【タフト】人気ボディカラーランキング

タフト

【無料】で試せる!クルマをさらに安く購入する方法!

愛車を少しでも高く売りたい。

新車を少しでも安く買いたい。

車は大きな買い物です。

【無料】で試せて大きな成果!!

浮いたお金で余分にオプションを付けるのも良し。

一つ上のグレードに変更してみるのもいいでしょう。

そんな情報を今回ここだけでお教えします!

【無料】一括査定を使うとどうなるか!?

中古車一括査定をご存じですか?

例えばディーラーで10万円の下取りが一括査定を利用することで数倍の値が付くことも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社があなたの愛車の買い取り価格を競ってくれるので結果的に値段が吊り上るのです。

軽クロスオーバーSUV【ダイハツ タフト】

解放感溢れる「スカイフィールトップ」を採用する「青空SUV」には豊富で魅力的なカラーバリエーションが用意されています。

今回は【タフト】のカラーバリエーションと人気カラーランキングを取り上げていきます。

スポンサードリンク

【タフト】豊富なカラーバリエーション

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/

まずは【タフト】のカラーバリエーションを紹介していきます。

タフトには全9色のボディカラーがラインナップしています。

ただし「G」「Gターボ」は全色選択出来ますが、下位グレードの「X」では選べるカラーは5色に限られますので注意が必要です。

レイクブルーメタリック
<G><Gターボ><X>

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/03_exterior.htm

フォレストカーキメタリック
<G><Gターボ><X>

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/03_exterior.htm

サンドベージュメタリック
<G><Gターボ><X>

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/03_exterior.htm

コンパーノレッド
<G><Gターボ>

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/03_exterior.htm

レモンスカッシュクリスタルメタリック
<G><Gターボ>

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/03_exterior.htm

スプラッシュブルーメタリック
<G><Gターボ>

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/03_exterior.htm

シャイニングホワイトパール

<G><Gターボ><X>

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/03_exterior.htm

ブライトシルバーメタリック
<G><Gターボ><X>

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/03_exterior.htm

ブラックマイカメタリック
<G><Gターボ>

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/03_exterior.htm

タフで力強いSUVらしい落ち着いた色合いの「レイクブルーメタリック」「フォレストカーキメタリック」「サンドベージュメタリック」「シャイニングホワイトパール」「ブライトシルバーメタリック」は全グレードで選択可能となっています。

 

タフトのデザインを際立たせる「コンパーノレッド」「レモンスカッシュクリスタルメタリック」「スプラッシュブルーメタリック」といった明るいカラーと他のクルマで人気のある「ブラックマイカメタリック」といったカラーは「G」「Gターボ」グレードのみラインナップされています。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/03_exterior.htm

どれもモノトーンカラーではありますが、「G」「Gターボ」では「スカイフィールトップ」と共にブラックフィニッシュのルーフヘッダーとルーフレールによってブラックルーフの2トーンカラーとなります。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/03_exterior.htm

また直線基調のボディラインに合わせて光の当たり具合で色合いが変わるのもタフトの特徴でしょう。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/03_exterior.htm

更にディーラーオプションの[メッキパック][ダークブラックメッキパック][ブラックパック][クロムパック][ホワイトパック]を組み合わせると同じカラーでも違った印象となり『タフで力強さを感じるスクエアなデザイン』であるタフトをより個性的に仕上げる事が出来ます

[メッキパック]については多くの購入者に選ばれているようで、ボディカラーを選ぶ際には[メッキパック]を装着した外観も検討した方が良いでしょう。

スポンサードリンク

【タフト】人気カラーランキング

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/index.htm

次にタフトのボディカラーの人気カラーランキング

全9色のうち人気カラーのトップ5は以下の通りです。

5位 ブライトシルバーメタリック

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/03_exterior.htm

4位 ブラックマイカメタリック

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/03_exterior.htm

3位 フォレストカーキメタリック

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/03_exterior.htm

2位 シャイニングホワイトパール

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/03_exterior.htm

1位 レイクブルーメタリック

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/03_exterior.htm

時期によって順位が変わる事がありますが、1位のレイクブルーメタリックが不動の人気を獲得しています。

タフトのイメージカラーとあって注目を集めやすいという事もありますが、スクエアなデザインと合わさってレトロなSUVらしさを際立たせるボディカラーとして高評価されているようです。

落ち着いた色合いで個性的、と選ばれる方が多いようですが、汚れが目立ちにくいという理由で選ばれる方も多いようです。

引用:https://3des.daihatsu.co.jp/taft/simulator/

2位のシャイニングホワイトパールは他の車種でも人気のパールホワイトで安定した人気カラーとなっています。

在り来たりなボディカラー、と思われがちですがタフトの場合、樹脂色のアンダースポイラーやフェンダーアーチ、そして「スカイフィールトップ」の存在感が際立つクロスオーバーSUVとなるのも人気の理由です。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/03_exterior.htm

3位のフォレストカーキメタリックタフトのイメージカラーであるので注目を集めやすく、タフで力強いタフトを際立たせる事もありアウトドアレジャーをメインに使いたいという方に支持されています。

どこか、クロスカントリーSUVを思わせるカラーですが[メッキパック]を装着する事で更にクロスカントリーSUVっぽく仕上がるのもこのカラーの魅力でしょう。

引用:https://3des.daihatsu.co.jp/taft/simulator/

4位のブラックマイカメタリックも定番のカラーですが精悍さのある印象となるのも人気の理由です。

[ダークブラックメッキパック]を組み合わせることでより精悍さを際立たせることも出来ますので定番なカラーながらも個性的なタフトに仕上げる事が簡単に出来るのも魅力的です。

引用:https://3des.daihatsu.co.jp/taft/simulator/

5位のブライトシルバーメタリックは明るめのシルバーで上品な仕上がりとなり、街乗りメインの方に人気があります。

こちらも[メッキパック]を組み合わせることでより上品で個性的な仕上がりとなります。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/accessory/taft/index.htm

他にトップ5には登場していませんが「レイクブルーメタリック」とは異なるレトロなSUVとして「サンドベージュメタリック」も人気があります。

[ホワイトパック]とディーラーオプションのウッド調サイドストラップを組み合わせることで上品なレトロSUVに仕上げる事が出来ます。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/accessory/taft/simulator/index.htm

タフトのボディカラーとアクセサリー類との組み合わせタフトアクセサリーシミュレーター(スマートフォン用コンテンツ)で簡単に確認することが出来ますので自分好みのボディカラーを選び出すのに活用すると良いでしょう。

スポンサードリンク

【タフト】最新!おすすめボディケア術

「毎日を楽しくしてくれる頼れる相棒」であるタフトを手に入れてからも選び抜いたボディカラーを綺麗な状態で維持していきたいものです。

新車の輝きを保ち続けるのにもっとも効果的なのがボディコーティングです。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/accessory/convini/body.htm

塗装面の上に被膜を形成して細かなキズや水アカなどの汚れによる塗装面へのダメージを防ぐ効果があります。

新車購入時にボディコーティングしておくのがおすすめです。

ダイハツのカーディーラーで取り扱っているダイハツ純正ボディコーティングとしては6種類がラインナップされています。

商品名 タイプ 特徴 光沢持続期間
ウルトラグラスコーティングNE’X ガラス系硬質被膜 撥水・滑水 新車5年間光沢保証
シルクア 有機ポリシラザン系被膜 撥水性 新車5年間光沢保証
クリスタルヴェール 完全無機ガラス被膜 親水性 新車5年間光沢保証
スマートフィニッシュ 完全無機ガラス被膜 撥水性 新車5年間光沢保証
キラコート ガラス被膜 撥水性 新車3年間光沢保証
ポリマーシーラント ポリマー系被膜 撥水性 効果持続期間1年

基本的に水洗いのみで簡単に汚れが落ちるので普段のお手入れが簡単で、しつこい汚れには専用メンテナンス用品で美しさを維持することが出来ます。

洗車に時間をかけたくないがボディカラーを美しいまま保ち続けたい・アウトドアレジャーなどで使ってボディに傷が増えるのを抑えたい、という方は新車購入時にボディコーティングを施工するのが必須、といえるでしょう。

6種類のボディコーティングは販売会社によって取り扱いが異なりますのでカーディーラーで相談の上、費用と効果を見極めた上でボディコーティングを選ぶのが良いでしょう。

出来れば高額でもガラス系被膜・新車5年間光沢保証を選んだ方が初期費用が高くなりますが「日常からレジャーシーンまで大活躍」するタフトのボディケアには出費を惜しまない方が良いでしょう。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/05_driving.htm

また、見落としがちですがグリップサポート制御など高い走破性能を活かしてタフな使い方をする機会が多くなるだろうタフトの場合、気が付かないうちに床下・足回りといった目立たない箇所に傷か付いて錆が発生して腐食してしまいクルマの寿命を縮めてしまう事があり得ます。

マリンレジャースノーレジャー・豪雪地帯での利用では潮風や融雪剤による塩害のリスクが高まります。

このような床下や足回りの錆を防ぐのに効果的なのがボディ床下コート「ノックスドール」です。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/accessory/convini/noxudol.htm

アンダーフロアとホイールハウスをコーティングして飛び石・凍結防止剤(塩)・泥・酸性雨によるダメージによる錆の発生を防ぎます

塗装面の汚ればかり気にして見落としがちな床下や足回りの汚れを放置してしまいパッと見では綺麗なのに足回りは錆だらけで買い取り・下取り時に査定額が下がってしまうなんて事も。

普段見えない箇所だからこそ新車購入時には必ずボディ床下コートをしておくようにしましょう。

アイキャッチ画像引用URL:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/03_exterior.htm

【ハスラー】VS【タフト】比較してみた。最新納車情報

【タフト】良い口コミ・辛口コメントなど

【タフト】カスタムで更にカッコよく!おすすめアイデア

【タフト】車中泊を快適に過ごすためのおすすめアイデア

なぜ一括査定はお得だと言えるのか!?

乗り換えを行う際はディーラーでの下取りと中古車買取店での売却ではどちらが得なのかイマイチ分からないと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から先に言ってしまうと、こちらは現在所有している車種や車両の状態によっても異なりますが、

基本的に自動車を手放す際は、街中に存在する中古車買取店やインターネットによる一括査定を利用した売却の方が、高い値段で車を手放せる傾向にあると言えます。

一般的に、ディーラーなどで行われる下取り査定は

  • 年式
  • 走行距離
  • 車両の状態

などで判断されるため、車両自体や社外装備品の価値などは反映されず最低限の価格を提示される点が特徴です。

さらに、下取りで得られた金額は現金化する事ができず、新車の購入時のみ使用する事が可能となるため、後日タイヤの交換やドライブレコーダーなどの機器を追加する際は使用する事ができません。

一方の買取店や一括査定による車両の売却は、ディーラーでの下取り査定と同じく年式や走行距離、車両の状態などに加え

  • 中古車市場の需要と供給のバランス
  • 人気の有無
  • 装備品の価値

などが加味された査定となる事から、所有している車の価値に応じた買取査定額が提示されるため、ディーラーで行う下取り額よりも売却価格が高くなる傾向にある

と言う訳です。

また、車を売却した際の金額は1度現金化される事からタイヤやオイル交換等のメンテナンス、社外品の導入などにも使用する事が可能となるため、車を手放す際は下取りではなく売却を選択する方が得だと言えるでしょう。

ただし、中古車買取店などで売却を行う場合でも、車両の状態(事故等の有無)や市場の動向によっては必ずしも下取りより高額な査定を受ける事ができないケースもありますので、あくまでも1つの目安として無料の一括査定に申し込んでみることをおすすめします。

ディーラーの値引きを最大限に引き出し、さらにあなたの愛車の下取り金額を最大限にアップさせる。

これこそが、新車を最高に安く手に入れる方法なのです!

 

タイトルとURLをコピーしました