【セレナ】車中泊を楽しみたい人必見!快適性と荷室容量

セレナ

愛車のサブスクリプション【KINTO】の魅力とは!?

★★納車待ち期間が短くなる★★
 (KINTO専用の納期があります)

★購入やカーリースと比べると
 トータルコストが結構安い

★自動車保険もコミコミ価格

★契約途中でも車の乗り換えが可能

★トヨタ正規販売店でメンテナンス

★クレジットカード払い可能で
 ポイントが貯まる

★契約はWEB上のみで完結出来る

★消耗品の交換費用も含まれている

★車検代もコミコミ

★各種税金もコミコミ価格

ポイントは毎月の固定費だけで車の維持費をほとんど計画出来る点です。
KINTOが高いと感じている方はこれも考慮した上で比較していただけるといいかもしれません。

利用者数もどんどん増え、ついに10万人を超えました!

KINTOでクルマを買うなら今!!

トヨタ車をご検討中の皆様、是非一度【KINTO】でのクルマ購入をご検討ください。

↓↓KINTOの詳細はこちらから↓↓



日産 新型【セレナ】の車中泊やキャンプでの使い勝手、荷室の容量はどのようになっているのでしょうか。

2022年12月に待望のフルモデルチェンジが行われた新型セレナは、多人数での乗車や大型な荷物の運搬など幅広い用途で利用が可能なミニバン車ですが、ミニバン車と聞くと昨今流行となっている車中泊や、キャンプでの使い勝手はどうなっているのか興味を持っている方も多いと思います。

また、新型セレナの様なミドルサイズミニバン車は、使い勝手の良さからシートアレンジの種類や荷室容量はどうなっているのか、気になっている方も少なくないはずです。

そこで今回は、フルモデルチェンジが行われた新型セレナの荷室容量や車中泊のしやすさ、シートアレンジの紹介などを中心に、新型セレナと車中泊や荷室の容量について解説をしていきます。

スポンサードリンク

新型【セレナ】荷室容量はどのくらい?

引用:https://bit.ly/3XcTDuw

日産【セレナ】は元々、商用バンであった日産・バネットをベースとして開発が行われた車となり、1996年に販売が開始され大ヒットを記録したホンダ・ステップワゴンの競合車種として、2代目モデルから本格的なミニバン車となりました。

以降、セレナは日産らしい使い勝手の良さや価格設定に加え、e-POWERシステムやプロパイロットなど独自システムの搭載によって高評価を受け続け、2022年12月には6代目となるフルモデルチェンジが行われた事も大きな話題となっています。

この6代目となる新型セレナでは、先代モデルを踏襲する箇所も多くサードシート部分については、他のライバル車で否搭載となるシートスライド機構を用いて、荷室の拡張性を向上させている事が大きな特徴です。

引用:https://bit.ly/3w0kiPk

さらに、リヤゲート部分は先代モデルで高い好評となった、ガラス部分だけを開閉することのできるデュアルバックドアも新型モデルでは引き継がれており、同クラスのミニバン車としてセレナは他のモデルよりも、荷室の使い勝手で頭が1つ出ていると言われています。

ただし、新型セレナは2005年に販売が開始された3代目モデルのシャーシを使った設計となる事から、今回のフルモデルチェンジでも従来型と同じく5ナンバー車サイズを基本としているだけに荷物の運搬が多い方の中には、荷室容量が気になる方も多いと思います。

では実際に、フルモデルチェンジが行われた新型セレナの荷室容量は、どのくらいに設計されているのでしょうか。

代替:日産 新型 セレナ 車中泊 キャンプ 荷室容量 バックドア

冒頭でも触れた通り、新型セレナのサードシート部分は先代モデルと同じく120mmのスライドが同クラスのミニバン車として唯一可能となりますが、荷室長は先代モデルが329.3~449.3mmであるのに対し、新型モデルでは342.3~462.3mmに拡張されています。

ちなみに、ライバル車種の1つとして挙げられる新型ノア/ヴォクシーの荷室長は、サードシート使用時で約270mmとなりますので、新型セレナの荷室長がいかに長く設計されているか分かると思います。

引用:https://bit.ly/3W9fOk3

ただし荷室は車種によってそれぞれ形が変わるため、社内独自の測定方法となることから若干のズレがあるものの、トヨタ・シエンタやノア/ヴォクシー、ホンダ・ステップワゴンなどS~Mサイズのミニバン車として、新型セレナの荷室は数値上で最も広く設計されており実際の容量としては

新型セレナの荷室容量(VDA方式)
シート位置容量
サードシート最前端時(フロント寄せ)283リットル
サードシート最後端時(リヤ寄せ)212リットル

が、新型セレナの7人または8人乗車時における荷室容量となっており、一般的な9.5インチサイズのゴルフバックであれば、4セットを縦積みする事が可能です。

代替:日産 新型 セレナ 車中泊 キャンプ 荷室容量 先代モデル

では、新型モデルは荷室部分が拡張された訳ですが、先代モデルはどのくらいの容量だったか実際に先代モデルの荷室容量を調べてみると、サードシートを使用した8人乗車時で最大280リットルとなっています。

このため、先代モデルと比べると大幅に荷室容量が増えた訳ではないものの、同じシャーシを使用しシートのレイアウトだけで改良を行い、同クラスのミニバン車として最大の広さを誇る点を考慮すると、新型セレナの荷室容量は十分な広さが確保されていると言えるでしょう。

引用:https://bit.ly/3kifylB

もちろん、サードシートを両サイドに跳ね上げ荷室の拡張を行う事も新型セレナでは可能となっており、ノア/ヴォクシーやステップワゴンなど同じMクラスミニバン車の中で、新型セレナは2列目シート以降も居住性と積載能力を両立させた設計だと言えるかも知れません。

このように新型セレナの荷室は、先代モデルと同じシャーシを使いつつも容量は同クラス帯のミニバン車の中で最も広く設計されており、僅かながら先代モデルよりも容量が増えていますので、比較を行う場合などの参考にして下さい。

スポンサードリンク

新型【セレナ】車中泊のしやすさについて

引用:https://bit.ly/3Xb7phr

前述した通り、新型セレナの荷室は独自の機能としてスライド機構を備えたサードシートを採用する事によって、7人または8人乗車時でものライバル車種と比べ最も広い容量となる事が分かりました。

また、新型セレナのようなミニバン車と言うと昨今では車の中で就寝を行う車中泊が1つ流行となっていますが、広大な居住空間が備わっているミニバン車でも車中泊には向き不向きの車種もあるため、新型セレナは車中泊をしやすいのか気になる方も多いと思います。

では実際に、新型セレナは車中泊が行いやすい車なのでしょうか。

これは、選択を行うグレードや乗車人数などによっても異なるため一概に当てはまる訳ではありませんが、結論から先に言ってしまうと新型セレナは車中泊がしやすい車種と言えます。

引用:https://bit.ly/3CMFWua

現在、新型セレナには7人乗りと8人乗りがそれぞれ設定されており、ルキシオングレードを除く8人乗りでは、セカンドシートとサードシートをリクライニングさせる事によって、隣接するシート間で隙間のないフルフラット状態を作る事が可能となります。

このシートアレンジによって作り出されたセカンドシート以降のスペースは、約2,000mm(2m)程度の面積となるため、車中泊で必須となるベッドスペースを簡単に確保する事ができます。

7人乗りとなるルキシオンでは、セカンドシートが左右独立型となるため同じフラット状態にした場合は隣接するシート間に隙間ができてしまうものの、こちらはエアクッション等で埋めてしまえば他のグレードと同じく、フルラット状態を作る事が可能です。

引用:https://bit.ly/3ZC9rsE

また、車中泊では電源の確保が1つの課題となりますが、新型セレナの場合は全車でUSB電源が完備され、e-POWERモデルに関してはメーカーオプション品として家電製品を使用する事のできるAC電源を選択する事も可能なため、車中泊で電気の心配をする必要はありません。

加えて新型セレナでは

  • カーサイドタープ
  • サンシェード
  • ハーフボディカバー
  • 車内カーテン
  • マルチラゲッジネット

など、車中泊やキャンプ等のアウトドアでの使用を想定した純正アクセサリーが、多数設定されている点も大きなポイントです。

引用:https://bit.ly/3H4NECr

さらに、新型セレナには車中泊やキャンプでの使用に特化したモデルとして、ガソリンモデルとe-POWERモデルのそれぞれXV/ハイウェイスターVグレードをベースとした、マルチベッドと呼ばれるモデルもラインナップされています。

この新型セレナマルチベッドとは、標準装着されるサードシートを撤去しタイヤハウス部分にベッドの骨組みが配置され、付属のベッドマットを置くだけで簡単に後部座席を就寝スペースに変える事が可能な仕様となっています。

これに加え、マルチベッドモデルはサードシートが撤去されたモデルである事から、通常モデルよりも荷室を広く使うことが可能となっており、正に車中泊に特化したモデルだと言えるでしょう。

引用:https://bit.ly/3QMw9tV

ただし、このマルチベッドモデルは先に説明した通り通常モデルで装着されるサードシートが撤去された状態で車両登録が行われる事から、ベース車両の様に8人で乗車する事はできず乗車定員は5人となる点が大きな特徴です。

もし将来的に生活環境が変わり、5人以上の乗車が必要となった際は、車の買い換えを含め追加となる装備品の費用や構造変更に伴う多大な手間が掛かるリスクもありますので、まずは通常モデルでの車中泊を想定する事をおすすめします。

引用:https://bit.ly/3iDSRb3

ちなみに、新型セレナマルチベッドの価格としてはガソリンモデルの場合

新型セレナ・通常モデルとマルチベッド:ガソリンモデルの価格
モデル/駆動方式2WD4WD
XV(通常モデル)3,088,800円3,355,000円
ハイウェイスターV(通常モデル)3,269,200円3,535,400円
XV(マルチベッド)3,659,700円3,925,900円
ハイウェイスターV(マルチベッド)3,840,100円4,106,300円

e-POWERモデルの場合は

新型セレナ・通常モデルとマルチベッド:e-POWERモデルの価格
モデル/駆動方式2WD4WD
e-POWER XV(通常モデル)3,499,100円設定無し
e-POWERハイウェイスターV(通常モデル)3,686,100円
e-POWER XV(マルチベッド)4,070,000円
e-POWERハイウェイスターV(マルチベッド)4,257,000円

と、概ね60万円前後マルチベッドモデルの方が高く設定されていますので、覚えておくと良いでしょう。

このように新型セレナは、車中泊で必要となるベッドスペースをシートアレンジによって確保できるほか、車中泊向けのアクセサリーが数多く設定されている事に加え、車中泊に特化されたモデルも設定される事から、車中泊やキャンプがし易い車だと言えますので参考にして下さい。

スポンサードリンク

新型【セレナ】シートアレンジについて

引用:https://bit.ly/3XnO7VW

新型セレナは、元々商用として設計されたワゴンを改良し、荷物の運搬と大人数の乗車定員を確保したミニバン車ですが、ミニバン車は前述した車中泊やキャンプ等の利用に加えシートアレンジによって様々な使い方ができる点も大きな特徴です。

特に新型セレナの場合は、他のライバル車種と比べて居住性と荷物の積載を両立した設計となっている点に加え、独自性の高いシート構造を採用している事からシートアレンジの種類が気になる方も多いと思いますので、ここでは新型セレナで行う事のできるシートアレンジを紹介していきます。

新型セレナでは、最上級グレードとなるルキシオンを除く全ての動力方式とグレードで8人乗りが基本となっており、セカンドシート部の中央部は1列目と2列目シート部で前後のスライドが行える、スマートマルチセンターシートとなる点が大きな特徴です。

引用:https://bit.ly/3COZQ81

この、スマートマルチセンターシートは最前列に移動させる際はアームレストやコンソールボックスの役割を果たし、2列目に配置する際は最前列と同じ役割に加えシートそのものとなり、この機能は他のミニバン車には無く歴代モデルで採用されてきた、セレナ独自のシート機構となります。

一方、最上級グレードとなるルキシオンはセカンドシート部が左右独立したキャプテンシート型となっており、フロントシート部は固定型のコンソールボックスが配置され、乗車定員も7人乗りとなる点が他のグレードとの大きな違いです。

引用:https://bit.ly/3ZBNZDP

ただし、サードシート部分については全グレードで共通しており、冒頭でも触れた通りスライド機構によってラゲッジルームを広げられる他、シート自体を車両の側面部に跳ね上げる事によって、さらに荷室の空間を拡張することも可能となっています。

気になるシートアレンジの種類としては

  • 3列ゆったりモード(8人乗車)

引用:https://bit.ly/3Xd1QPo

特徴:基本となるシートアレンジで、大人数での乗車を優先したアレンジ

ベビーケアモード(2~5人乗車)

引用:https://bit.ly/3X7mT5Y

特徴:セカンドシートをフロント側へ寄せる事で、お子さんのケアとベビーカーの積載を重視したアレンジ

6人旅モード(6人乗車)

引用:https://bit.ly/3kfNxet

特徴:マルチセンターシートを倒し左右席にゆとりを持たせ、同時にサードシートを前方へスライドさせ、荷物の積載も意識したアレンジ

スーパーリラックスモード

引用:https://bit.ly/3ZAbiOs

特徴:カンドシートの空間を最大限に活かした休憩用のアレンジ

ウォークスルーモード(6~7人乗車)

引用:https://bit.ly/3w3JdBO

特徴:マルチセンターシートの位置を変えることで、車内の移動がスムーズに行えるアレンジ

フルフラットモード

引用:https://bit.ly/3w3jw44

特徴:セカンドシート以降を全てリクライニングさせる事によって、ベッドの様なスペースが作れるアレンジ

各種カーゴモード(2~6人乗車)

引用:https://bit.ly/3QDuzdE

特徴:サードシートを跳ね上げる事によって、大きな荷物も積載可能なアレンジ

などのシートアレンジが、新型セレナでは可能です。

このほかにも、新型セレナではセカンドシートを運転席側にスライドさせ、サードシートへのアクセスを楽にするスライドウォークインモードや、自転車積載モードなど様々なシートアレンジが可能となっており、ミニバン車らしく使い勝手が考慮された設計だと言えるでしょう。

キャプテンシートを採用するルキシオングレードでは、スマートマルチセンターシート用いたシートアレンジは行えないものの、それ以外は他の8人乗りとほぼ同じアレンジを行う事が可能です。

引用:https://bit.ly/3QTZZwR

ただし、サードシートの格納方法についてはホンダ・新型ステップワゴンの様に床下への格納では無い事からカーゴモードの荷室はやや狭く、跳ね上げたシートはトヨタ・新型ノア/ヴォクシーの様にワンタッチ操作で固定と解除を行う事が新型セレナではできません

そのため、新型セレナはシートアレンジが豊富で使い勝手も申し分ありませんが、サードシート部分の操作性については、他のライバル車種よりもやや劣る面があると言えますので覚えておくと良いでしょう。

このように新型セレナのシートアレンジは、先代モデルと同じく豊富なアレンジが可能となっており、車中泊のベッドスペース作りを初めとして用途に応じ様々なアレンジを行う事ができますので、購入や他車種と比較を行う際の参考にしてみて下さい。

新型【セレナ】車中泊や荷室容量などのまとめ

セレナは、車中泊に便利なように様々な工夫が施されています。

  1. フラットになるシート: セレナのシートは完全にフラットになるため、車内で広々としたスペースを確保でき、快適に休むことが可能です。
  2. プライバシーを確保するためのカーテン: 窓に取り付けることができるカーテンやサンシェードがあり、プライバシーや日差しを遮ることができます。
  3. 多機能な収納スペース: シートの下や背面には多機能な収納スペースが設けられており、荷物を整理して収納することができます。
  4. 調整可能な照明: 読書灯や室内灯が調整可能で、夜間でも快適に過ごすことができます。
  5. 電源供給: AC電源やUSBポートが車内に備わっており、電子機器の充電や電気製品の使用が可能です。
  6. 換気システム: セレナには効率的な空調システムがあり、車中泊時も快適な室内環境を保つことができます。

これらの工夫により、セレナは車中泊に非常に適した車といえるでしょう。

今回は、新型セレナと車中泊のしやすさや荷室の容量などについて解説をしてきましたが、新型セレナの荷室はサードシートがスライドする独自の設計によって、7人または8人乗車時でも最大280リットル以上の容量が確保され、僅かながら先代モデルよりも大きくなった事が分かったと思います。

また、車中泊のしやすさについてはシートアレンジによって就寝時に必要なフルフラット状態のベッドスペースを確保できるほか、車中泊向けの純正アクセサリーも数多く設定されている為、シート間の段差などを解消する必要があるものの、新型セレナは車中泊が行いやすいと言えます。

さらに新型セレナには、車中泊やキャンプなどのアウトドアでの使用に特化し、標準でベッドキットが装備されたマルチベッドモデルも設定されているため、車中泊の回数が多い場合や車中泊専用車として新型セレナを選ぶ場合は、こちらの購入も視野に入れると良いかも知れません。

気になるシートアレンジについては、ベッドスペースを作る事のできるフルフラットモードや荷物の積載を重視したカーゴモードなど、先代モデルと同じく新型セレナでは豊富なシートアレンジを行う事ができますので、他車種との比較や購入を検討している場合などの参考にしてみて下さい。

アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/3Xb7phr

新型【セレナ】最適なエンジンオイルと交換時期とは?

新型【セレナ】買うなら知っておきたい魅力と欠点

新型【セレナ】ボディカラーと運転のしやすいサイズについて

新型【セレナ】ルキシオンって他グレードと何が違うの?

新型【セレナ】価格と気になる納期について

【車を高く売る】ベストな方法を教えます!

今まさにこの時代、クルマを高く売るには最高のチャンスです!!

▼ 半導体不足 

▼ 新車の納期が大幅に遅くなる 

▼ 中古車を購入したい人が増える 

▼ 中古車の販売価格が上昇する 

★ 中古車の買取り価格が上昇する!

中古車買取り業者は数多くありますが、最も楽にお得に愛車を売却したいのは当然の流れ。

まさか、ディーラーの言いなりになって安い下取りで満足していませんよね!?

高値で愛車を売却出来れば、その分次のクルマに使えるお金も増えますよ!

中古車需要は年々上がり、
買取り価格も最高レベル!!

査定だけでもお気軽にどうぞ!!

【オススメポイント】

1. 高額査定の最大3社のみと交渉するから、一括査定にありがちな電話ラッシュなし!

2. 申し込み翌日18時に、最大20社の査定結果がネットで見れる!

3. ネット比較&高額買取店と交渉して最高額の買取店が楽にわかる!

↓↓気になる方はこちらをクリック↓↓

タイトルとURLをコピーしました