itemscope itemtype="https://schema.org/WebPage" data-barba="wrapper">

【ハスラー】VS【スペーシアギア】あなたにとって魅力的な車はどっち?

スペーシア

スズキクロスオーバーSUV【ハスラー】軽スーパーハイトワゴン【スペーシア】をSUVテイストにデザインした派生車【スペーシア ギア】

軽トールワゴンにSUVの要素を取り入れた荒れた路面での走破性が自慢の軽自動車である【ハスラー】を検討される方にとって、丸目のヘッドランプにプロテクター風のバンパーなどSUVテイストが取り入れられた【スペーシア ギア】はとても気になる存在です。

【ハスラー】と【スペーシア ギア】、スズキの軽自動車2車種の魅力を取り上げてあなたにとって魅力的な1台を紹介していきます。

スポンサードリンク

【スズキ ハスラー】はこんな車

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/hustler_tough_wild/

【スズキ ハスラー】は軽トールワゴン【ワゴンR】(先代)をベースに最低地上高を180mmとして起伏のある路面での走破性を向上させ、丸目のヘッドランプ・黒のバンパーにシルバーのバンパーガーニッシュを取り付けるなどSUVの要素を取り入れたクロスオーバーSUVとして2014年に発売開始しました。

グレードによって選択肢が異なりますが外装カラーラインナップ全24種類と豊富に取り揃え、外装色に合わせてインテリア色が「アイボリー」「イエロー」「カーキー」「ブラック」「ウッド(ワンダラー)」「オフブルー(タフワイルド)」と異なるカラーリングが用意されます。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

エンジンNA・ターボが用意されており、モーターでエンジンをサポートするマイルドハイブリッドシステム「S-エネチャージ」が組み合わされる事でNAエンジンモデルでも街乗りに充分な性能を発揮します。

「A」と「G(5MT)」には「S-エネチャージ」は搭載されません。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

最廉価グレード【A】を除き、CVT車には「デュアルカメラブレーキサポート」などの予防安全装備が標準装備される安全性能の高さも自慢です。

4WDではエンジンブレーキだけでは減速しきれない急な坂やブレーキ操作でのコントロールが難しい場面などでブレーキ操作無しで約7km/hの一定速度でゆっくりと降坂する「ヒルディセントコントロール」と滑りやすい路面での発車時にエンジントルクとブレーキを制御してグリップする車輪へ駆動力を集めてスムーズな発進をサポートする「グリップコントロール」を採用、外観のみならず性能面でもSUVに相応しい性能を発揮します。

軽自動車としては大きい15インチタイヤを採用しつつ最小回転半径4.6mを実現しており狭い路地や駐車場での取り回しがしやすいのも魅力的です。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

内装では外装に合わせたオシャレで遊び心のある軽自動車として使いやすいデザインとなっており、軽トールワゴンと同じくリアシートスライド(Aを除く)&リクライニングに対応しておりリアシートの足元スペースを確保

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

荷物を載せる時にはリアシートを前にスライドしてラゲッジスペースを確保する事やリアシートを倒して大きなラゲッジスペースとしたり、助手席も倒して長い荷物を載せる事も出来ます

また、フルフラットにして車内での休憩にも対応するなど軽トールワゴン並の使い勝手の良さも実現しています。

スポンサードリンク

【スズキ スペーシア ギア】はこんな車

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_gear/

【スズキ スペーシア ギア】軽自動車販売台数ランキングNo.2の【スペーシア】をベースに、アウトドアライフをよく楽しむようなアクティブユーザーでも満足して使える軽スーパーハイトワゴンとして生み出されました。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_gear/

【ジムニー】【ハスラー】を彷彿とさせる、【ジムニー】のユニットを流用した丸目ヘッドランププロテクター風のバンパーなどSUVテイストを明確にした新ジャンルの車となっており、シート表皮を撥水タイプにし、後席背面(ラゲッジフロア)防汚仕様にすることで気兼ねなくアウトドアレジャーを楽しめる工夫も盛り込まれています。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_gear/

【スペーシア】をベースにしている事もあって、室内高の高さも自慢で【ジムニー】や【ハスラー】では難しい自転車を立てた状態で積載する事が可能で、着替えや靴の履き替えなど余裕で出来る広々とした室内空間が魅力的です。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_gear/

キャンプ等での車中泊にも対応出来る「バックドアネット」など豊富なディーラーオプションが用意されており「青空の下で、思いっきり外遊びを 楽しむ」事が出来る車となっています。

エンジンNA・ターボモーターのみでのクリープ走行を実現した「マイルドハイブリッド」が組み合わされ【ハスラー】と同じく静かでスムーズな再始動低燃費性能を実現しています。

またステアリングのパワーモードスイッチを押せば、エンジン・CVTの制御変更に加えて、モーターアシストをトルクアップ力強い加速力を発揮して坂道や高速道路などへの合流が楽になります。

スポンサードリンク

【ハスラー】と【スペーシア ギア】の魅力を徹底解剖!

【ハスラー】と【スペーシア ギア】を比較しながら両車の魅力を紹介していきます。

 

両車共に軽自動車規格内寸法となっており、【スペーシア ギア】では【ハスラー】より長いホイールベースとAピラーの傾斜・インパネの内部構造やレイアウトの工夫により、室内長2155mmを実現、室内高1410mmと合わせて広々とした室内空間を実現しています。

車重では後席ヒンジドアを採用する【ハスラー】の方が同等グレード比90~100kg軽量となっており、燃費NA・2WDマイルドハイブリッド車で比較すると【ハスラー】32.0km/L【スペーシア ギア】28.2km/L【ハスラー】の方が燃費性能が上となっています。

また車高の高さ横風の影響を受けやすいというデメリットもあります。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

【ハスラー】は軽量な車重ということもあり、上記の通りNAエンジンと「S-エネチャージ」の組み合わせでも充分な加速性能を発揮し、NAエンジングレードでも動力性能に不満を感じる場面が少ないです。

ただし最廉価グレード「A」「G(5MT)」には「S-エネチャージ」は搭載されませんので注意が必要です。

5MTの場合、エンジン性能を余すこと無く使えますので「S-エネチャージ」でも軽快に走ることは出来ます。

【スペーシア ギア】1t近い車重ということもあり、「マイルドハイブリッド」があってもNAエンジンでは山道や高速道路などの加速時にパワー不足を感じる場面が多くなってしまいますので【スペーシア ギア】を選ぶ際には価格が高くなりますがターボエンジンモデルを選んだ方が良いでしょう。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_gear/

乗り心地では評価の高い【スペーシア】をベースにしている【スペーシア ギア】の方が快適で、【ハスラー】はロールの少なさなど評価は高いですが先代【ワゴンR】をベースにしておりシャシーの古さが目立って荒れた路面での揺れの収まりに劣る点が見受けられます。

 

【ハスラー】の美点最低地上高180mmを活かした悪路での走破性です。

クロスカントリーSUV【ジムニー】程ではありませんがSUVとして起伏のある路面で安心して走れる足回り安定感のあるハンドリングが自慢で、SUVらしいスタイリングも魅力的です。

 

【スペーシア ギア】SUVテイストの軽スーパーハイトワゴンという、これまでに無い新ジャンルの軽自動車であり【ハスラー】よりも広くてアウトドアレジャーに使えるスーパーハイトワゴンが欲しいというニーズに応えた車となっており、走行性能では【ハスラー】より劣りますが、広々とした室内空間最新シャシーを使った乗り心地の良さが魅力的です。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

外観ではSUVらしいスタイリッシュなスタイリングとカラーバリエーションが魅力的な【ハスラー】SUVテイストで真新しいデザインの【スペーシア ギア】とそれぞれに美点があります。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_gear/

レジャー以外の普段での使い勝手においては、小さなお子様や商業施設の駐車場での乗降に便利なスライドドアを装備する【スペーシア ギア】の方が便利な面が多くパーソナルユースでは【ハスラー】の軽量なボディ1~2人には充分な広さ、そしてSUVらしいデザインと走行性能が魅力的です。

スポンサードリンク

まとめ

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

スペース効率の高さと「ヒルディセントコントロール」「グリップコントロール」と本格クロカンSUV【ジムニー】に迫る走破性を両立させたSUV【ハスラー】ライバルには無い魅力があり、SUVらしいデザインと豊富なカラーリング走破性を求めない方にもファッショナブルで個性的な車として人気があります。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_gear/

【スペーシア ギア】は人気カテゴリーである軽スーパーハイトワゴンSUVテイストのデザインと防水シートなどのアウトドアレジャーのみならず日常生活でも便利なアイテムを盛り込み、「標準デザイン」と「カスタムデザイン」という軽トールワゴンの固定した概念新たな可能性を示す1台となりました。

 

共に、「街乗りでもアウトドアでも両方で使える軽自動車」として魅力的です。

どちらを選んでも満足することは間違いありませんが、ベースとなったシャシーの古さがネック【ハスラー】に対し新型シャシーを使う【スペーシア ギア】の方が乗り心地など普段使いでは優位なのは否めません。

それでも【ハスラー】豊富なカラーリングNAエンジンでも軽快に走れる性能が魅力的で、【スペーシア ギア】には無いMTグレードで走りを楽しむ事も出来ます。

【ジムニー】に魅力を感じた後席の使い勝手など室内空間の狭さで躊躇している方にとって【ハスラー】はとても魅力的な車です。

【スペーシア ギア】はSUVの様に使えるスーパーハイトワゴンとなっており、家族でアウトドアレジャーに行きたい、という方向けの車となっています。

他にも【スペーシア】の広々とした室内空間が魅力的だがターボエンジンとなると【スペーシア カスタム】を選ぶしかなく「カスタム」系のデザインが合わない、という方にとってもオススメの車となっています。

 

【ハスラー】【スペーシア ギア】、それぞれに魅力があり悩みは尽きないと思います。

日常的に家族で定員乗車する機会が多い、という方には室内高とスライドドアを備える【スペーシア ギア】がオススメです。

【ハスラー】普段は1~2人たまに後席を利用する個性的な車がいい、本格的とはいかないまでもSUVとしての走行性能を求めるという方にはオススメです。

実際に乗ってみると【ハスラー】の室内空間でも充分広く、荷物を多く搭載しなければ大人4人でも快適に座れるスペースが確保されています。

 

幸い、【ハスラー】【スペーシア ギア】共にスズキの軽自動車ですので同一ディーラーで見比べて試乗して比較することが容易です。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/flair-crossover/ https://www.mazda.co.jp/cars/flair-wagon/

また、スズキ以外でもマツダの販売店にてOEM車【フレア クロスオーバー】、【フレアワゴン タフスタイル】がそれぞれ販売されておりスズキ正規ディーラー以外でも試乗出来ますので競合させて比較検討するのも良いでしょう。

 

シートアレンジ、フル乗車時のラゲッジスペース、前席後席での乗り心地、操作性などを展示車・試乗車で確認していくと自ずと「あなたにとって魅力的な車はどっち?」という問題の答えが見えてくるでしょう。

 

アイキャッチ画像引用URL:https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/ https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_gear/

タイトルとURLをコピーしました