【タフト】良い口コミ・辛口コメントなど

タフト

軽クロスオーバーSUVのニューフェース【ダイハツ タフト】

SUVらしいタフでスクエアなスタイル広々とした室内空間と共に開放感を生み出す前席の頭上に大きく広がるガラスルーフ「スカイフィールトップ」などダイハツからの新たな提案が随所に盛り込まれた【タフト】は発表以来注目を集め続けています

2020年6月の発売開始から半年が経過しましたが、好調な販売成績もあってユーザーから様々な口コミが見受けられるようになってきました。

今回は【タフト】購入を検討している方にとって気になる【タフト】のスペックや良い口コミ・辛口コメントなどを取り上げていきます。

スポンサードリンク

【タフト】ダイハツ タフトはこんな車

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/index.htm

【ダイハツ タフト】は全く新しい軽クロスオーバーSUVですが、実は【タフト】という名称のダイハツ4輪車としては2代目に当たります。

初代1974~1984年に発売されていたリッタカーのコンパクトSUVでした。

FR(後輪駆動)ベースの4WD・ラダーフレームにジープを彷彿とさせるデザインの本格オフローダーでトヨタにOEM供給されていた【ブリザード】の車名の方が知っているという方が多いかもしれません。

軽量コンパクトボディを活かした軽快な走りが特徴的なSUVで、現行車種の中では【スズキ ジムニーシエラ】がちょうどキャラクター的に似通っているでしょう。

そんな「知っている人には懐かしいネーミング」を引き継いで登場したのが新型【タフト】です。

初代とはサイズ感は似通ってはいるものの全くの別物で、FF(前輪駆動)ベース・モノコックボディクロスオーバーSUVとなりました。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/04_interior.htm

実質的には【ダイハツ キャスト アクティバ】の後継車に当たり、丸みを持たせた台形フォルムの【キャスト アクティバ】とは全く異なるスクエアなデザインが大きな特徴で、165/65R15の大径タイヤ最低地上高190mm、そして4WD車では滑りやすい路面で空転した車輪にブレーキを掛けて空転を抑制してグリップしている車輪に駆動力を伝える「グリップサポート制御」が備わるなど高い走破性能が期待される車名通りに「タフ」な側面を持っています。

引用:https://www.daihatsu.com/jp/car_information/dnga.html

軽ハイトワゴン【新型 タント】にも採用されている新プラットフォーム「DNGA」と軽量高剛性ボディ「Dモノコック」が採用されて操縦安定性・燃費向上に貢献しています。

引用:https://www.daihatsu.com/jp/car_information/dnga.html

ターボエンジン車「Gターボ」には高速域用のスプリットギアを追加した「D-CVT」が【タント】【ロッキー/トヨタ ライズ】に続いて採用されています。

発進時のスムーズで気持ち良い加速が得られる上にCVTが苦手とする中・高速域での伝達効率を上げる事で高速走行時の燃費を向上させる効果があり、今後のダイハツ製コンパクトカーでの採用が広がっていくでしょう。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/04_interior.htm

車内へと目を向けていくとトールワゴン譲りの広々とした室内空間が飛び込んできます。

スクエアなボディと相まって垂直に立ったサイドガラス高い天井のおかげで広々としており【タフト】最大の特徴である、前席の頭上に大きく広がるガラスルーフ「スカイフィールトップのおかげで開放感あふれる移動空間を演出しています。

トールワゴンのクロスオーバー版、という単純なSUVではない、と室内を見た瞬間に感じ取れるでしょう。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/04_interior.htm

タフトの魅力はラゲッジスペースにも。

床面のフレキシブルボードを標準状態より140mm下げたり立てかけて床面を165mm下げたりとラゲッジスペースの高さを2段階調整することができるので背が高い荷物を積載する事が出来ます。

キャリーバッグや買い物袋など状況に合わせて高さを調整する事が出来るのは非常に便利です。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/04_interior.htm

リアシートバックを格納すればフラットなラゲッジスペースへと変貌し長尺物など様々な荷物を載せることが出来ます。

段差や隙間が無いので箱物を積載するのに便利です。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/06_safety.htm

運転支援システム・予防安全装備を見ていくと高速走行や渋滞時に役立つ「全車速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)」が「Gターボ」に標準装備、「G」にメーカーオプションとして用意されており、渋滞などで先行車が停止すると追従して停車し、停車時間が長いと電動式パーキングブレーキが自動的に作動して停止状態を維持します。

普通乗用車では電動式パーキングブレーキの導入が進んでいますが軽自動車ではまだまだ珍しい存在ですがタフトは【ホンダ N-WGN】に続いて全車標準装備となっています。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/06_safety.htm

また衝突被害軽減ブレーキにおいて2輪車(バイク・自転車)まで対応しており安全性能の高さも自慢です。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/06_safety.htm

安全性能ではLEDヘッドランプ標準装備であることも見落としがちですがタフトの魅力です。

外観の良さLEDライトの白くて明るい光で夜間走行の安心感を高める効果があり、「Gターボ」「G」ではオートレベリング機能・ADB(アダプティブドライビングビーム)が装備されており使い勝手の良さと安全性能を両立しています。

スポンサードリンク

【タフト】良い口コミ

次にタフトの口コミから高評価のものを取り上げていきます。

まずは外観

引用:https://www.daihatsu.com/jp/news/2020/20200610-1.html

スクエアなボディデザイン直立したフロントウィンドウ、そしてタフな印象を高める大きく張り出したフェンダーによってタフなSUVらしいエクステリアデザインへの評価が高くなっています。

引用:https://3des.daihatsu.co.jp/taft/simulator/

パックオプションとしてラインナップされている[メッキパック][ダークブラックメッキパック][ブラックパック][クロムパック][ホワイトパック]を組み合わせる事で『タフで力強さを感じるスクエアなデザイン』をより個性的に仕上げている方が多いようです。

豊富なカラーバリエーションも人気ですが、個性的でレトロな印象となるレイクブルーメタリック一番人気汚れが目立ちにくいという評価もされています。

目立たない点ではポジションランプとウインカーの機能を兼ねるダブルファンクションウインカーになっている事を評価する声もありました。

 

走行性能ではターボエンジンD-CVTが組み合わされる「Gターボ」は軽快に走ると高評価で後席も使う機会が多い方は「Gターボ」を選ばれているようです。

1~2人での利用がメインという方は「G」「X」のNAエンジンで充分な動力性能を発揮するようです。

新プラットフォーム「DNGA」によるボディ剛性の高さもあって乗り心地の良さも高い評価がされており、同ジャンルの先駆者である【スズキ ハスラー】から乗り換えた方が一番に違いを感じるのが乗り心地のようです。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/05_driving.htm

毎日の運転で便利だと高評価なのが電動式パーキングブレーキ

最近になって標準装備となりつつある新装備なだけに初めての電動式パーキングブレーキだという方が多いようですが、オートモード(EPBシフト連動機能ON)にした場合、シフトを[P]レンジにすると自動でパーキングブレーキが作動するので駐車時にパーキングブレーキをかけ忘れる事が無い、またアクセルを踏むかブレーキを踏むと自動的に解除されるのでパーキングブレーキをかけたまま走行する、ということも無いので日常利用での利便性の高さに評価が高くなっています。

「従来の手動式パーキングブレーキ車に戻れない」

というコメントが評価の高さを物語っているでしょう。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/04_interior.htm

室内スペースにおいて走行中にタフトを選んで良かったと評価されているのが「スカイフィールトップ」です。

開放感だけでなく視界が広くなるといった評価もあって「スカイフィールトップ」を常用している方がほとんどです。

前席の頭上に大きく広がるガラスルーフを標準装備するのは国内市場では非常に珍しく、初めてガラスルーフを利用するという方が多く予想外の使い勝手の良さが高評価につながっています。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/04_interior.htm

リアシートバックを倒すとフルフラットのラゲッジスペースとなる事や汚れが拭き取りやすいシートバック加工、マルチフックを取り付けてラゲージネットなどでカスタマイズ出来るなどSUVらしい使い勝手の良さも高い評価がされています。

使い勝手の良さは軽クロスカントリーSUV【スズキ ジムニー】に興味があるが3ドアと室内スペースの物足りなさから躊躇していた方にはとても魅力的に映っているようです。

家族を連れてのレジャーにも使えるユーティリティの高さも評価されています。

 

グレードについては選びやすさが評価されています。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/webcatalog/taft/book.html

「Gターボ」「G」「X」の3グレード構成となっており、一人利用・ビジネス用途でシンプルでタフに使うという方は割り切った存在である最廉価グレード「X」を選ばれますが、カラーバリエーションが豊富で充実した装備が魅力的な「G」とフル乗車や山道・高速走行の機会が多いなどエンジンパワーが求められる方には「Gターボ」、といった具合でグレードが多すぎてどれを選べば良いのかわからない、といった悩みが無い事への評価です。

「G」NAエンジンでフル乗車や高速走行でパワー不足を感じる事はあるが普段は街乗りメインで1~2人乗車がほとんどという方セカンドカーとして使っている方からは燃費が良く日常利用やたまのレジャーユーズまで熟せる能力があるので満足度が高いようです。

フル乗車の機会や休日のレジャーで遠出をする、メインカーとして使うという方は「Gターボ」を選ばれているようです。

CVT車運転支援システムが充実しているので遠出の時に他の同乗者に運転を代わって貰いやすい点も高評価されている方も居られました。

【ジムニー】ほどの悪路走破性能ではありませんが「Gターボ」4WD車を選べば高い最低地上高「グリップサポート制御」により雪道や未舗装路において高い走破性能を発揮してくれます。

スポンサードリンク

【タフト】辛口コメント

次にタフトに関する辛口コメント

まず目に付くのが燃費性能

一昔前の軽自動車と比較すればCVTと新型エンジンなどの技術向上によって燃費性能は格段に向上しています。

タフトの燃費性能も軽自動車の平均値に収まるもので特段に燃費が悪い、というわけではありません

しかしライバルである【ハスラー】という比較対象が存在する事で厳しい評価がされています。

燃料消費率(km/L) タフト ハスラー
ターボ
2WD
WLTCモード 20.2 22.6
市街地モード 17.9 19.7
郊外モード 21.9 24.4
高速道路モード 20.3 23.0
ターボ
4WD
WLTCモード 19.6 20.8
市街地モード 17.2 18.5
郊外モード 20.9 22.3
高速道路モード 20.0 21.0
NA
2WD
WLTCモード 20.5 25.0
市街地モード 17.6 22.9
郊外モード 22.4 26.4
高速道路モード 20.8 25.1
NA
4WD
WLTCモード 19.7 23.4
市街地モード 17.1 22.1
郊外モード 21.5 24.1
高速道路モード 19.9 23.5

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/performance_eco/

ISG(モーター機能付発電機)により減速時のエネルギーを利用して発電し、発進・加速時にはモーターでエンジンをアシストする「マイルドハイブリッド」車である【ハスラー】と比べてオルタネーター回生とアイドリングストップに限られるタフトの方が燃費性能では一歩劣ります

カタログに表記されるWLTCモード燃費を比べても各モードで【ハスラー】が燃費が良くなっています。

差が開くのがNAエンジンで、最高出力は控え目ながら燃費重視の新エンジンを導入し、モーターアシスト量を増やす事で燃費性能と共に使い勝手の良さを高めた【ハスラー】NAエンジン車の高い燃費性能が目を惹きます。

どうしても【ハスラー】と比較しがちなのでタフトの燃費性能が劣るように映ってしまいますが、マイルドハイブリッド車では無い軽自動車と比べると同等程度の燃費性能となるので納得して購入されている方がほとんどですが、【ハスラー】の燃費性能を見せつけられている事もあってタフトにマイルドハイブリッドが搭載されるのを心待ちする声が聞かれました

しかし、タフトのみならずダイハツの軽自動車エンジンの特徴としてターボエンジンとNAエンジンの燃費性能に大きな開きが無いのでターボエンジンを選びやすい、という点を評価する声もありました。

ターボエンジン車に関しては「D-CVT」による軽快な走りが高評価なだけに、これにモーターアシストが加わればもっとスムーズな走りになるのに、という期待感もありました。

ダイハツが今後マイルドハイブリッド導入を表明しておりトヨタの技術を使ったフルHV車の導入も噂されておりタフトにもマイナーチェンジでマイルドハイブリッドが導入されるかもしれません

そういう期待を込めての燃費性能への辛口コメントとなっています。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/03_exterior.htm

次に外観について。

タフトは『タフで力強さを感じるスクエアなデザイン』が自慢のエクステリアデザインが好評ですが、丸目の【ハスラー】【ジムニー】と比べると可愛らしさに欠ける、という女子からの辛口コメントがありました。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/index.htm

サブカルチャーの影響もあってソロキャンプなどアウトドアレジャーに興味を持つ女性にとって【ジムニー】ほどハードではなく、開放感あふれる「スカイフィールトップ」と広々とした室内スペースを持つタフトは日常生活でも扱いやすいベストな選択肢になり得る存在ですが、四角いヘッドランプが無骨すぎるようです。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/03_exterior.htm

エクステリアデザインを高評価している方からも[メッキパック]がオプションとなっている点についても不満の声が聞かれました。

装着率の高い[メッキパック]なだけに標準装備にしてほしかった、という要望でフロント周りのグリルレスデザインよりもフードガーニッシュを装着したグリルっぽいデザインの方が好評のようです。

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

このグリルレスデザインへの賛否は発売時期が近い【ホンダ フィット】と共通する所で、好みの問題ではありますが、レトロなクロスカントリーSUVっぽさを求める方にとってはフードガーニッシュだけでも標準装備してほしいという不満が上がってしまうのは致し方ないでしょう。

 

次に室内スペースについて。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/04_interior.htm

「スカイフィールトップ」など前席への高評価とは対称的に後席の広さと使い勝手には不満が多いようです。

後席にスライド機構やリクライニング機構が無いので座る人の体格によって調整する事が出来ません。

【ハスラー】はスライド機構・リクライニング機構が備わるので荷物の量に合わせてシート位置を調整する事も出来るなど後席の使い勝手が考えられている事と比較すると不満に感じるようです。

無論、タフトの後席スペースは充分に広いスペースが確保されており大人でもゆったりと座ることが出来ますリアシートバック(背もたれ)の天地高が少し短め座面も低め乗車時には脚を前席座面下に伸ばす体勢にする前提のシート構成となっており小さなお子様や小柄な体型の方には不満が無いが大人4人での移動空間としては見劣りするように感じます。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/04_interior.htm

「完全フラットスタイル」を簡単に実現するために【ハスラー】のワンタッチダブルフォールディングリアシート機構と異なりリアシートバックを倒すだけの機構となっているのもリアシートバックの高さが短くなっている理由でしょう。

 

使い勝手の面では収納スペースへの不満がありました。

インパネトレイやセンターコンソールトレイ、グローブボックスなど豊富な収納スペースが用意されてはいるものの【ハスラー】と比較するともう一押し欲しいといった不満と、【ハスラー】の上位グレードに用意されるリアシート用パーソナルテーブルや運転席助手席シートバックポケットが無く後席の収納スペースがドアポケットに限られる事への不満が上げられていました。

引用:シートバックポケット

他に少ない不満点として上がっていたのがガラスのUVカット機能について。

コストパフォーマンスに優れる「G」「Gターボ」を選ばれる方が多いようですが、「X」を購入後にフロントドアガラスがスーパーUV&IRカット機能ではなくUVカット機能のみだと知ってガッカリした、という声もありました。

男性にはUVカット機能で充分とあまり気にも止めないかもしれませんが女性にとっては重視したい点でしょう。

「X」よりも13万円近く高い装備が充実している「G」を選べば良かったという声にも共通しますが、装備の違いを公式サイトやディーラーで確認した上でグレードを選ぶのが良いでしょう。

スポンサードリンク

【タフト】評価まとめ

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/05_driving.htm

タフトの評価は同ジャンルの先駆者である【ハスラー】との比較によるものがメインとなり、【ハスラー】がフルモデルチェンジした数ヶ月後に登場したタフトが厳しい批評に晒されるのも致し方ないでしょう。

しかし極端な欠点・拭いきれない不満があるというわけでもなく日常利用していて細かな不満はあれど満足している声が多く、発売開始以来好評な販売成績にもタフトの完成度の高さが反映されています。

引用:https://www.daihatsu.com/jp/news/2015/20150909-01.html

ダイハツは否定していましたが実質的に【ハスラー】の対抗車であった【キャスト アクティバ】がトールワゴン【キャスト】のクロスオーバーグレードでありデザインに大きな違いが無くタフさに欠ける印象であまり目立たない存在でしたが、SUVらしいスクエアなデザインとなったタフトは一躍【ハスラー】と競り合う存在に躍り出ました

自然の中でも、街中でも映える、タフでスクエアなスタイル』と「スカイフィールトップ」が加わる事で景色の広がりを楽しみながらの移動を楽しめるアクティブに活動できる軽快さと荷物をたくさん運べる機能を両立』した室内空間への高い評価もあって2020年10月の販売実績では【ハスラー】を追い抜き、軽ハイトワゴンの一角を崩してみせました

 

グレード選びについてはパワー不足を感じるシーンが多いNAエンジン車よりもゆとりのある「Gターボ」を選ぶ方が多いようです。

ターボグレードが1グレードのみとシンプルなグレード構成は「装備が劣っていてもいいから安いターボ車が欲しい」というニーズには応えられないもののシンプルで分かりやすい構成だと他のダイハツ軽自動車でも好評です。

全車速追従機能付ACC電動式パーキングブレーキなどダイハツの最新運転支援システム安全装備DNGAによる高い走行性能と「スカイフィールトップ」を始めとする快適装備。

特にダイハツの軽自動車初となる電動式パーキングブレーキ標準装備は大きなトピックであり普通乗用車に劣らぬ装備を備えている事への満足度は高く長く乗り続けたくなる魅力的なクルマとなっています。

アイキャッチ画像引用URL:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/06_safety.htm

【タフト】人気カラーランキング

【タフト】カスタムで更にカッコよく!おすすめアイデア

【タフト】車中泊を快適に過ごすためのおすすめアイデア

【ハスラー】VS【タフト】比較してみた。最新納車情報

タイトルとURLをコピーしました