【アルファード】機械式駐車場に入れるときには超重要!外寸は?

アルファード

維持費を気にせずに欲しい車を手にする!

カーリースを利用することはメリットがたくさんあります!

頭金ゼロでずっと定額の支払い

クルマ代は使う分だけ

車検代、メンテ代は全てコミコミ

国産、輸入車問わず好きな車種が選べる

使わない時はシェアして維持費を軽減できる

カーリースでクルマを購入するという選択肢を知っているだけで大幅に節約できますよ!


国内最高峰の大型ミニバン【トヨタ アルファード】

街中でよく見かける人気の大型ミニバンで、パッと見ただけで大きな車体に圧倒され、都市部のマンションや駅前などでよくある機械式駐車場を利用出来るのか心配になってきます

【アルファード】を機械式駐車場に入れる時に重要となる外寸・利用出来る機械式駐車場について取り上げていきます。

スポンサードリンク

【アルファード】実際の車体の外寸、横幅、長さ、車高は?

引用:https://toyota.jp/alphard/

まずは【アルファード】の外寸について紹介していきます。

全長 標準ボディ 4945 mm
エアロボディ 4950 mm
全幅 1850 mm
全高 ガソリン車2WD 1935 mm
ガソリン車4WD
ハイブリッド車
1950 mm
最低地上高 ガソリン車2WD 160mm
ガソリン車4WD 170mm
ハイブリッド車 165mm
車両重量 2.5Lガソリン車 1990~2080kg
3.5Lガソリン車 2090~2210kg
ハイブリッド車 2090~2240kg

引用:https://toyota.jp/alphard/

全長5000mmに近く全幅1850mmといった大きな寸法となっており、長さ5000mm・幅2500mmというサイズで区画されている事が多い商業施設の駐車場では乗り降りのスペースを考えるとサイズ的な余裕が少ないです。

【ノア/ヴォクシー/エスクァイア】といった5ナンバーサイズミニバンから乗り換える方が多い【アルファード】ですが、全幅1695mmの5ナンバーサイズと比べると155mm幅広となり、駐車場の場合、乗降スペースが400mm前後から325mm前後と70mm前後減ることになります。

引用:https://toyota.jp/alphard/

スライドドアの後部ドアからの乗降では充分なスペースですがヒンジ式ドアとなるフロントシートの乗降の際には隣に駐車している車や壁などに接触しないように気を付ける必要があります。

全高が1935~1950mmと他の乗用ミニバンよりも高くなっており古い立体駐車場では高さ制限に引っ掛かる場合もあります

最低地上高160~170mmとセダンやクロスオーバーSUVと同等の高さとなっており、極端なローダウンをしない限りは駐車場の車止めと床面・マフラーなどが接触する事は無いでしょう。

スポンサードリンク

【アルファード】どんな機械式駐車場なら入るのか?

機械式駐車場は様々な形式がありますが、高さ制限1550mm以下【アルファード】では利用出来ないケースがあります。

引用:http://www.nisseibuild.co.jp/search/201203/45040930101

駅前駐車場・商業施設・ホテル用駐車場など街中でよく見かけるタワー式立体駐車場が機械式駐車場で先ず思いつくでしょう。

このタワー式立体駐車場は以前では高さ制限が厳しかったのですが、最近では【アルファード】のようなミニバンや車高の高いクロスオーバーSUVが利用出来る高さ制限2000mm以下ハイルーフ対応のものも新規導入されてきています。

このハイルーフ対応の場合、重量制限が2600kgと余裕があるので【アルファード】の全グレードで利用出来る可能性が高いです。

 

引用:http://www.nisseibuild.co.jp/products/parking-t/index.html

次に、敷地が限られた都市部のマンションなどで設置されることが増えてきた地上2段昇降式・地上1段地下1段昇降式駐車場などの多段式の機械式駐車場

こちらもハイルーフ対応のシステムが登場しており、上段ハイルーフ仕様・上下段ハイルーフ仕様などがあり全高2000~2100mmに対応しています。

ただし、上下昇降や横移動と稼動する事や省スペースに納まる寸法など制限があるシステムですので車両重量制限がタワー式立体駐車場に比べると厳しめで【アルファード】の場合、重量制限に引っ掛かる可能性があります

メーカーによる差はありますが、地上2段昇降式・地上1段地下1段昇降式駐車場の場合、重量制限1800kg・2000kg・2200kgといった制限となっています。

分譲マンションなど導入例が増えている多段式の機械式駐車場

【アルファード】を購入後になって駐車出来ない、と判明したら大変ですので購入前に寸法制限だけでなく重量制限についても確認する必要があります。

 

前項で取り上げた車両重量は「車体本体の重量に加えガソリン(満タン状態)、エンジンオイル(規定量)、冷却水(規定量)、バッテリーなどを含めた重量」であり、オプション類の装備・積載物によって重量が増えることが考えられます。

【アルファード】の場合、現実的には重量制限2100~2200kg以上の機械式駐車場での利用となってきます。

2200kgの制限を超えないのは2.5Lエンジン車【Executive Lounge】グレードを除いた3.5Lエンジン車・ハイブリッド車となってきます。

引用:https://toyota.jp/alphard/

【Executive Lounge】の場合、大きな座面を備えるリクライニングシート・パワーオットマンや豪華な仕様の【エグゼクティブラウンジシート】を搭載するなど豪華な内装と装備のため車両重量が他グレードよりも重くなっています。

引用:https://toyota.jp/alphard/

【Executive Lounge】以外のグレードにおいても「T-Connect SDナビゲーションシステム」「パワーバックドア」など重量のあるオプション類を装着していると制限を突破してしまう可能性があります。

 

御自宅で機械式駐車場を利用するという方は見積段階で実際の車両重量がどのくらいになるのか販売店に確認するのを忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク

【アルファード】物によっては外寸が変わるんです。外装パーツ

引用:https://toyota.jp/alphard/

【アルファード】迫力満点のエクステリアデザインが特徴で、「標準ボディ」とより迫力のあるデザインとした「エアロボディ」がラインナップされています。

遠くからでも【アルファード】だと認識出来る高級感のあるデザインですが、人気車種だけに街中で見かける機会の多いクルマとなっており、「個性を出したい」と思われる方も多いでしょう。

そんなカスタマイズのニーズに応えるカスタマイズパーツが数多く登場しています。

引用:https://toyota.jp/alphard/

販売店で装備出来るディーラーオプションの中にもTRD・モデリスタのカスタマイズパーツが取り揃っており、スポーティーに仕上げるフロントスポイラー・サイドスカート・リアバンパースポイラーという外装パーツからメンバーブレースといったシャシー強化パーツまで豊富なパーツが用意されていてオリジナリティ溢れるカスタマイズを可能としています。

TRD・モデリスタ共に【アルファード】をよりスポーティーでラグジュアリーに仕上げてくれる魅力的なデザインとなっていますが、これらの外装パーツを装着した際に寸法に影響が出てくることがあります。

フロントスポイラー装着の場合、最低地上高約30~40mmダウン全長約45~60mmプラスとなります。

引用:https://toyota.jp/alphard/

例えばTRDフロントスポイラーリアバンパースポイラーを標準ボディに装備すると全長が約95mmプラスとなって5000mmを超えます

わずかな差ですが5000mmを超える事で商業施設の駐車場では駐車枠をはみ出す可能性もあります。

駐車枠に余裕のある大型車用駐車スペースがあると良いですが、普通車用駐車場に無理矢理駐車すると通路にはみ出てしまって破損の可能性が出てきます。

また、車止めのある駐車場に前から駐車すると地上高の下がったフロントスポイラーが車止めに接触・破損といった事も起こり得ます。

引用:http://www.trdparts.jp/alphard/feature.html

他に【アルファード】のシャシー剛性を向上させて走行性能を高める「TRD メンバーブレースセット」を装着すると約2mm地上高が下がりますのでスポイラーと同時装着する際には注意が必要です。

 

引用:https://www.rs-r.co.jp/db/shock/TOYOTA/agh30w_alphard_r.jpg

ディーラーオプション以外で用意されているカスタマイズパーツとしてローダウンサスが上げられます。

見た目や走りを向上させる代表例なパーツですが、文字通り最低地上高が下がります

これらの外装パーツの装着による寸法の差は数値で見るとわずかな差に感じるかもしれませんが、実際に走らせると大きな差となりますので粗い路面乗入れ口などの段差に細心の注意を払う必要があります

 

アイキャッチ画像引用URL:https://toyota.jp/alphard/

【アルファード】オイル交換ってどのくらいでしたらいいの?

【アルファード】後部座席の広さや荷室容量はどれくらい

【アルファード】自分だけのオリジナル。オプション・パーツ

【アルファード】運転しやすさに直結。サイズ感はどう?

【アルファード】スペックや加速性能、乗り心地レビュー

【アルファード】購入後の心配。維持費ってどれくらいかかるの?

車検や保険の維持費を気にせずにクルマを手に入れる方法

数あるサイトの中で【コータローの自動車ブログ】をご覧いただき誠にありがとうございます。

運営者のコータローと申します。

今このサイトをご覧頂いているということは、あなたにも憧れのクルマや現在購入を検討しているクルマがあるのかもしれません。

「発売されたばかりの新型車に乗りたいけど、実際に車を購入するには費用がかかる」

「乗りたい車はあるけれど、普段は電車通勤(通学)であまり車は乗らない」

「保険料やメンテナンス費用を払っていくのがツライ」

「車検費用を払いたくない」

など、新車を購入したくても費用的になかなか車を所有するというのは大変なことです。

ネットやカタログで欲しい車の価格を見ていても、実際に車を所有すれば当然維持費もかかってきます。

保険料や車検費用、タイヤ交換やオイル交換も定期的に自費で行わないといけません。

それでもやっぱり憧れのクルマに乗りたい!というあなたにとっておきの方法をご紹介します。

カーリースで欲しい車を手にする!

カーリースを利用することはメリットがたくさんあります!

頭金ゼロでずっと定額の支払い

クルマ代は使う分だけ

車検代、メンテ代は全てコミコミ

国産、輸入車問わず好きな車種が選べる

使わない時はシェアして維持費を軽減できる

カーリースでクルマを購入するという選択肢を知っているだけで大幅に節約できますよ!


スポンサードリンク





タイトルとURLをコピーしました