【アルファード】内装や内装色、室内内寸の詳細

アルファード

【無料】で試せる!クルマをさらに安く購入する方法!

愛車を少しでも高く売りたい。

新車を少しでも安く買いたい。

車は大きな買い物です。

【無料】で試せて大きな成果!!

浮いたお金で余分にオプションを付けるのも良し。

一つ上のグレードに変更してみるのもいいでしょう。

そんな情報を今回ここだけでお教えします!

【無料】一括査定を使うとどうなるか!?

中古車一括査定をご存じですか?

例えばディーラーで10万円の下取りが一括査定を利用することで数倍の値が付くことも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社があなたの愛車の買い取り価格を競ってくれるので結果的に値段が吊り上るのです。

トヨタ最上級ミニバン【アルファード】

「大空間高級サルーン」として開発された現行型【アルファード】は高級サルーンに相応しい内装の仕上げ広々とした室内空間が自慢です。

ここでは【トヨタ アルファード】の内装や内装色について取り上げていきます。

スポンサードリンク

【アルファード】内寸からわかる室内の広さ

【アルファード】 は最上級ミニバンに相応しい広大な室内空間となっています。

引用:https://toyota.jp/alphard/

○室内寸法

室内長:3,210mm
室内幅:1,590mm
室内高:1,400mm

室内長3,210mm、室内幅1,590mm、そして室内高1,400mmという広大な室内空間を活かしてどのシートでもゆとりのある足元空間を実現しています。

引用:https://toyota.jp/alphard/

ガソリン車【S“A パッケージ”】では助手席とセカンドシートを同一スライドレール上に設置することで最大1,160mm助手席スーパーロングスライドを実現しています。

また助手席とセカンドシートを最前部にスライドする事で最大2,150mmの「エクストラロングラゲージモード」にする事も可能でチップアップ機構の無いキャプテンシート仕様でも長尺の荷物を積載する事が可能となっています。

 

広々とした室内空間に合わせて4種類のセカンドシートが用意されています。

引用:https://toyota.jp/alphard/

最上級グレード【Executive Lounge】には伸縮機能付パワーオットマンが備わる「エグゼクティブラウンジシート」が備わり、工芸品の味わいを持つ加飾などリムジンを上回る快適なシートとなっています。

引用:https://toyota.jp/alphard/

ハイブリッド【G“F パッケージ”】【SR“C パッケージ”】、ガソリン車【GF】【SC】【S“Cパッケージ”】には最大500mmの前後スライドの「エグゼクティブパワーシート」が備わり電動オットマンとリクライニングシートでゆったりと寛げるシートとなっています。

引用:https://toyota.jp/alphard/

ハイブリッド【G】【X】(7人乗り)【SR】【S】、ガソリン車【G】【S“A パッケージ”】【S】(7人乗り)には最大830mmの超ロングスライドを実現した「リラックスキャプテンシート」が備わり、シートを後端までスライドさせるとゆったりと脚を伸ばしてくつろげるリビングのような広い空間が生まれます。
【S“A パッケージ”】では助手席スーパロングスライドが加わる事で状況に合わせたシートアレンジを生み出す事が出来ます。

引用:https://toyota.jp/alphard/

8人乗り仕様は「6:4分割チップアップシート」となり、ベンチシートを活かして3人乗車が可能となっておりサードシートを使わずに5人乗車が可能となっている上に、ワンタッチで座面が跳ね上がるチップアップ機構と最大720mmのロングスライドを組み合わせることで広々とした室内空間を最大限に活用出来るラゲージスペースを創出する事が出来ます。

引用:https://toyota.jp/alphard/

サードシートは左右両サイドに跳ね上げて格納するスペースアップ機能を備えたシートとなっており、中央席用ヘッドレストを備えるので大人3人が座っても安心な仕様となっています。

引用:https://toyota.jp/alphard/

ミニバンのサードシートといえば足元スペースが狭い、体育座りのような窮屈な体勢を強いられるなど色々と制約のあるシートとなりがちですが、【アルファード】は広々とした室内空間を活かしてサードシートでも大人がゆったりと座ることが出来ます

サードシートにもスライド機構が搭載されていますので乗員の体格やラゲージスペースに合わせてシート位置を調整することが可能となっています。

上記の通り、【アルファード】の広大な室内空間をラゲージスペースやフルフラットシートとして最大限活用出来るのは8人乗り仕様となります。

乗車空間としてはセカンドシートをキャプテンシートにする事で快適性を向上させた7人乗り仕様が用意されており「高級サルーン」として開発された【アルファード】では7人乗り仕様がメインとなっています。

引用:https://toyota.jp/alphard/customize/royallounge/?padid=ag341_from_alphard_accessories_customize_royallounge

更にセカンドシートの快適性を向上させてVIP専用リムジンとして仕上げたカスタマイズカー“ロイヤルラウンジ”が用意されています。

価格が1,500万円超えの本格的な高級リムジンとなっており、上海モーターショーで発表されたレクサス初のミニバン「レクサスLM」のベースとなっている高級車です。

引用:https://toyota.jp/alphard/customize/royallounge/?padid=ag341_from_alphard_accessories_customize_royallounge

サードシートを撤廃、フジ医療器との共同開発によるリラクゼーションシステムを搭載したセカンドシート「ロイヤルラウンジ専用VIPシート」を採用してシート幅や足元空間を拡大、フロント席とリヤ席との間をフルパーテーションで仕切ることで、プライベートな空間を実現するなど高級リムジンとして仕上げられています。

 

ここまでフラットで広々とした室内空間を確保するためには床高が高くなりがちで乗り降りしにくい事が予想されます。

引用:https://toyota.jp/alphard/

しかし【アルファード】は後席の乗降性を配慮して低床化による乗降性の向上と、後席スライドドア乗降口のステップを低い位置に設定し、幅広くすることで乗降しやすくし、グリップ長485mmの大型アシストグリップを設置することで大人から子供まで配慮した設計となっています。

またサードシートへの乗降性を高めるためにウォークイン機構用シートレバーなどの操作性も配慮されておりスムーズな乗降が可能となっています。

引用:https://toyota.jp/alphard/

ラゲージスペースに目を移すとフル乗車時でも多くの荷物を積載する事が出来るように様々な配慮かされています。

サードシートのスライド機構を実現しながら床下に大容量ラゲッジスペースを確保、最大148Lの床下収納を活かして手荷物を載せたり脱着折りたたみ式デッキボードを取り外して高さのある荷物を積載したりサードシートを格納して広大なラゲージスペースとして活用する事も出来ます。

スポンサードリンク

【アルファード】内装色のバリエーションをご紹介

引用:https://toyota.jp/alphard/

【アルファード】には各グレード毎内装の仕上げが異なります

○ガソリン車

シート表皮 内装色 天井色 木目調パネル
Executive
Lounge
プレミアム
ナッパ本革
ブラック ブラック ブラウンオリーブ・
アッシュパール
フラクセン フラクセン
GF 本革 フラクセン フラクセン メタルブラウン
ウッド
G 合成皮革
X ファブリック
Executive
Lounge S
プレミアム
ナッパ本革
ブラック ブラック シルバー
ブラック&
ホワイト
SC 合成皮革 ブラック ライト
グレー
メタルウッド
本革(OP)
S
“Cパッケージ”
合成皮革
本革(OP)
S
“Aパッケージ”
ファブリック
S

(OP):メーカーオプション

 

○ハイブリッド車

シート表皮 内装色 天井色 木目調パネル
Executive
Lounge
プレミアム
ナッパ本革
ブラック ブラック ブラウンオリーブ・
アッシュパール
フラクセン フラクセン
G
”Fパッケージ”
本革 フラクセン フラクセン メタルブラウン
ウッド
G 合成皮革
X ファブリック
Executive
Lounge S
プレミアム
ナッパ本革
ブラック ブラック シルバー
ブラック&
ホワイト
SR
“Cパッケージ”
本革 ブラック ライト
グレー
メタルウッド
SR 合成皮革
S ファブリック

【Executive Lounge】はブラックフラクセンが選択可能となっています。

引用:https://toyota.jp/alphard/

エアロボディの【Executive Lounge S】はフラクセンではなくブラック&ホワイトが用意されていますが天井色はブラックのみとなります。

その他グレードでは標準ボディがフラクセンエアロボディがブラック内装色ライトグレーの天井色となっています。

どれも「大空間高級サルーン」である【アルファード】に相応しい落ち着きのある内装色となっています。

引用:https://toyota.jp/alphard/

特に最上級グレード【Executive Lounge】ではプレミアムナッパ本革シートと木目調パネルの組み合わせが最上級グレードならではの極上の空間を生み出しており「トヨタ最上級ミニバン」に相応しい仕上がりとなっています。

スポンサードリンク

【アルファード】内装改造をしたい方必見!おすすめアクセサリーは?

高級感のある【アルファード】の内装をドレスアップするための様々なアクセサリーが用意されています。

実用性の高いアクセサリーとして足元など暗い箇所を明るくしてくれる「イルミネーションセット」があります。

引用:https://toyota.jp/alphard/accessories/

ドアオープン時とライト点灯時の2モードに対応したインテリアイルミネーションステップライトスカッフイルミネーションのセットとなっています。

引用:https://toyota.jp/alphard/accessories/

合わせて室内バルブを高輝度LEDに交換する「LEDバルブセット」も取り付けたいです。

室内をより明るくする事で暗がりでの乗降時に便利な上、高級感が向上します。

引用:https://toyota.jp/alphard/accessories/

次に「室内快適セット」。

フロアマット室内カーテンのセットで【アルファード】専用設計となっています。
(【Executive Lounge】【Executive Lounge S】、ヘッドサポートクッション付車は非対応)

引用:https://toyota.jp/alphard/accessories/

ラゲージ床下収納を活用するために必須となるのが「ラゲージアンダーボックスライト」です。

サードシートレール下からラゲージ床下収納内を明るく照らし荷物の出し入れをサポートしてくれます。

引用:https://toyota.jp/alphard/accessories/

またパワーバックドアを備えない下位グレードには小柄な方でも楽にバックドアが閉められるように「バックドアストラップ」が必須となります。

引用:https://toyota.jp/alphard/accessories/

その他、【X】【S】など下位グレード用アクセサリ「システムコンソール(保温冷庫付)」を装備するのも良いでしょう。

カップホルダー・保温冷庫・収納ボックスを備える大型収納ボックスで上位グレードに劣らぬ機能を備える事が出来ます

アイキャッチ画像引用URL:https://toyota.jp/alphard/

【アルファード】スペックや加速性能、乗り心地レビュー

【アルファード】運転しやすさに直結。サイズ感はどう?

【アルファード】機械式駐車場に入れるときには超重要!外寸は?

【アルファード】燃費・実燃費はどれくらい?燃費向上の裏技とは?

【アルファード】オイル交換ってどのくらいでしたらいいの?

【アルファード】口コミや評価・評判は?

【アルファード】人気カラーや色見本などをご紹介

【アルファード】値引き相場や限度額を知っておこう!

なぜ一括査定はお得だと言えるのか!?

乗り換えを行う際はディーラーでの下取りと中古車買取店での売却ではどちらが得なのかイマイチ分からないと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から先に言ってしまうと、こちらは現在所有している車種や車両の状態によっても異なりますが、

基本的に自動車を手放す際は、街中に存在する中古車買取店やインターネットによる一括査定を利用した売却の方が、高い値段で車を手放せる傾向にあると言えます。

一般的に、ディーラーなどで行われる下取り査定は

  • 年式
  • 走行距離
  • 車両の状態

などで判断されるため、車両自体や社外装備品の価値などは反映されず最低限の価格を提示される点が特徴です。

さらに、下取りで得られた金額は現金化する事ができず、新車の購入時のみ使用する事が可能となるため、後日タイヤの交換やドライブレコーダーなどの機器を追加する際は使用する事ができません。

一方の買取店や一括査定による車両の売却は、ディーラーでの下取り査定と同じく年式や走行距離、車両の状態などに加え

  • 中古車市場の需要と供給のバランス
  • 人気の有無
  • 装備品の価値

などが加味された査定となる事から、所有している車の価値に応じた買取査定額が提示されるため、ディーラーで行う下取り額よりも売却価格が高くなる傾向にある

と言う訳です。

また、車を売却した際の金額は1度現金化される事からタイヤやオイル交換等のメンテナンス、社外品の導入などにも使用する事が可能となるため、車を手放す際は下取りではなく売却を選択する方が得だと言えるでしょう。

ただし、中古車買取店などで売却を行う場合でも、車両の状態(事故等の有無)や市場の動向によっては必ずしも下取りより高額な査定を受ける事ができないケースもありますので、あくまでも1つの目安として無料の一括査定に申し込んでみることをおすすめします。

ディーラーの値引きを最大限に引き出し、さらにあなたの愛車の下取り金額を最大限にアップさせる。

これこそが、新車を最高に安く手に入れる方法なのです!

 

タイトルとURLをコピーしました