【ZR-V】車両価格と気になる納期はどのくらい?

ZR-V

最後に必ず【貰えるカーリース!!】

○追加料金なしで契約満了時に車がもらえる!

カーリースでは契約満了時に返却する場合もありますが、 MOTAカーリースではリース期間の契約満了時にそのまま車がもらえます! そのため車のカスタマイズも可能です!

○最長11年契約が可能!

他固定維持費を抑えたまま長く乗りたい方に向けた、最長11年のご契約をご用意しています。

○国産車メーカー・全車種OK!

MOTAカーリースでは国産車(レクサスは取扱なし)を取り揃えています!

○諸経費がコミコミで家計も安心!

車の維持に必要な車検・税金・メンテナンス費用などがすべて毎月のお支い払額に含まれているため、月々のリ ース料は定額です。急な出費もなく家計の管理も安心です。

○頭金なし!

車を購入する際に必要になる場合が多い頭金や初期投資が要りません。

○乗りたい新車に乗れる!

近年、安全装備の装着などを理由に軽自動車でも200万円を超える時代になりました。 リースであれば毎月お手頃な価格で憧れの新車に乗ることができます。

○新車保証延長が全ての車種に付与

通常新車登録から3年(6万キロまで)で終了するメーカーの一般保証、5年(10万キロまで)で終了する特別保証が 、新車登録から7年間、走行距離無制限に延長します。 これにより契約期間中メーカー保証が終了しても長く安心して乗ることができます。

↓↓ まずはお試しで審査に申し込む ↓↓

【追加料金なし!】契約満了時に車がもらえる『MOTA定額マイカー』

2023年4月より発売開始した新世代クロスオーバーSUV、ホンダ【ZR-V】

【CR-V】に代わるホンダの上位SUVとして投入された【ZR-V】は北米で先行発表されて以来、注目を集めているクロスオーバーSUVで、2022年9月から量販車としては異例の先行予約を開始しました。

【CR-V】と【ヴェゼル】の間を埋める使い勝手と快適性を両立するサイズのクロスオーバーSUVとして人気車種となっている【ZR-V】。

今回はホンダ【ZR-V】の車両価格と納期について取り上げていきます。

スポンサードリンク

【ZR-V】車両価格やグレードの紹介

ZR-V

引用:https://www.honda.co.jp/ZR-V/

まずは【ZR-V】の車両価格とグレード構成を紹介していきます。

最近のホンダ車らしくシンプルなグレード構成となっており、グレード選びがしやすくなっています。

ハイブリッド車「e:HEV」とガソリン車と区分して車両本体価格を見ていきましょう。

■車両本体価格(税込)

グレードFF4WD
e:HEVe:HEV Z3,883,000円4,103,000円
e:HEV X3,282,400円3,502,400円
ガソリンZ3,532,100円3,752,100円
X2,932,600円3,152,600円

ガソリン車294万~375万円、e:HEV328万~410万円と、このクラスのクロスオーバーSUVとしては高めの価格帯となっていますが、それぞれのグレードの装備を見ていくと納得の充実度です。

価格帯を下げるためだけの、装備を削った最廉価グレードが無く、上位グレードと最上位グレードのみだと思えばわかりやすいでしょう。

大まかに各グレードの内容を見ていきましょう。

■『e:HEV Z』『Z』

ZR-V Z

引用:https://www.honda.co.jp/ZR-V/

上位グレードとなる『e:HEV Z』『Z』

HondaConnect

引用:https://www.honda.co.jp/ZR-V/

ZR-V BOSE

引用:https://www.honda.co.jp/ZR-V/

ZR-V

引用:https://www.honda.co.jp/ZR-V/

マルチビューカメラシステム、Honda CONNECTディスプレー+ETC2.0車載器、オートレベリング機構付フルLEDヘッドライト、BOSEプレミアムサウンドシステム、運転席8ウェイパワーシート+助手席4ウェイパワーシート、パワーテールゲートのハンズフリーアクセス機能など、1クラス上のクロスオーバーSUVに迫る装備と本革シート、本革巻きステアリングホイール、LEDアンビエントランプなど内装の上質な仕上がりが自慢のグレードとなっています。

これは【ZR-V】が【CR-V】の後継車種であり、ホンダの最上級クロスオーバーSUVともなりますのでe:HEV Z』4WDでは400万円超の価格設定となっているのも納得でしょう。

ZR-V

引用:https://www.honda.co.jp/ZR-V/

ZR-V

引用:https://www.honda.co.jp/ZR-V/

エクステリアデザインも高級感溢れる仕上がりとなっており、ビルトインエキパイフィニッシャーベルリナブラック+切削の18インチアルミホイールが足元を引き締めています。

ZR-V Z

引用:https://www.honda.co.jp/ZR-V/

また一見して『e:HEV Z』『Z』だとわかるポイントとして、バンパーガーニッシュ・バンパーコーナープロテクター・ホイールアーチプロテクター・サイドシルガーニッシュがボディーカラー同色の仕上げとなっており上質なエクステリアデザインを演出しています。

【ヴェゼル】からの乗り換えで1クラス上の上質さをお求めの方に納得いただける仕上がりです。

ナビやETCといった必須アイテムBOSE高性能スピーカーといったこだわりの装備が標準装備されており、後付け不可能な便利装備も揃っていて後付けするよりも割安ですので、装備を充実させたい方や長期間愛車として利用するという方は『e:HEV Z』『Z』を選ぶべきでしょう。

実際人気グレードとなっているのは『e:HEV Z』『Z』ですので、あとはe:HEVにするかガソリン車にするかを悩めば良いだけ、ともいえます。

 

■『e:HEV X』『X』

ZR-V X

引用:https://www.honda.co.jp/ZR-V/

ベーシックグレード『e:HEV X』『X』はベーシックグレードながら装備が充実しており、上記の通り“装備を削った廉価グレード”ではありません

ZR-V LED

引用:https://www.honda.co.jp/ZR-V/

ZR-V

引用:https://www.honda.co.jp/ZR-V/

引用:https://www.honda.co.jp/ZR-V/

Honda SENSING、フルLEDヘッドライト、10.2インチ デジタルグラフィックメーター、マルチインフォメーション・ディスプレー、左右独立温度コントロール式フルオート・エアコンディショナー、パワーテールゲートといった必要装備は揃っていますので不満に感じる事は無いでしょう。

ライバル車種との比較の際には安全装備とパワーテールゲートを装備した場合の価格で比較していけば割高感は拭えるでしょう。

少人数での利用、街乗りメイン、アウトドアなどハードな使い方をする予定、ナビ・ETCを好みのものから選びたい、カスタマイズのベース車、といった方にオススメのグレードです。

ZR-V USB

引用:https://www.honda.co.jp/ZR-V/

インテリアではスマホの充電で活用出来るUSBジャックがType-AだけでなくType-CのUSBチャージャーも標準装備されているのも注目点でしょう。

国産車ではまだ採用例が少ないType-CのUSBチャージャーですが、【ZR-V】では【ステップWGN】に続き標準装備されました。

最近のスマホでは両端子Type-Cの充電ケーブルの採用例が増えており、Type-A to Type-Cケーブルは減っていくためType-C端子のチャージャーがあるのは最新の車種として今後のスタンダードを先行装備したのは嬉しい点です。

ZR-V X

引用:https://www.honda.co.jp/ZR-V/

エクステリアを見ていくと『e:HEV X』『X』ではブラック樹脂色のバンパーガーニッシュ・バンパーコーナープロテクター・ホイールアーチプロテクター・サイドシルガーニッシュSUVらしい力強いエクステリアデザインを演出しており、廉価版といったチープさは全くありません。

ZR-V AWD

引用:https://www.honda.co.jp/ZR-V/

リアルタイムAWDの性能を活かしてアウトドアレジャーに活用するといった方には『e:HEV X』『X』のエクステリアデザインの方が良いかもしれません。

 

マルチビューカメラシステム・Honda CONNECTディスプレー+ETC2.0車載器といったメーカーオプションを追加していきながら【ZR-V】を自分好みにカスタマイズしていけるのも『e:HEV X』『X』グレードのオススメポイントです。

【ヴェゼル】からの乗り換えで1クラス上のゆとりあるボディサイズに惹かれたが価格差が気になる、といった方にも選びやすい価格設定も嬉しいポイントでしょう。

しかし、『e:HEV X』『X』ではメーカーオプションでも装備出来ないものもあります

ZR-V seat

引用:https://www.honda.co.jp/ZR-V/

オートレベリング機構付フルLEDヘッドライト・BOSEプレミアムサウンドシステム・運転席8ウェイパワーシート+助手席4ウェイパワーシート・パワーテールゲートのハンズフリーアクセス機能といった装備は『e:HEV Z』『Z』専用となっており、これらの装備が必要な場合には『e:HEV Z』『Z』を選ぶ事になります。

『e:HEV Z』『Z』はフル装備の豪華仕様となっており『e:HEV X』『X』との約60万円の価格差以上の満足度の高さを堪能出来るでしょう。

スポンサードリンク

【ZR-V】現在の納期はどのくらい?

次に【ZR-V】の納期について。

【ZR-V】は2022年9月より先行予約を開始していた事もありますが、2023年5月現在で発注した場合、約1年~1年半の納期待ちとなっています。

2023年5月発注で2024年5月~11月の納期ということになります。

しかしグレードやメーカーオプション装備、ボディカラーによって納期は前後するため、一概に1年以上の納期待ちとは言い切れません

半導体不足とバッテリーのBEVとの取り合いなどが続いている影響もあり、ハイブリッドカーの納期が遅れ気味なのは他車種と変わりありませんが、【ZR-V】の場合「ブラインドスポットインフォメーション」もまた納期が遅れる要因となっています。

ブラインドスポットインフォメーション

引用:https://x.gd/GUE5I

「ブラインドスポットインフォメーション」はリアバンパー内蔵のレーダーで後側方25m以内に接近するクルマを検知し、斜め後ろにいるクルマの存在をドアミラーのインジケーターで知らせる装備です。

2023年5月現在では「ブラインドスポットインフォメーション」は全グレードメーカーオプションとなっていますが、先行予約~発売開始時までは全グレード標準装備となっていた事から納期が遅れる一因となっていました。

引用:https://www.honda.co.jp/ZR-V/

便利な装備ではありますが、視界が広い【ZR-V】の場合は無くてもさほど困らない装備ですのでこれから【ZR-V】を購入する場合には「ブラインドスポットインフォメーション」を装備しないことで納期が短くなる可能性が高くなります。

ZR-Vホワイトブラック

引用:https://www.honda.co.jp/ZR-V/

また人気グレードである『e:HEV Z』『Z』、他車種でも人気のホワイトパールやブラックなどの人気カラーを選べば納車が早まる可能性が高まります。

『e:HEV Z』『Z』は高額なグレードではありますが、必須装備が全て揃っているので高性能ナビやETCなどの装備を後付けするよりもお買い得で、上記の通りパワーシートやパーワーテールゲートのハンズフリーアクセス機能といった後付け不可能な便利装備も揃っていますので『e:HEV Z』『Z』を選んだ方が満足度が高いのはこれまで取り上げた通りです。

HondaCars

引用:https://www.honda.co.jp/hondacars/

また条件が合えばキャンセル車・新古車に出会えるかもしれません。

販売店にキャンセル待ちの要望を出しておき、頻繁に状況確認をしていれば早く【ZR-V】を手にする事が出来るかもしれません。

キャンセル待ちしないとしても最新の納車状況を確認する必要もありますので販売店との交流は深めておくのが良いでしょう。

スポンサードリンク

【ZR-V】価格と納期まとめ

ZR-V

引用:https://www.honda.co.jp/ZR-V/

【ZR-V】はガソリン車294万~375万円、e:HEVが328万~410万円という、【ヴェゼル】の1クラス上の価格設定となっています。

引用:https://www.honda.co.jp/ZR-V/

【シビック】【ステップWGN】と共通の2.0L e:HEV 1.5L VTECターボエンジンがラインナップされており、ゆとりある走りが楽しめるクロスオーバーSUV【ZR-V】。

引用:https://www.honda.co.jp/ZR-V/

【シビック】譲りの室内空間は【ヴェゼル】よりも横幅方向で広々としており、【シビック】と同じくマルチリンク式リアサスペンションの安定感のある足回りは上質で快適に過ごせる移動空間を生み出しています。

US HR-V

引用:https://automobiles.honda.com/hr-v#

先行して北米で【HR-V】として発表された時から注目を集めており、【ZR-V】として国内投入・先行予約開始となってからは多くの受注を抱えて納期が約1年~1年半となっています。

 

【CR-V】より一回りコンパクトなサイズながらも、5人乗りクロスオーバーSUVとして実用的な室内空間と荷室を備えており、【ヴェゼル】よりもゆとりある移動空間を求める方やアウトドアレジャー用としても多くの荷物を積める、スポーティーなSUVを求めていた方の心を射止めた【ZR-V】今後も人気が続いていくでしょう。

引用:https://youtu.be/Td6We4-2igY

【ZR-V】に興味があるという方はまずは販売店にて展示車・試乗車を実際に見て触って試してみて最新の納期を確認しつつ見積をしてもらいましょう。

T:アイキャッチ画像引用URL:https://www.honda.co.jp/ZR-V/

【ZR-V】良い口コミや辛口コメント 評価など

愛車のサブスクリプション【KINTO】の魅力とは!?

★★納車待ち期間が短くなる★★
 (KINTO専用の納期があります)

★購入やカーリースと比べると
 トータルコストが結構安い

★自動車保険もコミコミ価格

★契約途中でも車の乗り換えが可能

★トヨタ正規販売店でメンテナンス

★クレジットカード払い可能で
 ポイントが貯まる

★契約はWEB上のみで完結出来る

★消耗品の交換費用も含まれている

★車検代もコミコミ

★各種税金もコミコミ価格

ポイントは毎月の固定費だけで車の維持費をほとんど計画出来る点です。
KINTOが高いと感じている方はこれも考慮した上で比較していただけるといいかもしれません。

利用者数もどんどん増え、ついに10万人を超えました!

KINTOでクルマを買うなら今!!

トヨタ車をご検討中の皆様、是非一度【KINTO】でのクルマ購入をご検討ください。

↓↓KINTOの詳細はこちらから↓↓



タイトルとURLをコピーしました