【ハリアー】口コミや評価・評判は?

ハリアー

維持費を気にせずに欲しい車を手にする!

カーリースを利用することはメリットがたくさんあります!

頭金ゼロでずっと定額の支払い

クルマ代は使う分だけ

車検代、メンテ代は全てコミコミ

国産、輸入車問わず好きな車種が選べる

使わない時はシェアして維持費を軽減できる

カーリースでクルマを購入するという選択肢を知っているだけで大幅に節約できますよ!


 

今回は、大人気【トヨタ ハリアー】の口コミについてご紹介いたします。

車を購入する上では、その車の情報を十分に知ってから納得した上での検討をしたいものですよね。

今回はそんな悩める方たちの参考になるよう、実際にハリアーを乗った方たちのリアルな声に注目してみました。

どんな車にもメリット・デメリットはありますがハリアーにはどんな声が上がっているのか?

そのデメリットの解消法も添えてご紹介します。

スポンサードリンク

【ハリアー】良い口コミをご紹介

https://toyota.jp/harrier/gallery/?padid=from_harrier_top_navi-menu_gallery

ハリアーと言えば、トヨタのSUVを代表する高級感溢れる大人カーと言えますね。

なんと1997年から長らく愛される歴史深い定番カーなんですね。

そんなハリアーにも乗る人によってさまざまな意見があります。

では、本題であるハリアーの実態について覗いてみましょう

ハリアーの良い口コミ

SUV界のクラウンと呼ばれるだけあって、高級感溢れるラグジュアリーがとても気に入っています。
セダン車のような乗り心地で、凹凸のある道やコーナーを曲がる時にも縦揺れが少ないのが魅力だと思います。
見た目の高級感が素晴らしく、ずっと飽きずに乗り続けられるシンプルで洗練されたデザインだと思います。
価格も少し高くはありますが、この外観であれば充分満足出来る価格設定だと思いました。
これといって気になる点が大きくはないことが良い点かと思います。
こだわりや要望を言い出したらキリがないけども、特に大きく挙げる程の問題はないと感じられます。
ハリアーを購入して良かったと思える点の方が圧倒的に多いです。
顔つきがとてもよく、面の美しさも文句なしです。
リアライトなど細部もスタイリッシュで先進的なデザインなので長く乗る事が期待できそうです。
以前もハリアーに乗っていましたが、想像より金額が抑えられていた事と期待を裏切らないデザインセンスだったので即購入を決めました。

口コミを見てみると、このような意見が沢山ありました。

外観についての満足度は星5と言っていいほどの良い意見ばかりでした。

流石、長らく愛される定番カーというだけありますね。

結果、デザインに関しては文句なしの人気車ということが分かりました。

ただ、性能部分や使い心地には疑念を抱く方も多いようですので、良いところだけではなく少し見え隠れする黒い部分、この際なのでたっぷり探っていきましょう。

スポンサードリンク

【トヨタ ハリアー】悪い口コミは?

 

車には良いところ、悪いところ、必ずあると思いますが、ハリアーの評価が低い部分はどんなところなのでしょうか。

長らく車を愛するためには、悪い部分も受け止めての購入が良いですね。

辛口コメントと共に、その改善法があるのかも併せて確認してみましょう。

ハリアーの悪い口コミ

正直燃費とパワーがあともう少しあれば…と思いました。
全体的な高級感に関しては申し分ないが、ハンドル周りの質感に少し手抜きを感じます
パワーも見た目のわりにそこまでないように感じ、外観を重視し過ぎているとも思いました。
ロードノイズが少々気になります。普段使いで乗る分にそこまで気になる点ではないのですが、以前乗っていら車と比較すると少しばかりうるさい気もします
パネル部分の質感は満足なのですが、ハンドルだけが質感に落ち度を感じ残念な感じです。
そこだけ浮いて見えるというか…ただ、ハンドルカバーによって修復は可能なのでそれが救いです。
燃費が悪いような気がします。1キロ10キロメートルくらいが精々走る距離かと体感しています。
こまめな給油が必要なのとエンジン音も少し気になります
バック部分のデザインが少し出っ張っていてかっこいいとは思っていたのですが、駐車の際に見にくくぶつけてしまいました。
その後は注意をしているのですが、毎度気を遣っての駐車なので疲れます。
センサーがたまに敏感すぎます。
安全性能に長けているという部分では事故の心配がなく有難いのですが、多々センサーの反応が良すぎてうるさく感じることがあります。
乗り心地やハンドリング、外観などは全くもって問題がなく、むしろ満足しているのですが、燃費が…。
アイドリングストップ装置などが付いているのにそこまで燃費が良いとは言えません。

 

口コミを見てみると、このような意見がありました。

圧倒的に多い意見としては、「燃費」「走行音」「ハンドルの質感」があまり良い評価が得られていない模様です。

どんな車にせよ、良い点と悪い点はあるかとおもいますが、この悪い点に関しては気になる方も多いかと思います。

この欠点が改善出来たら更に満足のいく素晴らしい車へと変化するかと思います。

では、この欠点は自分で改善できることがあるのか詳しく解明していきましょう。

ハリアーのデメリットへの解決方法は?

ハリアーのデメリットは大きくわけて「燃費」「走行音」「ハンドルの質感」の3つでした。

この3つの解決法を探っていきましょう。

1.「燃費」をよくする方法

燃費って良くすことなんて…出来ます!!

元の燃費自体を変える事はほぼ不可能に近いです。

ただ、自分の乗り方次第ではハリアーに関わらずどんな車も燃費を抑えることが出来ます。

例えば、長い高速道路での渋滞において、スピードを急に出したり止まったり。

そんな走り方をしてしまうとどんなに燃費が良いと言われている車でも、ガソリンの減りは早くなってしまいます。

逆を言えば燃費が悪いと言われている車でも大切なポイントさえ押さえることが出来れば燃費だって良い状態まで持っていけるのです。

・一定の速さで走る
一番燃費おさえられる方法は、一定の速さを維持し続けることです。

信号の多い場所では中々そうもいかない事はありますが、高速道路などでは出来るだけ一定の速さで走る事をオススメします。

・急発進、急ブレーキをカット
車は発進時やブレーキをかける際にも大きなパワーを必要とします。

車への負担も大きくなり、故障の原因や燃費の悪さにも繋がりますので、出来るだけゆっくりとブレーキを離し、踏むと燃費の向上にもつながります。

 

2.「走行音」を抑える方法

上の図のように車のタイヤと車体の間には空白のタイヤハウスというものが存在します。

そのタイヤハウスの中に小石や水しぶきが入ることでノイズ音がします。

この音が走行音の問題にもなっている音なので、「静音マット」をフロアマットの下に敷くことで音が低減されます。

この図の様にカーペットとフロアマットの間に挟みます。

フロアマットのは自分の手で簡単に取り外すことができ、ハリアーの静音マットは1万円前後で購入することが出来ます。

3.「ハンドルの質感」をよくする方法

ハンドルの質感を良くするには、ハンドルカバーを付けることをオススメいたします。

お近くのカーショップでも1,500円前後から売っています。

ハンドルカバーを変えることによってのメリットは質感だけではなく、ハンドルを回す時のグリップも良くなります。

滑り止めとしても機能してくれるんですね。

いかがでしたか?

ハリアーのデメリットは少額で改善することが出来て、さらにメリットにもなってしまう点が多くの方に愛される理由なのかもしれませんね。

スポンサードリンク

【トヨタ ハリアー】口コミ・評価・評判のまとめ

では、これまでのことを簡単にまとめてみましょう。

  • 良い口コミ…外観の高級感がよく飽きずに乗ることが出来る。
  • 悪い口コミ…燃費、走行音、ハンドルの質感が気になる。
  • 燃費…一定の速さで走行、急発進・急ブレーキをカットすると良くなる
  • 走行音…静音マットを挟むと低減される。
  • ハンドルの質感…ハンドルカバーを付けることをオススメ

どんな車でも欠点はありますが、ハリアーは自分の工夫次第で改善ができることが分かりましたね。

致命的な欠点ではないですし、安価で治ることなので皆に長らく愛されるハリアーは流石だと思います。

この記事を読んでくださった方は是非、この機会に展示場へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

アイキャッチ画像 引用:https://toyota.jp/harrier/gallery/?padid=from_harrier_top_navi-menu_gallery

【ハリアー】納期・納車情報。納車待ちはどのくらい?

【ハリアー】内装や内装色、室内内寸の詳細

【ハリアー】値引き相場や限度額を知っておこう!

【ハリアー】人気カラーや色見本などをご紹介

【ハリアー】機械式駐車場に入るか?外寸は?

【ハリアー】オイル交換はメンテナンスの基本。最適オイルは?

【ハリアー】車中泊したい!快適装備は?

【ハリアー】VS【RAV4】比較してみた

【CX-8】VS【ハリアー】あなたにとって魅力的な車はどっち?

車検や保険の維持費を気にせずにクルマを手に入れる方法

数あるサイトの中で【コータローの自動車ブログ】をご覧いただき誠にありがとうございます。

運営者のコータローと申します。

今このサイトをご覧頂いているということは、あなたにも憧れのクルマや現在購入を検討しているクルマがあるのかもしれません。

「発売されたばかりの新型車に乗りたいけど、実際に車を購入するには費用がかかる」

「乗りたい車はあるけれど、普段は電車通勤(通学)であまり車は乗らない」

「保険料やメンテナンス費用を払っていくのがツライ」

「車検費用を払いたくない」

など、新車を購入したくても費用的になかなか車を所有するというのは大変なことです。

ネットやカタログで欲しい車の価格を見ていても、実際に車を所有すれば当然維持費もかかってきます。

保険料や車検費用、タイヤ交換やオイル交換も定期的に自費で行わないといけません。

それでもやっぱり憧れのクルマに乗りたい!というあなたにとっておきの方法をご紹介します。

カーリースで欲しい車を手にする!

カーリースを利用することはメリットがたくさんあります!

頭金ゼロでずっと定額の支払い

クルマ代は使う分だけ

車検代、メンテ代は全てコミコミ

国産、輸入車問わず好きな車種が選べる

使わない時はシェアして維持費を軽減できる

カーリースでクルマを購入するという選択肢を知っているだけで大幅に節約できますよ!


スポンサードリンク





タイトルとURLをコピーしました