【ワゴンRスマイル】VS【ムーヴキャンバス】徹底比較 その2 インテリア・燃費・荷室容量

ムーヴ キャンバス

維持費を気にせずに欲しい車を手にする!

カーリースを利用することはメリットがたくさんあります!

頭金ゼロでずっと定額の支払い

クルマ代は使う分だけ

車検代、メンテ代は全てコミコミ

国産、輸入車問わず好きな車種が選べる

使わない時はシェアして維持費を軽減できる

カーリースでクルマを購入するという選択肢を知っているだけで大幅に節約できますよ!


【スズキ ワゴンRスマイル】と【ダイハツ ムーヴキャンバス】を比較すると、どの様な違いがあるのでしょうか。

ワゴンRスマイルは、軽トールワゴン車として主に多くの女性から支持を得ているムーヴキャンバスに対抗した車種として販売が開始され、直接的なライバル関係にありますが購入を検討している方の中には、外観だけではなく内装や燃費などの違いに興味を持っている方も多いと思います。

また、この両車はスズキ・スペーシアやダイハツ・タントなどの車種と比べやや車両の背が低く設計されてはいるものの、広い室内空間を備えることから内装部分における使い勝手の概要を知りたいと言う方は少なくないハズです。

そこで今回は、ワゴンRスマイルとムーヴキャンバスのインテリア部分や燃費、荷室容量などを中心として、スズキ・ワゴンRスマイルとダイハツ・ムーヴキャンバスの比較第2弾について解説をしていきます。

スポンサードリンク

【ワゴンRスマイル】VS【ムーヴキャンバス】インテリアの比較

引用:https://bit.ly/3yzI3wC

最初のワゴンRスマイルVSムーヴキャンバスは、インテリアの比較です。

ワゴンRスマイルとムーヴキャンバスは、主に子育て世代を中心として女性を購入層のターゲットに設定しており、両車とも外観部分は丸みを帯びた可愛らしいデザインに設計され、ボディカラーは明るくポップな色が採用されています。

この女性を購入層のターゲットとしたデザインは、インテリア部分にも繁栄されていますが、具体的に両車の内装部分はどの様な違いがあるのか興味を持っている方もいらっしゃると思いますので、まずはワゴンRスマイルとムーヴキャンバスのインテリアを比較していきましょう。

ワゴンRスマイルのインテリア

引用:https://bit.ly/3z6Tw7b

ワゴンRスマイルのインテリア部分は、ステアリング部とシフトゲートパネル、メーターフードなどを中心として目に入りやすい箇所にアイボリー系の色が採用され、柔らかさのある雰囲気が演出されています。

運転席から助手席側に掛けて配置されるインテリアパネルは、選択を行うボディカラーやグレードによってアイボリー/アイボリーパール/ネイビーパールの3種類が設定され、可愛らしさだけではなくクールな印象のインテリアを選択する事が可能です。

引用:https://bit.ly/3AfTwD3

ただし、その他のダッシュボードやドアパネル部は全てのグレードでブラックを基調とした配色となり、シートカラーはライトグレーとダークグレーの比較的に落ち着いた色が設定される事から、可愛らしさの中にも落ち着きのあるインテリカラーになっていると言えます。

引用:https://bit.ly/2XqZB1l

さらに、ワゴンRスマイルを含む多くの軽自動車は室内空間の広さに重点が置かれる傾向にあることから、収納スペースの少なさが1つの課題となりますが、ワゴンRスマイルの場合は

  • グローブボックス
  • インパネセンターポケット
  • 運転席側インパネアンダートレー
  • ドアポケット(ドリンクホルダー付き)
  • アームレストボックス(一部のグレードに完備)
  • シートアンダーボックス(助手席座面下)
  • ラゲッジアンダーボックス(荷室床下)
  • シートバックポケット

など、デッドスペースを有効活用した収納スペースが多数用意されている為、小物などの置き場に困ることはありません

また、ワゴンRスマイルは全てのグレードでオーディオレスが基本となりますが、純正オプションとして設定されるナビゲーションは、最大で10インチサイズと大型な物が用意される事から視認性に優れ、操作も行いやすいと言えるでしょう。

ムーヴキャンバスのインテリア

引用:https://bit.ly/3hBu0AT

ムーヴキャンバスのインテリア部分は、グレードによってベージュ系とブラック系の2種類が設定されベージュ系の場合はポップな印象、ブラック系の場合はクールな印象の配色となる点が特徴です。

運転席から助手席側に配置されるインテリアパネルは、グレードを問わずベージュ系で統一されているため、ワゴンRスマイルと同様に柔らかさを感じる事のできるインテリアに仕上げられている点も特徴です。

引用:https://bit.ly/3htZPf1

シート色は、XやGに加えメイクアップリミットなどのグレードでベージュ系、その他のグレードではブラック系の色が採用されており、可愛らしさだけでは無くシックで大人な雰囲気が演出されています。

これに加え、ワゴンRスマイルのメーター類は従来型の車種と同様にステアリング部の奥に配置されていますが、ムーヴキャンバスの場合はダッシュボード中央部に配置されるセンターメーター式となる点も、両車のインテリア部分における違いの1つに挙げられます。

引用:https://bit.ly/3hzpiDQ

収納スペースについては

  • インパネトレイ(助手席側)
  • インパネ・アッパーボックス(運転席側)
  • インパネフロアポケット
  • グローブボックス
  • インパネ・アンダーボックス
  • サイドトレイ(運転席側)
  • アームレストボックス
  • ドアポケット(ドリンクホルダー付き)
  • シートアンダートレイ(助手席座面下)
  • ラゲッジアンダーボックス(荷室床下)
  • シートバックポケット

など、同クラスとなる軽ワゴン車の中でもトップクラスを誇る収納箇所が完備される為、小物などの収納力はムーヴキャンバスの方が優れている点も、両車のインテリア部分における違いです。

引用:https://bit.ly/3EhVW6A

ナビゲーション機能は、ワゴンRスマイルと同じくオーディオレス仕様が基本となり価格や機能に応じて好みの物を選択する事が可能となりますが、純正オプションとして設定されるナビは、画面サイズが最大で8インチと標準的な大きさとなりますので覚えておくと良いでしょう。

このようにワゴンRスマイルとムーヴキャンバスのインテリアは、どちらも外観と同様に可愛らしさや柔らかさが表現されたデザインですが、メーター部の位置や収納スペースの数、設定されるナビゲーションサイズなどで違いがありますので、比較を行う場合の参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

【ワゴンRスマイル】VS【ムーヴキャンバス】燃費はどのくらい?

引用:https://bit.ly/2YzWoN4 https://bit.ly/3E4a8jz

2つ目のワゴンRスマイルムーヴキャンバスは、燃費の比較です。

自動車を購入する際は、価格やデザイン性に加え使い勝手など様々な部分を比較しますが、中には燃費を重視する方も多いのではないでしょうか。

特に、昨今では自動車を所有する上で必ず必要となる燃料費が高騰している傾向にありますので、軽自動車はエンジンの排気量が少ない点や重量が軽い事から普通車と比べると燃費は良いものの、両車はどれくらいの燃費差があるのか興味を持っている方は少なくないハズです。

では、実際にワゴンRスマイルとムーヴキャンバスではどのくらい燃費に違いがあるのでしょうか。

引用:https://bit.ly/3tE4YpG

現在、ワゴンRスマイルには従来型のガソリンモデルとエンジンにモーターを組み合わせて走行を行うマイルドハイブリッドモデルの2種が設定されていますが、具体的な燃費を見ていくとガソリンモデルの場合は

計測モード/動力方式 2WD 4WD
WLTCモード 23.9km/L 22.5km/L
市街地モード 19.5km/L 18.7km/L
郊外モード 25.4km/L 23.7km/L
高速道路モード 25.4km/L 23.8km/L

マイルドハイブリッドモデルの場合は

計測モード/動力方式 2WD 4WD
WLTCモード 25.1km/L 23.6km/L
市街地モード 22.6km/L 21.5km/L
郊外モード 26.2km/L 24.3km/L
高速道路モード 25.7km/L 24.2km/L

となっており、ガソリンモデルとマイルドハイブリッドモデルを比較した場合には概ね1.0km/L程度の差があり、現在販売が行われている軽自動車の中では、オリジナルモデルとなるスズキ・ワゴンRに次いでトップクラスの燃費性能を誇る点が特徴です。

引用:https://bit.ly/3EtM9uq

思いのほか、ガソリンモデルとハイブリッドモデルの燃費差が小さいと感じる方もいらっしゃると思いますが、これはハイブリッドシステムの種類が大きく関わっており、一般的なハイブリッド車は発進時や加速時に加え、一定スピードで走行する際もモーターを使用して走ることができます。

しかし、ワゴンRスマイルに搭載されるマイルドハイブリッドシステムは、主にモーターを使用して発進を行い加速時はエンジンをアシストする仕組みとなり、一定スピードで走行する際はモーターのみで走ることができないため、ガソリンモデルとの燃費差が小さくなると言う訳です。

ただし、信号などによって発進と停止を繰り返す市街地モードでの燃費値は、ガソリンモデルとマイルドハイブリッドモデルで概ね3.0km/L程度の差があり、お子さんの送り迎えや近所への買い物などが多い場合は、十分に恩恵を受けられると言えます。

引用:https://bit.ly/3tFa0Cm

一方のムーヴキャンバスには、ワゴンRスマイルのようなマイルドハイブリッドモデルの設定は無く、現在は従来型のガソリンモデルのみとなりますが具体的な燃費としては

計測モード/動力方式 2WD 4WD
WLTCモード 20.6km/L 19.6km/L
市街地モード 17.6km/L 17.4km/L
郊外モード 22.6km/L 21.2km/L
高速道路モード 21.6km/L 20.3km/L

となっており、ワゴンRスマイルのガソリンモデルと比較すると概ね3.3km/L~4.0km/L程度、マイルドハイブリッドモデルとは4.0km/L~4.5km/Lムーヴキャンバスの方が劣る為、燃費性能に関してはワゴンRスマイルの方が優れていると言えるでしょう。

ただし、自動車における燃費値は坂道の有無や天候など様々な環境によって数字が大きく変化する場合がありますので、上記の燃費はあくまでも1つの目安として参考にすることをおすすめします。

スポンサードリンク

【ワゴンRスマイル】VS【ムーヴキャンバス】荷室容量や使い勝手はどう?

引用:https://bit.ly/3yx40wb

3つ目のスズキ・ワゴンRスマイルVSダイハツ・ムーヴキャンバスは、荷室容量や使い勝手の比較です。

ワゴンRスマイルとムーヴキャンバスは、主に女性と中心とした購入層をターゲットとしている事から可愛らしいデザインの内外装である点に加え、小物などを収納するスペースが多数完備されているなど使い勝手も重視した車である事が分かったと思います。

ただ、この両車の様な軽ハイトワゴン車は室内空間の広さを重視する傾向にある事から、通常は荷室部分が犠牲になっていることも少なくないため、実際にワゴンRスマイルとムーヴキャンバスの荷室容量はどれくらいなのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

特に、この両車はベビーカーの使用や移動の際に荷物が多くなりがちな子育て世代などからの人気も高い傾向にありますので、使い勝手の重要なポイントとなる荷室の大きさやシートアレンジの種類は、購入を検討している場合に是非把握をしておきたいところです。

引用:https://bit.ly/38v715O

では実際に、ワゴンRスマイルとムーヴキャンバスの荷室サイズを比較した場合には、どれくらいの差があるのでしょうか。

まずは、この両車の内寸となる室内サイズを見ていくと

車名/各サイズ 室内長 室内幅 室内高
ワゴンRスマイル 2,135mm 1,345mm 1,330mm
ムーヴキャンバス 2,115mm 1,345mm 1,285mm

となっており、室内幅の広さは両車で同じとなりますが長さについては20mm(2cm)、高さに関しては45mm(4.5cm)ワゴンRスマイルの方が僅かに大きく設計されています。

肝心の荷室サイズについては、残念ながらワゴンRスマイルの詳細な寸法が公開されていないため具体的な比較を行えないのが現状ですが、参考値としてオリジナルモデルとなるワゴンRと比較をすると

車名/各サイズ 荷室長 荷室幅 荷室高
ワゴンR※ 280mm 1,165 mm 840mm
ムーヴキャンバス 330mm 880mm 855mm

※参考値

にそれぞれ設計されており、推測値ではありますがワゴンRスマイルはワゴンRよりも室内高が65mm高く後部座席の側面部はスライドドアレールなどが配置される事から、荷室の幅や高さはムーヴキャンバスに近い大きさになると推測されます。

引用:https://bit.ly/3AcmFis

また、両車の荷室長は後席部分のスライド量を最後部にした状態では300mm前後なる事からとやや手狭だと言えますが、前方へスライド量を調節することで200mm程度荷室長を拡張する事ができますので、コンビニなどで扱われる買い物かご程度であれば、十分に収納が可能です。

引用:https://bit.ly/2YXQDsW

さらに、室内空間が広く設計された軽ワゴン車と言えば、多用途で使用できることからシートアレンジの種類も重要視される傾向にありますが、この両車のシートアレンジ方法を見てみると

  • 長尺物積載モード(1人乗車)ワゴンRスマイルのみ
  • 長尺物積載モード(2人乗車):ワゴンRスマイル/ムーヴキャンバス
  • 荷室拡張モード(2人乗車:):ワゴンRスマイル/ムーヴキャンバス
  • 荷室拡張モード(3人乗車:):ワゴンRスマイル/ムーヴキャンバス
  • ソファモード:ワゴンRスマイル/ムーヴキャンバス
  • フルフラットモードワゴンRスマイルのみ

となりますので、シートアレンジの種類に関してはワゴンRスマイルの方が豊富であると言えるでしょう。

車中泊に向いているのはどっち?

引用:https://bit.ly/2YZZAlt

先述の通り、ワゴンRスマイルムーヴキャンバスは内寸のサイズがほぼ同じとなり、シートアレンジの種類も豊富である事が分かりました。

また、昨今では、ホンダ・N-BOXスズキ・スペーシアなどのスーパーハイト軽ワゴン車を利用し車中泊等のアウトドアを楽しむ方が増えている傾向にありますが、中にはワゴンRスマイルとムーヴキャンバスで車中泊を行いたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ただ、軽自動車を利用した車中泊は広い室内空間を備えシートレンジが豊富な車種であっても、実際には向いているモデルと向いていないモデルが存在するため、この両車は車中泊に向いているのか概要を知りたいと言う方も多いと思います。

では実際に、ワゴンRスマイルとムーヴキャンバスではどちらの方が、車中泊を行うのに向いている車種なのでしょうか。

引用:https://bit.ly/3mRG58I

結論から先に言ってしまうと、ワゴンRスマイルとムーヴキャンバスの両車ではシートアレンジの種類が豊富であるワゴンRスマイルの方が、車中泊を行うのに向いている車種だと言えます。

冒頭でも触れた通り、この両車はN-BOXやスペーシアよりも車両の全高が最大で150mm程度低く設計されているものの、室内長は2,000mm以上が確保された車種であるため、車中泊を行う際に必須となるベッドスペースを十分に作り出す事が可能です。

なぜ、この両車で車中泊のし易さが異なるのか疑問を持つ方もいらっしゃると思いますが、ワゴンRスマイルの場合は長尺物積載モードやフルフラットモードのシートアレンジを行う事によって、簡単にベッドスペースを作り出す事ができます。

引用:https://bit.ly/3tI0Jcv

これに対し、ムーヴキャンバスはシートレンジによってフルフラット状態を作る事ができず、ロングソファモードでは体を水平にして睡眠を摂ることが難しい他、シート間の凹凸が多く隙間を埋めるのに大きな手間が掛かることから、この両車ではワゴンRスマイルの方が車中泊に向いていると言う訳です。

もちろん、ワゴンRスマイルの場合でもシート間の隙間などを埋める工夫をしなければ快適に車中泊を行う事はできませんが、大きな手間と費用を掛けず車中泊を行うと言う事を前提にするのであれば、この両車ではワゴンRスマイルに分があると言えるでしょう。

このように、ワゴンRスマイルとムーヴキャンバスでは、室内の広さはほぼ同じとなり荷室容量に関してもほぼ同程度となる事に加え、シートアレンジの種類も豊富ですがシートの構造などにより、車中泊のし易さに関してはワゴンRスマイルの方が向いていると言えますので、比較を行う際の参考にして下さい。

【ワゴンRスマイル】VS【ムーヴキャンバス】徹底比較その2のまとめ

今回は、スズキ・ワゴンRスマイルとダイハツ・ムーヴキャンバスの比較第2弾について解説をしてきましたが、この両車は外観と同じくインテリア部分でも柔らかさと可愛らしさが表現されたデザインとなっている事が分かったと思います。

ただし、この両車のインテリア部分はメーター類の配置が異なる点や収納スペースの数、選択する事のできる純正ナビゲーションの画面サイズの違い等がある事に加え、燃費性能に関してはマイルドハイブリッドが搭載される等の理由からワゴンRの方が優れているなどそれぞれで特徴がありますので、覚えておくと良いでしょう。

また、室内空間のサイズは両車でほぼ同じ広さとなり、シートアレンジの種類も豊富ですが、シートの構造などから車中泊を行う場合はワゴンRスマイルの方が向いていると言えますので、比較を行う際の参考にしてみて下さい。

 

アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/2YzWoN4 https://bit.ly/3E4a8jz

【ワゴンRスマイル】VS【ムーヴキャンバス】徹底比較 その1 カラー・大きさ・価格など

【ワゴンRスマイル】ボディカラーとインテリアカラー

【スペーシア】VS【ムーヴキャンバス】の比較どっちがいいの?維持費・燃費・乗り心地など

【ウェイク】VS【ムーヴキャンバス】の比較どっちがいいの?維持費・燃費・乗り心地など

【ムーヴキャンバス】中古車を購入する際の失敗のない見極め方

車検や保険の維持費を気にせずにクルマを手に入れる方法

数あるサイトの中で【コータローの自動車ブログ】をご覧いただき誠にありがとうございます。

運営者のコータローと申します。

今このサイトをご覧頂いているということは、あなたにも憧れのクルマや現在購入を検討しているクルマがあるのかもしれません。

「発売されたばかりの新型車に乗りたいけど、実際に車を購入するには費用がかかる」

「乗りたい車はあるけれど、普段は電車通勤(通学)であまり車は乗らない」

「保険料やメンテナンス費用を払っていくのがツライ」

「車検費用を払いたくない」

など、新車を購入したくても費用的になかなか車を所有するというのは大変なことです。

ネットやカタログで欲しい車の価格を見ていても、実際に車を所有すれば当然維持費もかかってきます。

保険料や車検費用、タイヤ交換やオイル交換も定期的に自費で行わないといけません。

それでもやっぱり憧れのクルマに乗りたい!というあなたにとっておきの方法をご紹介します。

カーリースで欲しい車を手にする!

カーリースを利用することはメリットがたくさんあります!

頭金ゼロでずっと定額の支払い

クルマ代は使う分だけ

車検代、メンテ代は全てコミコミ

国産、輸入車問わず好きな車種が選べる

使わない時はシェアして維持費を軽減できる

カーリースでクルマを購入するという選択肢を知っているだけで大幅に節約できますよ!


スポンサードリンク





タイトルとURLをコピーしました