新型【ヴォクシー】最適なエンジンオイルや交換時期は?

ヴォクシー

【無料】で試せる!クルマをさらに安く購入する方法!

愛車を少しでも高く売りたい。

新車を少しでも安く買いたい。

車は大きな買い物です。

【無料】で試せて大きな成果!!

浮いたお金で余分にオプションを付けるのも良し。

一つ上のグレードに変更してみるのもいいでしょう。

そんな情報を今回ここだけでお教えします!

【無料】一括査定を使うとどうなるか!?

中古車一括査定をご存じですか?

例えばディーラーで10万円の下取りが一括査定を利用することで数倍の値が付くことも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社があなたの愛車の買い取り価格を競ってくれるので結果的に値段が吊り上るのです。

フルモデルチェンジ直後から高い人気のミニバン、トヨタ新型【ヴォクシー】

鋭く個性的なフロントフェイス3ナンバー化シートポジション変更など従来よりも使い勝手が向上していますが、ハイブリッドシステムの改良ガソリンエンジンの換装による燃費性能の向上にも注目が集まっています。

高い燃費性能を維持し続けるのに重要となるのはエンジンオイルとなります。

今回は新型【ヴォクシー】に最適なエンジンオイルや交換時期について紹介していきます。

スポンサードリンク

新型【ヴォクシー】最適なオイル交換サイクルは?

 

まずは新型【ヴォクシー】のエンジンオイル交換サイクルについて。

引用URL:https://toyota.jp/voxy/

新型【ヴォクシー】には先代同様ハイブリッド車とガソリン車がラインナップされています。

ハイブリッド車とガソリン車、エンジンが異なりますがエンジンオイルの交換サイクルは同様となっています。

標準交換時期 シビアコンディション時の場合
15,000km、または1年 7,500km、または6ヶ月

走行状況にもよりますが、交換の目安は「15,000km、または1年一般的な車と同様となります。

年間走行距離が少ない場合でも、エンジンオイルの経年劣化が進んでいる可能性がありますので、1年おきの交換をしていきましょう。

1年点検・車検の際にはエンジンオイル交換を欠かさないようにしておきましょう。

上記の「シビアコンディション」とは、「悪路走行が多い」「走行距離が多い」「山道など上り下りの頻繁な走行」といったエンジンに負荷が掛かる走行シーンが相当します。

引用URL:https://toyota.jp/voxy/

更に、近所の買い物で短時間(10〜30分程度)でエンジンを停止させたり、エンジンを始動させた直後に走行させるといった「暖機」が不十分な走行が続く事もシビアコンディションに相当します。

エンジンが効率的に動くためにはスポーツと同じく準備運動、つまり稼働前の暖機が必須であり、エンジンが暖まり切れていないうちに走行するとエンジンに負荷が掛かりエンジンオイルの汚れ・劣化の原因となります。

新型【ヴォクシー】はユーティリティの高さが自慢のミニバンですので幅広いシーンで使われるクルマなだけに、週末のレジャーシーンのみならず日常生活の脚としても使われる事の多く、短時間走行を繰り返すのも珍しくありません。

それだけに、エンジンオイルの健康状態に注視して定期的なオイル交換が、長くエンジン性能を維持するために最も重要となります。

エンジンオイルの状態を日々の走行前点検での確認をしておくのが理想ではありますが、実際に毎度の如く点検するのは難しいでしょうから、半年おきの6ヶ月点検・1年点検にてエンジンオイルの状態を点検し、整備員から交換を推奨された場合には必ず交換するようにしておけばエンジンの健康状態を保つことが出来るでしょう。

スポンサードリンク

新型【ヴォクシー】最適なエンジンオイルの種類は?

 

次に、新型【ヴォクシー】に最適なエンジンオイルの種類について。

新型【ヴォクシー】には先代同様ハイブリッド車とガソリン車がラインナップされています。

引用:https://toyota.jp/voxy/

ハイブリッド車のパワーユニット先代と同型式のエンジンではありますが電動モジュールを刷新することでモーター・バッテリーの高出力化・高効率化が図られており燃費が向上しています。

引用:https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/25335208.html?_ga=2.158162745.2092463417.1645341225-2083444147.1645341225

ガソリン車では新生代2.0Lダイナミックフォースエンジン+DirectShift-CVT(10速シーケンシャルシフトマチック付)に換装されており、先代と比較すると燃費が大幅に向上しています。

燃費の向上幅ではガソリン車が上で、ガソリン車を選んでも燃費面での不満はそれほど大きくはないのも新型【ヴォクシー】の特徴となります。

ハイブリッド車とガソリン車、エンジンが異なりますが、エンジンオイルの種類は同じとなっています。

トヨタ純正
モーターオイル
オイル規格
推奨オイル SP 0W-16 API SP/RC
ILSAC GF-6B
SAE 0W-16
適合オイル SP 0W-20
SP 5W-30
API SP/RC
ILSAC GF-6A
SAE 0W-20
SAE 5W-30

「0W-16」の「0W」は、低温時のエンジン始動特性を示しており、Wの前の数値が小さいほど冬場や寒冷時のエンジン始動が容易になります。
「0W-16」の「16」は、高温時の粘度特性を示しており、粘度の高い(数値が大きい)オイルは、高速または重負荷走行に適しています。

引用:https://global.toyota/jp/detail/17572004

他の最新トヨタハイブリッド車ではもっと低粘度のエンジンオイルを推奨されている場合もありますが、新型【ヴォクシー】では0W-16とハイブリッド車では定番といえるエンジンオイルが採用されています。

また、適合オイルとして0W-20・5W-30と一般的な種類のエンジンオイルも指定されています。

使用シーンによって幅広いエンジンオイルを利用出来るのは新型【ヴォクシー】の幅広い走行シーンが考慮されているといえるでしょう。

ただし、推奨の0W-16以外のオイル粘度を使用した場合、燃費性能が低下する場合がありますので走行シーンによる必要性を求められていなければ推奨オイルの0W-16を選んでおいた方が良いでしょう。

スポンサードリンク

新型【ヴォクシー】1回のオイル交換費用はどのくらい?

引用:https://bit.ly/3FwUqNX

次に、新型【ヴォクシー】のエンジンオイルを交換する場合の費用はどのくらいになるのか、おおまかに算出してみましょう。

新型【ヴォクシー】のエンジンオイル交換量はハイブリッド車とガソリン車で若干異なります

オイルのみ交換 オイル

オイルフィルター交換
ハイブリッド車 3.9 L 4.2 L
ガソリン車 3.9 L 4.3 L

オイルフィルターと同時交換の場合、ガソリン車が若干多めの量となります。

オイルフィルターはエンジンオイル交換の2回に1回を目処に交換する事が推奨されています。

ハイブリッド車を例に、エンジンオイル交換の費用を大まかに算出してみると次のようになります。

エンジンオイル+交換工賃 5,500円〜7,000円
オイルフィルター+交換工賃 2,200円前後
7,700円~9,200円

整備工場やカー用品店などの販売店・ブランド・性能・オイル粘度の違いによってエンジンオイルの価格が異なり、推奨オイルの0W-16を4.2L交換する場合は7,000円前後オイルフィルターは工賃込みで2,200円を目安にしておくと良いでしょう。

5W-30のエンジンオイルを選べばオイル単価を下げる事が出来ますが、上記の通り燃費性能に影響が出る場合がありますので走行シーンに合わせた変更を心懸けましょう。

交換費用に関しては新車購入~車検までの点検費用を含めたメンテナンスパックをトヨタ販売店にて契約したり、エンジンオイル ボトルキープをするなど費用を抑える手法があります。

情勢によりエンジンオイルの単価が上昇する可能性もありますので、安い時期に20L缶でまとめ買いしておいたり、メンテナンスパックを前もって契約しておくのが手っ取り早いでしょう。

引用:https://bit.ly/3ohQOsI

どの手法を用いるのが良いのかは走行スタイルにもよりますので販売店や整備工場・カー用品店にて相談してみるのが良いでしょう。

新型【ヴォクシー】オイル交換まとめ

引用:https://toyota.jp/voxy/

新型【ヴォクシー】は高い燃費性能を誇るミニバンながらも一般的なエンジンオイルが利用出来る事と交換費用などについて取り上げてみました。

先代【ヴォクシー】では0W-20だった推奨オイルがより低粘度の0W-16となったのが先代【ヴォクシー】からの大きな変更点となります。

より低燃費化が進む近年のクルマにおいて採用例が増えてきている0W-16オイル

引用: https://onl.la/Jn3V1R1
https://onl.la/QK8ndJh https://onl.la/kCbFin1

メーカー純正オイル以外にも各オイルメーカーから様々な製品が登場しており選択肢が年々増えています

エンジンオイルは体内を巡っている血液の役割を果たしておりエンジン内の汚れやゴミを洗い流す役割のエンジンオイルを定期的に交換することがエンジンのコンディションを良い状態に維持することに繋がります

高価格のオイルを選べば高性能になる、というわけではありませんが安価すぎるオイルを価格だけで選んだ場合、エンジン性能を落として結果的に損をする可能性もありますので、エンジンオイル交換時にはオイル粘度・性能・ブランドなどを見極めた選択をする必要があります。

 

どのオイルを選べば良いかわからない、といった場合にはトヨタ販売店・指定整備工場・カー用品店にて、走行シーンや新型【ヴォクシー】の性能を維持するのにピッタリのエンジンオイルを選んでもらうのが良でしょう。

最も手っ取り早い選択肢はやはり新車購入時にメンテナンスパック契約をして定期点検時に交換する事でしょう。

最初の出費は大きいですがトータルでの出費は抑えられますし、日常での走行時に感じた違和感や不具合などを気軽に相談しやすいなど目に見えないメリットを享受することが出来ます。

T:アイキャッチ画像引用URL:https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/36614622.html

なぜ一括査定はお得だと言えるのか!?

乗り換えを行う際はディーラーでの下取りと中古車買取店での売却ではどちらが得なのかイマイチ分からないと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から先に言ってしまうと、こちらは現在所有している車種や車両の状態によっても異なりますが、

基本的に自動車を手放す際は、街中に存在する中古車買取店やインターネットによる一括査定を利用した売却の方が、高い値段で車を手放せる傾向にあると言えます。

一般的に、ディーラーなどで行われる下取り査定は

  • 年式
  • 走行距離
  • 車両の状態

などで判断されるため、車両自体や社外装備品の価値などは反映されず最低限の価格を提示される点が特徴です。

さらに、下取りで得られた金額は現金化する事ができず、新車の購入時のみ使用する事が可能となるため、後日タイヤの交換やドライブレコーダーなどの機器を追加する際は使用する事ができません。

一方の買取店や一括査定による車両の売却は、ディーラーでの下取り査定と同じく年式や走行距離、車両の状態などに加え

  • 中古車市場の需要と供給のバランス
  • 人気の有無
  • 装備品の価値

などが加味された査定となる事から、所有している車の価値に応じた買取査定額が提示されるため、ディーラーで行う下取り額よりも売却価格が高くなる傾向にある

と言う訳です。

また、車を売却した際の金額は1度現金化される事からタイヤやオイル交換等のメンテナンス、社外品の導入などにも使用する事が可能となるため、車を手放す際は下取りではなく売却を選択する方が得だと言えるでしょう。

ただし、中古車買取店などで売却を行う場合でも、車両の状態(事故等の有無)や市場の動向によっては必ずしも下取りより高額な査定を受ける事ができないケースもありますので、あくまでも1つの目安として無料の一括査定に申し込んでみることをおすすめします。

ディーラーの値引きを最大限に引き出し、さらにあなたの愛車の下取り金額を最大限にアップさせる。

これこそが、新車を最高に安く手に入れる方法なのです!

 

タイトルとURLをコピーしました