itemscope itemtype="https://schema.org/WebPage" data-barba="wrapper">

【ライズ】【ロッキー】車中泊がしたい!おすすめアイデア

ダイハツ

トヨタ・ライズやダイハツ・ロッキーで車中泊はできるのでしょうか。

ライズとロッキーは、名前こそ異なるものの基本的な内外装のデザインや設計は同じとなる兄弟車のコンパクトSUVですが、昨今では乗用車を活用した車中泊が話題となっている事から、ライズやロッキーで車中泊に挑戦してみたいと言う方も多いのではないでしょうか。

ただ、ライズとロッキーはボディサイズが5ナンバー車規格となる事から、本当に車中泊を行う事ができるのか概要を知りたいと言う方は多いはずです。

そこで今回は、ライズやロッキーで車中泊を行う事はできるのか、また車中泊を快適に過ごすにはどの様なアイデアがあるのかなどを中心に、ライズ・ロッキーと車中泊について解説をしていきます。

スポンサードリンク

【ライズ・ロッキー】で車中泊は可能なのか?

引用:https://bit.ly/38JKvHx

トヨタ・ライズダイハツ・ロッキーは、昨今最も人気の高いコンパクトサイズのSUVですが、SUVと聞くとアウトドアや車中泊での利用を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

ただ、ライズやロッキーは車両の全長が4,000mm(4m)に満たない非常に小さな車種であるため、本当に車中泊を行う事ができるのか疑問に思っている方は多いと思います。

では、実際にライズやロッキーで車中泊を行う事は可能なのでしょうか。

車中泊というのは、その名の通り車内で宿泊を行うためまずは寝床となるベッドスペースを確保しなければなりませんが、ライズとロッキーのラゲッジルームは後部座席を使用している場合で

  • 荷室長:755mm
  • 荷室幅:1,000mm(最短部分)
  • 荷室高:740mm(デッキボード上段時)

となり、このままではベッドスペースを確保する事ができません。

また、後部座席を倒しラゲッジルームを拡張した場合でも前部座席が後方にある場合には約1,420mm程度までしかスペースを確保する事ができず、こちらの状態でもライズやロッキーの場合にはベッドスペースを確保する事ができません。

引用:https://bit.ly/2UtYdGk

しかし、前部座席をダッシュボード方向へ目一杯スライドさせた場合には、ラゲッジルームと前部座席シートバック面に約250mm程度の空間が生まれ、約1,700mm程度までスペースを広げる事が可能となります。

さらに、スライドさせた前部座席からラゲッジルームの左右どちらかへ対角で長さを測った場合には、約1,850mm程度のスペースを確保する事ができますので決して広くはありませんが、結論としてはライズやロッキーでも車中泊を行う事は可能です。

だたし、前部座席を前方へスライドさせた場合には荷室長が約1,700mm程度となり、日本人の平均的な成人男性の身長では真っ直ぐに寝ることができない他、ベッドスペースを対角線上に作らなければならないなど制限も多いため、実際には成人男性1人のスペースを確保するのが限界だと言えるでしょう。

引用:https://bit.ly/38L9I4b

ちなみにライズとロッキーのラゲッジルームには、収納容量を調節する事のできるデッキボードが予め備えられていますが、こちらは上段に設置を行わなければフラットな面を作り出す事ができませんので覚えておくと良いでしょう。

この様にライズとロッキーは、決して広くはありませんが車中泊を行うために必要なベッドスペースは確保する事が可能ですので参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

【ライズ・ロッキー】車中泊を快適にするアイデアをご紹介

引用:https://bit.ly/3kvd79x

前述した通り、トヨタ・ライズダイハツ・ロッキーは後部座席を倒しラゲッジルームを拡張することに加え、前部座席を目一杯前方へスライドさせる事によって車中泊を行うスペースを確保できることが分かりました。

しかし、ライズとロッキーの場合には決して広くはない室内スペースを目一杯活用するため快適に車中泊を行う場合には、幾つか工夫を行わなければなりません。

ではライズとロッキーの場合、車中泊を快適に過ごす為のアイデアはどの様なものがあるのでしょうか。

アイデアその1・シート間のスペースを埋める

引用:https://bit.ly/3kA2F0B

通常SUVなどの車種で車中泊を行う場合には、後部座席を倒しラゲッジルームを拡張すればベッドスペースを確保する事ができますが、ライズロッキーの場合にはこれに加えて前部座席を前方へ目一杯スライドさせなければなりませんので、シート間のスペースは他車種と比べて広く空いてしまう事が難点です。

また、ライズとロッキーの場合にはこのスペースを埋めなければベッドスペース自体を確保する事ができなくなるため、隙間を埋める工夫は最重要課題でもあります。

この場合、様々なアイデアがありますが最も簡単な方法はビニール製のスペースクッションなどを用いてシート間のスペースを埋めるという方法です。

ビニール製のスペースクッションは、ミニバン車のスツールなどで利用される事も多くカー用品店やホームセンターでも手軽に入手することができるため、ライズとロッキーで車中泊を行う場合には必ず用意をしていきたいグッズと言えます。

さらに、スペースクッションは空気さえ抜いてしまえばコンパクトに収納できるため、荷物を最小限に抑えるという点でも有効的なアイデアと言えますので覚えておくと良いでしょう。

アイデアその2・収納スペースは拡張しておく

引用:https://bit.ly/2Uqladi

前述した通りライズロッキーで車中泊を行う場合には、後部座席を倒し尚且つラゲッジルームを対角線上に利用してベッドスペースを確保する事が基本となります。

そのため、車内へ積載できる荷物の数は大きく制限される場合がありベッドスペースを確保する事に加えて、収納スペースの確保も考えなければなりません

幸いにもライズとロッキーのラゲッジルームには、デッキボードを上段で使用している場合でも深さ340mm程度のオプション品スペアタイヤを格納する床下収納が予め設けられていますので、背の低い荷物はこの部分に積載する事ができます。

また、ライズとロッキーの場合にはベッドスペースを確保する観点から室内に大量の荷物を積載する事はできないため、車外天井部分にルーフボックスなどのグッズを導入し収納スペースを拡張しておくと車中泊を快適に過ごす事ができるでしょう。

アイデアその3・電源を確保しておく

引用:https://bit.ly/3nsaQ0X

車中泊では、普段の生活とは異なり不便を感じる場面が多くありますが、その中でも最も困るのが電源を確保する事ができないと言う点です。

昨今の自動車には、スマートフォンなどを充電するためのUSB端子が予め装着されている車種も多く、ライズロッキーでも充電用としてフロントに1箇所、リヤに2箇所標準完備されています。

しかし、使用するにはエンジンが動作している場合に限ってしまうため、就寝中などエンジンが停止している間は一切電源を確保するできなくなってしまう点が難点です。

この様な場合に便利なのが、家電量販店などでも取り扱われているモバイルバッテリーとなり走行中に充電を行っておけば、エンジン停止時でもスマートフォンなどの機器を充電できる他、体温の調節に便利な小型扇風機や電気毛布なども使用する事が可能となります。

本格的に電源を確保するつもりであれば、アウトドアでも活躍する機会の多いポータブル電源も魅力的ですがライズとロッキーで車中泊を行う場合には、荷物の積載量に限りがあるため省スペースで携帯性にも優れたモバイルバッテリーが最適という訳です。

この様にライズとロッキーで快適に車中泊を過ごすには、様々なアイデアとグッズがありますので参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

【ライズ・ロッキー】車中泊を行うのに適した環境とは

引用:https://bit.ly/35uAUCi

トヨタ・ライズダイハツ・ロッキーで快適に車中泊を行うためには、様々なアイデアやグッズがあり、ベッドスペースを確保しただけでは快適に過ごす事ができない事がわかりました。

では実際に、ライズやロッキーで車中泊を行う場合にはどの様な場所や環境が良いのでしょうか。

大前提は長時間の駐車が認められている場所

引用:https://s.jalan.net/3f3XVPR

昨今では、全国的にRVパークやオートキャンプ場と言った車中泊専用の施設が増え、手軽に車中泊を楽しむことができますが、これらの施設以外で車中泊を行いたい場合にはどの様な場所が良いのかよく分からないと言う方も多いと思います。

これには様々な条件がありますが、大前提としては長時間の駐車が認められている場所でなければ車中泊を行う事はできません。

オートキャンプ場など専用施設以外で行える車中泊スポットと言えば、各都道府県に設けられている道の駅が有名ですが、道の駅の中には長時間の駐車が認められておらず車中泊が行えない施設も存在します。

じつは、道の駅の駐車場は多くの施設で事故を未然に防ぐ目的として仮眠や休憩であれば駐車可能と言う指針が国土交通省から出ており、厳密には宿泊を目的として長期間の滞在は控えて欲しいと通達されているのが現状です。

引用:https://bit.ly/2UvhDKV

しかし、文言の解釈によってはどの程度の期間が長期間の滞在となるのかや、一部の道の駅では独自に宿泊を目的とした車中泊を認めているなど、定義が曖昧で施設によって車中泊の可不可が分かれているのも現状となります。

そのため、全ての道の駅で車中泊が行えないと言う訳ではありませんが、中には車中泊を行うことのできる施設もあり車中泊を行うためには大前提として、長時間の駐車が認められている場所でなければなりませんので覚えておくと良いでしょう。

トイレが完備されている環境

引用:https://bit.ly/36GLLZo

車中泊を行う場合には、長時間の駐車が認められている場所が必要であることが分かりましたが、もう一点車中泊に適した環境の条件として挙げられるのがトイレが完備されている環境であると言う点になります。

ライズロッキーを含めた多くの車種での車中泊は、電源が用意できないなど様々な不便が生じますが最も不便なのは生活空間の中にトイレが無いという問題です。

最近では、簡易型のトイレもカー用品店やホームセンターなどで販売されていますが、こちらはあくまでも緊急時の一時的な場合を想定した作りとなるため、車中泊向けではありません。

また、車中泊を行う場所によっても異なりますが場合によってはコンビニなどの施設まで長時間の移動を余儀なくされる場合もあり、倫理やマナーの問題から周辺で用を足す訳にはいきませんので車中泊を行う場合には、必ず近くにトイレがなければならないと言う訳です。

この様に車中泊専用施設以外で車中泊に適した環境は、長時間の駐車が行える環境である点やトイレが近くに完備されている場所であるなど、様々な条件がありますので覚えておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

【ライズ・ロッキー】車中泊での過ごし方

引用:https://bit.ly/3f9yXi6

トヨタ・ライズダイハツ・ロッキーで車中泊を快適に行うためには、ベッドスペースの環境を整える点や収納スペースを工夫することに加え、車中泊に適した環境を探さなければならない事が分かりました。

では実際に車中泊を行う場合には、どの様に過ごすのが良いのでしょうか。

しっかりと体を休ませる

引用:https://bit.ly/3f3g9Rw

車中泊は、普段の生活とは異なり慣れない環境で過ごさなければならず、自分が思っている以上に疲労が蓄積しやすく長期間の車中泊となれば、体調を崩してしまうことも珍しくありません。

そのため、十分な睡眠をとるよう心がけ適度な間隔で車外へ出てリラックスするなど、体だけではなく気持ちの面でもゆったりとリラックスして過ごす必要があります

特にライズとロッキーで車中泊を行う場合には、窮屈な体勢で過ごす機会も多くなるため体調管理は普段以上に気をつけて過ごす事が大切です。

エコノミークラス症候群に注意する

引用:https://bit.ly/3kCHqvd

先述した通り、ライズロッキーで車中泊を行う場合には室内の広さの関係から窮屈な体勢で過ごす機会も多くなり、長時間にわたって同じ体勢で過ごしてしまうことも珍しくありません。

しかし、長時間にわたって同じ体勢を維持していると体内の血液循環が悪くなり、エコノミークラス症候群と呼ばれる病気を起こしてしまう可能性が高くなるため、定期的に就寝姿勢を変え場合によっては約5時間程度の間隔で一度車外に出て、血液の循環を整える必要があります。

また、普段よりも水分を多めに摂取しておくことや、やや頭よりも足を高くして寝るなどの予防策を行う事によってエコノミークラス症候群の発症を抑えることもできますので、覚えておくと良いでしょう。

ドアロックは必ず行う

引用:https://bit.ly/3f6c0vV

車中泊では、体調の管理やエコノミー症候群などを予防する過ごし方も大切ですが、トラブルを避けるという観点から防犯対策は非常に重要です。

特にドアのロックは、外部から人の侵入を避ける場合の防犯対策として効果的ですが、トイレなどで短時間クルマから離れる場合でも、車上荒らし等を防ぐと言う意味で重要となります。

また、外部から車内が確認できないようシェードやカーテンなどで目隠しを行う方法も効果的な防犯対策となり、これらは安全に車中泊を過ごす為には欠かせませんので必ず行うようにして下さい。

このほかには、ランタンなどの淡い光でリラックス効果を促す過ごし方や事故防止の観点から就寝時は必ずエンジンを停止させるなど、快適に過ごす方法に加えて注意をしなければならない点が車中泊にはありますので覚えておくと良いでしょう。

【ライズ・ロッキー】車中泊のまとめ

今回は、ライズ・ロッキーと車中泊について解説をしてきましたが、この両車は全長が4mを下回るボディサイズのコンパクトSUVですが後部座席を倒し前部座席目一杯前方へスライドさせる事で、車中泊を行うスペースを確保できる事が分かったと思います。

ただし、快適に車中泊を過ごす為にはシート間のスペースを埋める事や車外などに収納スペースを拡張するなどのアイデアが必要となりますので、覚えておくと良いでしょう。

また、ライズやロッキーでの車中泊は車内のスペースの問題から体調管理や病気の予防対策なども重要となりますので、車中泊を行う予定がある場合には前述してきた例を参考にしてみて下さい。

 

アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/3kvd79x

タイトルとURLをコピーしました