itemscope itemtype="https://schema.org/WebPage" data-barba="wrapper">

【ライズ】【ロッキー】オイル交換はメンテナンスの基本。最適オイルは?

ダイハツ

トヨタ・ライズとダイハツ・ロッキーには、どの様なエンジンオイルが最適なのでしょうか。

ライズとロッキーは、共に全長が4mを下回りエンジンの排気量は1,000ccとなるコンパクトSUVですが、搭載されるエンジンはターボ付きである事からどの様な頻度でエンジンオイルを交換したら良いか、よく分からないと言う方も多いのではないでしょうか。

エンジンオイルの交換は、自動車を長持ちさせる上で基本的なメンテナンスとなり快適に走行を行うためにも必要な事となりますので、どの様なオイルがライズとロッキーには最適なのか是非知っておきたいところです。

そこで今回は、ライズとロッキーに最適なエンジンオイルやオイル交換時期、オイル交換に掛かる費用などの紹介を中心に、ライズとロッキーのオイル交換について解説をしていきます。

スポンサードリンク

【ライズ・ロッキー】最適なオイル交換時期は?

引用:https://bit.ly/3pwLsc4

トヨタ・ライズダイハツ・ロッキーには、ターボ付きのガソリンエンジン車が設定されておりNA(ナチュラルアスピレーション)と呼ばれる自然吸気エンジンの設定はありません。

昨今では、軽自動車以外の車種でも排気量を抑えたターボエンジンやディーゼルターボエンジンが増えつつありますが、ガソリン車のターボエンジンを扱った事が無いと言う方も多いと思いますので、まずはライズとロッキーの最適なオイル交換時期について説明をしていきます。

一般的にターボが付いていないガソリンエンジン車の最適なオイル交換時期は、走行距離が約5,000km~8,000km前後、期間としては約6ヶ月~12ヶ月のどちらか早い方で交換と言うのが最適なオイル交換時期になります。

ただ、ライズとロッキーに搭載されるエンジンはターボ付きの物となっており、動力を生み出すエンジンとしての役割は同じですが最適なオイル交換の時期は、通常のNAエンジン車とは異なる点が特徴です。

引用:https://bit.ly/2UsAjLb

では、ターボ付きエンジンとなるライズとロッキーの最適なオイル交換の時期はどの様なものとなっているのでしょうか。

これは、走行を行う距離や環境によって異なりますがターボエンジンを搭載したライズとロッキーの場合には、概ね走行距離が約3,500km~5,000km前後、または約3ヶ月~6ヶ月程度のどちらか早い方で交換と言うのが両車の最適なエンジンオイルの交換時期です。

ターボ付きエンジンは、殆どの場合で通常のNAエンジンに過給機と呼ばれるターボタービンなどのユニットを付けエンジンパワーの向上を図っていますが、通常のエンジンとは異なり非常にエンジン内部が高温になる特徴があります。

加えて各エンジン内部の部品が高回転で動くため、その分エンジンオイルに含まれる鉄粉などの量が増え通常のエンジンよりもオイルの汚れる速度が速くなる点も、ターボエンジンの1つの特徴として挙げられます。

引用:https://bit.ly/3kBe6oH

特にエンジンオイルは熱に弱く、ターボユニットによってエンジン内部の高温状態が長い場合、オイルは通常のエンジンよりも劣化が早く洗浄能力や冷却効果も徐々に低下し、さらにエンジンに高負荷がかかる事から、ターボエンジンはNAエンジンよりもオイルの寿命が早くなると言う訳です。

そのため、ライズとロッキーに搭載されるターボエンジンは通常のエンジンよりも早い頻度でオイル交換を行わなければなりませんので、覚えておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

【ライズ・ロッキー】最適オイルのオイル粘度や種類

引用:https://bit.ly/3ptB2tO

トヨタ・ライズダイハツ・ロッキーのエンジンオイルは、ターボが搭載されている事もあり走行を行う距離などによっても異なりますが、基本的には通常のエンジン車よりも早い期間でのオイル交換が必要となる事が分かりました。

では、ライズとロッキーに搭載されるターボエンジンにはどの様な粘度や種類のオイルが最適なのでしょうか。

ライズとロッキーに最適なオイルの粘度

引用:https://bit.ly/3ejZ2u5

昨今の自動車は、燃費の向上やエンジンに負荷が掛かり排気ガスが多くなる事を防ぐため、比較的に粘度の低いエコカー向けエンジンオイルが主流となっていますが、ライズとロッキーには新車時に標準で充填されるオイルとして、0W-20と言う粘度のオイルが使用されています。

また、この両車のメーカー推奨オイル粘度は新車時に充填されるのと同じ0W-20となっていますので、ライズとロッキーのエンジンパフォーマンスを最大限発揮させるためにも、交換を行う場合はエコカー向けである0W-20を選択すると良いでしょう。

ただし、前述の通りライズとロッキーに搭載されるエンジンはターボ付きのものとなり、エンジン内部はNAエンジンと比べ高温になりやすい特徴があるため、燃費性能はやや落ちますが高速走行が多い場合には高温時でもオイルの性能が低下しづらい、0W-30と言う粘度のオイルを選択しても良いと言えます。

ライズとロッキーに最適なオイルの種類

引用:https://bit.ly/32TUiqJ

ライズロッキーは、共にエコカー向けの低燃費車オイルである0W-20と言う粘度のオイルが最適である事が分かりましたが、自動車のエンジンオイルには粘度に加えてオイル自体に鉱物油や化学合成油などグレードが設定されている事をご存じでしょうか。

一般的に自動車のエンジンオイルは、

  • 石油の精製過程で抽出され最も価格の安い鉱物油
  • 鉱物油を化学分解し、分子量が整えられエンジンのパフォーマンスを発揮させる化学合成油
  • 鉱物油と化学合成油を組み合わせて機能は向上させながらも、価格を抑えた部分合成油

の3種類に分類されます。

この3種類のオイルはそれぞれメリットデメリットを併せ持っており、代表的なものを挙げていくと

  • 鉱物油:価格が安くオイル交換の頻度が多い車には最適だが、耐久性や洗浄効果などの機能は低くエンジンのパフォーマンスをフルに発揮する事はできない
  • 化学合成油:分子量の調整によってエンジンオイルの弱点である熱に強く、洗浄効果や耐摩耗性に長けているが価格が高い
  • 部分合成油:低価格の鉱物油と機能性に優れた化学合成油を組み合わせたオイルであるため、化学合成油よりも価格が安く鉱物油よりも機能性に優れてはいるが、化学合成油ほどエンジンパフォーマンスを引き出す事はできない

などの特徴がそれぞれのオイルには存在します。

引用:https://bit.ly/35AsfhI

ただ、前述の通りライズとロッキーに搭載されるターボ付きエンジンは、エコカー向けオイルを推奨しつつも高温且つ高回転で性能を発揮させるタイプのエンジンとなりますので、エンジンを保護しパフォーマンスを発揮させると言う面では、価格が高くても化学合成油が最適な種類のオイルであると言えるでしょう。

この様にライズとロッキーに最適なオイルは、エコカー向けの低粘度オイルで機能性に優れた化学合成油が適していると言えますので参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

【ライズ・ロッキー】オイル交換費用は1回いくら?

引用:https://bit.ly/2UzRQ4k

トヨタ・ライズダイハツ・ロッキーには、粘度が低く高温でも高い保護性能を誇る化学合成油が最適なオイルである事が分かりましたが、実際にライズやロッキーのオイル交換を行う場合には1回あたりどれくらいの費用が発生するのでしょうか。

冒頭でも触れたように、ライズとロッキーには1,000ccのターボ付きエンジンが搭載されており、エンジンオイルの規定量はオイル交換のみの場合で約2.9L、オイルを濾過するために必要なエレメントと同時に交換する場合には約3.1Lのオイルが最低必要となります。

また、ライズやロッキーのエンジンに充填されている0W-20の純正オイルは、ディーラーで量り売りが行われている物で店舗によっても差がありますが、概ね1Lあたり約700~900円程度の価格が平均相場です。

さらに、工賃はメーカーや店舗によってばらつきがある事から全てのケースで同じ金額になる訳ではありませんが、金額としては概ね1作業あたり約500~1,000円程度が平均的な工賃となります。

そのためライズとロッキーのエンジンオイルをディーラーで純正の物に交換をした場合には

オイル価格(1L) 必要量 エレメント交換 工賃 オイル交換費用
約700~900円 2.9L 無し 約500~1,000円 約2,600~3,700円
3.1L あり(約1,000円) 約3,700~4,800円

程度がライズとロッキーの1回に掛かるオイル交換費用の目安となります。

ただし、最近ではディーラーで一定量のオイルを定額で購入し交換を行うボトルキープ方式のオイル交換方法を導入している店舗も多く、こちらの場合にはオイルの価格が引き下げられるだけではなく、工賃自体が無料になるなどのサービスも行っている店舗も存在します。

そのため、これらのサービスを利用した場合には上記の価格よりも安くオイル交換を行うことも可能となりますので、1回に掛かるオイル交換費用を抑えたい場合にはボトルキープやディーラー独自のメンテナンスパックなどに加入しておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

【ライズ・ロッキー】オイルエレメントは毎回交換が必要?

引用:https://bit.ly/3kCEjmU

トヨタ・ライズダイハツ・ロッキーは、ダーボ付きエンジンが搭載されているため通常のNAエンジン車よりもエンジンオイルの交換頻度は多いことが分かりましたが、エンジンには汚れたオイルを濾過するフィルターが取り付けられています。

このフィルターはオイルエレメントとも呼ばれ、エンジンオイルと同様に劣化が進み濾過機能が低下した場合には交換を行わなければなりませんが、ターボエンジン車であるライズとロッキーの場合にはオイル交換毎にエレメントも交換しなければならないのでしょうか。

こちらは、走行を行う距離やオイルの汚れ具合によっても異なりますが、結論としては概ねオイル交換2回に対しエレメントの交換は1回というのが基本となります。

確かに、ライズとロッキーに搭載されるエンジンはターボ付きであるため通常のNAエンジン車と比較をすると、オイルは汚れやすく交換する頻度も多くなりますが、一般的なターボ車のエレメントは走行距離10,000kmまたは12ヶ月の早い方で交換言うのが基本です。

引用:https://bit.ly/3pBMuDW

前述した通りライズとロッキーの最適なオイル交換時期は、走行距離が約3,500km~5,000km前後または約3ヶ月~6ヶ月程度となります。

これらを照らし合わせていくと、ライズとロッキーの場合オイル交換2回で走行距離は約7,000~10,000km前後、時期は6ヶ月~12ヶ月に丁度重なるためオイル交換2回に対しエレメントの交換は1回というのが基本になる訳です。

もちろん、新車の場合には走行距離を重ねた車よりもエンジン内部に金属粉などが発生しやすい環境にあるため、場合によってはオイル交換毎にエレメントも交換するケースもあります。

しかし、慣らし運転が既に済んでいる走行距離が5,000km以上の車両については、ターボ車であっても上記の期間でのエレメント交換が基本となり、オイル交換ごとにエレメントの交換を行う必要はありませんので覚えておくと良いでしょう。

【ライズ・ロッキー】オイル交換のまとめ

今回は、トヨタ・ライズとダイハツ・ロッキーのオイル交換について解説をしてきましたが、この両車にはターボエンジンが搭載されているため最適なオイル交換時期は、ノンターボとなるNAエンジン車よりも早くなることが分かったと思います。

また、ライズとロッキーにはターボエンジンが搭載されているものの、最適なオイルはエコカー向けの物がメーカーから推奨されていますので、交換を行う場合には粘度の低いエコカー向けオイルを選択すると良いでしょう。

 

アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/3ptB2tO

タイトルとURLをコピーしました