【ワゴンRスマイル】VS【ムーヴキャンバス】徹底比較 その1 カラー・大きさ・価格など

ムーヴ キャンバス

維持費を気にせずに欲しい車を手にする!

カーリースを利用することはメリットがたくさんあります!

頭金ゼロでずっと定額の支払い

クルマ代は使う分だけ

車検代、メンテ代は全てコミコミ

国産、輸入車問わず好きな車種が選べる

使わない時はシェアして維持費を軽減できる

カーリースでクルマを購入するという選択肢を知っているだけで大幅に節約できますよ!


【スズキ ワゴンRスマイル】と【ダイハツ ムーヴキャンバス】を比較すると、どの様な違いがあるのでしょうか。

ワゴンRスマイルは、オリジナルモデルのワゴンRベースとしながらも丸みを帯びた可愛らしい外観デザインや、使い勝手を考慮してスライドドアを搭載している点などが主な特徴です。

しかし、これらは一足先に販売が開始されたムーヴキャンバスと重なる部分も多く、お互いに競合するライバル関係にある事から、この両車を比較した場合にはどの様な違いがあるのか興味を持っている方は多いはずです。

そこで今回は、ワゴンRスマイルとムーヴキャンバスに設定されるボディカラーのバリエーションやボディの大きさ、価格などを中心にスズキ・ワゴンRスマイルとダイハツ・ムーヴキャンバスの比較について解説をしていきます。

スポンサードリンク

【ワゴンRスマイル】VS【ムーヴキャンバス】ボディカラーバリエーション

引用:https://bit.ly/3Agj9Uc https://bit.ly/2XuVGjY

スズキ・ワゴンRスマイルは、2021年9月にオリジナルとなるワゴンRの派生車種として販売が開始され、丸みを帯びた可愛らしい外観デザインや同じくスズキから販売されるスペーシアの様に、使い勝手を考慮してスライドドアを搭載している点などが大きな特徴です。

一方で、ひと足先となる2016年9月にはワゴンRスマイルと同様に可愛らしい外観とスライドドアを備えたムーヴキャンバスがダイハツから販売が開始されており、現在この両車は同じ軽トールワゴン車と言うジャンルで直接的なライバル関係となっています。

また、この両車はその愛くるしいルックスから購入層のターゲットは主に女性を中心としている事もあり、明るくポップな印象のボディカラーバリエーションとなっている点も1つの特徴となるため、まずはこの両車に設定されるボディカラーの比較を行っていきます。

引用:https://bit.ly/3tJlSmB

現在ワゴンRスマイルには、ルーフ部とボディの配色が異なる2トーンルーフカラーと、一般的な車種と同様にルーフ部などはボディと同色となるモノトーンの2種が設定されていますが、具体的なカラー名としては

ボディ色 2トーンルーフ色 モノトーン色
オフブルーメタリック ホワイト
インディゴブルーメタリック2 ホワイト
ブルーイッシュブラックパール3 ホワイト
ピュアホワイトパール ブラック
コーラルオレンジメタリック アーバンブラウン 設定無し
シフォンアイボリーメタリック ウッディブラウン
フェニックスレッドパール ブラック

となっており、2トーンカラー8種とモノトーンカラー4種の全部で12種類のボディカラーが設定されています。

引用:https://bit.ly/3hxIVfE

一方の、ムーヴキャンバスにもワゴンRスマイルと同じく現在は、ストライプスと呼ばれるツートーンカラーモノトーンカラーの2種が設定されていますが、こちらも具体的なカラー名を挙げていくと

ボディ色 ツートーン色
ファインミントメタリック パールホワイトⅢ
スムースグレーマイカメタリック パールホワイトⅢ
ナチュラルベージュマイカメタリック パールホワイトⅢ
パールホワイトⅢ 設定無し
ブルーミングピンクメタリック パールホワイトⅢ
ファイアークォーツレッドメタリック スムースグレーマイカメタリック
プラムブラウンクリスタルマイカ スムースグレーマイカメタリック
ブラックマイカメタリック スムースグレーマイカメタリック

と、ムーヴキャンバスの場合はツートーンカラーが7種、モノトーンの場合はパールホワイトⅢを加えた8種の合計で15種のカラー展開となっていますので、この両車は共に豊富なボディカラーバリエーションになっていると言えるでしょう。

引用:https://bit.ly/3ka5cS8 https://bit.ly/3tJnYCZ

加えてこの両車は、冒頭でも触れた通り主に女性を購入層のターゲットとしている事から設定されるボディカラーはホワイトやブラック系と言った定番カラーの他に、パステル系の明るくポップなイメージの色が設定されている点も大きな特徴です。

余談となりますが、この両車は全てのグレードで先述してきたボディカラーを選べると言う訳ではなく

  • ワゴンRスマイルガソリンモデルで2トーンカラーは選択できない
  • ムーヴキャンバス標準グレード以外では一部のボディカラーが選択できない

など、グレードによって選べる色に制限がありますので、購入を検討している際の参考にして下さい。

スポンサードリンク

【ワゴンRスマイル】VS【ムーヴキャンバス】外寸と運転のしやすさについて

引用:https://bit.ly/3l9W0MT

2つ目のスズキ・ワゴンRスマイルVSダイハツ・ムーヴキャンバスは、外寸の大きさや運転のしやすさに関する比較です。

前述した通り、ワゴンRスマイルとムーヴキャンバスのボディカラーは2トーンとモノトーンの2種類が設定され、両車とも女性の購入層を意識した車となる事から明るくポップなパステル系カラーを中心に、10色以上の豊富なカラーバリエーションとなっている事が分かりました。

これだけ豊富にボディカラーが設定されていると、洋服と同じ様に選ぶのが1つの楽しみになると言えますが、一方で自動車を購入する際は使い勝手や価格などに加え、ボディの大きさを気にする方も多いのではないでしょうか。

特にこの両車は、毎日の通勤からお子さんの送り迎えや近所への買い物など、多用途で使用する機会が多いと言える車種でもありますので、ボディサイズを含めた運転のしやすさは購入を行う上で非常に大きなポイントの1つになると言えます。

引用:https://bit.ly/3EimeWn

では実際に、ワゴンRスマイルとムーヴキャンバスの外寸を比較した場合には、どの程度の違いがあるのでしょうか。

この両車の具体的なボディサイズを見てみると

車名/各サイズ 全長 全幅 全高
ワゴンRスマイル 3,395mm 1,475mm 1,695mm
ムーヴキャンバス 3,395mm 1,475mm 1,655mm

に設計されていますので、車両の高さこそワゴンRスマイルの方がやや高くなりますが、その他の基本的なボディサイズに関しては両車で同じとなるため、大きな違いはありません。

引用:https://bit.ly/3EjSto3

これに加え、最小回転半径と呼ばれ自動車の小回りが利く指標となる数値は、両車とも4.4mに設計されていますので個人差はあるものの、道幅が狭く路地が多い都市部の道路や駐車場でも運転はしやすいと言えます。

さらに、ワゴンRスマイルとムーヴキャンバスの両車は、ベースとなるワゴンRやムーヴと比べ運転席の位置が高く設計され小柄な方でも前方を見下ろしやすく、車両感覚が掴みやすい点も運転のし易さに繋がっていると言えるでしょう。

引用:https://bit.ly/3EinyIP

搭載されるエンジンは、両車で共に660ccの自然吸気エンジンとなりますがワゴンRスマイルの場合は、マイルドハイブリッドと呼ばれる坂道や高速道路での加速時にモーターがエンジンのパワー不足をアシストする機能が備わっている為、パワフルな走行性能を備えている点も1つの特徴です。

また、オリジナルモデルとなるワゴンRのリヤドアはフロント側と同じくヒンジ式であるのに対し、ワゴンRスマイルの場合はムーヴキャンバスと同様にスライドドアを採用している点が大きな特徴となります。

引用:https://bit.ly/3yyzJgy

そのため、隣の車との間隔が狭くなる駐車場や買い物などで手が塞がっている場合でも楽にドアの開け閉めを行う事ができ、小さなお子さんがいらっしゃる場合にはチャイルドシートへのアクセスも容易になるため、両車とも使い勝手は良い車だと言えます。

このようにワゴンRスマイルとムーヴキャンバスは、外寸や最小回転半径がほぼ同じに設計されている事に加え、共にスライドドアを採用するためサイズ感や使い勝手に大きな差はありませんが、走行性能に関してはマイルドハイブリッドが設定されるワゴンRスマイルの方が、やや優れていると言えますので参考にすると良いでしょう。

スポンサードリンク

【ワゴンRスマイル】VS【ムーヴキャンバス】価格はどのくらい?値引きはできるの?

引用:https://bit.ly/3nApuqi

3つ目のワゴンRスマイルVSムーヴキャンバスは、車両価格や値引き額の比較です。

自動車を購入する際は、ボディの全体のデザインや大きさに加え燃費性能など様々な部分の比較を行いますが、最も気になるのは車両価格や値引き額という方も多いのではないでしょうか。

特に、ワゴンRスマイルやムーヴキャンバスと言った使い勝手の良い軽ワゴン車は、比較的に価格が抑えられた車種ではありますが、自動車の購入はコンビニなどでお菓子を購入するのとは訳が違いますので、前以てどの様な価格設定や値引きが期待できるのか、概要を把握しておきたいところです。

引用:https://bit.ly/2XuGu6t

では実際に、ワゴンRスマイルとムーヴキャンバスの価格や値引き額はどの様なっているのでしょうか。

2021年9月に販売が開始されたワゴンRスマイルには、現在のところ従来型のガソリンモデルと、エンジンにモーターを組み合わせたマイルドハイブリッドモデルとなる全部で3つのグレードが設定されていますが、具体的な価格を見ていくと

グレード/駆動方式 2WD 4WD
G 1,296,900円 1,420,100円
HYBRID S(モノトーン) 1,472 ,900円 1,596,100円
HYBRID S(2トーン) 1,533,400円 1,656,600円
HYBRID X 1,592,800円 1,716,000円

に設定され、大まかな価格帯としては約130万円~172万円程度となっています。

引用:https://bit.ly/3lozTme

一方、2016年9月に販売が開始されたムーヴキャンバスには前述した通り、マイルドハイブリッドなどは設定されず、従来型のガソリンモデルのみとなる点が特徴です。

加えて、現在通常のカタログモデルは6種のグレードが設定されていますが、こちらも具体的な価格を見ていくと

グレード/駆動方式 2WD 4WD
X“SAⅢ” 1,430,000円 1,556,500円
X“ブラックインテリア リミテッドSAⅢ” 1,507,000円 1,633,500円
X“メイクアップリミテッドSAⅢ” 1,507,000円 1,633,500円
G“SAⅢ” 1,518,000円 1,644,500円
G“ブラックインテリア リミテッドSAⅢ” 1,584 ,000円 1,710,500円
G“メイクアップリミテッドSAⅢ” 1,584 ,000円 1,710,500円

となっており、概ね143万円~171万円程度がムーヴキャンバスの価格帯となっています。

先述した通り、この両車は従来型のガソリンモデルとマイルドハイブリッドモデルを設定するワゴンRスマイル、ガソリンモデルのみを設定するムーヴキャンパスと動力方式が異なる事から全てを同じ目線で比較することは難しいと言えます。

ただし、マイルドハイブリッドの搭載によってパワフルな走行が行える点や燃費性能の向上が見込める点を考慮すると、価格帯としてはほぼ同じですがコストパフォーマンスという面では、ワゴンRスマイルの方がやや優れていると言えるかも知れません。

引用:https://bit.ly/3lpAZOt

これに加え、気になる両車の平均的な値引きの金額としては車両本体のみの場合を見ていくと

  • ワゴンRスマイル:概ね5万円~10万円程度
  • ムーヴキャンバス:概ね10万円~18万円程度

となっており、ワゴンRスマイルは販売開始から間もない事もあり車両本体の値引き額としては渋め、ムーヴキャンバスの場合は平均的からやや緩めの傾向にあると言えますので、値引きの期待度はムーヴキャンバスに分があると言えるでしょう。

このように、ワゴンRスマイルとムーヴキャンバスの価格は概ねほぼ同額程度に設定されていますが、走行性能や燃費面などを考慮するとコストパフォーマンスはワゴンRスマイルに、値引きの期待度はムーヴキャンバスにそれぞれ分があると言えますので、購入を検討している場合などの参考にして下さい。

【ワゴンRスマイル】VS【ムーヴキャンバス】徹底比較その1のまとめ

今回は、ワゴンRスマイルとムーヴキャンバスの比較について解説をしてきましたが、この両車は主に女性を購入層のターゲットとしている事からボディカラーは明るくポップな色が設定され、全部で10種以上のバリエーションが用意されている事分かったと思います。

また、ボディサイズに関しては全高部を除き同じ外寸に設計され運転席のポジションが高い事から運転のし易さや、スライドドアの採用によって使い勝手も同じレベルと言えますが、走行の快適さにおいてはマイルドハイブリッドを搭載するワゴンRスマイルの方が優れていると言えるでしょう。

さらに、価格面では基本的に両車とも同価格帯に設定されていますが、機能面を考慮するとコストパフォーマンスではワゴンRスマイルが、値引きの期待度ではムーヴキャンバスにそれぞれ分があると言えますので、購入を検討している場合などの参考にしてみて下さい。

 

アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/3l9W0MT

【ワゴンRスマイル】VS【ムーヴキャンバス】徹底比較 その2 インテリア・燃費・荷室容量

【ワゴンRスマイル】ボディカラーとインテリアカラー

【スペーシア】VS【ムーヴキャンバス】の比較どっちがいいの?維持費・燃費・乗り心地など

車検や保険の維持費を気にせずにクルマを手に入れる方法

数あるサイトの中で【コータローの自動車ブログ】をご覧いただき誠にありがとうございます。

運営者のコータローと申します。

今このサイトをご覧頂いているということは、あなたにも憧れのクルマや現在購入を検討しているクルマがあるのかもしれません。

「発売されたばかりの新型車に乗りたいけど、実際に車を購入するには費用がかかる」

「乗りたい車はあるけれど、普段は電車通勤(通学)であまり車は乗らない」

「保険料やメンテナンス費用を払っていくのがツライ」

「車検費用を払いたくない」

など、新車を購入したくても費用的になかなか車を所有するというのは大変なことです。

ネットやカタログで欲しい車の価格を見ていても、実際に車を所有すれば当然維持費もかかってきます。

保険料や車検費用、タイヤ交換やオイル交換も定期的に自費で行わないといけません。

それでもやっぱり憧れのクルマに乗りたい!というあなたにとっておきの方法をご紹介します。

カーリースで欲しい車を手にする!

カーリースを利用することはメリットがたくさんあります!

頭金ゼロでずっと定額の支払い

クルマ代は使う分だけ

車検代、メンテ代は全てコミコミ

国産、輸入車問わず好きな車種が選べる

使わない時はシェアして維持費を軽減できる

カーリースでクルマを購入するという選択肢を知っているだけで大幅に節約できますよ!


スポンサードリンク





タイトルとURLをコピーしました