新型【シエンタ】ボディカラーラインナップとおすすめカスタマイズ

シエンタ

利用者急増中!愛車を手に入れる新しい方法

コロナ禍で移動手段に車を選択する人が増えています。

★★納車待ち期間が短くなるかも!?★★
(車種・グレードによる違いはあります)

★頭金が不要で毎月一定額で利用可能

★Web上で手続き可能で即納車

★自動車保険料・各種税金・車検費用コミコミ

★トヨタの正規販売店でメンテナンス

★クレジットカード払い可能

KINTOを利用して新しいカーライフを始めてみませんか?

↓↓ KINTOの詳細はこちらから ↓↓




トヨタ・新型シエンタには、どのようなボディカラーやカスタマイズアクセサリーが用意されているのでしょうか。

シエンタと言えば2003年に初代モデルが登場して以来、可愛らしいルックスと使い勝手の良いサイズ感で幅広い年齢層から支持されているミニバン車となり、2022年8月には待望のフルモデルチェンジが行われました。

また、歴代モデルのシエンタでは設定されるボディ色が非常にカラフルであった点も特徴ですが、新型モデルではどのようなボディカラーや外装アクセサリーがラインナップされているのか、興味を持っている方も多いと思います。

そこで今回は、新型シエンタで設定されるボディカラーや外観のイメージを大きく変化させることのできるカスタマイズアクセサリーの紹介を中心に、トヨタ・新型シエンタとボディカラーラインナップやおすすめのカスタマイズについて解説をしていきます。

スポンサードリンク

新型【シエンタ】ボディカラーラインナップ

引用:https://bit.ly/3B22buF

トヨタ・新型シエンタは、2003年9月に初代モデルの販売が開始され可愛らしい丸みを帯びたヘッドライトやボディデザインに加え、5ナンバー車の中でもコンパクトサイズでありながら、3列シートと広い室内空間を兼ね揃えた事から、現在のミニバン市場でも中心的存在を担う車です。

2022年8月には、歴代モデルの好評を受け約7年ぶりのフルモデルチェンジが行われ、初代モデルやシエンタの前身となる、トヨタ・ファンカーゴを意識した外観デザインに生まれ変わった点も大きな話題となりました。

引用:https://bit.ly/3x1aLZl

また歴代モデルのシエンタは、可愛らしいルックスである点に加えファミリー世帯を中心とした層を購入のターゲットとしていることから、明るい色のボディカラーが設定される点も1つの特徴として挙げられます。

では、新型モデルではどのような色がラインナップされているのかと興味を持っている方も多いと思いますので、まずは新型シエンタに設定されるボディカラーラインナップを、特徴と併せて色見本形式で紹介してきます。

新型モデルとなったシエンタには、現在7種のモノトーンカラーに加え2種のツートーンカラーが設定されていますが、それぞれの特徴を挙げていくと

ホワイトパールクリスタルシャインオプション色:+33,000円

引用:https://bit.ly/3Rtt1CT

特徴:トヨタ車の多くに設定され、清楚感と柔らかさを併せ持つパール系ホワイトカラー

ダークグレー

引用:https://bit.ly/3TOANbY

特徴:新型モデルに合わせて開発された新色で、色のトーンが抑えられ重厚さを感じさせるグレー系カラー

ブラック

引用:https://bit.ly/3BmEAWB

特徴:ホワイト系カラーと並び多くのトヨタ車で採用され、ボディ全体が引き締まる印象のブラック系カラー

スカーレットメタリックオプション色:+33,000円

引用:https://bit.ly/3cU1s6v

特徴:新型シエンタでは数少ない光輝材入りの色となり、上品で高級感のあるレッド系カラー

ベージュ

引用:https://bit.ly/3x7SGst

特徴:ミルクティーの様な柔らかい風合いが特徴のブラウン系カラー

アーバンカーキ

引用:https://bit.ly/3x9JfZB

特徴:アウトドアなど、自然との調和をイメージしたグリーン系カラー

グレイッシュブルー

引用:https://bit.ly/3QrlenB

特徴:色としての主張を抑えながらも、存在感のあるブルー系カラー

ダークグレー×スカーレットメタリックオプション色:+77,000円

引用:https://bit.ly/3QrjfQb

特徴:ルーフ部分にダークグレーが加わる事で、高級感と力強さを感じさせるツートーンカラー

ダークグレー×グレイッシュブルーオプション色:+55,000円

引用:https://bit.ly/3QrlenB

特徴:アースカラーのブルー系にダークグレーが組み合わされる事で、ミリタリー感が強くなったツートーンカラー

がラインナップされており、このうちホワイトパールクリスタルシャインとスカーレットメタリックに加え、各ツートーンカラーは+33,000円~77,000円のメーカーオプション色に設定されています。

また、先代モデルまでのシエンタと言えばライム系のイエローやラベンダーメタリックなど、明るく特徴的なボディカラーが設定されていましたが、新型モデルではややSUVを意識したデザインを採用している事から、全体的に色のトーンが抑えられた配色となる点が特徴です。

ちなみに、新型シエンタに設定される2種のツートーンカラーは、ガソリンモデルとハイブリッドモデルで共に2023年4月以降の生産となり、これ以降に受注と生産が行われる事から少しでも早い納車を希望する場合は、モノトーンカラーの選択がおすすめですので覚えておくと良いでしょう。

グレードによって選択できるボディカラーが限られる

引用:https://bit.ly/3qlU07f

先述した通り、新型シエンタには現在7種のモノトーンカラーと2種のツートーンカラーが設定されており、歴代モデルと比べると比較的に色のトーンが抑えられている事が分かりましたが、新型シエンタでボディカラーを選択する際は幾つか注意をしなければならない点も存在します。

先の項目でも触れた通り、現在新型シエンタに設定されるボディカラーのうちボディとルーフ部に異なる色を組み合わせたツートーンカラーは、2023年4月以降の生産になります。

これに加え、新型シエンタの場合は選択するグレードによって、選べるボディカラーが限られる点が特徴です。

引用:https://bit.ly/3RwGpGf

現在、新型シエンタには従来型のガソリンモデルとハイブリッドモデルに加え5人乗りと7人乗りが設定され、これらには全てエントリーグレードの『X / HYBRID X』、スタンダードグレードの『G / HYBRID G』、フラグシップグレードの『Z / HYBRID Z』の3グレード体制となっています。

この中でも、動力方式や駆動方式によって選択できるボディカラーが異なると言う事は無いものの、エントリーモデルとなる各Xグレードでは先に紹介した色の中で

  • ホワイトパールクリスタルシャイン
  • ブラック
  • ベージュ
  • アーバンカーキ

以外のモノトーン3種、ツートーン2種のボディカラーを選択する事ができず、全9色中5色を選ぶ事ができません

トヨタ 新型 シエンタ ボディカラー ボディカラー 展示車

イメージしやすい様に、各グレードで選択可能なボディカラーをまとめると

新型シエンタ:グレード別の設定ボディカラー
ボディカラー/グレード X / HYBRID X G・Z/ HYBRID G・Z
ホワイトパールクリスタルシャイン
ダークグレー ×
ブラック
スカーレットメタリック ×
ベージュ
アーバンカーキ
グレイッシュブルー ×
各ツートーンカラー ×

となりますので、新型シエンタのボディカラーを選ぶ際は、共にグレードの選定も行わなければなりませんので覚えておくと良いでしょう。

余談となりますが、フルモデルチェンジが行われた新型シエンタは、ミニバン車で有りながらも外観部分にSUV風のデザインを取り込んだと言う事もあり、購入を行う地域などのよってもバラツキがあるものの、人気カラーとしては定番のホワイトやブラックに加え

  • ダークグレー
  • ベージュ
  • アーバンカーキ

と言ったボディカラーの人気が高い傾向にありますので、色選びを行う際の参考にしてみると良いかも知れません。

このように新型シエンタには、全部でモノトーン7種とツートーン2種が設定されており、現在は選択を行う色によって納期が異なる点やグレードによって設定色が異なる特徴がありますので、乗り換えや購入を検討している際などの参考にして下さい。

スポンサードリンク

新型【シエンタ】おすすめカスタマイズ

引用:https://bit.ly/3QqngV2

トヨタ・新型シエンタには、全部で9種類のボディカラーが設定されており歴代モデルと比べると、新型モデルではやや色のトーンが抑えられSUV風のデザインに合わせ、シックな配色となる事が分かりました。

またシエンタと言えば、コンパクトで可愛らしいミニバン車でありながら、歴代モデルでは外観を大きく変化させるカスタマイズパーツが豊富に設定されていた事もあり、新型モデルでは外装のカスタマイズに興味持っている方もいらっしゃると思いますので、ここではおすすめの外装カスタマイズアクセサリーを紹介していきます。

  • モデリスタ エアロパーツセットA参考価格:171,600円

引用:https://bit.ly/3AVvEGt

1つ目の新型シエンタでおすすめとなる外装カスタマイズアクセサリーは『モデリスタ エアロパーツセットA』です。

モデリスタ エアロパーツセットAは『フロントスポイラー』、『サイドスカート』、『リヤスパッツ』の各エアロパーツ3点がセットとなっており、装着を行う事で元々丸みを帯びた外観デザインを、スポーティーなスタイルに変化させる事が可能となります。

これに加え、モデリスタ系の外装カスタマイズアクセサリーは、メッキパーツを中心とした加飾が行われており外観をよりラグジュアリーに仕上げる事もできるため、外観のデザインを大きく変えるカスタマイズを行いたい方におすすめです。

引用:https://bit.ly/3D8e8BE

また、リヤスパッツとマフラーカッターがセットとなった『リヤスタイリングキット』や、『リヤスポイラー』を同時に装着する事で、よりスポーティー感を高める事も可能となりますので、統一感という部分では少々費用が嵩んでしまうものの、同時装着がおすすめだと言えるでしょう。

  • モデリスタ クロススタイルキット参考価格:160,600円

引用:https://bit.ly/3eyng88

2つ目の新型シエンタでおすすめの外装カスタマイズアクセサリーは『モデリスタ クロススタイルキット』です。

モデリスタ クロススタイルキットは『フロントグリルカバー』、『フロントプロテクター』、『リヤプロテクター』、『ドアハンドルプロテクター』の4点がセットとなっており、先に紹介したエアロパーツとは異なり元々のデザインを活かして、よりSUV調のスタイルを向上させるカスタマイズアクセサリーとなります。

カバー部やプロテクター部には、ツヤ消しの塗装が施されておりSUV調らしく重厚感を向上させるデザインとなっていることから、ギラつき感を抑え元の外観デザインを基調としてカスタマイズさせたい方におすすめです。

引用:https://bit.ly/3ezLRK0

また、新型シエンタには全てのグレードでスチールホイール+樹脂製キャップが標準装備されており、SUV調の外観カスタマイズ行う場合は、外観部分のバランスから是非ともアルミホイールの導入を検討したいところです。

実際に各ZとGグレードでは、メーカーオプションとして55,000円~60,500円のアルミホイールも設定されていますが、デザイン面では70,000円で1台分を購入可能なモデリスタ製アルミホールの方がスタイリッシュと言えますので、トータルでバランスを整える場合はクロススタイルキットとの同時装着が理想的だと言えるでしょう。

  • トヨタオリジナル シエンタギアセット参考価格:30,800円

引用:https://bit.ly/3KZVpKu

3つ目の新型シエンタでおすすめの外装カスタマイズアクセサリーは『トヨタオリジナル シエンタギアセット』です。

トヨタオリジナル シエンタギアセットは、イエローやシルバーなどでスライドドア下部に配置された車名のロゴ部分を強調する『サイドエンブレム』と、バックドア部分にプロテクターを装着し、外観デザインにアクセントを加えるカスタマイズアクセサリーとなります。

先に紹介した外装アクセサリーと比べ、デザインや全体的な雰囲気を大きく変えるインパクトはありませんが、装着を行う事で標準状態と比べるとボディにさり気なくアクセントを加える事ができるため、基本デザインをそのままに手軽なカスタマイズをしたい方におすすめです。

引用:https://bit.ly/3AZTIb3

また、同じく外観部分へ手軽にアクセントを加えられるカスタマイズパーツとして、サイドエンブレムと同じ配色となる『LEDフォグランプ(ガーニッシュ付)』も用意されていますので、こちらを選択するとフロント部分にもアクセントを加える事ができると言えるでしょう。

このLEDフォグランプは、全てのグレードで販売店オプションに設定されており、LEDバルブとユニットを装着する事から価格は40,000円台後半と高価ですが、外観の印象と共に雨天時や夜間の視認性も向上するため、見た目と同時に安全性を強化したい方にもおすすめだと言えるでしょう。

引用:https://bit.ly/3Ryt804

このほか、新型シエンタでおすすめの外装カスタマイズアクセサリーとしては

  • トヨタオリジナル デカール MY sienta参考価格:6,600円
  • モデリスタ ナンバープレートボルト参考価格:6,050円
  • モデリスタ ドアハンドルプロテクター参考価格:6,600円
  • モデリスタ クールシャインキット参考価格:108,900円

などがあり、価格を抑えた手軽なものからメッキパーツによって大きく印象を変化させるアクセサリーも設定されていますので、好みや予算に応じて選んでいくことをおすすめします。

このように新型シエンタには、外観デザインを大きく変化させるエアロパーツやSUVスタイルを向上させる物など、豊富なカスタマイズアクセサリーが設定されていますので、紹介したおすすめアクセサリーを参考に、自分のイメージに近い1台にカスタムしてみて下さい。

スポンサードリンク

新型【シエンタ】ボディカラーや外装カスタマイズのまとめ

今回は、トヨタ・新型シエンタのボディカラーとおすすめのカスタマイズについて解説をしてきましたが、フルモデルチェンジが行われた新型シエンタには現在のところモノトーンで7色、ツートーンで2色の合計9種のボディカラーラインナップとなっている事が分かったと思います。

ただし新型シエンタに設定されるボディカラーは、グレードによって選択できる色が異なり、特にツートーンカラーは2023年4月以降の生産開始となるため、乗り換えや購入を検討している際は注意が必要です。

また、新型シエンタには外観をスポーティーに仕上げるエアロパーツやSUV調を向上させる外装パーツに加え、価格を抑えながらもボディにアクセント加える事のできるカスタマイズアクセサリーが豊富に設定されていますので、好みに応じて自分だけの1台を造り上げてみて下さい。

Y:アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/3qlU07f

新型【シエンタ】価格と納期とお得な買い方

 

愛車のサブスクリプション【KINTO】の魅力とは!?

KINTOのメリット

★★納車待ち期間が短くなるかも!?★★
(車種・グレードによる違いはあります)

★購入やカーリースと比べるとトータルコストが結構安い
実際に各種カーリースなどと比べるとお値打ちな結果に

★自動車保険もコミコミ価格
事故を起こしても保険等級に変更なし

★契約途中でも車の乗り換えが可能
「乗り換えGO」というサービスで手数料を払えば乗り換え可能

★トヨタ正規販売店でメンテナンス
車検も正規販売店で行うので安心

★クレジットカード払い可能でポイントが貯まる
毎月の固定費でポイントが貯まっていくのは非常にお得

★契約はWEB上のみで完結出来る
見積もりの比較・検討が簡単に出来ます

★消耗品の交換費用も価格に含まれている
半年毎のメンテナンスの際、必要な部品は無償で交換

★車検代もコミコミ
なんと必要ならばタイヤ交換も無償でしてくれます

★各種税金もコミコミ価格
自動車税・重量税・自賠責保険も全てコミコミ

ポイントは毎月の固定費だけで車の維持費をほとんど計画出来る点です。
KINTOが高いと感じている方はこれも考慮した上で比較していただけるといいかもしれません。




タイトルとURLをコピーしました