【アルファード】スペックや加速性能、乗り心地レビュー

アルファード

最後に必ず【貰えるカーリース!!】

○追加料金なしで契約満了時に車がもらえる!

カーリースでは契約満了時に返却する場合もありますが、 MOTAカーリースではリース期間の契約満了時にそのまま車がもらえます! そのため車のカスタマイズも可能です!

○最長11年契約が可能!

他固定維持費を抑えたまま長く乗りたい方に向けた、最長11年のご契約をご用意しています。

○国産車メーカー・全車種OK!

MOTAカーリースでは国産車(レクサスは取扱なし)を取り揃えています!

○諸経費がコミコミで家計も安心!

車の維持に必要な車検・税金・メンテナンス費用などがすべて毎月のお支い払額に含まれているため、月々のリ ース料は定額です。急な出費もなく家計の管理も安心です。

○頭金なし!

車を購入する際に必要になる場合が多い頭金や初期投資が要りません。

○乗りたい新車に乗れる!

近年、安全装備の装着などを理由に軽自動車でも200万円を超える時代になりました。 リースであれば毎月お手頃な価格で憧れの新車に乗ることができます。

○新車保証延長が全ての車種に付与

通常新車登録から3年(6万キロまで)で終了するメーカーの一般保証、5年(10万キロまで)で終了する特別保証が 、新車登録から7年間、走行距離無制限に延長します。 これにより契約期間中メーカー保証が終了しても長く安心して乗ることができます。

↓↓ まずはお試しで審査に申し込む ↓↓

【追加料金なし!】契約満了時に車がもらえる『MOTA定額マイカー』

トヨタ最上級ミニバン【アルファード】

大空間高級サルーン」として開発された現行【アルファード】は高級サルーンに相応しい乗り心地と性能を誇ります。

ここでは【アルファード】のスペック・乗り心地・加速性能について取り上げていきます。

スポンサードリンク

【アルファード】スペックの詳細

引用:https://toyota.jp/alphard/

寸法

全長4945 mm(標準ボディ)
4950 mm(エアロボディ)
全幅1850 mm
全高1935 mm
1950 mm(ガソリン4WD)
室内長3210 mm
室内幅1590 mm
室内高1400 mm

全長は標準ボディとエアロボディで長さが5mm異なり、全高ではガソリンエンジン車の4WDが1950mmとなります。

5m近い寸法のFF車ということもあり最小回転半径5.6~5.8mとなり、駐車時の切り返し狭い路地での取り回しには一苦労します。

パノラミックビューモニター(Executive Loungeに標準装備)やバックガイドカメラなど後方視界を確保しやすいアクセサリを装着する事をオススメします。

また、ステアリング操作を自動でアシストし、駐車や出庫を簡単にする「インテリジェントパーキングアシスト2」(Executive Loungeを除くグレードでメーカーオプション)を装備するのも良いでしょう。

 

エンジン

【アルファード】にはハイブリッド3.5L2.5Lガソリンエンジン3種類のパワーユニットがラインナップされています。

■ハイブリッド

引用:https://toyota.jp/alphard/

エンジン
総排気量2.493L
エンジン形式直列4気筒
最高出力112kW[152PS]/5,700rpm
最大トルク206N・m[21.0kgf・m]/4,400~4,800rpm
燃費(JC08モード)18.4km/L
19.4km/L(8人乗り)
フロントモーター
最高出力105kW[143PS]
最大トルク270N・m[27.5kgf・m]
リアモーター
最高出力50kW[68PS]
最大トルク139N・m[14.2kgf・m]

 

■3.5Lガソリンエンジン

引用:https://toyota.jp/alphard/

総排気量3.456L
エンジン形式V型6気筒
最高出力221kW[301PS]/6,600rpm
最大トルク361N・m[36.8kgf・m]/4,600~4,700rpm
燃費(JC08モード)10.4~10.8km/L

 

■2.5Lガソリンエンジン

引用:https://toyota.jp/alphard/

総排気量2.493L
エンジン形式V型6気筒
最高出力134kW[182PS]/6,000rpm
最大トルク235N・m[24.0kgf・m]/4,100rpm
燃費(JC08モード)11.4~12.8km/L

ハイブリッドフロント・リアに駆動用モーターが装備されるE-Four(電気式4WDシステム)となっており、優れた燃費スムーズな走り、滑りやすい路面での操縦安定性など「高級サルーン」に相応しい高次元の走りを提供してくれます。

 

3.5L V6ガソリンエンジンは筒内直噴とポート噴射の両インジェクターを備えたV6エンジンらしい高回転までスムーズで力強い低燃費なエンジンとなっています。

このV6エンジンにはDirect Shift-8AT(8速オートマチックトランスアクスル)が組み合わされることでダイレクト感のあるスポーティーな走りとなっています。

 

2.5L 直4ガソリンエンジンは低速域からのトルクと低燃費性能に優れたエンジンとなっており7速スポーツシーケンシャルシフトマチックを備えたSuper CVT-i(自動無段変速機)が組み合わされます。

スポンサードリンク

【アルファード】実際の乗り心地は?

引用:https://toyota.jp/alphard/

【アルファード】国産ミニバン最高峰に相応しい乗り心地を目指した「大空間高級サルーン」です。

引用:https://toyota.jp/alphard/

スペース効率を優先するミニバンでは珍しい、ダブルウィッシュボーンリヤサスペンションを採用、ボディ剛性の強化静粛性に優れた素材を最適配置する事で高級サルーンらしい上質な走行性能と乗り心地を実現しています。

2017年末のマイナーチェンジでショックアブソーバーの減衰力を適正化する新型バルブを採用し構造用接着剤の適応範囲を拡大するなど改良を実施、操縦安定性を向上させて走行中の振動を低減するなど更に走行性能を高めています。

引用:https://toyota.jp/alphard/

最廉価グレードとなる【X】であっても座り心地の良いクッションホールド性の高いシートとなっており、どのグレードでも快適なシートとなっています。

引用:https://toyota.jp/alphard/

いざ走り出してみると快適な乗り心地となっています。

車高の高いミニバンの場合、横揺れを抑えるために足回りのセッティングを硬めにする傾向でちょっとした段差などでの突き上げ感や振動が気になる場合がありますが、【アルファード】の場合は段差などを乗り越えた際の突き上げ感を柔らかくスムーズに抑えてくれます

だからといって柔らかめの足回りで良くあるフワフワ感は無く、ドライバーも同乗者も快適に過ごせる乗り心地に仕上がっています。

荒れた路面や山道などカーブの多い道でもダブルウィッシュボーンリヤサスペンションとダンパーが振動や揺れを上手に抑えてフラット感のある乗り心地を維持してくれます。

引用:https://toyota.jp/alphard/cp/review/?padid=ag506_from_alphard_performance_pc_go_reviewPage

また振動だけでなくロードノイズ・エンジンノイズも抑えられており走行中でも1列目シートと3列目シートでも快適に会話出来る静粛性を誇り、安定感のある乗り心地と合わせて高級感があって全乗員がリラックス出来る室内環境を実現しています。

ミニバンという枠組みを超えた「大空間高級サルーン」として内外装の見た目だけで無く、走りも「高級車」として仕上げられており、どのグレードでも乗り心地と静粛性に満足する事が出来ます。

スポンサードリンク

【アルファード】加速性能はどんな感じ?

引用:https://toyota.jp/alphard/

2tを超える車重の【アルファード】に組み合わされる3種類のパワーユニットによって加速性能が大きく異なっています。

 

2017年末のマイナーチェンジで採用された3.5L V6エンジンはレクサス「GS」「IS」にも採用されているエンジンで、ダイレクト感が高い8ATが組み合わされた高トルクでパワフルなユニットとなっています。

パワフル、といっても荒々しいわけではなく、高級サルーンに相応しい穏やかながらも力強い加速感となっています。

8ATにより低速域から高速域までどのシーンでも重量のある【アルファード】をスムーズに加速させてくれます。

高速道路の合流追い越し加速での瞬発力山道などパワーが求められる場面での力強さなど、あらゆる場面で【アルファード】に相応しいエンジン性能を発揮してくれます。

アクセルを深く踏み込んで高回転まで回すと豪快なエンジンサウンドが響きますが耳障りな音ではなく、静粛性を損なわない音質となっているのは流石の一言です。

エンジンからの不快な振動も抑えられており、

 

にハイブリッド

前後二つの駆動用モーターが備わり、操縦安定性の高さと静粛性、そして燃費性能を誇るユニットとなっています。

追い越し加速など瞬発力とパワフルさではV6エンジンに敵いませんがモーターによる加速は静粛性が高く走りの高級感はV6エンジンよりもハイブリッドの方が高く感じます

アクセルレスポンスも向上しており、「ハイブリッドはルーズな走り」といったイメージを払拭してくれます。

そして、自然なフィーリングの回生ブレーキはアクセル操作に合わせた加減速を可能としておりダイレクト感のあるパワーユニットに仕上がっています。

 

そして、2.5L直4ガソリンエンジン

V6とハイブリッドと比較するとスペックで劣るパワーユニットとなり、加速性能でも劣る印象があります。

しかしパワー不足を感じるかといえばそうではなく、実用面で充分な性能を誇ります。

確かに瞬発力ではV6エンジン・ハイブリッドよりも劣る面がありますが、低速から力強くスムーズな加速性能を見せてくれます。

街乗りで良くある加減速でもアクセル操作に合わせてスムーズな加速が得られ、高速道路の合流でも重量のある【アルファード】をグイグイと加速をしていく性能があります。

V6・ハイブリッドと比べるとアクセルペダルの踏み込み具合は深めにはなりますが追い越し加速などでパワー不足を感じる場面は少なく、フル乗車であっても充分な加速性能を見せてくれます。

たしかにV6エンジンとハイブリッドを体感した後に2.5Lエンジン車に乗ってみると物足りなさを感じるでしょう。

しかし力強い加速性能低燃費性能そしてコストパフォーマンスの高さが自慢のユニットであり、【アルファード】に相応しいエンジンである事に代わりはありません。

引用:https://toyota.jp/alphard/

力強い加速性能とゆとりのある走りを求める方には最上級グレード【Executive Lounge】などに設定されるV6ガソリンエンジンが人気があり、高級感のある走りを優先させる方にはハイブリッドが求められています。

2.5Lガソリンエンジンはファミリー層での利用など幅広い用途で人気があります。

それぞれ加速性能が異なるパワーユニットとなっていますが、ユーザーが求める性格付けが上手く出来ているといえるでしょう。

アイキャッチ画像引用URL:https://toyota.jp/alphard/

【アルファード】購入後の心配。維持費ってどれくらいかかるの?

【アルファード】運転しやすさに直結。サイズ感はどう?

【アルファード】機械式駐車場に入れるときには超重要!外寸は?

【アルファード】オイル交換ってどのくらいでしたらいいの?

【アルファード】人気カラーや色見本などをご紹介

【車を高く売る】ベストな方法を教えます!

今まさにこの時代、クルマを高く売るには最高のチャンスです!!

▼ 半導体不足 

▼ 新車の納期が大幅に遅くなる 

▼ 中古車を購入したい人が増える 

▼ 中古車の販売価格が上昇する 

★ 中古車の買取り価格が上昇する!

中古車買取り業者は数多くありますが、最も楽にお得に愛車を売却したいのは当然の流れ。

まさか、ディーラーの言いなりになって安い下取りで満足していませんよね!?

高値で愛車を売却出来れば、その分次のクルマに使えるお金も増えますよ!

中古車需要は年々上がり、
買取り価格も最高レベル!!

査定だけでもお気軽にどうぞ!!

【オススメポイント】

1. 高額査定の最大3社のみと交渉するから、一括査定にありがちな電話ラッシュなし!

2. 申し込み翌日18時に、最大20社の査定結果がネットで見れる!

3. ネット比較&高額買取店と交渉して最高額の買取店が楽にわかる!

↓↓気になる方はこちらをクリック↓↓

タイトルとURLをコピーしました