新型【ヴェゼル】納期はどのくらいかかるの?

ヴェゼル

【無料】で試せる!クルマをさらに安く購入する方法!

愛車を少しでも高く売りたい。

新車を少しでも安く買いたい。

車は大きな買い物です。

【無料】で試せて大きな成果!!

浮いたお金で余分にオプションを付けるのも良し。

一つ上のグレードに変更してみるのもいいでしょう。

そんな情報を今回ここだけでお教えします!

【無料】一括査定を使うとどうなるか!?

中古車一括査定をご存じですか?

例えばディーラーで10万円の下取りが一括査定を利用することで数倍の値が付くことも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社があなたの愛車の買い取り価格を競ってくれるので結果的に値段が吊り上るのです。

2021年4月にフルモデルチェンジしたホンダのコンパクトSUV新型【ヴェゼル】

クーペスタイルと特徴的なリアドアハンドルなど、まるで3ドアクーペSUVと思わせるデザインで話題となり、SUV市場に大きな影響を与えた初代ヴェゼルの特徴を受け継ぎつつデザインを一新させた事で再び大きな話題を呼び起こしました

販売開始時に1万7000台のバックオーダーを抱えるなど初代モデルに劣らぬ人気を誇る新型【ヴェゼル】の納期はどのくらいかかるのか?

新型【ヴェゼル】の紹介をしつつ納期について取り上げていきます。

スポンサードリンク

新型【ヴェゼル】新型ヴェゼルとはこんな車

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

新型ヴェゼルはホンダのコンパクトカー【フィット】をベースにしたコンパクトクラスのSUVです。

クーペスタイルのスタイリッシュなエクステリアデザインが初代ヴェゼルと共通する特徴ですが、ユーティリティに優れたコンパクトSUVである事が最大の特徴といえるでしょう。

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

ホンダ独自の「センタータンクレイアウトをフィットと同じく採用している事で広々とした室内空間後席座面の跳ね上げで背の高い荷物も載せられる上、後席を格納すればフラットな荷室空間となります。

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

同クラスのコンパクトSUVと比べると広々とした後席空間となっているなど、フィットの美点を上手く引き継いでいる点も初代ヴェゼルと変わらぬ美点です。

引用:https://bit.ly/3vdPWGv

初代ヴェゼルから一新された新たなるクーペスタイルのエクステリアデザインはホンダの新世代EV【Honda e】から始まる新世代のホンダデザインが採用されています。

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

インテリアデザインは初代ヴェゼルではドライバーを主体とするスポーツカーと同じく、運転席が他席と切り離されているかのようなデザインとなっていましたが、新型ヴェゼルでは運転時の視界周辺の見やすい位置にメーターやディスプレーオーディオをレイアウトするなどドライバーがストレスなく運転出来る運転席に仕上げつつ、前後左右に連続したデザインとなっています。

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

先進的なタッチパネル式エアコンパネルから使い勝手の良いダイヤル式エアコンパネルに変更されるなど初代ヴェゼルよりもシンプルなデザインとなっていますが、フロント席からリア席まで開放感のあるデザインとなっており、リア席に座っても閉塞感を感じずに快適な移動時間を楽しむことが出来ます

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

最上位グレード「e:HEV PLaYでは「パノラマルーフ」の採用によりオープンカーのような広々とした視界と爽快さを感じる事が出来ます。

この「e:HEV PLaY」車両本体価格330万円新型ヴェゼルの中で一段高い価格設定となっていますが、最も人気のあるグレードとなっており「パノラマルーフ」の存在も人気の一因となっています。

引用:https://toyota.jp/yariscross/

パワーユニットは【フィット】と同じくハイブリッドシステムが2モーター式の【e:HEVへと変更されており、モーターアシスト量が増えた事でより電動化が進んでいます。

ガソリンエンジンモデルは1グレードに集約され、販売の主力は【e:HEV】モデルにほぼ移行されており、販売比率では約9割が【e:HEV】となっています。

これまでガソリンエンジンモデルのみ販売していた欧米においても【e:HEV】モデルが投入される予定となっており「ホンダの電動化」を象徴するクルマになりつつあります。

ちなみに、【ヴェゼル】という名称は国内・中国・シンガポールといったエリアでのみ使われており、欧米など多くの海外市場ではHR-Vの名称で販売されています。

https://www.honda.co.jp/auto-archive/hr-v/

初代HR-Vは初代フィットの先代モデルに相当するコンパクトカー【ロゴ】のプラットフォームをベースにしたコンパクトSUVで、スリムなボディと大径タイヤの組み合わせ特徴的なハイライダースタイルと使い勝手の良い室内空間はまさに元祖ヴェゼルといえるSUVです。

発売から20年が経過した現在でも魅力的なデザインのHR-Vは国内では1代限りで終わりましたが、その名はコンセプトを受け継いだヴェゼルの海外市場ネーミングとして引き継がれており、新型ヴェゼルは【3代目HR-V】として発売予定となっています。

スポンサードリンク

新型【ヴェゼル】納期はどのくらい?納車待ちはあるの?

引用:https://bit.ly/3gpWkVA

2021年4月のフルモデルチェンジ時に1万7000台のバックオーダーを抱えた事と最上位グレード「e:HEV PLaY」が人気となっている事が話題となった新型ヴェゼル

発売開始以降も順調な受注が続いており、6月現在で3万台を超えるバックオーダーとなっています。

これは月販目標台数5,000台約6倍の受注台数で、新型ヴェゼルは初代モデルの人気を引き継いで幸先良いスタートを切ったといえる販売状況です。

しかし半導体不足でトヨタの一部工場で生産調整が行われるというニュースが流れるなど電動化が進む自動車産業にとっては厳しい情勢の中で、「e:HEV」グレードが主軸となった新型ヴェゼルの納期はどのくらいなのかが最も心配で、最も知りたい事柄でしょう。

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

新型ヴェゼルは「e:HEV PLaY」に注文が殺到している状況ですが、ホンダが事前に主力グレードとして予測していた「e:HEV Z」の生産比率を高くしていた事が裏目となり生産比率の低かった「e:HEV PLaY」の納期が約1年となってしまっています。

引用:https://www.honda.co.jp/hondaconnect/

e:HEV PLaY」は「パノラマルーフ」といった専用装備のみならず最新コネクテッド技術Honda CONNECT対応の「Honda CONNECTディスプレー+ETC2.0車載器〈ナビゲーション連動〉」が標準装備になるなどお買い得度の高いグレードと認知されていてホンダの予想を覆す受注を受けています。

このホンダの想定外半導体不足「e:HEV PLaY」専用「パノラマルーフ」の生産などの諸条件が重なってしまい約1年という納車待ちになってしまっています。

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

他のグレードも当初は事前生産分の在庫が確保されていた「e:HEV Z」なら約2~3ヶ月程度の納車待ちでしたが、6月現在においては半導体不足の影響約半年程度の納車待ちとなっているようです。

半導体不足の影響が比較的少ないガソリンエンジングレード「G」ならばもっと早く納車されるのでは、と期待されるでしょうが販売の主力は「e:HEV」グレードであるため「G」の生産比率が低く、これから発注したとしても約半年「e:HEV」グレードと変わらない納車待ちとなっています。

 

販売予測を外した事での在庫不足・半導体不足による生産調整と悪条件が重なってしまい現時点でのバックオーダーを処理しきるまでは新型ヴェゼルの納期短縮は厳しい状況です。

現在発注したとして「e:HEV PLaY」が2022年6月それ以外のグレードが年末~2022年1月頃の納車となります。

量販の国産車でここまで長い納期となるのは【スズキ ジムニー/ジムニーシエラ】といった生産量の少ないモデル輸入車といった事例はあるものの月販5,000台を目標とする量販モデルでは希な状況です。

出来るだけ早く新型ヴェゼルを手に入れたい、という方は兎にも角にも早期の発注をした方が良いでしょう。

スポンサードリンク

新型【ヴェゼル】前モデルと比べてこうなった!進化した性能とは?

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/ https://www.honda.co.jp/auto-archive/vezel/

新型ヴェゼルと前モデルである【初代ヴェゼル】から進化した点として真っ先に挙げられるのはやはりハイブリッドシステムでしょう。

新型ヴェゼルでは「e:HEV」へと名称が変わっていますが、名称だけでなくハイブリッドシステムが全くの別物に変わっています。

引用:https://www.honda.co.jp/tech/auto/powertrains/idcd.html

初代ヴェゼル1モーターで発電と走行を兼ねるシステムながら、7速デュアルクラッチトランスミッション(DCT)を活用する事でモーターのみのEV走行を可能とする【SPORT HYBRID i-DCD】というハイブリッドシステムを採用していました。

このシステムは軽量コンパクトなのが特徴でホンダのコンパクトカー【フィット】や【フリード】【シャトル】といったクルマに採用されました。

新型ヴェゼルで採用されたe:HEV(イー エイチイーブイ)発電用と走行用、2つのモーターを搭載し、高速巡航時のみエンジン駆動が使われる以外はモーターによる走行となっており多段変速機は不要となっています。

元々は【SPORT HYBRID i-MMD】という名称でしたが、2020年に【e:HEV】という名称に変更されました。

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

【アコード】【オデッセイ】【ステップワゴン】といったミドルサイズHVに採用されているハイブリッドシステムでしたが、コンパクトカー用も開発され【インサイト】【新型フィット】に採用されたシステムを新型ヴェゼル用に調整したシステムを搭載しています。

走行用モーター 最高出力
新型ヴェゼル 初代ヴェゼル
96kW[131PS]/4,000-8,000rpm 22kW[29.5PS]/1,313-2,000rpm

モーターの最高出力を比較すると二つのシステムの違いがよくわかります

初代ヴェゼルハイブリッドではあくまでエンジンが主体での走行でモーターは補助ユニットの役割でしたが、新型ヴェゼルe:HEVではモーターが主体での走行となるためモーターパワーが大幅に向上しています。

 

ガソリンエンジン車では新型の「L15Z」エンジンへと換装され、最高出力は下がっているもののCVTをローレシオ化するなど扱いやすさが向上しており日常生活で走りやすく「e:HEV」モデルよりも100kg軽い車重を活かして軽快な走りを堪能する事が出来ます

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

車体に目を向けてみると、全長を初代と同等に抑えつつ後席の足まわりや膝まわりを初代よりも35mm拡大して全席で快適な空間を実現しています。

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

またボディーの補強・ステアリングシステムの高剛性化・サスペンションの各部のフリクション低減・ブッシュの改良が加えられた事で操縦安定性が向上しています。

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

更に車体防音材の適正化を行ない、静粛性の高いキャビンに仕上がっており初代ヴェゼル以上に快適な移動空間となっています。

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

初代ヴェゼルと同じく標準装備されている「Honda SENSING」も、横方向への視野範囲を向上させたフロントワイドビューカメラ高速画像処理チップ近距離障害検知前後ソナーセンサーの採用近距離衝突軽減ブレーキを加えた踏み間違い衝突軽減システム機能の向上、といったバージョンアップがされていてより安全なドライブを楽しめるクルマへと進化しています。

 

他にも大幅な進化を果たしている新型ヴェゼル

初代ヴェゼルユーザーならば試乗車に乗った瞬間に1クラス上に迫る仕上がりとなった新型ヴェゼルの進化を理解出来るでしょう。

アイキャッチ画像引用URL:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

新型【ヴェゼル】VS【ハリアー】比較してみた

新型【ヴェゼル】車両価格と値引きはいくらくらいまでいける?

新型【ヴェゼル】ボディカラーと外装アクセサリーのご紹介

新型【ヴェゼル】VS【エクストレイル】比較してみた

新型【ヴェゼル】VS【CX-5】比較してみた

なぜ一括査定はお得だと言えるのか!?

乗り換えを行う際はディーラーでの下取りと中古車買取店での売却ではどちらが得なのかイマイチ分からないと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から先に言ってしまうと、こちらは現在所有している車種や車両の状態によっても異なりますが、

基本的に自動車を手放す際は、街中に存在する中古車買取店やインターネットによる一括査定を利用した売却の方が、高い値段で車を手放せる傾向にあると言えます。

一般的に、ディーラーなどで行われる下取り査定は

  • 年式
  • 走行距離
  • 車両の状態

などで判断されるため、車両自体や社外装備品の価値などは反映されず最低限の価格を提示される点が特徴です。

さらに、下取りで得られた金額は現金化する事ができず、新車の購入時のみ使用する事が可能となるため、後日タイヤの交換やドライブレコーダーなどの機器を追加する際は使用する事ができません。

一方の買取店や一括査定による車両の売却は、ディーラーでの下取り査定と同じく年式や走行距離、車両の状態などに加え

  • 中古車市場の需要と供給のバランス
  • 人気の有無
  • 装備品の価値

などが加味された査定となる事から、所有している車の価値に応じた買取査定額が提示されるため、ディーラーで行う下取り額よりも売却価格が高くなる傾向にある

と言う訳です。

また、車を売却した際の金額は1度現金化される事からタイヤやオイル交換等のメンテナンス、社外品の導入などにも使用する事が可能となるため、車を手放す際は下取りではなく売却を選択する方が得だと言えるでしょう。

ただし、中古車買取店などで売却を行う場合でも、車両の状態(事故等の有無)や市場の動向によっては必ずしも下取りより高額な査定を受ける事ができないケースもありますので、あくまでも1つの目安として無料の一括査定に申し込んでみることをおすすめします。

ディーラーの値引きを最大限に引き出し、さらにあなたの愛車の下取り金額を最大限にアップさせる。

これこそが、新車を最高に安く手に入れる方法なのです!

 

タイトルとURLをコピーしました