新型【ヴォクシー】納期・納車待ち情報

ヴォクシー

【無料】で試せる!クルマをさらに安く購入する方法!

愛車を少しでも高く売りたい。

新車を少しでも安く買いたい。

車は大きな買い物です。

【無料】で試せて大きな成果!!

浮いたお金で余分にオプションを付けるのも良し。

一つ上のグレードに変更してみるのもいいでしょう。

そんな情報を今回ここだけでお教えします!

【無料】一括査定を使うとどうなるか!?

中古車一括査定をご存じですか?

例えばディーラーで10万円の下取りが一括査定を利用することで数倍の値が付くことも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社があなたの愛車の買い取り価格を競ってくれるので結果的に値段が吊り上るのです。

2022年1月13日、8年ぶりにフルモデルチェンジした新型【ヴォクシー】は兄弟車である新型【ノア】と合わせて発売から1週間で3万台を超える受注となるなど既に大ヒット車となっています。

これだけ人気が集まっていると気になってくるのが納期・納車待ちがどのくらいなのか、でしょう。

今回は新型【ヴォクシー】の納期・納車待ち情報を取り上げていきます。

スポンサードリンク

新型【ヴォクシー】販売目標に対する予約数

引用URL:https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/36614622.html

新型【ヴォクシー】は上記の通り好調な滑り出しで今後も販売台数を増やしていくことになるでしょう。

そんな新型【ヴォクシー】の販売基準台数(月販目標台数)は5,400台とされており、先代モデルの販売実績から現実的な目標に設定されている事がうかがえます。

これに対する予約数ですが、上記の1月上旬時点での新型【ヴォクシー】/【ノア】の合計受注台数のうち、新型【ヴォクシー】は約6割を占めるとされていますので、約18,000台の受注台数ということになります。

ここから順調に受注を増やしていますので2月段階では新型【ヴォクシー】単独で3万台に到達していると思われます

引用:https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/36614622.html

ちなみに、新型【ノア】の販売基準台数(月販目標台数)は8,100台と新型【ヴォクシー】より高めに設定されており、新型【ヴォクシー】と新型【ノア】が全トヨタ店で併売される事からアグレッシブなフロントフェイスの新型【ヴォクシー】より従来デザインの延長にある新型【ノア】の方が選ばれやすい、という予想がされていた事がうかがえます。

しかし、販売開始直後とはいえ人気は新型【ヴォクシー】の方が高くなっておりトヨタの予想を超えて新型【ヴォクシー】の新たなデザインが幅広い層に受け入れられているようです。

引用URL:https://global.toyota/jp/mobility/toyota-brand/toyota-design/noah-voxy/

先代と同じくクリアランスランプ+ターンランプとヘッドランプを上下に分離し、更にLEDヘッドランプはフロントグリル内に収まるデザインにする事で薄いアッパー部にLEDクリアランスランプとLEDターンランプが鋭い目付きだと感じさせる(薄いヘッドランプだと誤認させる)デザインを採用する事で精悍なイメージとなった事で「個性的なミニバン」を求める層のニーズを巧く捉えたのでしょう。

先代までの5ナンバーサイズ(一部グレードのみ3ナンバーサイズ)から全グレード3ナンバーサイズへと拡幅された新型【ヴォクシー】ですが、全長は先代【ヴォクシー】と同サイズに収まっており、使い勝手はほとんど変わらずに室内スペースが広がった事が好評のようで、3ナンバー化への批判は少ないのも販売が好調な要因でしょう。

 

以前は都心部の駐車場や住宅街の駐車場において「3ナンバーお断り」というところもありましたが、現在では滅多に見かける事は無くなりました。

トヨタ【カローラ】でさえ3ナンバー化しており、軽自動車・コンパクトハッチバックや【シエンタ】【ルーミー】といったコンパクトミニバンを除けば3ナンバーサイズが一般化しており3ナンバーサイズへの忌避感が少なくなっているのも新型【ヴォクシー】の3ナンバー化が受け入れられている要因でしょう。

引用URL:https://toyota.jp/voxy/

ワイドサイズながらも取り回しは先代と変わりなく、見えにくい車両周辺をディスプレイオーディオ画面で確認出来る「視界サポート」「アドバンスト パーク」(Xグレードを除きメーカーオプション設定)といった先進装備でカバー出来るので運転しにくく感じる事は先ず無いでしょう。

 

これだけ好調な受注状況だけに、納期・納車待ちがどのくらいなのかが気になるところです。

これについて、次項で取り上げます。

スポンサードリンク

新型【ヴォクシー】納期・納車待ち情報

 

トヨタ 新型 ノア ボディカラー グレード 新型ヴォクシー グリッターブラック

販売が好調な新型【ヴォクシー】の納期・納車待ちがどのくらいなのか、一番気になる情報を取り上げていきます。

新型【ヴォクシー】は2月中旬の時点で、受注から工場出荷まで、ガソリン車が3ヶ月程度ハイブリッド車が6ヶ月程度となっています。

これに販売店でのオプション類装備・点検・納車準備期間が加わるので、実際の納期はガソリン車が4ヶ月程度、ハイブリッド車が7ヶ月程度になってきます。

更にグレードやメーカーオプション・ディーラーオプションの装備によって更に納期が遅れる可能性があります

この辺りは販売店に問い合わせないと実際の納期は前後すると思われます。

引用:https://bit.ly/3o4JP6l

駐車支援機能「アドバンスト パーク」「緊急時操舵支援」+「ブラインドスポットモニター」+「アドバンスト ドライブ(渋滞時支援)」といった新型【ヴォクシー】で採用された先進装備などのメーカーオプション後から装備が難しいものがほとんどで、利便性を追求するなら発注時に装備しておいた方が良いでしょう。

しかし、その分納期が遅れる事になりますが、家族を乗せるので安全性・利便性を高めたい、長く愛車として愛用したい、普段の買い物などでも便利に使いたい、といった新型【ヴォクシー】に求めるものが多いでしょうから納期はある程度割り切る必要があるでしょう。

メーカーオプションを削ったり、グレードを下げてまで納期を縮めても、納車後の使い勝手が思っていたものと異なったり不満を抱えたままだとせっかくの新型【ヴォクシー】であっても愛着を持てない可能性が高くなります。

 

この辺りは販売店と相談しながら、用途に合わせたグレード・オプション類の選択をしていくのをオススメします

納期が遅れたとしても、納期待ちの期間よりも実際に新型【ヴォクシー】を乗り続ける期間の方が長くなるわけで、車検に合わせた乗り換えで車検までに納車されないと困る、という方は販売店に相談して話を進めた方が良いでしょう。

スポンサードリンク

新型【ヴォクシー】なぜ納期が遅くなっているのか

引用URL:https://toyota.jp/voxy/

では、新型【ヴォクシー】の納期がなぜここまで遅くなっているのでしょうか?

大きな理由としては部品不足による生産調整が上げられます。

では、なぜ部品不足に陥っているのか?

それはコロナ禍による世界的な半導体不足が主因となっています。

引用:https://bit.ly/3rP1eB8

自動車産業に限らず、PCなど電化製品の構成部品でもある半導体が工場のコロナ禍による生産停止に陥ったり、材料や完成部品の輸送が滞っている事による半導体不足が2021年から続いており、トヨタでは2022年1月度・2月度と数日間の工場停止をせざるを得ない状況となりました。

これにより新型【ヴォクシー】に限らず、軒並み納期が遅延する事態となっています。

生産停止という事態はトヨタに限ったことではなく他メーカーでも起こっている事態です。

引用:https://bit.ly/3IGRCPD

トヨタでは各職場・仕入れ先に対し、感染対策を徹底させるとともに、部品調達を幅広く部品・半導体メーカーへの協力の呼びかけて従来とは異なる地域での生産をするなど、部品の供給確保に努めているようです。

部品供給が改善されれば、生産能力が高いトヨタですので納期が縮まる可能性はあります。

しかし事前生産分もほぼ捌けている状況で受注が順調な状況とあって、納期が大幅に縮まるという事は無いでしょう。

今後のコロナ禍の情勢によっては納期が更に延びる可能性もありますので、早く新型【ヴォクシー】を手に入れたい、とお考えならば納期が遅くても早めに発注するのが確実でしょう。

新型【ヴォクシー】納期を早めることは出来ないの?

 

新型【ヴォクシー】の納期が遅れている原因がわかったところで、納期を早める方法は無いのでしょうか?

引用:https://bit.ly/3ohQOsI

一つは、キャンセル待ちです。

既に受注されている新型【ヴォクシー】が何らかの理由で納車前にキャンセルされた場合、販売店には納車前のクルマが残っている状態となります。

販売店としてもいつまでもキャンセル車を在庫として持っているわけにもいかないのでキャンセル車でも良い、というお客様に勧めることになります。

キャンセル車を手に入れるには販売店側に新型【ヴォクシー】を購入する意志があることと、キャンセル車が出たら情報を教えて欲しいという要望を告げる事が重要となります。

現状、キャンセル待ちのお客様は多数居る状況ですので、販売店の営業担当との良好な関係を構築し、新型【ヴォクシー】への熱意をアピールしてキャンセル情報を素早く伝えてもらう努力が必要となります。

新車の発注をしつつ、納期の確認と営業担当への挨拶ついでにキャンセル情報が無いかを確認するために頻繁に販売店に来店するなど、顔繋ぎをしておくことも重要です。

引用URL:https://toyota.jp/voxy/

そして、もう一つ納期を縮める方法として、人気グレードを選ぶ、という事が上げられます。

新型【ヴォクシー】の場合、【S-Z 2WD】が人気グレードとなっており、人気グレードだけに生産量も多く、他グレードよりも納期が短くなる傾向があります

下位グレード【S-G】とは30万円の価格差がありますが、シンプルなグレード体系の新型【ヴォクシー】だけに【S-Z】の方が主要装備が充実しており、装備内装を比較していくとマルチインフォメーションモニターのサイズなど後々ディーラーオプションなどで変更や追加が出来ない装備もあります

ビジネス用途やフル乗車の機会が少ない・【S-G】のみの設定となる8人乗り(2列目ベンチシート)でが欲しい、という方でない限りは【S-Z】を選んだ方が良い構成となっています。

【S-G】を選ぶメリットは実質8人乗り(2列目ベンチシート)仕様くらいでしょう。

あとは、ハイブリッド車(HEV)の納期が遅れている状況ですのでガソリン車でも良い、という方はガソリン車を選ぶと納期が縮まる可能性が出てきます。

引用:https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/25335208.html

ハイブリッド車の22.0km/L(2WD・WLTCモード)という燃費性能には敵わないものの、ガソリン車には新型2.0Lダイナミックフォースエンジン+Direct Shift-CVT(10速シーケンシャルシフトマチック)が採用されている事もあって、先代(13.2km/L(2WD・WLTCモード))を大きく上回る15.0km/L(2WD・WLTCモード)という、ガソリン車ミニバンとしてはトップクラスの優れた燃費性能となっています。

燃費性能ではハイブリッド車との差が縮まっておりガソリン車を選んでも大きな不満を感じる事は無いでしょう。

新型2.0Lダイナミックフォースエンジン+Direct Shift-CVTによる走りを楽しめるクルマとなっていますので、先代以上にガソリン車を選ぶメリットが大きいといえます。

高速走行が多い、街乗りメインで年間走行距離が短い、という方はガソリン車を選んで出費と納期を縮めてみても良いでしょう。

新型【ヴォクシー】まとめ

引用URL:https://toyota.jp/voxy/

新型【ヴォクシー】新世代TNGAプラットフォームの採用と、ワイド化による走りの改善と室内スペースの向上、そして安全性能の向上などを果たしつつ、従来よりも鋭さを増した個性的なエクステリアデザイン2列目キャプテンシートの機能充実など、1クラス上の質感を手に入れた待望のフルモデルチェンジを果たした事で、これまで以上に高い支持を受けるミニバンとなっています。

引用:https://toyota.jp/voxy/

一時は【ノア】に統合されて消滅するのでは、との憶測も流れて【ヴォクシー】ファンをヤキモキさせた時期もありましたが、【ノア】とは異なるフロントフェイスデザインとシンプルなグレード体系「選びやすいミニバン」として特色を出しての継続となりました。

フルモデルチェンジ直後から多くの受注を集めているのも納得の仕上がりで、納車されるのを心待ちにしている方や、次のファミリーカーとして乗り換えを検討されている方が多く、それだけに生産調整に伴う納期の遅延は残念なニュースとなっています。

コロナ禍の影響が続く中でのフルモデルチェンジとあって、ある程度の遅延は予測されていたものの、半年近くの納車待ちは予想し得なかったかもしれません

引用URL:https://toyota.jp/voxy/

他の人気車種も軒並み納期が遅延しており、今後の受注増で更なる遅延も予測されますので、早く新型【ヴォクシー】を手に入れたい方は販売店を渡り歩いての値引き交渉よりも素早く発注をする事を優先した方が良いでしょう。

T:アイキャッチ画像引用URL:https://toyota.jp/voxy/

なぜ一括査定はお得だと言えるのか!?

乗り換えを行う際はディーラーでの下取りと中古車買取店での売却ではどちらが得なのかイマイチ分からないと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から先に言ってしまうと、こちらは現在所有している車種や車両の状態によっても異なりますが、

基本的に自動車を手放す際は、街中に存在する中古車買取店やインターネットによる一括査定を利用した売却の方が、高い値段で車を手放せる傾向にあると言えます。

一般的に、ディーラーなどで行われる下取り査定は

  • 年式
  • 走行距離
  • 車両の状態

などで判断されるため、車両自体や社外装備品の価値などは反映されず最低限の価格を提示される点が特徴です。

さらに、下取りで得られた金額は現金化する事ができず、新車の購入時のみ使用する事が可能となるため、後日タイヤの交換やドライブレコーダーなどの機器を追加する際は使用する事ができません。

一方の買取店や一括査定による車両の売却は、ディーラーでの下取り査定と同じく年式や走行距離、車両の状態などに加え

  • 中古車市場の需要と供給のバランス
  • 人気の有無
  • 装備品の価値

などが加味された査定となる事から、所有している車の価値に応じた買取査定額が提示されるため、ディーラーで行う下取り額よりも売却価格が高くなる傾向にある

と言う訳です。

また、車を売却した際の金額は1度現金化される事からタイヤやオイル交換等のメンテナンス、社外品の導入などにも使用する事が可能となるため、車を手放す際は下取りではなく売却を選択する方が得だと言えるでしょう。

ただし、中古車買取店などで売却を行う場合でも、車両の状態(事故等の有無)や市場の動向によっては必ずしも下取りより高額な査定を受ける事ができないケースもありますので、あくまでも1つの目安として無料の一括査定に申し込んでみることをおすすめします。

ディーラーの値引きを最大限に引き出し、さらにあなたの愛車の下取り金額を最大限にアップさせる。

これこそが、新車を最高に安く手に入れる方法なのです!

 

タイトルとURLをコピーしました