【スペーシア】VS【ムーヴキャンバス】維持費・燃費・乗り心地など徹底比較!

スペーシア

最後に必ず【貰えるカーリース!!】

○追加料金なしで契約満了時に車がもらえる!

カーリースでは契約満了時に返却する場合もありますが、 MOTAカーリースではリース期間の契約満了時にそのまま車がもらえます! そのため車のカスタマイズも可能です!

○最長11年契約が可能!

他固定維持費を抑えたまま長く乗りたい方に向けた、最長11年のご契約をご用意しています。

○国産車メーカー・全車種OK!

MOTAカーリースでは国産車(レクサスは取扱なし)を取り揃えています!

○諸経費がコミコミで家計も安心!

車の維持に必要な車検・税金・メンテナンス費用などがすべて毎月のお支い払額に含まれているため、月々のリ ース料は定額です。急な出費もなく家計の管理も安心です。

○頭金なし!

車を購入する際に必要になる場合が多い頭金や初期投資が要りません。

○乗りたい新車に乗れる!

近年、安全装備の装着などを理由に軽自動車でも200万円を超える時代になりました。 リースであれば毎月お手頃な価格で憧れの新車に乗ることができます。

○新車保証延長が全ての車種に付与

通常新車登録から3年(6万キロまで)で終了するメーカーの一般保証、5年(10万キロまで)で終了する特別保証が 、新車登録から7年間、走行距離無制限に延長します。 これにより契約期間中メーカー保証が終了しても長く安心して乗ることができます。

↓↓ まずはお試しで審査に申し込む ↓↓

【追加料金なし!】契約満了時に車がもらえる『MOTA定額マイカー』

売れ筋の軽自動車スズキ スペーシア】とレトロでキュートなデザインが人気の【ダイハツ ムーヴキャンバス

両側スライドドアを備えて使い勝手の良い軽トールワゴンである両車。

【スペーシア】【ムーヴキャンバス】の維持費・燃費・乗り心地を比較していきます。

スポンサードリンク

【スペーシア】VS【ムーヴキャンバス】維持費の違い

まずはスペーシアムーヴキャンバス維持費を比較していきます。

維持費は主に、車検費用(整備点検費用・税金)燃料代となってきます。

車検費用のうち車両状態や整備点検業者によって異なる整備点検費用を省いた法定費用のうち自賠責保険料(25ヶ月)は25,070円と両車に違いはありません

次に税金

新車購入後に必要となってくるのが軽自動車税自動車重量税となります。

スペーシア(NA・2WD)・ムーヴキャンバス(2WD)2019年3月購入の場合


引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia/

スペーシアエコカー減税・グリーン税制(NAのみ)対象となりますので減税されます。

エンジン・グレードによって減税率が異なりますがスペーシアNAの場合、軽自動車税25%減税(登録翌年度)、重量税75%減税となります。

このため、3年目までの重量税と2年目の自動車税が減額され、4年目以降の重量税2,500円/年となります。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_canbus/index.htm

ムーヴキャンバスエコカー減税・グリーン税制対象となりますので減税されます。

軽自動車税25%減税(登録翌年度)、重量税75%減税となります。

このため、3年目までの重量税と2年目の自動車税が減額され、4年目以降の重量税2,500円/年となります。

 

スペーシア(NAグレード)ムーヴキャンバス共に減税率は同じで税金も差はありません。

スペーシアカスタム・スペーシアギアのターボエンジングレードでは重量税25%減税・グリーン税制が対象外となるため自動車税の減税はありませんので初年度・2年目の自動車税差額分13,500円3年目までの重量税差額分1,800円が発生します。

 

次に、燃料代

1万km走行する場合を例に比較してみます。

カタログ燃費を元に、2018年2月末現在のレギュラーガソリン店頭現金小売調査価格144円/Lでの計算をしてみます。

スペーシアHYBRID G 2WD車の30.0km/Lという燃費を除くと似通ったカタログ燃費であり、燃料代に大きな差はありません。

スペーシアに用意されているターボモデルは少し燃費が悪くなりますが大きな差にはなっていません。

 

同じNAエンジンで比較する分には【スペーシア】【ムーヴキャンバス】の燃料代を含めた維持費に大差はありません

スポンサードリンク

【スペーシア】VS【ムーヴキャンバス】燃費はどのくらい?

次に【スペーシア】と【ムーヴキャンバス】燃費を比較していきます。

同じNAエンジンモデルで比較すると、カタログ燃費(JC08モード)では同等の値となっています。

ムーヴキャンバスWLTCモードでの計測値がカタログ表記されており、JC08モードよりも実燃費に近い値となっています。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia/

ほぼ同じ装備のグレードにおける車重スペーシア 870kgムーヴキャンバス 920kg50kgの差があることとマイルドハイブリッドを搭載する事もあり、スペーシアの方が実燃費では優位になっています。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_custom/

マイルドハイブリッドを備えるスペーシアはアイドリングストップからの再始動時モーターのみでの発進が出来る事やモーターのみでのクリープ走行が出来るなど、街乗りや渋滞時には実燃費の差が出てくるようです。

 

ムーヴキャンバスの場合、アイドリングストップ時からブレーキを軽く離しただけでエンジンが再始動した際にキュルキュル音と共にエンジン再始動の振動が発生してしまいます。

スペーシアはモーターのみでの発進が可能でエンジン再始動の音・振動が抑えられます。

渋滞時など頻繁に停止・発進を繰り返す場合にはこのエンジン再始動時の音・振動が不快極まりないものとなってしまいアイドリングストップをオフにしてしまう場合が多くなって結果的にエンジンを回したままでガソリンを消費する事になり燃費がさらに悪化してしまいます。

このため渋滞時には実燃費の差が更に広がると思われます。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia/

スペーシアのマイルドハイブリッドパワー・持続時間共に効果の少ない簡易的なシステムですがその分軽量コンパクトであり軽自動車には丁度良いシステムとなっています。

簡易ながらもエンジン始動時加減速時など効果的な装備となっています。

スポンサードリンク

【スペーシア】VS【ムーヴキャンバス】乗り心地はどっちがいい?

両車共に車高の高いハイトワゴンとなり重心がどうしても高くなってしまうために揺れを抑える足回りセッティングとなっており硬めの傾向ではありますが、両車を比較するとスペーシアが硬めムーヴキャンバスは若干柔らかめのセッティングとなっています。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_custom/

スペーシア軽量高剛性の新型シャシー走行安定性を重視したセッティングにより市街地走行では少し硬めな乗り心地となっています。

その分、揺れの少ない安定した走りとなっており、高速走行では安定感のある運転が出来るため、同乗者にも不快感を与えない乗り心地となっています。

街乗りメインで時々高速道路を利用、という使い方をするオールマイティな足回りセッティングであると言えます。

ただし、スペーシアは軽量ボディである分、静粛性に関わる吸音材などの使用量が少なめのようで静粛性は一歩劣るようです。

 

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_canbus/index.htm

ムーヴキャンバスは2014年発売の【ムーヴ】をベースにしたモデルとなり軽量高剛性ボディ「Dモノコック」を採用した事もあり高い操縦安定性と静粛性を誇り若い女性をメインターゲットとした車だけに扱いやすい操舵性となっています。

しかし乗り心地はソフトながらも荒れた路面では振動を上手く収め切れていないゴツゴツとした振動が伝わってくる、など評価は厳しめです。

後席に座るとさらに振動が伝わりやすい、と後席に子供など同乗者を乗せる機会の多い方から不満の声も聞こえてきます。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_canbus/09_special_01.htm

厚めのシートの仕上がりは評価が高いだけにもう少しマイルドな足回りだと更によかったのに、と残念に思っている方が多いようです。

市街地メインのエンジンメインターゲットに合わせた街乗りメインのセッティングにしているはずですが、上手く振動を制御仕切れていないようで熟成不足な感じが否めません。

長く愛着の持てるクルマを」と謳っているクルマだけに、今後の改善に期待をしたいです。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_canbus/09_special_01.htm

また、スペーシアより50kg重い車重にはパワーアシストの無い38kW[52PS]NAエンジンは明らかにパワー不足です。

広々とした後席シートは人を乗せて買い物に、という使い方にも向いていそうですが、いざ4人フル乗車すると一挙にパワー不足となり、静粛性の高い室内に高回転のエンジン音が響き渡り同乗者に不快感を与える事になります。

マイルドハイブリッドによる発進・加速時のパワーアシストがあるスペーシアと比べると発進・加速時の走りは重くなり近所の買い物など短距離ならさほど問題にはならないでしょうが長距離移動高速道路での移動には向きません

ムーヴキャンバスマイルドハイブリッド、もしくはムーヴカスタム等に搭載されているターボエンジンの搭載ムーヴキャンパス発売当初から熱望されていますが発売開始から2年が経過しても追加設定される様子はありません。

かつての【フォルクスワーゲン・タイプ2】を思わせるレトロなデザインは女性のみならずレトロカー好きの男性にも人気があり、「ターボモデルが設定されていれば購入したのに」と残念に思っている方が多いモデルです。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_tocot/03_exterior.htm

女性でもアクティブに使いたいという方も居られますしパワーの劣るNAエンジンのみ、というのは同じダイハツの【ミラ トコット】にも言える事ですが、「女性向け」という固定概念に拘りすぎているのでは? と疑問に感じます。

ダイハツには今後のマイナーチェンジでは足回りの改良と共にターボエンジンマイルドハイブリッドの採用をしてもらいたいものです。

【スペーシア】と【ムーヴキャンバス】まとめ

スズキのスペーシアとダイハツのムーヴキャンバスを比較した際に、注目しておきたい違いをまとめてみました。

デザインとスタイリング:

    • スペーシア: スペーシアは比較的ボックス型のデザインで、大きな窓と高い屋根が特徴です。これにより室内が広く感じられます。フロントデザインはモダンでアグレッシブな印象を与えます。
    • ムーヴキャンバス: ムーヴキャンバスは、かわいらしい外観と丸みを帯びたデザインが特徴で、特に女性や若いドライバーに人気があります。カラフルなボディカラーとオプションが用意されており、個性的なカスタマイズが可能です。
  1. 内装と快適性:
    • スペーシア: 広々とした室内空間を提供し、特に後席の足元スペースが広いです。高い天井も利点です。内装はシンプルで機能的なデザインが施されています。
    • ムーヴキャンバス: インテリアはよりファッショナブルで、生地の選択肢や色のバリエーションが豊富です。小物を収納するための便利なスペースが多く、女性ドライバーや家族にとって使い勝手が良いです。
  2. エンジン性能と燃費:
    • スペーシア: スペーシアは燃費効率が良く、軽自動車としての性能をしっかりと確保しています。ターボエンジンのオプションもあり、市街地や高速道路での走行がスムーズです。
    • ムーヴキャンバス: ムーヴキャンバスも燃費が非常に良いですが、スペーシアよりもやや小さめのエンジンを搭載しており、静かな走行性が魅力です。加速は穏やかですが、日常の使用には十分な性能を提供します。
  3. 安全技術:
    • スペーシア: スズキの安全技術「スズキ セーフティ サポート」が搭載されており、自動ブレーキや車線維持支援など、先進の安全機能を備えています。
    • ムーヴキャンバス: ダイハツの「スマートアシスト」を装備しており、衝突回避支援や警告システムなどが整っています。スペーシアと同様に、これらの機能は都市部での運転において大きな安心感を提供します。
  4. 価格とコストパフォーマンス:
    • 価格帯は両車ともに似ているものの、装備や特別仕様車によって異なります。どちらもコストパフォーマンスに優れた軽自動車と言えますが、購入時には各車の装備やキャンペーンを確認することが重要です。

これらの情報から、どちらの車も独自の魅力があり、購入を検討する際には個人のニーズや好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

アイキャッチ画像引用URL:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_gear/
https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_canbus/

【スペーシア】VS【タント】の比較どっちがいいの?維持費・燃費・乗り心地など

【スペーシア】VS【デイズルークス】の比較どっちがいいの?維持費・燃費・乗り心地など

【ウェイク】VS【ムーヴキャンバス】の比較どっちがいいの?維持費・燃費・乗り心地など

【N-BOX】VS【スペーシア】VS【タント】の比較。軽ハイトワゴンNO.1はどれだ!?

【ムーヴキャンバス】中古車を購入する際の失敗のない見極め方

愛車のサブスクリプション【KINTO】の魅力とは!?

★★納車待ち期間が短くなる★★
 (KINTO専用の納期があります)

★購入やカーリースと比べると
 トータルコストが結構安い

★自動車保険もコミコミ価格

★契約途中でも車の乗り換えが可能

★トヨタ正規販売店でメンテナンス

★クレジットカード払い可能で
 ポイントが貯まる

★契約はWEB上のみで完結出来る

★消耗品の交換費用も含まれている

★車検代もコミコミ

★各種税金もコミコミ価格

ポイントは毎月の固定費だけで車の維持費をほとんど計画出来る点です。
KINTOが高いと感じている方はこれも考慮した上で比較していただけるといいかもしれません。

利用者数もどんどん増え、ついに10万人を超えました!

KINTOでクルマを買うなら今!!

トヨタ車をご検討中の皆様、是非一度【KINTO】でのクルマ購入をご検討ください。

↓↓KINTOの詳細はこちらから↓↓



タイトルとURLをコピーしました