様々なメンテナンスが必要となる点も1つの特徴です。

中でも、エンジンオイルの交換は最も身近なメンテナンスの1つと言えますが、カローラクロスの場合は従来型のガソリンエンジンモデルとハイブリッドモデルの2種類が設定されているため、この2つのモデルではどの様なサイクルで交換したら良いのか概要を知りたいという方も多いと思います。

引用:https://bit.ly/3uhYe0Y

では実際に、カローラクロスの場合にはどのくらいの期間でオイル交換を行うのが、ベストなのでしょうか。

一般的に、自動車のエンジンオイルはメーカーや車種によってそれぞれ交換を行う頻度が異なりますが、カローラクロスを製造するトヨタではガソリンを使用する自然吸気エンジンの場合

  • 走行距離:15,000km
  • 時期:6ヶ月

のどちらか早い方での交換を推奨しているため、基本的にはこの期間で交換を行っていれば大きな問題はありません。

ただ、メーカーが奨める交換頻度はこの期間で交換を行っていれば、最低限エンジンの故障を防ぐ事はできると言う1つの指標であることから、実際に新車時と同程度のエンジン性能を維持していく場合は、この期間よりも早めの交換が本来は望ましいと言えるのが実状です。

引用:https://bit.ly/3EmaySF

では、どのくらいメーカーが奨めるサイクルよりも早めの交換になるのかと言うと、これには様々な意見があるものの、カローラクロスの大まかな目安としては

  • 走行距離:概ね5,000km前後
  • 時期:6ヶ月前後

と言うのが、オイル交換の理想的なサイクルとなり、エンジンオイルが持つ洗浄効果が低下してしまう前、または汚れの発生が少ないうちに交換を行うことで、新車時に近いエンジン性能を維持できる事から上記の頻度が1つの目安になると言う訳です。

また、カローラクロスの場合は先述した通り従来型のガソリンエンジンモデルとハイブリッドモデルの2種類が設定されていますが、オイルの交換時期は両モデルで同じとなり一方の動力方式で交換頻度が早くなると言う事はありません。

なぜ、ガソリンモデルとハイブリッドモデルで交換のサイクルが同じとなるのか疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、これは各モデルの動力方式が大きく関わっています。

引用:https://bit.ly/2WAVTSk

一般的なガソリン車は、常にエンジンが稼働しているため熱によるオイルの劣化や汚れなどが発生しやすい状態ですが、反対にハイブリッドモデルに関しては停車中や巡航時はエンジンが停止するため、目に見える汚れ自体はガソリン車ほど目立たない点が特徴です。

しかし、ハイブリッドモデルに関しては鉄粉などの目に見える汚れは少ないものの、エンジンの停止している時間が長くなることによって、オイル中に含まれる僅かな水分を蒸発させる事ができず、劣化が進みやすい特性があることから両モデルとも同じサイクルでの交換が望ましいと言う事なのです。

引用:https://bit.ly/3ow9BSe

もちろん、先述したメーカーが推奨する時期より短いサイクルで交換を行っていた場合でも、起伏の多い道路状況や1度の走行距離が極端に短いなど走行を行う環境次第では、更に交換のサイクルが早くなる場合もありますので、状況に応じて交換のタイミングを調整していくことが大切だと言えます。

このようにカローラクロスのオイル交換時期は、新車時のエンジン性能を維持していく観点からメーカーが奨める期間よりも早めに交換を行うことが理想的だと言え、ガソリンモデルとハイブリッドモデル交換のサイクルは同じになりますので、覚えておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

【カローラクロス】カローラクロスに合うおすすめオイル

引用:https://bit.ly/3AUEJhG

前述した通りトヨタの新型SUVとなるカローラクロスのオイル交換は、新車時に近いエンジン性能を維持していく観点から、メーカーが奨める期間よりも早い交換が理想的である事が分かったと思います。

しかし、自動車のオイルは搭載されるエンジンや車種によって使用される物が異なる特徴がありますので、それぞれのエンジンに合った物と交換しなければ本来の性能を発揮することはできません。

特に、カローラクロスの場合はガソリンモデルとハイブリッドモデルでそれぞれ僅かに異なる種類のオイルがメーカーから奨められていますので、交換を行う場合は前以てどの様なオイルが合うのか概要を把握しておきたいところです。

では、カローラクロスの場合にはどの様なオイルが最適なのでしょうか。

引用:https://bit.ly/3FepQJC

前の項目でも説明した通り、現在カローラクロスには従来型のガソリンモデルとハイブリッドモデルの2種類が設定されていますが、それぞれの動力方式で奨められるオイルの種類としては

動力方式 指定粘度
ガソリンモデル 0W-205w-30
ハイブリッドモデル 0W-160W-205W-30

※:◎はメーカー推奨

となり、両モデルとも燃費性能を重視したエコカー向けオイルがそれぞれ奨められ、特にハイブリッドモデルではエンジンに負荷が掛かりにくい『0W-16』と言う柔らかいオイルとなる点が特徴です。

引用:https://bit.ly/3E5Rg3z

この0W-16や0W-20と言った表記は、オイルの粘度を表しており左側の数字は低いほど低温時でもオイルが柔らかく右側が数字は高いほど高温時でもオイルの硬さが保たれエンジンを保護する性能が高いことを意味しています。

このため、どちらのモデルでもカローラクロスの場合は燃費性能を重視したエコカー向けの柔らかい物から、高速走行などエンジンが高温となる場面でも一定の保護性能が確保されたオイルが奨められていますので、交換の際は上記の物を選んでいくと良いでしょう。

引用:https://bit.ly/3uAN1sq

ただし、昨今では0W-8と言った更にオイルの粘度が柔らかいエコカー向けの物も販売が行われていますが、これらは絶対にカローラクロスのエンジンに使用してはいけません

オイルの粘度が低いと言う事は、それだけエンジンへの負荷が少なくなるため燃費性能が向上すると思いがちですが、奨められる粘度以下の物を選んでしまうとエンジン内でオイルが焼き付きを起こしてしまい、故障の大きな要因となってしまいますので指定粘度以下のオイルはカローラクロスに合わないと言うことなのです。

反対に、指定以下の柔らかい粘度のオイルを使用することは全体に避けなければなりませんが、粘度の高い(硬い)物を入れるとどうなるのかと疑問を持つ方もいらっしゃると思います。

引用:https://bit.ly/3ivMCCL

結論から先に言ってしまうと、全く影響がないという訳ではありませんが指定よりも高い粘度のオイルを入れても、エンジンが直ぐに壊れると言う事は基本的にありません

先述した通り、自動車に使用されるオイルの粘度は搭載されるエンジンの種類によって異なり、指定よりも柔らかすぎる物は焼き付きや部品の摩耗に繋がりますので、使用する事ができません。

しかし、指定よりも粘度の高いオイルを使用した場合は、エンジンへの負荷が大きくなる事によって燃費の低下を招きますが、そのぶん高温時の保護性能も向上するため、低粘度オイルの様に故障に繋がる恐れは低いと言う訳です。

ただ、エンジンへの影響は少ないと言っても燃費が低下することに変わりはありませんので、結果としてメーカーから指定されている粘度の物を使用する事が基本と言う点は、頭に入れておく必要があると言えるでしょう。

純正オイルと社外オイルの違いは何?

引用:https://bit.ly/3a3XZNO

自動車のエンジンオイルは、カー用品店やディーラーなど様々な場所で交換を行うことができますが、昨今では数多くのメーカーからオイルが販売されているため、純正品と社外品のオイルでは、どの様な違いがあるのかと疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

これは一概に言える訳ではないものの、自動車のエンジンオイルにはベースオイルのグレードや先述したようにオイルの粘度など様々な種類がありますが、ベースとなるオイルの種類が同じ場合には基本的に純正品と社外品で役割に大きな違いはありません

代替:トヨタ 新型SUV カローラクロス オイル交換 費用 社外品

ただし、社外品のオイルには製造を行うメーカーによって

  • 静粛性や洗浄能力などを向上させる、添加剤が含まれている物がある
  • メーカーによってスポーツ走行を重視するなど、配合される添加剤の種類が異なる
  • 添加剤の配合割合や精製方法が異なるため、耐久性の差が出る物がある

などの違いがそれぞれ存在し、性能を向上させる事によって付加価値をプラスしている点が特徴です。

代替:トヨタ 新型SUV カローラクロス オイル交換 費用 純正品

一方の純正品は、基本的な洗浄成分や保護性能などは社外品とほぼ同等となりますが、オイル自体の性能を向上させる添加剤などが含まれない傾向にあるため、品質は保ちながらも価格が抑えられている特徴があります。

そのため、カローラクロスを含む多くの自動車の場合には純正品への交換をベースとして、モービルやカストロールなど付加価値をプラスした物を視野に入れていく選び方がおすすめです。

引用:https://bit.ly/3D3BFA8

ちなみにエンジンオイルには『鉱物油』、『化学合成油』、『部分合成油』の3つのベースオイルがありますが、主な特徴としては

  • 鉱物油:価格は安いが、耐久性が低い
  • 化学合成油:昨今では純正オイルにも用いられ、価格は高めだが劣化が遅く耐久性に長けてい
  • 部分合成油:上記2種を混ぜた物で、耐久性とコストのバランスに長けている

となっており、車を利用する頻度や環境によっても異なりますが、燃費とエンジン性能の維持を考慮するとカローラクロスの場合は、品質の高い化学合成油や部分合成油のオイルがおすすめだと言えるでしょう。

このようにカローラクロスのエンジンオイルは、燃費性能を考慮した低粘度の物が採用されており、種類としては純正品と社外品で共に品質の高い化学合成油や部分合成油がおすすめだと言えますので、交換を検討している場合の参考にして下さい。

スポンサードリンク

【カローラクロス】一回のオイル交換でいくらくらいかかるのか?

引用:https://bit.ly/3opBRpw

トヨタから販売される新型SUVのカローラクロスは、粘度が低く燃費性能に重点を置いたエコカー向けのオイルがおすすめである事が分かったと思いますが、実際に交換を行う場合にはどの程度の費用が一回にかかるのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

特にカローラクロスを含む多くの車種では、新車時に近い燃費やエンジン性能を維持して行く観点から、メーカーが奨める頻度よりも早いサイクルでのオイル交換が理想的であるため、予めどれくらいのメンテナンスコストとなるのか大まかな費用を把握しておきたいところです。

では実際に、カローラクロスは一回のオイル交換でいくら位かかるのでしょうか。

引用:https://bit.ly/3iuUjJw

現在カローラクロスには、ガソリンモデルとハイブリッドモデルの2つの動力方式が設定されていますが、搭載されるエンジンは共に1.8Lの自然吸気エンジンとなり、一回の交換で必要となるオイル量は3.9L(エレメントと同時交換は4.2L)が必要です。

また、前述した純正オイルは販売店によっても価格が異なるため全てのケースに当てはまる訳ではありませんが、平均的なディーラーでの価格は1Lあたり

  • 0W-20の場合:1,100円~1,300円程度
  • 5w-30の場合:900円~1,000円程度

が1つの目安となります。

さらに、オイル中に発生する細かな汚れを取り除くために必要なエレメントと呼ばれるフィルターは、概ね1,000円程度となりますのでこれらをまとめていくと、カローラクロスの場合は

エレメントの交換 必要オイル量 交換費用(0W-20) 交換費用(5W-30)
無し 3.9L 概ね4,300円~5,000円程度 概ね3,500円~4,000円程度
有り(+1,000円) 4.2L 概ね5,600円~6,500円程度 概ね4,800円~5,200円程度

が、販売店などで純正オイルに交換した場合の一回にかかる、大まかな目安となります。

引用:https://bit.ly/3l7uBwp

加えて、販売店などではオイル交換に掛かる作業工賃が別途で発生するケースもあり、一回あたりの工賃としては1,500円~2,000円程度が相場となりますので、カローラクロスの場合はトータルで6,000円~8,000円程度が一回のオイル交換にかかる費用の目安です。

ただし、カローラクロスを販売するトヨタの各販売店では、予め既定量のオイル料金を支払うことで工賃が無料となるボトルキープと呼ばれる制度を導入している店舗も存在します。

こちらを利用した場合には、車種によって異なるものの一回あたりのオイル交換費用を約2,000円~3,000円程度安く抑えることも可能なケースがありますので、継続的にディーラーでの交換を行う場合はこれらのサービスに加入しておくのがおすすめです。

引用:https://bit.ly/2ZU3UmN

余談となりますが、カー用品店などで扱われる社外品オイルの場合はメーカーや種類によっても異なりますが、0W-20の化学合成油の場合1Lあたりの価格は1,500円~2,000円前後が相場となりますので、覚えておくと良いでしょう。

このようにカローラクロスの一回にかかるオイル交換の費用は、交換を行う施設やオイルの種類によってもバラツキがありますが、販売店で純正品に交換を行った場合には概ね工賃を入れて6,000円~8,000円前後が1つの目安となりますので、交換が必要となった場合の参考にしみて下さい。

【カローラクロス】オイル交換しないとどうなるの?

引用:https://bit.ly/2YmzM30

トヨタの新型SUVであるカローラクロスの一回にかかるオイル交換費用は、純正品の場合で概ね6,000円~8,000円前後が1つの目安となり、メーカーが奨める頻度よりも短いサイクルで交換を行うと新車時に近い燃費やエンジン性能を維持できる事が分かりました。

ただ、中には何故オイル交換は自動車を使用する上で必要となるのか、よく分からないと言う方もいらっしゃると思いますので、ここではオイル交換を怠るとどの様な事が起きてしまうのかを説明していきます。

引用:https://bit.ly/3Db7LtQ

自動車に使用されるエンジンオイルは、主にエンジン内の密封潤滑洗浄摩耗や防錆など、どれもエンジンを動かす上で欠かす事のできない役割を担っていますが、オイル自体の汚れが増える事によって、徐々にこれらの効果が低下してしまう点が1つの特徴です。

これに加え、汚れたままのオイルを使用し続けるとエンジン内部の各部品に不純物が付着し負荷が掛かることに因って、エンジンを動かすために必要以上の力が必要となる事から、アクセルを踏み込む量も増えてしまい著しい燃費の低下を招いてしまいます。

さらに、不純物が熱によってエンジン内に焼き付いてしまい、上手く動かなくなってしまうケースや潤滑効果が低下することに因り部品同士の摩擦が増え、最悪の場合にはエンジンが破損または火災を起こし大きな事故に繋がる可能性も否定できません。

引用:https://bit.ly/3Doh2PF

また、目に見えた汚れが少ない場合でもオイルは時間の経過と共にゆっくりと微量の水分などに因る影響から酸化していき、劣化が進む事でも洗浄や摩耗に対しての効果が低下するだけでなく、酷い場合にはオイル自体に濁りが生じエンジンに悪影響を及ぼしてしまいます。

つまり、汚れの発生や劣化の進んだオイルとそのまま使用し続けると、本来のエンジン性能を発揮させる事ができなくなってしまう他に、エンジンの故障や事故に繋がる可能性がある事から、オイルは定期的な交換が必要となる訳です。

引用:https://bit.ly/2WIh1X2

では、実際にオイル交換を怠ったために走行不能となったエンジンはどれくらいの修理費用が掛かるのかというと、これは車種や搭載されるエンジンの大きさによっても異なるため一概にいくらと言う事を断言することはできません。

ただし、一般的にカローラクロスと同じクラスのエンジンを載せ替えた場合には最低でも40万円以上、修理のケースでも10万円以上の費用が発生してしまいますので、不必要な修理費を発生させないためにも、エンジンオイルの交換はこま目に行う事が大切であると言えるでしょう。

このようにカローラクロスを含む多くの自動車は、エンジンオイルの交換を怠ることに因って燃費やエンジン性能の低下を招くだけでは無く、故障や大きな事故に繋がる可能性がありますので長く乗り続けるためにも、オイル交換はこま目に行う事をおすすめします。

【カローラクロス】オイル交換のまとめ

今回は、トヨタ・カローラクロスとオイル交換について解説をしてきましたが、現在カローラクロスにはガソリンモデルとハイブリッドモデルの2つのモデルが設定されているものの、オイルの交換は両モデルで同じサイクルとなる事が分かったと思います。

さらに、カローラクロスを含む多くの自動車にはそれぞれメーカーから奨められるオイル交換時期が設定されていますが、多くのディーラーやカー用品店などでは新車時の燃費やエンジン性能を維持する観点から、短いサイクルでの交換が理想的とされていますので、覚えておくと良いでしょう。

また、カローラクロスには燃費性能を重視した比較的に粘度の低いエコカー向けのオイルが使用されており、純正品をディーラー等の販売店で交換した場合の費用は概ね一回あたり6,000円~8,000円前後が1つの目安となりますので、交換を行う場合の1つの参考にして下さい。

アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/3AUEJhG

【カローラクロス】VS【ヤリスクロス】徹底比較!価格・燃費・大きさなど

【カローラクロス】燃費と価格 ガソリンモデルとハイブリッドモデルどちらがお得?

【カローラクロス】インテリアやシートアレンジ・車中泊には向いているのか?

【カローラクロス】納期・納車待ち情報

【カローラクロス】VS【ヴェゼル】徹底比較!価格・燃費・大きさなど

【カローラクロス】ボディカラーラインナップと外装カスタマイズ

車検や保険の維持費を気にせずにクルマを手に入れる方法

数あるサイトの中で【コータローの自動車ブログ】をご覧いただき誠にありがとうございます。

運営者のコータローと申します。

今このサイトをご覧頂いているということは、あなたにも憧れのクルマや現在購入を検討しているクルマがあるのかもしれません。

「発売されたばかりの新型車に乗りたいけど、実際に車を購入するには費用がかかる」

「乗りたい車はあるけれど、普段は電車通勤(通学)であまり車は乗らない」

「保険料やメンテナンス費用を払っていくのがツライ」

「車検費用を払いたくない」

など、新車を購入したくても費用的になかなか車を所有するというのは大変なことです。

ネットやカタログで欲しい車の価格を見ていても、実際に車を所有すれば当然維持費もかかってきます。

保険料や車検費用、タイヤ交換やオイル交換も定期的に自費で行わないといけません。

それでもやっぱり憧れのクルマに乗りたい!というあなたにとっておきの方法をご紹介します。

カーリースで欲しい車を手にする!

カーリースを利用することはメリットがたくさんあります!

頭金ゼロでずっと定額の支払い

クルマ代は使う分だけ

車検代、メンテ代は全てコミコミ

国産、輸入車問わず好きな車種が選べる

使わない時はシェアして維持費を軽減できる

カーリースでクルマを購入するという選択肢を知っているだけで大幅に節約できますよ!


スポンサードリンク





タイトルとURLをコピーしました