itemscope itemtype="https://schema.org/WebPage" data-barba="wrapper">

【トヨタ ヤリスクロス】車中泊がしたい!おすすめアイデア

トヨタ

トヨタ・ヤリスクロスで車中泊を行う事は可能なのでしょうか。

ヤリスクロスは、コンパクトサイズのSUVである事から日常使用や長距離の旅行など様々なシーンで活躍する車ですが、中にはヤリスクロスで車中泊を行いたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もしヤリスクロスで車中泊が行えるのであれば、車として活躍の場が大きく広がるため概要を知りたいと言う方は多いはずです。

そこで今回は、ヤリスクロスで車中泊を行う事はできるのか、また、車中泊が行える場合にはどの様なアイデアで快適に過ごすことができるのかなどを中心に、トヨタ・ヤリスクロスと車中泊について解説をしていきます。

スポンサードリンク

【ヤリスクロス】で車中泊は可能なのか?

引用:https://bit.ly/2TXuq8J

トヨタ・ヤリスクロスは、同じくトヨタから販売が行われているヤリスの外観をSUVテイストにアレンジし、ボディサイズなどを大きくした車種となりますが自動車のジャンルとしてはSUVに属するため、車中泊が可能なのか興味を持っている方は多いと思います。

では、実際にヤリスクロスで車中泊を行う事は可能なのでしょうか。

車中泊を行う際は、ベッドスペースが必要となりますがヤリスクロスのラゲッジルームは通常の5人乗車で後部座席を使用している場合には

  • 荷室長:820mm
  • 荷室幅:1,400mm(最長部分)
  • 荷室高:732mm(デッキボード上段時)

となり、このままではベッドスペースを確保する事はできませんが後部座席を前方へと倒すシートアレンジを行い、ラゲッジルームを拡張した場合には荷室長を約1,740mm確保する事ができるため、身長が170cm程度の方であれば真っ直ぐな状態でも車中泊を行う事が可能です。

引用:https://bit.ly/2U4ANHk

また、身長が170cm以上の方でもベッドスペースを運転席側や助手席側からやや対角状に作る事ができれば、車中泊を行う事が可能となるスペースが確保されています。

ただし、ヤリスクロスのラゲッジルームにはタイヤハウスが配置されており、荷室幅の最長部分は1,400mmと広く設計されていますが、最短部分では1,000mm前後の幅となるため現実的には大人1人、または大人1人+小学校低学年程度の子供1人が車中泊を行う場合には限界のスペースだと言えるでしょう。

ちなみに、ヤリスクロスのラゲッジルームはデッキボードを上段と下段に移動させ収納容量や荷室高を変更する事ができますが、デッキボードを下段に設置した場合にはラゲッジルームと倒したシートバック面に段差が発生し、ベッドスペースを確保する事ができなくなるため注意が必要です。

この様にヤリスクロスは、ラゲッジルームをフラットにするなどの工夫を行う必要がありますが、大人1人が車中泊を行うスペースは確保されていますので参考にして下さい。

スポンサードリンク

【ヤリスクロス】車中泊を快適にするアイデアを紹介

代替:トヨタ ヤリスクロス 車中泊 アイデア グッズ 閃き

前述した通り、トヨタ・ヤリスクロスは後部座席を倒しラゲッジルームを拡張することで車中泊を行うスペースが確保されることが分かりました。

しかし、ヤリスクロスを含む多くの車種ではベッドスペースを確保しただけでは、車中泊を快適に過ごすことはできません。

ではヤリスクロスの場合、車中泊を快適に過ごす為のアイデアはどの様なものがあるのでしょうか。

アイデアその1・ベッドスペースは水平に

引用:https://bit.ly/38xpTlV

ヤリスクロスの拡張したラゲッジルームは、デッキボードを上段に設置する事でフラットな状態を作り出す事ができますが、構造上どうしても倒したシートバック面からラゲッジルームに掛けて緩やかな勾配が発生してしまう特徴があります。

この状態で就寝をしてしまうと、普段寝ているベッドの環境とは異なるため快適に寝ることはできません。

そのため、ヤリスクロスで快適に車中泊を行うにはベッドスペースを可能な限り水平にする事がポイントとなり、ラゲッジルームにウレタンやエアマットなどを敷きベッドスペースを水平にすると良いでしょう。

アイデアその2・隙間を埋める

引用:https://bit.ly/356hW4P

ヤリスクロスを含む多くの車種は、後部座席を倒しラゲッジルームを拡張することで車中泊を行うのに必要なベッドスペースを確保する事ができます。

しかし、構造上の問題からどうしても倒した後部座席と前部座席の間には隙間ができてしまうため、このままでは車中泊を快適に過ごすことはできません。

そのため、この様な隙間ができてしまった場合にはエアクッションなどのグッズで隙間を埋める、またはDIYで木枠を作りクッションなどを乗せてスペースを埋める等の工夫を行う事で車中泊をより快適に過ごすことが可能となります。

特にヤリスクロスの場合には、後部座席の中央部がアームレストやカップホルダーとして利用できる設計となっており、シートアレンジによって後部座席を倒した場合でもシートバック面のカップホルダー部分に凹みが残るため、快適に過ごすにはタオルやスポンジなどで埋めておく必要があります。

アイデアその3・デッドスペースを有効活用する

引用:https://bit.ly/35b1vEB

ヤリスクロスは、ベース車両ともなるトヨタ・ヤリスよりもややボディサイズが大きいためその分、室内のスペースに余裕がありますがサイズ自体はコンパクト車であるため、収納スペースが多いとは言えない点が特徴です。

そのため、ハイト系ワゴン車やミニバン車などで用いられる室内ルーフ部分にネットやバーなどのグッズを設置し、デッドスペースを有効活用した収納スペース拡張術を取り入れると、多くはありませんが収納箇所を増やす事ができます。

また、ヤリスクロスのラゲッジルームには下段のデッキボードの下にタイヤパンク修理キットが収納されていますが、こちらは脱着が可能となっており取り外した場合でも道路交通法に抵触する事は無く、床下収納スペースとして活用する事が可能です。

もちろん、三角停止板の携帯は公道を入る場合に義務づけられているため降ろす訳にはいきませんが、パンクの場合にはロードサービスを利用した方が早い場合も多く、パンク修理キットを外し収納スペースを確保する方法は、少ない収納スペースを有効活用できるアイデアだと言えるでしょう。

スポンサードリンク

【ヤリスクロス】で行くおすすめオートキャンプ場

引用:https://bit.ly/34Lig94

トヨタ・ヤリスクロスは、少人数ですが車中泊を行える事が分かりましたが、車中泊やキャンプはどの様な場所が適しているのか分からないと言う方もいらっしゃると思いますので、ここではヤリスクロスでも比較的簡単に訪れる事のできるオートキャンプ場を紹介していきます。

・群馬県高崎市:榛名湖オートキャンプ場

引用:https://bit.ly/35424zG

群馬県高崎市にある榛名湖オートキャンプ場は、麓の伊香保温泉から3kmほど榛名山を上った榛名湖半にあるオートキャンプ場です。

オートキャンプ場内には、アスレチックなどの遊具はありませんが接する榛名湖では釣りを行う事ができ、秋には紅葉を楽しむことができるなど自然が魅力のオートキャンプ場である点も特徴となります。

また、都心からは関越自動車道を経由して約1時間半程度で訪れる事もでき、ドライブを楽しみながら車中泊を行える点は大きな魅力だと言えるでしょう。

・栃木県鹿沼市:出会いの森公園オートキャンプ場

引用:https://bit.ly/38omjdx

栃木県鹿沼市にある出会いの森公園オートキャンプ場は、釣りやキャンプなどのアウトドアを楽しめるほか、バーベキューやアトラクションなどが楽しめる総合公園内に併設されたオートキャンプ場です。

施設内には炊事場の他、24時間無料で利用することのできるシャワーと浴場が完備されるなど、利用料金が低価格でありながらも充実した設備が魅力となります。

都心部からは東北自動車道を経由し1時間半前後で行く事ができ、山間にあるオートキャンプ場とは異なり標高の低い場所に施設がある事から、エンジン排気量のやや小さいヤリスクロスでも力不足を感じることなく快適なドライブで訪れられる点は魅了だと言えます。

・千葉県君津市:イレブンオートキャンプパーク

引用:https://bit.ly/3l9ImIt

千葉県君津市にあるイレブンオートキャンプパークは、釣り堀やクライミングなど小さなお子さんから大人まで幅広い年齢層が楽しむことができるオートキャンプ場です。

車中泊などが行えるキャンプサイトは50以上が確保され、ヤリスクロスと同じくコンパクトSUVやミニバン車などキャンピングカー以外の利用者も多いため、周囲を気にすること無く車中泊を楽しめる点も魅力となります。

また、都心部からは首都高速などを経由して1時間前後で訪れる事ができ、施設周辺の勾配も殆ど無いため低排気量のヤリスクロスでも苦労することなく施設まで行けるため、手軽に車中泊を体験してみたいと言う方におすすめのオートキャンプ場です。

このほかにも全国には、RVパークのような様々な車種に対応したオートキャンプ場がありますので、お好みにあった施設を探していくと良いでしょう。

スポンサードリンク

【ヤリスクロス】車中泊での過ごし方

トヨタ・ヤリスクロスで車中泊を快適に行うには、様々なアイデアがある事が分かったと思います。

では、実際に車中泊ではどの様に過ごすのが良いのでしょうか。

防犯対策はしっかりと

引用:https://bit.ly/3l8nn8T

昨今では、ヤリスクロスの様に本格的なキャンピングカーではなく市販の自動車を利用して車中泊を行う方が増えている傾向にありますが、自動車の車種に関係なく車中泊を行う場合には防犯対策が欠かせません。

例えば就寝中は、必ずドアロックを行い外部から車内へ人が侵入するのを防ぐ、シェードやカーテンのなどをガラスに取り付け車内を目隠しするなどの防犯対策は、車中泊でトラブルに遭遇しないためにも必須と言えます。

また、シェードやカーテンなどのアイテムは車中泊の基本ともなる室温の調整にも繋がるため、ぜひ導入を行いたいグッズです。

就寝時はエンジンを必ずオフにする

引用:https://bit.ly/3eBG5Dw

車中泊では、車内の室温管理が難しく特に季節によっては車中泊を快適に過ごすためエアコンを常時使用する機会も多くなります。

この場合、起きている状態であれば特に問題はありませんが就寝時には、事故やトラブルを避ける観点からエンジンを必ずオフにしなければなりません。

なぜ、就寝時はエンジンをオフにしなければならないのかよく分からないと言う方もいらっしゃると思いますが、自動車は基本的に窓やドアが閉まってれいば密室の状態となります。

しかし、これは完全な密室とは言えずボディとドアの間やドアフレームとサイドガラスの間には極小さな隙間があり、常に外気が室内へ入る構造となっています。

また、排気ガスが放出されるマフラー部分の近く障害物がある場合や雪などでマフラーが覆われてしまった場合には、マフラーから排気ガスが逆流し車内に入り込むことも珍しくありません。

特にヤリスクロスの場合には、コンパクトサイズである事から他のSUVよりも排気ガスが逆流してしまった場合には、短時間で充満してしまう危険性があります。

その結果、排気ガスによる中毒を起こしてしまい最悪の場合には死に至るなど、エンジンをオンにしたまま就寝してしまうと、命を危険にさらしてしまうケースもあるのです。

これらの事から、車中泊を快適に過ごしたい場合でも就寝時は必ずエンジンをオフ状態にしなければなりませんので、覚えておく必要があります。

意識的に寝ている体勢を変える

引用:https://bit.ly/2JH7mJf

車中泊を行う場合には、自宅で過ごすのとは異なり限られた狭いスペースで過ごさなければならない点が特徴です。

また、就寝時はいくら快適に過ごす工夫をしていても特にヤリスクロスの様なコンパクトSUVの場合にはスペースが狭いこともあって、自宅のベッドの様に自由に寝返りを打つことができず、長時間おなじ体勢で寝てしまうことも珍しくありません。

そのため、体内の血液の循環が悪くなり血の濃度が濃くなった結果、血液中で発生した血の塊が血管内で詰まってしまい、血行障害を起こすなどの悪影響が発生する場合があります。

この症状は、俗にエコノミークラス症候群と呼ばれ先述の通り長時間おなじ体勢を取ることによって発生するため、車中泊では就寝時でも意識的に寝ている体勢を変えるなどの対策を行わなければならないと言う訳です。

ちなみに、前述した項目でベッドスペースを水平にするアイデアは、このエコノミークラス症候群を起こさないと言う意味合いも含んでおり、快適性に加えて病気を防ぐと言う意味でもポイントとなりますので参考にして下さい。

この様に車中泊では、快適な過ごし方も重要ですが注意を行わなければならない過ごし方も存在しますので覚えておくと良いでしょう。

【ヤリスクロス】車中泊のまとめ

今回は、トヨタ・ヤリスクロスと車中泊について解説をしてきましたが、ヤリスクロスの室内はミニバン車の様に広くはありませんが後部座席を倒す事で、車中泊を行える事が分かったと思います。

また、ベッドスペースを水平に保つ点やデッドスペースを有効活用するアイデアなどによって、さらに車中泊を快適に過ごすことが可能となりますので興味のある方は、前述してきたアイデアなどを参考にしてみて下さい。

ただし、ヤリスクロスなどで車中泊を行う場合には快適に過ごす工夫も大切ですが、一方で注意を行わなければならない過ごし方もありますので、併せて覚えておくと良いでしょう。

 

アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/34Lig94

タイトルとURLをコピーしました