【アルファード】VS【ヴェルファイア】との比較。どっちがいいの?

アルファード

維持費を気にせずに欲しい車を手にする!

カーリースを利用することはメリットがたくさんあります!

頭金ゼロでずっと定額の支払い

クルマ代は使う分だけ

車検代、メンテ代は全てコミコミ

国産、輸入車問わず好きな車種が選べる

使わない時はシェアして維持費を軽減できる

カーリースでクルマを購入するという選択肢を知っているだけで大幅に節約できますよ!


トヨタ最上級ミニバン【アルファード】には強力なライバル車種として【ヴェルファイア】が存在しています。

同じくトヨタの最上級ミニバンで、【アルファード】とエクステリアデザインが異なる兄弟車です。

【トヨタ アルファード】と【トヨタ ヴェルファイア】、どちらがいいのか悩んでいる方に向けて両車を比較していきます。

スポンサードリンク

【アルファード】VS【ヴェルファイア】価格の違い

引用:https://toyota.jp/alphard/ https://toyota.jp/vellfire/

【アルファード】と【ヴェルファイア】の価格を比較していきます。

■ハイブリッド車(全車E-Four(電気式4輪駆動方式))

アルファード ヴェルファイア 乗員数 価格
標準
ボディ
Executive
Lounge
Executive
Lounge
7人乗り 7,352,640円
G
“Fパッケージ”
V
“L エディション”
7人乗り 5,551,200円
G V 7人乗り 4,997,160円
X X 7/8人乗り 4,384,800円~
エアロ
ボディ
Executive
Lounge S
Executive
Lounge Z
7人乗り 7,502,760円
SR
“Cパッケージ”
ZR
“G エディション”
7人乗り 5,695,920円
SR ZR 7人乗り 5,139,000円~
S Z 7人乗り 4,632,120円

■ガソリン車(2WD・4WD)

アルファード ヴェルファイア 乗員数 価格
標準
ボディ
Executive
Lounge
Executive
Lounge
7人乗り 7,028,640円~
GF VL 7人乗り 4,652,000円~
G V 7人乗り 4,206,600円~
X X 8人乗り 3,376,080円~
エアロ
ボディ
Executive
Lounge S
Executive
Lounge Z
7人乗り 7,177,680円~
SC ZG 7人乗り 4,969,080円~
S
“Cパッケージ”
Z
“G エディション”
7人乗り 4,383,720円~
S
“Aパッケージ”
Z
“A エディション”
7人乗り 3,926,880円~
S Z 7/8人乗り 3,714,120円~

【アルファード】・【ヴェルファイア】共に2.5Lガソリン車・3.5Lガソリン車・ハイブリッド車がラインナップされており、グレード名称が異なりますが「標準ボディ」と「エアロボディ」が用意される点など同一のグレード構成となっていて同じエンジン・内装・装備類のグレードで比較すると価格の違いはありません

引用:https://toyota.jp/alphard/

最上位グレードは共にExecutive Loungeの名称となっており、極上の座り心地の「エグゼクティブラウンジシート」など最上級に相応しい装備など共通した内装デザインとなっており両車に違いはありません。

他のグレードもグレード名称が異なるだけでシートやステアリングなど内装デザインは共通しており違いはありません。

アルファード ヴェルファイア
引用:https://toyota.jp/alphard/ https://toyota.jp/vellfire/

違いがあるとすればオプティトロンメーター間の大型マルチインフォメーションディスプレイに表示される車名ロゴくらい。

両車で違いがあるのはエクステリアデザインだけ、といえます。

両車共に予防安全装備は標準装備となっており最廉価グレードであっても装備面での妥協は無く、安っぽい印象を受けない上質な仕上がりとなっています。

引用:https://toyota.jp/alphard/

シート仕上げがファブリックになってキャプテンシートの形状が異なる、といった内装の違いはありますが、外装では大きな違いは無くファミリー層に使いやすい8人乗り仕様が設定されるなど上位グレードとは異なるニーズに応える仕様となっています。

燃費性能と価格、8人乗り仕様も選べる点を含めると両者共に標準ボディの【HYBRID X】がバランスの良いグレードといえるでしょう。

スポンサードリンク

【アルファード】VS【ヴェルファイア】大きさってどんな感じ?

次に【アルファード】と【ヴェルファイア】の大きさを比較していきます。

アルファード ヴェルファイア
全長 標準ボディ 4945 mm 4935mm
エアロボディ 4950 mm
全幅 1850 mm 1850 mm
全高 2WD 1935 mm 1935 mm
4WD・HV 1950 mm 1950 mm
室内長 3210 mm 3210 mm
室内幅 1590 mm 1590 mm
室内高 1400 mm 1400 mm

寸法はほぼ同じですが、唯一異なるのが全長です。

【アルファード】は標準ボディとエアロボディで全長が異なりますが、【ヴェルファイア】はどちらも同じ全長となります。

この違いはフロント周りのデザインの差が要因です。

引用:https://toyota.jp/alphard/

【アルファード】豪華な大型フロントグリルが特徴で標準ボディ・エアロボディ共に迫力満点のエクステリアデザインとなっています。

引用:https://toyota.jp/vellfire/

【ヴェルファイア】金属の塊を思わせる縦幅のあるメッキバー二段ヘッドランプが組み合わされたクールなデザインとなっておりエアロボディよりワイド感を強調するダイナミックなデザインとなっていて標準ボディとは印象が大きく異なります。

引用:https://toyota.jp/alphard/ https://toyota.jp/vellfire/

リアデザインでもリアコンビネーションランプの構成が異なり、【ヴェルファイア】クリアのリアコンビネーションランプが上下に分けられてフロントデザインと調和するデザインとなっています。

引用:https://toyota.jp/alphard/ https://toyota.jp/vellfire/

フロント・リア周りを除けば共通パーツが多くサイドビューではパッと見のデザイン大きな差が無いほどで全長の差は感じられないほどです。

それでもそれぞれに印象が大きく異なり高級感の高い【アルファード】とよりクールなデザインの【ヴェルファイア】とキャラクターが分けられています。

引用:https://toyota.jp/vellfire/

圧倒的な迫力、という面では【ヴェルファイア】エアロボディのワイド感のあるフロントデザインがもっとも秀でていますし、スポーティーさと豪華さが両立するデザインでは【アルファード】エアロボディが秀でています。

他に両車の違いとしてはボディカラーの構成があります。

メーカーオプションで用意される色が1色ずつ異なります

引用:https://toyota.jp/alphard/

【アルファード】のみ設定される
ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク

引用:https://toyota.jp/vellfire/

【ヴェルファイア】のみ設定される
バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク

「ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク」クリーム系の落ち着きのある色合い「バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク」淡いパープル色となっており両車のキャラクターの違いを象徴するカラーリングとなっています。

【アルファード】・【ヴェルファイア】共に最上級ミニバンに相応しいデザインとなっており、どちらが優れているのか優劣をつけるのは難しいです

大きさなどスペックに違いがありませんので最後は「どちらのデザインが好みか」「ライフスタイルに馴染むデザインはどちらか」で判断するのが良いと思います。

スポンサードリンク

【アルファード】VS【ヴェルファイア】燃費の違いについて

最後に【アルファード】・【ヴェルファイア】の燃費について取り上げていきます。

■ハイブリッド車

引用:https://toyota.jp/alphard/

アルファード ヴェルファイア
8人乗り 19.4 km/L
7人乗り 18.4 km/L

■ガソリン車

引用:https://toyota.jp/alphard/

アルファード ヴェルファイア
2.5L 2WD アイドリングストップ機能
11.4~11.6 km/L
アイドリングストップ機能
12.4~12.8 km/L
4WD 12.0~12.4 km/L
3.5L 2WD 10.6~10.8 km/L
4WD 10.4 km/L

両者共に同じパワーユニットを搭載し、同じシャシーを採用することから燃費に違いはありません

この辺りはエクステリアデザインが異なるだけの兄弟車なので当然といえば当然です。

兄弟車といっても装備が異なる車種もあり一概に同じとはいえませんが【アルファード】・【ヴェルファイア】に関しては同じです。

両者共に大型ミニバンと考えると高い燃費性能を誇ります。

2.5Lガソリンエンジン車カタログ燃費(JC08モード燃費)では一番劣る燃費性能となっていますが、実燃費では8~10km/Lカタログ燃費と大きく変わらない燃費を記録しており車両価格の安さと維持費を含めるとお買い得感の高いクルマとなっています。

3.5Lガソリン車V6エンジン特有のスムーズに高回転域まで気持ち良く回るのが特徴でエンジン音も心地良いサウンドとなっており一人乗りで使う機会が多い方にドライバーズカーとして人気があります。

ハイブリッド車ハイブリッド特有の静粛性が上質かつ高級な【アルファード】・【ヴェルファイア】のイメージに合うと好評です。

実燃費12~13km/L程度と思ったより伸びないという印象がありますが、このクラスの大型ミニバンで10km/Lを下回らない実燃費は充分な燃費性能といえます。

ハイブリッド車はエコカー減税対象車となる事から重量税など長期間乗り続ける方には嬉しい税制面での優遇があり、10年以上乗り続けるという方にはお買い得感の高いクルマです。

燃費で違いはありませんので燃費性能で優劣を付けることは出来ません

前項で取り上げたようにどちらのエクステリアデザインがより好みのデザインか、で比較検討していく事になります。

アイキャッチ画像引用URL:https://toyota.jp/alphard/ https://toyota.jp/vellfire/

【ハイエース】と【ヴェルファイア】比較してみた。両車の魅力を徹底解剖!

【アルファード】VS【エルグランド】比較してみた。どっちがいいの?

【アルファード】オイル交換ってどのくらいでしたらいいの?

【アルファード】機械式駐車場に入れるときには超重要!外寸は?

【アルファード】VS【オデッセイ】比較してみた。どっちがいいの?

【アルファード】VS【エスティマ】比較してみた。どっちがいいの?

車検や保険の維持費を気にせずにクルマを手に入れる方法

数あるサイトの中で【コータローの自動車ブログ】をご覧いただき誠にありがとうございます。

運営者のコータローと申します。

今このサイトをご覧頂いているということは、あなたにも憧れのクルマや現在購入を検討しているクルマがあるのかもしれません。

「発売されたばかりの新型車に乗りたいけど、実際に車を購入するには費用がかかる」

「乗りたい車はあるけれど、普段は電車通勤(通学)であまり車は乗らない」

「保険料やメンテナンス費用を払っていくのがツライ」

「車検費用を払いたくない」

など、新車を購入したくても費用的になかなか車を所有するというのは大変なことです。

ネットやカタログで欲しい車の価格を見ていても、実際に車を所有すれば当然維持費もかかってきます。

保険料や車検費用、タイヤ交換やオイル交換も定期的に自費で行わないといけません。

それでもやっぱり憧れのクルマに乗りたい!というあなたにとっておきの方法をご紹介します。

カーリースで欲しい車を手にする!

カーリースを利用することはメリットがたくさんあります!

頭金ゼロでずっと定額の支払い

クルマ代は使う分だけ

車検代、メンテ代は全てコミコミ

国産、輸入車問わず好きな車種が選べる

使わない時はシェアして維持費を軽減できる

カーリースでクルマを購入するという選択肢を知っているだけで大幅に節約できますよ!


スポンサードリンク





タイトルとURLをコピーしました