【タフト】燃費とオイル交換。おすすめオイルは?

タフト

【無料】で試せる!クルマをさらに安く購入する方法!

愛車を少しでも高く売りたい。

新車を少しでも安く買いたい。

車は大きな買い物です。

【無料】で試せて大きな成果!!

浮いたお金で余分にオプションを付けるのも良し。

一つ上のグレードに変更してみるのもいいでしょう。

そんな情報を今回ここだけでお教えします!

【無料】一括査定を使うとどうなるか!?

中古車一括査定をご存じですか?

例えばディーラーで10万円の下取りが一括査定を利用することで数倍の値が付くことも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社があなたの愛車の買い取り価格を競ってくれるので結果的に値段が吊り上るのです。

【ダイハツ タフト】の燃費や使用されるオイルは、どのようなものとなっているのでしょうか。

タフトは、そのアクティブなデザインと使い勝手の良さが好評となり2020年6月の販売開始以来、好調な売れ行きを維持しておりスズキ・ハスラーと鎬を削る軽SUVですが、軽自動車と言うと燃費の良さが大きな魅力となるだけに、タフトの燃費どれくらいなのか気になる方も多いと思います。

また、自動車の燃費はエンジンオイルのこまめな交換で新車時の性能を長く維持する事ができますが、タフトの場合は2種類のエンジンが設定される事から、どのようなオイルが最適なのか、車を長く乗る上でぜひ概要を把握しておきたいところです。

そこで今回は、タフトの燃費やおすすめとなるエンジンオイル、オイル交換にかかる費用の紹介などを中心に、ダイハツ・タフトと燃費やオイル交換について解説をしていきます。

スポンサードリンク

【タフト】燃費はどれくらい?

引用:https://bit.ly/3nBhMIK

タフトは2020年6月に、同じくダイハツから販売されていたキャストアクティバの後継モデルとして販売が開始され、開放的でアクティブなデザインと使い勝手の良さが高評価となり、現在では同じジャンルのスズキ・ハスラーと並び人気の高い軽SUVとなります。

この軽SUVと言うジャンルは、昨今1つのブームとなっており少人数で車中泊を行う事ができるなど多用途で使用できる点が魅力となりますが、軽自動車と言うと燃費の良さが大きな利点となるだけに、タフトの場合はどれくらいの燃費性能となるのか興味を持っている方は多いはずです。

では実際に、タフトの燃費はどのくらいとなるのでしょうか。

引用:https://bit.ly/38C19bA

現在タフトには、従来型のガソリン自然吸気エンジンとターボエンジンを搭載した2種類のエンジン形式に加え、前輪駆動となる2WD車と四輪駆動となる4WD車の2つの駆動方式が設定されていますが、それぞれの詳しい燃費値を見てみると自然吸気エンジンの場合は

タフト(自然吸気エンジン)
測定モード/駆動方式 2WD 4WD
WLTCモード 20.5km/L 19.7km/L
市街地モード 17.6km/L 17.1km/L
郊外モード 22.4km/L 21.5km/L
高速道路モード 20.8km/L 19.9km/L

ターボエンジンの場合は

タフト(ターボエンジン)
測定モード/駆動方式 2WD 4WD
WLTCモード 20.2km/L 19.6km/L
市街地モード 17.9km/L 17.2km/L
郊外モード 21.9km/L 20.9km/L
高速道路モード 20.3km/L 20.0km/L

となっており2WDの場合は0.3km/L、4WDの場合は0.1km/L自然吸気エンジンの方が優れている結果となっていますが、差はごく僅かとなりますのでタフトの場合はエンジン形式や駆動方式による燃費差は、ほとんど無い点が特徴です。

引用:https://bit.ly/2MZfUNv

これを、先に触れたライバル車種の1つでもあるハスラーと比較してみると、ハスラーの場合にはタフトと同じく自然吸気エンジンとターボエンジンが設定される事に加え、駆動方式も前輪駆動の2WD車と四輪駆動の4WD車となりますが、自然吸気エンジンの燃費は

ハスラー(自然吸気エンジン)
測定モード/駆動方式 2WD 4WD
WLTCモード 25.0km/L 23.4km/L
市街地モード 22.9km/L 22.1km/L
郊外モード 26.4km/L 24.1km/L
高速道路モード 25.1km/L 23.5km/L

ターボエンジンの場合は

ハスラー(ターボエンジン)
測定モード/駆動方式 2WD 4WD
WLTCモード 22.6km/L 20.8km/L
市街地モード 17.7km/L 18.5km/L
郊外モード 24.4km/L 22.3km/L
高速道路モード 23.0km/L 21.0km/L

となっており、自然吸気とターボエンジンに加え全ての駆動方式で共に、タフトよりもハスラーの方が燃費性能は優れていることが分かります。

なぜ、同じ660ccのエンジンを搭載し車両の重量も同等であるにも関わらず、最大で5.0km/L程度の燃費差が発生するのか疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、これは両車の動力方式が大きく異なるからです。

引用:https://bit.ly/2XwPRix

タフトに搭載される動力システムは、従来型のエンジンのみとなり停車中などはアイドリングストップ機能によってエンジンが停止する仕組みですが、走り出しから加速まで一貫してエンジンのみで走行を行います。

これに対しハスラーの場合は、走り出しはモーターのみで行い加速を行う際はモーターがエンジンのサポートを行うマイルドハイブリッドシステムが搭載されており、一時的にモーターで走行を行える事から、タフトよりも燃費性能が優れていると言う訳です。

引用:https://bit.ly/2XwXd5B

ただし、車両重量など条件は異なるもののタフトと同じノンハイブリッドとなる他の軽自動車の燃費を見てみると、概ね19.0km/L~22.0km程度が平均的となり、タフトの燃費が極端に悪いという訳ではありませんので、覚えておくと良いでしょう。

このようにタフトの燃費は、ライバル車種であるハスラーには劣りますが他の軽自動車と比べると、平均的な性能になっていると言えますので、購入や比較を行う際の参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

【タフト】エンジンオイルのおすすめグレードは?

引用:https://bit.ly/3clnprk

前述した通り、タフトの燃費はライバル車種のハスラーには及ばないものの、他の軽自動車と比較すると平均的な性能である事が分かりましたが、自動車の燃費に大きな関わりがある事と言えばエンジンオイルの交換です。

自動車のエンジンオイルは、汚れの発生や劣化が進む事でエンジンを動かす部品に負荷が掛かり、徐々に燃費性能が低下してしまうため定期的な交換を行わなければ、本来の性能を維持する事はできないため、オイル交換は日常的なメンテナンスにおいて基本とも言われています。

ただ、タフトの場合はガソリンエンジンとダーボエンジンの2種類が設定されている事から、どのようなオイルに交換したら良いのか分からないと言う方もいらっしゃると思いますので、ここではタフトにおすすめのオイルを紹介していきます。

タフトに最適なオイルの粘度

引用:https://bit.ly/3wTwml2

前の項目でも説明した通り、現在タフトには自然吸気エンジンとターボエンジンの2種類が設定されていますが、どちらのエンジンも燃料は通常のガソリンを使用しますので、交換を行うオイルはガソリン車用の物を選択して下さい。

ガソリン車用のエンジンオイルは、APIと呼ばれる機関が定める規格でオイル缶の表面などに『SN』や『SP』と言ったSから始まる文字が表記されていますので、簡単に見分けることが可能です。

引用:https://bit.ly/3Hu6v8o

次に、オイルは搭載されるエンジン毎に異なる粘度(硬さ)の物が充填されているため、安価だからと言ってどのようなものでも良いと言う訳ではありませんが、タフトの場合はそれぞれ

タフトの推奨または適合オイル粘度
自然吸気エンジン 0W-16、0W-20
ターボエンジン 0W-20

と言う比較的に粘度が低い(柔らかい)エコカー向けのオイルが指定、または奨められていますので交換を行う際は、それぞれ搭載されるエンジンの種類に合った粘度の物を選択すれば、大きな問題はありません。

引用:https://bit.ly/3nq07XO

この『0W-20』と言った文字は、ハイフンより左は低温時の粘度となり0に近いほど、温度が低い場合でも柔らかさが保てる事を意味しています。

反対に、ハイフンより右側は高温時のオイル粘度を示している事から、数字が大きいほど温度が高い状態でも硬さを保ちエンジンを保護できる事を意味しており、一般的なターボ車などエンジンが熱くなりやすい車種には、5W-30などの粘度が使用される傾向にあります。

引用:https://bit.ly/3Hxd1uQ

ただしタフトの場合、自然吸気とターボの両エンジンで指定よりも粘度の硬いオイルを入れてしまうと、エンジンが破損することは貼りませんが負荷が大きくなる事によって燃費の低下を招きますので、燃費を気にする場合は指定の粘度に交換する事が一般的です。

また、昨今ではさらに粘度が低く低燃費車向けの『0W-8』などのオイルも販売されていますが、こちらをタフトに入れてしまうと、オイル粘度が柔らかすぎることからエンジンに焼き付いてしまい、故障の原因となりますので指定よりも柔らかいオイルは絶対に使用してはいけません

タフトに最適なオイルのグレード

引用:https://bit.ly/30FWGU1

先述の通りタフトに使用されるエンジンオイルは、0W-16や0W-20と言ったエコカー向けの物である事が分かったと思いますが、自動車のエンジンオイルにはガソリン車用やディーゼル車用、オイル粘度など様々な種類がありますが、もう1つの種類としてベースオイルのグレード選択が必要となります。

このベースオイルとは、原油を精製する際に抽出されるオイルの事を示し主に3つのグレードに分けられる点が特徴です。

引用:https://bit.ly/3wVETnN

主な3つのオイルグレードと、それぞれの特徴を挙げていくと

オイルの種類 主な特徴
鉱物油 価格は安いが、耐久性が低く劣化速度が速い
化学合成油 精製する段階で、特殊な分子を結びつけるため耐久性が高く劣化速度が遅いが、価格が高め
部分合成油 鉱物油と化学合成油を合わせたオイルで、性能と価格のバランスが保たれている

とそれぞれ利点・欠点があり、品質を示すグレードとしては鉱物油<部分合成油<化学合成油の順となる事から、グレードが上がるに連れて性能や価格が高くなっていく点が特徴ですので、交換のサイクルやメンテナンスにかかる費用と相談しながら選択していくと良いでしょう。

では具体的に、タフトにはどのグレードが最適化というと様々な考え方があるため一概に言える訳ではありませんが、エンジンの性能を考慮すると基本的には高性能な化学合成油がおすすめですが、ターボエンジンは比較的に交換サイクルが短いため、コストを抑える観点から部分合成油の選択もおすすめです。

タフトに最適なオイルは純正品?社外品?

引用:https://bit.ly/32b8Ogj https://bit.ly/3Fq0WFU

自動車のオイル交換は、ガソリンスタンドやカー用品店など様々な場所で行う事ができますが、特にカー用品店では多くのメーカーのオイルが扱われており、昨今ではディーラーでも純正品に加え社外品取り扱いもある事から、実際には純正品と社外品でどちらが良いのか分からないと言う方も多いと思います。

結論から先に言ってしまうと、純正品と社外品のオイルは先述したベースオイルのグレードが同じであれば、基本的な洗浄や潤滑と言ったエンジンオイルの役割に大きな違いは無いため、どちらを選択しても特に問題はありません

引用:https://bit.ly/3oBwUs3

では、この両者はどのような部分に違いがあるのか気になるところですが、要約するのであれば

  • 純正品のオイルは、静粛性や洗浄効果などを向上させる添加剤の含有量が少ない、または含まれない
  • 社外品のオイルは、純正品と比べ洗浄効果や保護性能、エンジンパワーの向上を目的とした添加剤などの成分が含まれている

と言うのが、純正品と社外品の大まかなオイルの違いとなります。

また、この両者は純正品の場合は性能向上の添加物が少ない事から価格は安く、反対に社外品は含まれる添加物が多くなる事によって価格は高くなる傾向にありますので、基本は純正品への交換を主として、性能に満足が行かない場合は社外品を選択していくという方法がおすすめの選び方です。

引用:https://bit.ly/3qKCds3

ちなみに、社外品のオイルは純正品と比較して1Lあたり概ね1.5倍~2.0倍程度の価格に設定される傾向にありますので、知識の1つとして覚えておくと良いでしょう。

では実際に、タフトのオイル交換を行う場合は一回あたりどれくらいの費用が必要となるのでしょうか。

次の項目では、一回にかかるタフトのオイル交換費用について、解説をしていきます。

スポンサードリンク

【タフト】一回のオイル交換でいくらくらいかかるのか?

引用:https://bit.ly/3Hxhiyo

ダイハツ・タフトでおすすめのエンジンオイルは、自然吸気エンジンとターボエンジンでそれぞれ比較的に粘度の低いエコカー向けの物となり、予算など都合に応じて部分合成油や化学合成油がおすすめである事が分かりました。

ただし、自動車のエンジンオイルは定期的な交換が必要となり特にターボエンジンの場合は、自然吸気エンジンと比べ交換のサイクルが早い傾向にあるため、一回の交換費用はどれくらいとなるのか概要を知りたい方は多いはずです。

ではタフトの場合、一回のオイル交換で必要となる費用はどれくらいとなっているのでしょうか。

引用:https://bit.ly/3HGhcF1

前述した通り、現在タフトには自然吸気とターボの2つの動力方式が設定されていますが、指定またはメーカーから奨められているオイルの粘度は

  • 自然吸気0W-16、0W-20
  • ターボ0W-20

となっています。

さらに、両エンジンで交換に必要なオイル量はそれぞれ

エレメント交換の有無 自然吸気エンジン ターボエンジン
なし 3.05L 3.05L
あり 3.25L 3.25L

となっており、エレメントと呼ばれる濾過装置の交換を行わない場合は3.05L、1つあたり1,000円前後のエレメントを同時に変える場合は、3.25Lがそれぞれのエンジン形式で必要です。

引用:https://bit.ly/3Dr7fsr

また、比較的に価格が抑えられた純正オイルの場合は、施工を行う店舗によって値段に差があるため全てのケースに当てはまる訳ではありませんが、平均的な0W-20と言う粘度のオイル価格としては、1Lあたり1,000円~1,200円程度となりますのでタフトの場合は

エレメント交換の有無 必要交換量 一回に必要な費用
なし 3.05L 約3,000円~3,500円前後
あり 3.25L 約3,300円~3,900円前後

が大まかな目安です。

さらに、ディーラーなどの販売店でオイルを変える際は、オイルやエレメントの費用に加え工賃が別途で必要となるケースが多い傾向にありますが、こちらも店舗によって価格にバラツキがあるものの、一般的には約1,000円~2,000円程度が相場となります。

そのため、タフトのオイルをディーラーで変える場合は、概ね4,000円~6,000円程度の費用が一回の交換にかかる1つの目安になると言えますので、覚えておくと良いでしょう。

エレメントの交換サイクルは?

引用:https://bit.ly/3nnRc91

先述の通り、タフトで一回にかかるオイル交換費用は概ね4,000円~6000円が目安となる事が分かりましたが、なぜオイル交換時にエレメントも交換しなければならないのか、イマイチ分からないと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そもそも、どうしてエンジンにはエレメントが装着されているのかと言うと、エンジンオイルは内部の部品が円滑に動くよう潤滑剤としての役割を担っていますが、構造上100%部品同士が擦れ合うことを防ぐ事ができないため、時間の経過によって細かな金属の粉が発生します。

さらに、エンジン内部でガソリンなどを噴射し燃焼させた際にスラッジと呼ばれる煤が発生し、堆積が増える事によって徐々にオイルが汚れていき、エンジンの動作に負荷が掛かる事から燃費の低下を招いてしまいます。

引用:https://bit.ly/3CpPuIL

エレメントは、これらの汚れを濾過するフィルターの役割を担っており、オイルを循環させる際エレメントで濾過することによって、汚れを取り除いていますが汚れが蓄積していくに連れ濾過の性能も低下していき、最終的にはこれらの汚れがヘドロの様に溜まってしまう事から交換が必要となる訳です。

もちろん、エレメントが汚れている状態でも走行することは可能ですが、先に説明をした通りオイル中の汚れが増える事によって、エンジンを動かすための力が通常よりも多く必要となりパワーや燃費の低下を招いてしまうため、オイルと同様に定期的な交換は不可欠となるのです。

引用:https://bit.ly/2MXXfBx

では、実際にどれくらいのサイクルで交換を行えば良いかと言う点ですが、これは様々な考え方があるものの走行距離としては約5,000km~10,000km前後、期間としては6ヶ月~12ヶ月が1つの目安となり、概ねオイル交換2回対し1回のエレメント交換を行うことが望ましいと言えるでしょう。

このように、タフトの一回にかかるエンジンオイルの交換費用は純正品の場合で概ね4,000円~6,000円程度が1つ目安となり、エレメントはエンジンオイルの交換2回に対し1回が目安となりますので、交換を行う際の参考にして下さい。

【タフト】燃費やオイル交換のまとめ

今回は、ダイハツ・タフトの燃費やオイル交換について解説をしてきましたが現在タフトには自然吸気エンジンとターボエンジンの2種類が設定されている事に加え、従来型の純粋なガソリン車である事から燃費は概ね20km/L前後である事が分かったと思います。

また、タフトに使用されるエンジンオイルは燃費性能を重視したエコカー向けの粘度が柔らかいものとなっており、エンジンの性能を考慮すると比較的にグレードの高い部分合成油や化学合成油がおすすめです。

さらに、価格が比較的に抑えられた純正オイルに交換した場合は、約4,000円~6,000円程度がタフトの一回にかかるオイル交換費用の目安となりますので、ディーラーや量販店での交換費用を比較する場合などの参考にすると良いでしょう。

Y:アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/3clnprk

【ハスラー】VS【タフト】比較してみた。最新納車情報

【タフト】良い口コミ・辛口コメントなど

【タフト】人気ボディカラーランキング

【タフト】カスタムで更にカッコよく!おすすめアイデア

【タフト】車中泊を快適に過ごすためのおすすめアイデア

なぜ一括査定はお得だと言えるのか!?

乗り換えを行う際はディーラーでの下取りと中古車買取店での売却ではどちらが得なのかイマイチ分からないと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から先に言ってしまうと、こちらは現在所有している車種や車両の状態によっても異なりますが、

基本的に自動車を手放す際は、街中に存在する中古車買取店やインターネットによる一括査定を利用した売却の方が、高い値段で車を手放せる傾向にあると言えます。

一般的に、ディーラーなどで行われる下取り査定は

  • 年式
  • 走行距離
  • 車両の状態

などで判断されるため、車両自体や社外装備品の価値などは反映されず最低限の価格を提示される点が特徴です。

さらに、下取りで得られた金額は現金化する事ができず、新車の購入時のみ使用する事が可能となるため、後日タイヤの交換やドライブレコーダーなどの機器を追加する際は使用する事ができません。

一方の買取店や一括査定による車両の売却は、ディーラーでの下取り査定と同じく年式や走行距離、車両の状態などに加え

  • 中古車市場の需要と供給のバランス
  • 人気の有無
  • 装備品の価値

などが加味された査定となる事から、所有している車の価値に応じた買取査定額が提示されるため、ディーラーで行う下取り額よりも売却価格が高くなる傾向にある

と言う訳です。

また、車を売却した際の金額は1度現金化される事からタイヤやオイル交換等のメンテナンス、社外品の導入などにも使用する事が可能となるため、車を手放す際は下取りではなく売却を選択する方が得だと言えるでしょう。

ただし、中古車買取店などで売却を行う場合でも、車両の状態(事故等の有無)や市場の動向によっては必ずしも下取りより高額な査定を受ける事ができないケースもありますので、あくまでも1つの目安として無料の一括査定に申し込んでみることをおすすめします。

ディーラーの値引きを最大限に引き出し、さらにあなたの愛車の下取り金額を最大限にアップさせる。

これこそが、新車を最高に安く手に入れる方法なのです!

 

タイトルとURLをコピーしました