【タフト】車両価格と値引きの話。おすすめグレードはこれだ!

タフト

【無料】で試せる!クルマをさらに安く購入する方法!

愛車を少しでも高く売りたい。

新車を少しでも安く買いたい。

車は大きな買い物です。

【無料】で試せて大きな成果!!

浮いたお金で余分にオプションを付けるのも良し。

一つ上のグレードに変更してみるのもいいでしょう。

そんな情報を今回ここだけでお教えします!

【無料】一括査定を使うとどうなるか!?

中古車一括査定をご存じですか?

例えばディーラーで10万円の下取りが一括査定を利用することで数倍の値が付くことも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社があなたの愛車の買い取り価格を競ってくれるので結果的に値段が吊り上るのです。

【ダイハツ タフト】の車両価格や、値引き額はどのようになっているのでしょうか。

タフトと言えば、開放的な室内空間と遊びゴコロのあるデザインが好評となり、2020年6月の販売開始直後大きな話題を呼んでいる車ですが、購入を検討しているまたは興味を持っている方の中には、車両価格や値引きの額が気になると言う方も多いのではないでしょうか。

特にタフトは、軽SUVと言うジャンルの中でもスズキ・ハスラーと販売台数を争う対抗馬としても注目される車ですので、詳しい車両価格や値引きはどのくらい望むことができるのか概要を知りたいと言う方は少なくないはずです。

そこで今回は、タフトの車両価格や平均的な値引き額、おすすめとなるグレードの紹介などを中心に、ダイハツ・タフトと車両価格や値引きなどについて解説をしていきます。

スポンサードリンク

【タフト】グレード別車両価格

引用:https://bit.ly/3wWBXqM

タフトは、2020年6月に軽SUVとして大成功を収めたスズキ・ハスラーの強力な対抗馬として販売が開始され、力強さを感じさせる箱型デザインの外観や開放感のある内装が話題となり、現在ではハスラーと販売面で鎬を削る人気車種です。

また、タフトはシートアレンジによって広大な荷室面積を確保できるため、キャンプやレジャーと言ったアウトドアをはじめとして日常利用まで幅広く活躍できる事から、購入者の評価が高くコストパフォーマンスが優れていると言われています。

ただ、購入を検討または興味を持っている方の中には、どれくらいの車両価格となるのか概要を知りたいと言う方もいらっしゃると思いますので、まずはタフトのグレード別車両価格を紹介していきます。

引用:https://bit.ly/2YWt2cm

現在タフトには、通常のカタログモデルとして自然吸気エンジンとターボエンジンの2種類が設定されており、それぞれの動力方式でエントリーモデルとなる『X』と、スタンダードモデルとなる『G』の2つずつのグレードが設定されています。

加えて、タフトの各グレードには軽SUVと言うジャンルに相応しく前輪駆動となる2WD車と、四輪駆動となる4WDの各駆動方式が設定される点も1つの特徴ですが、具体的な車両価格としては

タフト:自然吸気エンジンモデル
グレード/駆動方式 2WD 4WD
X 1,353,000円 1,479,500円
G 1,485,000円 1,611,500円
タフト:ターボエンジンモデル
Xターボ 1,441,000円 1,567,500円
Gターボ 1,606,000円 1,732,500円

にそれぞれ設定されており、グレード間の価格差は約13万円~16万円程度、搭載エンジンの違いによる価格差は約9万円~12万円程度となる点が1つの特徴です。

引用:https://bit.ly/3qNQrs3

ちなみに、冒頭でも触れたライバル車種となるハスラーには、現在のところタフトと同じく自然吸気エンジンモデルとターボエンジンモデルに加え、駆動方式は2WDと4WDが設定されていますが、装備などが同等となるグレードの具体的な車両価格としては

ハスラー:自然吸気エンジンモデル
グレード/駆動方式 2WD 4WD
HYBRID G 1,365,100円 1,499,300円
HYBRID X 1,518,000円 1,652,200円
ハスラー:ターボエンジンモデル
HYBRID Gターボ 1,459,700円 1,593,900円
HYBRID Xターボ 1,612,600円 1,746,800円

となっており、価格帯としてはタフトとほぼ同額に設定されていますが、ハスラーの場合は全てのグレードでマイルドハイブリッド仕様となり、タフトの場合は従来型のガソリンエンジン単体モデルとなる点が両車の大きな違いです。

引用:https://bit.ly/3wX8HQC

ここで気になるのは、実際にハイブリッドシステムの有無によってどれほどの燃費差があるのかと言う点ですが、タフトの燃費は

  • 自然吸気エンジン:19.7km/L~20.5km/L
  • ターボエンジン:19.6km/L~20.2km/L

マイルドハイブリッドシステムを採用するハスラーの場合は

  • 自然吸気エンジン:23.4km/L~25.0km/L
  • ターボエンジン:20.8km/L~22.6km/L

となり、最大で約20%程度の燃費差がある点を考慮すると、総合的なコストパフォーマンスは、タフトの方がやや劣ると言えるかも知れません。

このように、タフトの車両価格は約135万円~173万円程度に設定されており、最大のライバル車となるハスラーとは装備内容や搭載される機能は異なるものの、車両価格はほぼ同じとなりますので参考にすると良いでしょう。

ではタフトの場合、現在はどれくらいの値引きを期待することできるのでしょうか。

次の項目では、タフトの値引き額について解説をしていきます。

スポンサードリンク

【タフト】値引きはどれくらいまでいける!?

引用:https://bit.ly/3Dtv5nm

前述した通りタフトの車両価格は、概ね135万円~173万円程度に設定されており同ジャンルのライバルとなるスズキ・ハスラーとは、ほぼ同じ価格に設定されている事が分かりましたが、自動車を購入する際に気になる事と言えば、値引きの金額という方も多いのではないでしょうか。

特に自動車の購入は、日用品の購入とは異なり非常に大きな金額が必要となる買い物となりますので、少しでも購入する際の費用を抑えたいと言う方は少なくないはずです。

では、実際にタフトの値引きはどこまでいけるのでしょうか。

引用:https://bit.ly/3oE6VQL

これは他の車種と同じ様に、購入を行う地域や時期などによっても開きがあるため全てのケースに当てはまる訳ではありませんが、販売開始から1年が経過した2021年11月現在の平均的なタフトの値引き額は、車両本体のみの場合で約5万円~12万円程度となっています。

元々、自動車の車両本体は車種によっても異なるものの基本的な値引き率は、概ね希望価格の8%~10%程度が相場と言われていますので、タフトの価格帯が130万円台中盤~170万円台中盤という点を考慮すると、現在の値引き額は渋めであると言えます。

また、オプション品に関しては選択を行う数量や購入額によっても異なるため、こちらは詳しい金額を示すことが難しいものの平均的な値引き額としては、概ね購入額の20%前後となるのが一般的です。

このためタフトの場合は、トータルで約15万円~20万円程度が値引きの1つの目安となる金額になっていると言えるでしょう。

引用:https://bit.ly/2MXiB1Z

販売が開始された直後となる、2020年7月~12月のタフトの値引き額は車両本体のみで5万円~7万円程度と、オプションを含めた場合でも15万円に届かないケースが多く見受けられたため、現在は値引きが渋めですが徐々に緩くなってきている傾向と言えるかも知れません。

余談となりますが、タフトの有力なライバル車であるハスラーの車両本体における値引き額は、現在のところ概ね5万円~10万円程度となっており平均的な値引き額は、タフトとほぼ同じ金額で推移していますので、目安となる金額に少しでも近づけたい場合はハスラーの見積もりをとることが近道だと言えます。

下取りと売却はどっちが得なの?

引用:https://bit.ly/3DtjCnM

現在、タフトの購入を検討している方の中には既に別の車種を所有しており、乗り換えにあたって現在の車を手放す予定と言う方もいらっしゃると思いますが、乗り換えを行う際はディーラーでの下取りと中古車買取店での売却では、どちらが得なのかイマイチ分からないと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

特にタフトの場合は、他の車種と比較すると現在は車両本体の値引き額が渋めとなっているだけに、現在の所有車を少しでも高い値段で手放し購入資金に充てたい、または社外装備品の導入費用に充てたいと考えている方も多いはずです。

結論から先に言ってしまうと、こちらは現在所有している車種や車両の状態によっても異なりますが、基本的に自動車を手放す際は、街中に存在する中古車買取店やインターネットによる一括査定を利用した売却の方が、高い値段で車を手放せる傾向にあると言えます。

引用:https://bit.ly/3FwUqNX

一般的に、ディーラーなどで行われる下取り査定は

  • 年式
  • 走行距離
  • 車両の状態

などで判断されるため、車両自体や社外装備品の価値などは反映されず最低限の価格を提示される点が特徴です。

さらに、下取りで得られた金額は現金化する事ができず、新車の購入時のみ使用する事が可能となるため、後日タイヤの交換やドライブレコーダーなどの機器を追加する際は、使用する事ができません。

引用:https://bit.ly/32hkoGV

一方の買取店や一括査定による車両の売却は、ディーラーでの下取り査定と同じく年式や走行距離、車両の状態などに加え

  • 中古車市場の需要と供給のバランス
  • 人気の有無
  • 装備品の価値

などが加味された査定となる事から、所有している車の価値に応じた買取査定額が提示されるため、ディーラーで行う下取り額よりも売却価格が高くなる傾向にあると言う訳です。

また、車を売却した際の金額は1度現金化される事からタイヤやオイル交換等のメンテナンス、社外品の導入などにも使用する事が可能となるため、車を手放す際は下取りではなく売却を選択する方が得だと言えるでしょう。

引用:https://bit.ly/3clZ84n

ただし、中古車買取店などで売却を行う場合でも、車両の状態(事故等の有無)や市場の動向によっては必ずしも下取りより高額な査定を受ける事ができないケースもありますので、あくまでも1つの目安として覚えておくことをおすすめします。

このように、タフトの値引き額は現在のところ車両本体とオプション品を含め、約15万円~20万円程度が平均的な値引きの目安となりやや渋めの傾向ですが、乗り換えの際はディーラーでの下取りではなく、中古車店などで売却を行った方が査定額は高くなると言えますので、購入や乗り換えを検討している場合の参考にして下さい。

スポンサードリンク

【タフト】おすすめグレードはこれだ

引用:https://bit.ly/3np8fEA

ダイハツ・タフトは、車両価格に対して車自体の完成度が高くコストパフォーマンスが優れている事から、購入者の満足度も高い点が特徴ですが、購入を検討している方の中にはどのグレードがおすすめなのか、興味を持っている方も多いのではないでしょうか。

特に自動車のグレード選びは、使用する用途や環境に加え装備内容や予算の都合など様々な点を考慮するため、1度迷ってしまうとなかなか決められないと言う方も多いと思いますので、購入する際はどのようなグレードがおすすめなのか前以て概要を把握しておきたいところです。

では実際に、タフトではどのグレードがおすすめなのでしょうか。

引用:https://bit.ly/3kMt8Lu

前述してきた通り、現在タフトには自然吸気エンジンとターボエンジンの2種類が設定されており、各エンジンで2つずつのグレードが用意されていますが、エンジンとグレード別に装備内容の違いや特徴を見てみると、X/Xターボの場合は

X/Xターボグレードの装備内容
・ホイールがスチール製 ・ヘッドライトがマニュアル調整式
・フォグライトは否搭載 ・ステアリングとシフトノブがウレタン素材
・内装のインテリアアクセントカラーが採用されない ・メーター類が簡素化されている
・アダプティブクルーズコントロール機能が否搭載

などが挙げられます。

引用:https://bit.ly/32ctZP8

一方のG/Gターボ場合は

G/Gターボグレードの装備内容
・ホイールがアルミ製 ・ヘッドライトがオートレベリング式
・LEDフォグライトが完備 ・ステアリングとシフトノブが本革製
・内装オレンジのアクセントカラーで加飾 ・インフォメーションディスプレイがカラー
・タコメーター付 ・標識認識機能搭載
・Gターボに限り、アダプティブクルーズコントロール機能が標準搭載

等が、タフトのグレード別における主な装備品の違いです。

先に説明した通り、タフトの場合は同じエンジンを搭載した各XとGグレードの差は約13万円~16万円程度、自然吸気エンジンとターボエンジンの価格差は約9万円~12万円程度となります。

引用:https://bit.ly/3qdvoM4

これらの点から、タフトの場合は総合的に考えると快適な走行を行う事ができ、装備内容も充実したGターボが最もおすすめのグレードだと言えるでしょう。

また、自然吸気エンジンを搭載したGグレードはクルーズコントロールやレーンコントロールと言った機能が標準装備されないことから、最もおすすめのグレードとはいきませんが、機能自体はメーカーオプションとして+44,000円で追加が可能となりますので、エンジンのパワーを気にしないと言う方は、こちらがおすすめです。

さらに、タフトの場合は全部で9色のボディカラーが現在は設定されていますが、各Xグレードの場合はこのうち5色のみの選択となってしまう点も、各エンジンのGグレードがおすすめとなる理由の1つに挙げられます。

残念ながら各Xグレードの場合は、G/Gターボよりも質感や機能面で劣る点に加え、ボディカラーの選択数が少ない事からからおすすめ度は低くなりますが、基本的な安全性能は最新のものが搭載され上位グレードと同じとなりますので、購入費用を抑えたいと言う方にはおすすめだと言えるでしょう。

引用:https://bit.ly/3FlTXha

ちなみに現在タフトには

・フードガーニッシュ ・バックドアガーニッシュ
・メッキアウターハンドル ・フロントアンダーガーニッシュ
・リヤアンダーガーニッシュ ・専用インテリアアクセントパネル

など、オプション品として設定される物とほぼ同品質の外装パーツが標準装備された

  • Gターボ“クロムベンチャー
  • G“クロムベンチャー

2種類が特別仕様車として設定されており、標準モデル+約70,000円で購入する事ができるお得なグレードとなっていますので、後々の外装カスタマイズ検討している方はこちらのグレードがおすすめです。

このようにタフトでは、力強い走りと質感の高い内装部分を兼ね揃えている点に加え安全機能が標準搭載、またはオプションとして装着可能なGターボやGグレードがおすすめとなりますが、購入費用を抑えたい場合は各Xグレードもおすすめだと言えますので、1つの参考にしてみて下さい。

【タフト】車両価格や値引きなどのまとめ

今回は、ダイハツ・タフトの車両価格や値引きなどについて解説をしてきましたが、現在タフトには2種類のエンジンが設定されており、それぞれで2つずつのグレードが用意され価格は概ね135万円~173万円となる事が分かったと思います。

気になる値引きの額については、車両本体とオプションを含めトータルでおよそ15万円~20万円程度が平均的な値引き額の目安となり、人気車種という影響も重なって値引きの幅は渋めであると言えるでしょう。

また、タフトの場合は快適な走行性能と質感の高い内装を兼ね揃え、安全機能が標準またはオプションとして搭載可能なGターボやGと言った上位グレードがおすすめのグレードだと言えますので、乗り換えなどを検討している場合の参考にしてみて下さい。

Y:アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/3Dtv5nm

【タフト】燃費とオイル交換。おすすめオイルは?

【ハスラー】VS【タフト】比較してみた。最新納車情報

【タフト】良い口コミ・辛口コメントなど

【タフト】人気ボディカラーランキング

【タフト】カスタムで更にカッコよく!おすすめアイデア

【タフト】車中泊を快適に過ごすためのおすすめアイデア

なぜ一括査定はお得だと言えるのか!?

乗り換えを行う際はディーラーでの下取りと中古車買取店での売却ではどちらが得なのかイマイチ分からないと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から先に言ってしまうと、こちらは現在所有している車種や車両の状態によっても異なりますが、

基本的に自動車を手放す際は、街中に存在する中古車買取店やインターネットによる一括査定を利用した売却の方が、高い値段で車を手放せる傾向にあると言えます。

一般的に、ディーラーなどで行われる下取り査定は

  • 年式
  • 走行距離
  • 車両の状態

などで判断されるため、車両自体や社外装備品の価値などは反映されず最低限の価格を提示される点が特徴です。

さらに、下取りで得られた金額は現金化する事ができず、新車の購入時のみ使用する事が可能となるため、後日タイヤの交換やドライブレコーダーなどの機器を追加する際は使用する事ができません。

一方の買取店や一括査定による車両の売却は、ディーラーでの下取り査定と同じく年式や走行距離、車両の状態などに加え

  • 中古車市場の需要と供給のバランス
  • 人気の有無
  • 装備品の価値

などが加味された査定となる事から、所有している車の価値に応じた買取査定額が提示されるため、ディーラーで行う下取り額よりも売却価格が高くなる傾向にある

と言う訳です。

また、車を売却した際の金額は1度現金化される事からタイヤやオイル交換等のメンテナンス、社外品の導入などにも使用する事が可能となるため、車を手放す際は下取りではなく売却を選択する方が得だと言えるでしょう。

ただし、中古車買取店などで売却を行う場合でも、車両の状態(事故等の有無)や市場の動向によっては必ずしも下取りより高額な査定を受ける事ができないケースもありますので、あくまでも1つの目安として無料の一括査定に申し込んでみることをおすすめします。

ディーラーの値引きを最大限に引き出し、さらにあなたの愛車の下取り金額を最大限にアップさせる。

これこそが、新車を最高に安く手に入れる方法なのです!

 

タイトルとURLをコピーしました