【アルファード】納期・納車情報。納車待ちはどれくらい?

アルファード

維持費を気にせずに欲しい車を手にする!

カーリースを利用することはメリットがたくさんあります!

頭金ゼロでずっと定額の支払い

クルマ代は使う分だけ

車検代、メンテ代は全てコミコミ

国産、輸入車問わず好きな車種が選べる

使わない時はシェアして維持費を軽減できる

カーリースでクルマを購入するという選択肢を知っているだけで大幅に節約できますよ!


国内ミニバンの最高峰【トヨタ アルファード】

大型ミニバンとしては圧倒的な人気を誇るクルマですので納期が気になると思います。

ここでは【アルファード】の納期・納車情報について取り上げていきます。

スポンサードリンク

【アルファード】納車はいつされるのか?納車情報

 

【アルファード】は元々人気のある大型ミニバンですが、「大空間高級サルーン」として開発された現行型になって更なる人気を集めており、2017年末のマイナーチェンジで走行性能が向上したことで圧倒的な人気車種となっています。

新型エンジンに換装された3.5L V6エンジンの評価が高く、ハイブリッド・2.5L・3.5Lと3種類のパワーユニットと装備の違いで338万円~750万円幅広いグレードがラインナップされておりファミリー層からVIP向けまで幅広いニーズに応えるクルマとなっている事も人気の理由です。

それだけ人気があるクルマだけに納期が気になると思います。

 

【アルファード】のカタログサイトに掲載されている工場出荷時期目処によると

全車 3ヶ月程度
ハイブリッド車 2~3ヶ月程度
【Executive Lounge】 3ヶ月程度

となっています。

引用:https://toyota.jp/alphard/

これに工場からの輸送、販売店でのアクセサリー類の装着・点検・納車準備期間が加わるので実際の納期は約3~4ヶ月となってきます。

 

引用URL:https://toyota.jp/alphard/

この中で最上位グレード【Executive Lounge】が別格扱いで記載されているのは車体生産以外にも極上の心地よさが自慢のセカンドシート「エグゼクティブラウンジシート」などの内装仕上げ期間が加わる事が理由となります。

 

現状の納車期間としては2019年2月前半に発注した場合の納車が5月下旬~6月下旬となっており4ヶ月を超えてくる事例も出ています。

中には1月下旬に発注してから5月に入っても生産目処が立っていない、という方も居られましたので4ヶ月以上待たされる可能性もあります

引用URL:https://toyota.jp/alphard/

これから発注するとして、どのくらい時期に納車されるのか気になると思います。

参考としてゴールデンウィーク~5月末までに発注した場合の納車予定時期を紹介しておきます。

納期
ハイブリッド車 8月~9月上旬
ガソリン車 9月上旬~10月中旬

工場出荷目処の通り、グレードにもよりますがハイブリッド車の方が1ヶ月ほど納車期間が早めになる場合があり、【Executive Lounge】以外のグレードならば3ヶ月程度での納車も視野に入ってきます。

もちろん、メーカーオプションディーラーオプションの装備によって納車期間が異なってきますので実際に販売店で実際の納期をご確認頂く必要があります。

ボディカラーメーカーオプションカラーを選んだ場合、塗装の工程が増える事もあって納期が延びる可能性があります。

だからといって納期を優先してボディカラーに妥協せずに気に入ったボディカラーにした方愛車として長く乗り続ける事が出来ると思います。

スポンサードリンク

【アルファード】納車された人の口コミや納車待ちしている人の情報

引用URL:https://toyota.jp/alphard/

実際に納車された方のコメントとしては

「納車まで待たされたが、納車されてからは満足して毎日乗っている」

というコメントが多いです。

工場ではバックオーダーを大量に抱えている状況で、上記の「工場出荷時期目処」はあくまで「目処」であり、実際の出荷時期生産状況やグレードによって前後する事があります。

販売店に明確な生産時期の連絡が中々来ないようで販売店としても納車予定時期をお客様に連絡出来ずに板挟みの状態が続いているようです。

購入者としては窓口の販売店に頼るしかないにも関わらず明確な返答が来ない状況ですので、中々納期確定されないイライラが籠もったコメントが幾つも見られました。

「納車日が決まるまでウズウズしている」
「街中で【アルファード】を見かける度に、いつ納車されるのか心待ちしている」
「乗り換えで前車を既に下取りに出したのに納期の目処が立たず家族からクレームが……」
「1月に発注すればGWに新車で旅行に行ける、と思っていたのにGWを終えても納車されない」

と、旅行の計画が頓挫して残念に思っている方も見られたりと一様に「納期が中々確定しないこと」への苛立ちが感じられました。

 

中にはディーラーオプションの装備で1ヶ月以上待たされた、という方も居られましたので装備内容によってどの程度納期が変化するのか販売店に事前確認する事も必要となってくるようです。

スポンサードリンク

【アルファード】納車遅れはあるの?

 

【アルファード】の納車遅れですが、残念ながら前項で取り上げたように工場出荷時期が中々確定せずに納車目処となる3~4ヶ月を超えている事例がいくつも見られます。

引用URL:https://toyota.jp/alphard/

中でも「エグゼクティブラウンジシート」の生産状況にも左右される【Executive Lounge】は700万円超えの価格設定にも拘わらずVIP用・ドライバーズカーとして人気のあるグレードバックオーダーを抱えている状況となっているため出荷時期が遅れる可能性があります。

Executive Lounge】を発注される方は納車遅れを覚悟の上で発注した方が良さそうです。

 

納車まで待たされる【アルファード】ですが、それでも2017年末のマイナーチェンジ直後に比べると納車の遅れ具合は改善されてきており、出荷目処通り3~4ヶ月程度で納車されるケースが増えてきているようです。

グレードによって納車時期が前後する場合もあり、人気グレードである【S“C パッケージ”】が比較的納車が早いようです。

人気グレードだけに生産台数が多くて生産性が高く、スムーズに生産・出荷される可能性が高くなっています。

引用URL:https://toyota.jp/alphard/

【S“C パッケージ”】は2.5Lエンジン車の最上位グレードで、【アルファード】らしい迫力のあるエアロボディ18インチアルミホイール、内装は合成皮革シート運転席8ウェイパワーシート助手席4ウェイパワーシート(パワーオットマン付)大型センターコンソールエグゼクティブパワーシートUV/IRカット機能付ウインドシールドガラス後席用サンシェードウェルカムパワースライドドアパワーバックドアなど【Executive Lounge】に劣らぬ充実した装備が標準装備となっています。

引用URL:https://toyota.jp/alphard/

ウェルカムパワースライドドアはクルマに近づくだけでスライドドアが自動でオープンする機能で、両手が荷物で塞がっている時や小さなお子様連れの方には大変便利な機能となっています。

後はカーナビを装着すれば良いだけ、と至れり尽くせりという事もあり人気のグレードとなっています。

引用URL:https://toyota.jp/alphard/

2.5Lガソリンエンジンでは発進加速時登坂時追い越し加速時パワー不足を感じる方も居られるでしょうが【アルファード】は豪快に加速させるクルマではありませんのでゆったりと快適な乗車空間を楽しむには2.5Lエンジンでも充分な性能となっています。

パワーが必要な時こそ高鳴るエンジン音が気になるかと思いますがクルージングでは静かなエンジンですし燃費性能でもハイブリッドエンジンより少し劣る程度の実燃費で、購入後に「2.5Lで充分満足出来ている」と好評の声が多く寄せられています。

他には【S“C パッケージ”】より1ランク下となる【S“A パッケージ”】や8人乗り仕様の【X】【S】も人気のあるグレードとなっており納車が早い場合があるようです。

引用URL:https://toyota.jp/alphard/

8人乗り仕様広大な室内空間を8人乗車で活用出来る事からファミリー層向けやレンタカーなど幅広いニーズがあるグレードですので上位グレードほど納車遅れで心配する事が少ないかもしれません。

また、契約時に販売店に「キャンセル車が出たら知らせて欲しい」と要望を出しておけば、キャンセル車が発生した時に納期が前倒しになる可能性があります。

もちろん、キャンセル車が希望するボディカラー・グレードと異なったり欲しいメーカーオプションが装備されていない場合もあります。

希望する車体で無ければキャンセル車をスルーすればいいわけですし、要望を出すだけ出しておくと良いでしょう。

あとは、発注後も小まめに販売店と連絡を取り合い納車状況を確認を怠らないようにしましょう。

引用URL:https://www.toyota-body.co.jp/csr/environment/approach/inabe/

ちなみに、【アルファード】の生産を担っているトヨタ車体いなべ工場(三重県いなべ市)は周囲を自然に囲まれた環境に『自然と共生』というコンセプトのもとに1993年に操業開始した工場で、環境保全活動に積極的に取り組んでいる工場で、自然豊かな環境で【アルファード】が生産されている事を考えると、納車遅れでのイライラが少しは和らぐかもしれません。

 

アイキャッチ画像引用URL:https://toyota.jp/alphard/

【アルファード】VS【ヴェルファイア】との比較。どっちがいいの?

【アルファード】VS【エルグランド】比較してみた。どっちがいいの?

【アルファード】VS【エスティマ】比較してみた。どっちがいいの?

【アルファード】機械式駐車場に入れるときには超重要!外寸は?

【アルファード】オイル交換ってどのくらいでしたらいいの?

【アルファード】下取り価格・リセール価格はいくらくらい?

【アルファード】後部座席の広さや荷室容量はどれくらい

【アルファード】自分だけのオリジナル。オプション・パーツ

【アルファード】口コミや評価・評判は?

【アルファード】人気カラーや色見本などをご紹介

車検や保険の維持費を気にせずにクルマを手に入れる方法

数あるサイトの中で【コータローの自動車ブログ】をご覧いただき誠にありがとうございます。

運営者のコータローと申します。

今このサイトをご覧頂いているということは、あなたにも憧れのクルマや現在購入を検討しているクルマがあるのかもしれません。

「発売されたばかりの新型車に乗りたいけど、実際に車を購入するには費用がかかる」

「乗りたい車はあるけれど、普段は電車通勤(通学)であまり車は乗らない」

「保険料やメンテナンス費用を払っていくのがツライ」

「車検費用を払いたくない」

など、新車を購入したくても費用的になかなか車を所有するというのは大変なことです。

ネットやカタログで欲しい車の価格を見ていても、実際に車を所有すれば当然維持費もかかってきます。

保険料や車検費用、タイヤ交換やオイル交換も定期的に自費で行わないといけません。

それでもやっぱり憧れのクルマに乗りたい!というあなたにとっておきの方法をご紹介します。

カーリースで欲しい車を手にする!

カーリースを利用することはメリットがたくさんあります!

頭金ゼロでずっと定額の支払い

クルマ代は使う分だけ

車検代、メンテ代は全てコミコミ

国産、輸入車問わず好きな車種が選べる

使わない時はシェアして維持費を軽減できる

カーリースでクルマを購入するという選択肢を知っているだけで大幅に節約できますよ!


スポンサードリンク





タイトルとURLをコピーしました