【ハリアー】内装や内装色、室内内寸の詳細

ハリアー

【トヨタ ハリアー】の内装はどの様な造りとなっているのでしょうか。

ハリアーと言えば、ラグジュアリーな外観デザインと高級感溢れる上質な内装が魅力的な車ですが、モデルごとにデザインや配色が大きく異なる点も特徴となるため、新型のハリアーはどの様な内装になっているのか興味を持っている方は多いはずです。

そこで今回は、ハリアーの内寸や内装色のカラーバリエーション、おすすめアクセサリーの紹介などを中心に、ハリアーと内装について解説をしていきます。

スポンサードリンク

【ハリアー】内寸からわかる室内の広さ

引用:https://bit.ly/378GQBW

ハリアーは、国産高級SUVの代名詞として人気の高い車ですが昨今のSUVは所謂、都会派SUVと呼ばれるラグジュアリーな外観デザインを重視する傾向にあるため、室内の大きさを犠牲にしている事も少なくありません。

では、都会派SUVの代表格であるハリアーの内寸サイズはどの様なものとなっているのでしょうか。

2020年6月にフルモデルチェンジが行われたハリアーの内寸サイズは、トヨタが独自に寸法を測った社内測定値で

  • 室内長:1,880mm
  • 室内幅:1,520mm
  • 室内高:1,215mm

に設計されており、室内長や室内高は一般的なミニバン車と比べ狭くなりますが、室内幅に関しては同じくトヨタから販売が行われているアルファードやヴェルファイアとほとんど変わらないため、ゆったりと余裕のある室内空間になっています。

引用:https://bit.ly/2LBAMJK

また、先代モデルとなる旧型3代目ハリアーの内寸サイズは

  • 室内長:1,965mm
  • 室内幅:1,480mm
  • 室内高:1,220mm

となっており、室内長は旧型3代目モデルの方が約80mmほど長く設計されていますが、室内幅については現行モデルの方が40mm広くなっている点も特徴です。

室内長の長さは、ダッシュボードやシフトゲートのデザインによっても寸法が異なるため狭くなった・広くなったと言う事は一概には言えませんが、室内幅に関しては両モデルで基本設計が大きく異なると言う事はありませんので、総合的には現行モデルの方が余裕のある室内空間になっていると言えるでしょう。

ラゲッジルームの広さはどのくらい?

引用:https://bit.ly/3msDQEW

ハリアーの様なSUVは、人を乗せることに加えて大型な荷物も積み込める点が魅力ですが、現行モデルとなるハリアーのラゲッジルームのサイズはどの様になっているのでしょうか。

具体的なサイズを見ていくと

  • 荷室長:985mm
  • 荷室幅:1,265mm(最長部分)
  • 荷室高:750 mm(最長部分)
  • 荷室容量:409L

となり、リヤシートを使用し5人の乗車定員時でも一般的な9インチサイズのゴルフバッグを最低3組積載可能な容量が確保されています。

また、リヤシートをフロントシート側に倒しラゲッジルームの拡張を行った場合には、最大で1,805mmの荷室長を確保する事が可能となりますので、スノーボードや木材など長尺物の積載も可能です。

さらに、両側のリヤシートを格納しラゲッジルームの拡張を行った場合には最大で1,045Lの荷室容量を作り出す事ができますので、大型な荷物も積載する事が可能となっています。

このほかハリアーのラゲッジルーム下には床下収納が完備されており、容量こそ少ないものの工具や洗車道具程度であれば収納する事が可能となっていますので、状況に応じて利用すると良いでしょう。

このようにハリアーの室内は、ミニバン車には及ばないものの十分に余裕を持った内寸サイズになっていると言えますので参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

【ハリアー】内装色のバリエーションをご紹介

引用:https://bit.ly/3mcIUx5

冒頭でも説明した通り、ハリアーの内装はモデルによってデザインや配色が異なり、時代に合わせた高級感が演出されている特徴がありますが、最新モデルとなるハリアーにはどの様な内装色が設定されているのでしょうか。

現在ハリアーには、ガソリン車とハイブリッド車でそれぞれ

  • Sグレード
  • Gグレード/G” Leather Package”グレード
  • Zグレード/Z” Leather Package”グレード

の合計5種類のグレードがされていますが、このうちスタンダードグレードであるGグレードとフラグシップグレードとなるZグレードには

  • ブラック(ファブリック+合成皮革:標準設定)

引用:https://bit.ly/3a2Eg25

  • ブラウン(ファブリック+合成皮革:注文時に設定変更可能)

引用:https://bit.ly/3ne6Hhd

  • グレー(ファブリック+合成皮革:注文時に設定変更可能)

引用:https://bit.ly/3oEZGq0

の3種類のカラーバリエーションが設定され、注文時に好みのカラーバリエーションを選択する事が可能となっています。

どちらかと言うと、ブラックとブラウンはラグジュアリー志向の強い高級感が、グレーはスタイリッシュ志向が強くスポーティー感を感じさせる内装色だと言えるでしょう。

だたし、G”Leather Package”グレードとZ”Leather Package”グレードにはグレーのカラーバリエーションは設定されず、ブラックとブラウンのみの内装色が設定されていますのでグレードを決める際は注意が必要です。

引用:https://bit.ly/3mA70lH

また、エントリーグレードとなるSグレードはブラックのみの内装色となりますが、こちらはシート表皮が全てファブリック生地となり、各GやZグレードに採用されるパネル類の加飾も無くコストが抑えられた内装の造りとなっていますので覚えておくと良いでしょう。

引用:https://bit.ly/37sdDSB

ちなみに先代モデルとなる3代目ハリアーと比較をすると、基本的にブラック系のシートカラーが中心となる点は同じですが赤系のシートステッチやワインレッド系とライトブラウン系の内装色が設定されず、色のトーンを抑え落ち着いた雰囲気の配色となっている点も大きな特徴です。

このようにハリアーには、3種類の内装色が設定されておりグレードによって選択のできるカラーバリーションが異なりますので参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

【ハリアー】グレード間による内装品違いは?

引用:https://bit.ly/3nc4B1j

前述した通りハリアーには3種類の内装色が設定されており、グレードによって選択が行えるカラーバリエーションは異なる事が分かりましたが、グレードによって内装品はどの様な違いがあるのでしょうか。

まずエントリーグレードに位置するSグレードの内装品ですが、GやZと言った上位グレードはフロント乗降口の下部に車名が刻まれたスカッフドアプレートが標準装備されますが、Sグレードには非装着となります。

また、メーター類はGやZが7.0インチマルチインフォメーションパネルを搭載しているのに対し、Sグレードは4.2インチサイズと小型なものに仕様変更されています。

引用:https://bit.ly/378EUcu

スタンダードグレードに位置するGグレードは、上位グレードとなるZグレードとシート表皮の素材やメーター類は同じですが、標準搭載されるディスプレイオーディオはSグレードと同じ8インチサイズとなり、エアコンパネルもダイヤルタイプとなります。

加えて、Zと同じく乗降口にはスカッフプレートが装着されますがこちらは車名が刻まれたものとなっており、Zの様にイルミネーションによって発光することはありません。

引用:https://bit.ly/2J2F6B2

最後にハリアーの中でもフラグシップグレードに位置するZグレードですが、シートやソフトパッドなどの内装加飾品についてはGグレードと同じです。

ただし、Zには12.3インチサイズのディスプレイを搭載したナビとJBLプレミアムサウンドシステムが標準装着されており、他のグレードよりもエンターテインメント性の向上が図られています

引用:https://bit.ly/3mg3ufL

さらに、エアコンパネルはダイヤルタイプでは無く静電式タッチパネルとなり、ラゲッジルームの入口にはSUSプレートが装着されますがどちらもZグレード専用装備品となり、他のグレードにはオプションとしても設定されない点も特徴です。

このように、ハリアーの内装品はグレードによって様々な違いがありますので購入を検討している場合の参考にしてみて下さい。

【ハリアー】内装改造をしたい方必見!おすすめアクセサリーは?

引用:https://bit.ly/3ma72QP

ハリアーは、グレードによって内装品の様々な部分で違いがあることが分かりましたが、購入を検討している方の中には内装を改造したいと考えている方も多いと思いますので、ここではおすすめの内装アクセサリーを紹介していきます。

おすすめアクセサリーその1・フロアマット(エクセレントタイプ)

引用:https://bit.ly/3nti1GC

ハリアーは、もともとトヨタの販売チャンネルの中でも高級車を取り扱うことが多かったトヨペット店で販売が行われていましたが、現行モデルからは旧カローラ店やネッツ店など全ての販売チャンネルで購入が行える様になりました。

その影響で、ハリアーの象徴でもあった『チュウヒ』と呼ばれる鳥のエンブレムが廃止され、現在ではトヨタ共通のエンブレムに変更されている事からどこかインパクトに欠けた印象を持っていると言う方も少なくありません。

しかし、ハリアーに設定されるフロアマットのエクセレントタイプには、先代モデルまで使用されていたチュウヒのエンブレムが取り付けられており、インテリアに1つのアクセントを加える事が可能となっています。

フロアマットは、車のドアを開けた際に目に入りやすくインパクトが強いアクセサリーでもありますので、ハリアーに乗っていると所有欲を満たしてくれる内装アクセサリーだと言えるでしょう。

おすすめアクセサリーその2・インテリアイルミネーション

引用:https://bit.ly/3oZ7L9h

ハリアーは国産高級SUVと呼ばれるだけあって、内装の様々な部分でイルミネーションや革材を使用し高級感が演出されていますが、特にイルミネーションはフロント部分のみ設置されているためリヤシート部分は、やや寂しい印象です。

またエントリーグレードであるSグレードは、コストを抑えるためイルミネーション類は標準装着されず高級感に欠ける部分がありますが、こちらのインテリアイルミネーションを選択する事で他の上位グレードと同じ質感を手に入れる事が可能となります。

Sグレード以外の場合はリヤシート足元にイルミネーションが追加されるため、フロント部分だけではなくリヤ部分のラグジュアリー感を向上させたいと言う方におすすめのアクセサリーです。

おすすめアクセサリーその3・メタルガーニッシュキット

引用:https://bit.ly/3aiRzeZ

ハリアーの内装はブラック系の色中心に、ブラウンやグレーと言ったカラーバリエーションとなりますがドアハンドル部やドアポケット部は、全ての内装色でプラスチックを用いたブラックに統一されています。

そのため落ち着きのある雰囲気に仕上げられていますが、逆の目線で見てみるとやや雰囲気が暗く色味のアクセントが少ないと言うのも実状です。

このような雰囲気を変えたい場合におすすめなのが、モデリスタ製メタルガーニッシュキットとなり色のトーンがやや暗いハリアーの内装に明るい色のアクセントが加えられ、シャープな雰囲気に変える事が可能となります。

また、こちらのキットはプラスチック製では無くステンレス製となっているためプラスチックパネルのような安っぽさが無く、落ち着いた光沢感が魅力のアクセサリーとなりますので、内装の高級感を向上させる場合や色味のアクセントを加えたい場合におすすめのアクセサリーと言えるでしょう。

このほかにもハリアーには、種類こそ多くはありませんが荷室の視認性を向上させるラゲッジLEDや夜間の乗降時に足元の広範囲を照らすスマートフットライトなど様々なアクセサリーが設定されていますので、好みに応じて選択していく事をおすすめします。

【ハリアー】内装のまとめ

今回は、ハリアーと内装について解説をしてきましたが、内寸サイズはラゲッジルームも含め十分に余裕のある広さとなっている事が分かったと思います。

内装色については先代モデルよりも色のトーンを落とした配色となっており、3種類のカラーバリエーションが設定されている事からエントリーグレード以外はカラーを自由に選択することが可能となっていますので、好みに応じた色を選んでいくと良いでしょう。

またハリアーには、種類こそ少ないですが高級感や使い勝手を向上させるアクセサリーが多数設定されていますので、購入を検討している場合の参考にしてみて下さい。

アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/3mcIUx5

【ハリアー】口コミや評価・評判は?

【ハリアー】納期・納車情報。納車待ちはどのくらい?

【ハリアー】値引き相場や限度額を知っておこう!

【ハリアー】人気カラーや色見本などをご紹介

【ハリアー】機械式駐車場に入るか?外寸は?

【ハリアー】オイル交換はメンテナンスの基本。最適オイルは?

【ハリアー】車中泊したい!快適装備は?

【ハリアー】VS【RAV4】比較してみた

【CX-8】VS【ハリアー】あなたにとって魅力的な車はどっち?

車検や保険の維持費を気にせずにクルマを手に入れる方法

数あるサイトの中で【コータローの自動車ブログ】をご覧いただき誠にありがとうございます。

運営者のコータローと申します。

今このサイトをご覧頂いているということは、あなたにも憧れのクルマや現在購入を検討しているクルマがあるのかもしれません。

「発売されたばかりの新型車に乗りたいけど、実際に車を購入するには費用がかかる」

「乗りたい車はあるけれど、普段は電車通勤(通学)であまり車は乗らない」

「保険料やメンテナンス費用を払っていくのがツライ」

「車検費用を払いたくない」

など、新車を購入したくても費用的になかなか車を所有するというのは大変なことです。

ネットやカタログで欲しい車の価格を見ていても、実際に車を所有すれば当然維持費もかかってきます。

保険料や車検費用、タイヤ交換やオイル交換も定期的に自費で行わないといけません。

それでもやっぱり憧れのクルマに乗りたい!というあなたにとっておきの方法をご紹介します。

カーリースで欲しい車を手にする!

カーリースを利用することはメリットがたくさんあります!

頭金ゼロでずっと定額の支払い

クルマ代は使う分だけ

車検代、メンテ代は全てコミコミ

国産、輸入車問わず好きな車種が選べる

使わない時はシェアして維持費を軽減できる

カーリースでクルマを購入するという選択肢を知っているだけで大幅に節約できますよ!


スポンサードリンク





タイトルとURLをコピーしました