新型【ヴォクシー】ボディカラーとおすすめグレード

ヴォクシー

【無料】で試せる!クルマをさらに安く購入する方法!

愛車を少しでも高く売りたい。

新車を少しでも安く買いたい。

車は大きな買い物です。

【無料】で試せて大きな成果!!

浮いたお金で余分にオプションを付けるのも良し。

一つ上のグレードに変更してみるのもいいでしょう。

そんな情報を今回ここだけでお教えします!

【無料】一括査定を使うとどうなるか!?

中古車一括査定をご存じですか?

例えばディーラーで10万円の下取りが一括査定を利用することで数倍の値が付くことも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社があなたの愛車の買い取り価格を競ってくれるので結果的に値段が吊り上るのです。

新型【ヴォクシー】は先代の人気を引き継いで、発売開始から順調に売上を伸ばしています。

個性的で精悍なフロントフェイス全グレード3ナンバー化燃費性能・安全性能と使い勝手の向上など注目すべきアップグレードポイントが多い新型【ヴォクシー】ですが、これから新型【ヴォクシー】を検討する方がまず知りたいのはボディカラーラインナップとグレード設定でしょう。

ここでは新型【ヴォクシー】ボディカラーとおすすめグレードを紹介していきます。

スポンサードリンク

新型【ヴォクシー】ボディカラーラインナップ

引用:https://toyota.jp/voxy/

まずは新型【ヴォクシー】のボディカラーラインナップを紹介していきます。


■ホワイトパールクリスタルシャイン(メーカーオプション)

引用:https://toyota.jp/voxy/

メーカーオプション(33,000円)設定の上質なパールカラーで、他のトヨタ車でも人気のボディカラーです。

トヨタ車定番のスーパーホワイトよりもクリーム系の色合いで、純白とは異なる美しい色合いで新型【ヴォクシー】のデザインとメッキパーツを引き立たせます

明るい色合いなので精悍なフロントデザインによる威圧感を抑える効果もあります。

 

■メタルストリームメタリック

引用:https://toyota.jp/voxy/

ややグレー寄りのシルバーカラーで、金属を思わせる質感精悍な新型【ヴォクシー】のフロントデザインをより鋭く感じさせる効果があります。

 

■マッシブグレー

引用:https://toyota.jp/voxy/

落ち着いた色合いのグレーで、他のカラーよりも画像で見るのと現物を見るのとでは印象が異なるカラーです。

明るい場所では軽快なイメージですが、暗い場所では重々しいイメージと、様々な顔を見せてくれるカラーで個性的な新型【ヴォクシー】を求める方におすすめのカラーとなります。

 

■アティチュードブラックマイカ

引用:https://toyota.jp/voxy/

新型【ヴォクシー】にはメーカーオプションを含めて3色のブラックがラインナップされています。

そのうち標準色で選べるのがこのカラーとなります。

マイカ塗装の輝きとメッキモールディングとのバランスが良く、精悍な新型【ヴォクシー】のフロントデザインが際立つのが魅力的です。

 

■スパークリングブラックパールクリスタルシャイン(メーカーオプション)

引用:https://toyota.jp/voxy/

メーカーオプション(33,000円)設定の上質なパール塗装の紫系のブラックで、新型【ヴォクシー】の新デザインと合わせる事で妖艶な印象を受けます。

他とは違うブラックカラーを求める方、上質な紫系カラーを求める方にオススメです。

 

■グリッターブラックガラスフレーク(メーカーオプション)

引用:https://toyota.jp/voxy/

メーカーオプション(33,000円)設定のグレー系のブラックカラーです。

ガラスフレークの効果で光が当たると煌めく事で、ゴージャスな印象を受けます。

歴代【ヴォクシー】から続く煌めきと妖艶さを求める方にオススメです。


以上の6カラーラインナップとなっており、メーカーオプションカラーは+33,000円となります。

他車種ではグレードによって設定色が異なる場合は多いですが、新型【ヴォクシー】では全グレードで統一したボディカラーラインナップとなっているのが大きな特徴です。

どのカラーも歴代【ヴォクシー】の人気カラーと新型【ヴォクシー】のデザインに合わせて厳選されたボディカラーとなっており、どのボディカラーを選んでも満足度は高いでしょう。

スポンサードリンク

新型【ヴォクシー】グレード別の違いはどこ?

引用:https://toyota.jp/voxy/

次に新型【ヴォクシー】のグレードを紹介していきます。

新型【ヴォクシー】のグレードは以下の構成となっています。

■HYBRID

グレード 駆動方式(乗車人数) 車両本体価格
HYBRID S-Z 2WD(7人乗り) 3,740,000円
E-Four(7人乗り) 3,960,000円
HYBRID S-G 2WD(7人乗り) 3,440,000円
2WD(8人乗り) 3,440,000円
E-Four(7人乗り) 3,660,000円

 

■ガソリン

グレード 駆動方式(乗車人数) 車両本体価格
S-Z 2WD(7人乗り) 3,390,000円
4WD(7人乗り) 3,588,000円
S-G 2WD(7人乗り) 3,090,000円
2WD(8人乗り) 3,288,000円
4WD(7人乗り) 3,090,000円
4WD(8人乗り) 3,288,000円

 

【S-Z】と【S-G】と大きく2グレードというシンプルな構成となっています。

引用:https://toyota.jp/voxy/

ハイブリッド車のパワーユニットは先代と同型式のエンジンではありますが電動モジュールは刷新されており、モーター・バッテリーの高出力化・高効率化が図られています。

引用:https://toyota.jp/voxy/

ガソリン車のエンジン新生代2.0Lダイナミックフォースエンジン+DirectShift-CVT(10速シーケンシャルシフトマチック付)に換装されており、燃費が大幅に向上しています。

引用:https://toyota.jp/voxy/

先代【ヴォクシー】では4WDはガソリン車しか設定されていませんでしたが、新型【ヴォクシー】ではハイブリッド・ガソリン共に4WDが設定されており、ハイブリッド車は【ヴォクシー】初採用となる電動モーター駆動の「E-Fourとなります。

引用:https://toyota.jp/voxy/

【ヴォクシー】用のE-FourはPM(永久磁石)モーターを採用した改良型で、従来のE-Four(【プリウス】等)よりもモーター出力・トルクが向上しており、4WD作動領域や後輪へのトルク配分が拡大しており旋回時の前後輪トルク配分を制御することで操縦安定性が向上しています。

引用:https://toyota.jp/voxy/

更にグレード構成を見ていくと、7人乗り(2列目キャプテンシート仕様)が主軸となっており、8人乗り(2列目ベンチシート仕様)は【S-G】グレードのみの設定となっておりハイブリッド車ではE-Four仕様の8人乗りは設定されていません

引用:https://toyota.jp/voxy/

また、8人乗り仕様にはメーカーパッケージオプションとして7人乗りユーティリティパッケージが用意されており、3人乗りベンチシートの左席を無くした2人乗りベンチシート(ロングスライド+リクライニング、手すり付)へと変更する事で3列目へのアクセスが容易となるので高齢者やお子様の乗降に便利です。

引用:https://toyota.jp/voxy/

3列目シートに荷物を置いたりベビーカーを左側スライドドアから簡単に載せられたり便利に使えるシートとなっています。

 

8人乗りをご要望の方にとってはグレードの選択肢が限られているのは残念に感じるでしょうが、フル乗車の頻度がどの程度あるのか検討した上でグレード選びをするのが良いでしょう。

 

【S-Z】と【S-G】の装備面での大きな違いとして以下の点があげられます。

マルチインフォメーションモニターのサイズ

引用:https://toyota.jp/voxy/

■【S-Z HYBRID】専用インパネ一体型センターコンソールボックス
(【S-G HYBRID】にメーカーオプション設定)

引用:https://toyota.jp/voxy/

■温熱シート(運転席・助手席)
(【S-G】にメーカーオプション設定)

引用:https://toyota.jp/voxy/

■キャプテンシート折りたたみ式大型サイドテーブル(充電用USB-C端子付)

引用:https://toyota.jp/voxy/

■左右独立温度コントロールフルオートエアコン+リアオートエアコン(リアクーラー+リアヒーター)
(【S-G】にメーカーオプション設定)

引用:https://toyota.jp/voxy/

他にスピーカー数(【S-Z】6スピーカー・【S-G】4スピーカー)、更に内装メッキパーツが上げられます。

引用:https://toyota.jp/voxy/

2列目以降の快適度を優先される方はリアオートエアコンの装備をオススメします。

ヴォクシー

引用URL:https://toyota.jp/voxy/

またプロジェクター式LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)・アダプティブハイビームシステム・カラーヘッドアップディスプレイ・デジタルインナーミラー・オットマン&シートヒーター付キャプテンシート・パワーバックドア・12スピーカーのディスプレイオーディオPlusといったメーカーオプション設定でも【S-G】では設定されていなかったりスピーカー数に差があったりと【S-Z】と【S-G】には明確な差があります

【S-Z】と【S-G】グレードは約30万円の価格差となりますが、価格差以上に装備が充実しており【S-Z】は満足度の高いグレードとなっています

スポンサードリンク

新型【ヴォクシー】おすすめグレードと人気カラー

引用:https://toyota.jp/voxy/

新型【ヴォクシー】のカラーとグレード構成を取り上げたところで、新型【ヴォクシー】のおすすめグレードと人気カラーを紹介していきます。

引用URL:https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/36614622.html

おすすめグレードは前項のグレード構成の紹介で何となく察してもらえたでしょうが、やはり上位グレードの【S-Z】となります。

エンジンと駆動方式についてはライフスタイルに合わせた選択となり、積雪の多い地方では4WD・E-Fourを選んでいただくと良いでしょう。

引用:https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/25335208.html?_ga=2.158162745.2092463417.1645341225-2083444147.1645341225

ハイブリッドとガソリンに関しては、ガソリン車にダイナミックフォースエンジンが採用された事で燃費が向上しておりハイブリッド車と比べても燃費で大きな不満を感じないでしょう。

年間走行距離が少ない・高速走行が多いなどガソリン車の利点が活かせるシーンが多い場合には価格と納期で優位なガソリン車を選ぶのが良いでしょう。

引用:https://toyota.jp/voxy/

8人乗りが必要な方・2列目ベンチシートの使い勝手、など8人乗り仕様の利便性を求める方には【S-G】グレードしか選択肢がありません

また8人乗り仕様の方が2列目シート座面を跳ね上げて(チップアップシート)ラゲッジスペースを広げられるので7人乗り仕様よりも奥行きが長くなるので、アウトドアレジャーなどで活用する方も8人乗り仕様が魅力的な選択肢となります。
(7人乗り仕様のキャプテンシート間を使えば8人乗り仕様よりも長尺のものが積載可能)

極端ですが、【S-G】は8人乗り仕様専用と言って良いグレードでしょう。

【S-G】の7人乗り仕様は出費を抑える事は出来ますが、価格差を考慮すると出費が増えても【S-Z】を選んだ方が良い装備構成となっておりわざわざ【S-G】の7人乗り仕様を選ぶメリットが低くなっています

【S-G】で7人乗りを検討されるならば、上記の「7人乗りユーティリティパッケージ」を選択するのが良いでしょう。

 

次に人気カラーをランキング形式で紹介していきます。

 

1位:アティチュードブラックマイカ

引用:https://toyota.jp/voxy/

2位:ホワイトパールクリスタルシャイン

引用:https://toyota.jp/voxy/

3位:グリッターブラックガラスフレーク

引用:https://toyota.jp/voxy/

4位:メタルストリームメタリック

引用:https://toyota.jp/voxy/

5位:スパークリングブラックパールクリスタルシャイン

引用:https://toyota.jp/voxy/

6位:マッシブグレー

引用:https://toyota.jp/voxy/

引用:https://toyota.jp/voxy/

1位は「アティチュードブラックマイカ」となり、精悍な新型【ヴォクシー】のフロントデザインが引き立つ事から人気のあるカラーとなっています。

汚れや傷が目立ちやすいカラーですので新車購入時のボディーコーティングをする事が必須となるのが注意点です。

引用:https://toyota.jp/voxy/

2位の「ホワイトパールクリスタルシャイン」他のトヨタミニバンでも人気のあるカラーですので順当な順位だと言えるでしょう。

こちらも美しい表面加工を維持し続けるには新車購入時のボディーコーティングが必須でしょう。

引用:https://toyota.jp/voxy/

3位は「グリッターブラックガラスフレーク」【ヴォクシー】らしい黒色として定番カラーとなっています。

こちらも汚れや傷が目立ちやすいカラーですので新車購入時のボディーコーティングをする事が必須です。

引用:https://toyota.jp/voxy/

4位の「メタルストリームメタリック」傷や汚れが目立ちにくく、定番のシルバー系カラーですので今後は順位を上げていく可能性があります。

メタリックなシルバーですので他のシルバー色よりも目立ちやすく、個性的な新型【ヴォクシー】としておすすめ度の高いシルバーカラーとなります。

引用:https://toyota.jp/voxy/

発売開始直後ですので、実際に街中を走る新型【ヴォクシー】を見かけたり試乗車のボディカラーが増えたりする事で人気カラーランキングが頻繁に入れ替わる可能性があります

引用:https://web.goout.jp/special/voxy/

特に現在6位の「マッシブグレー」陽の明るさで印象が変わるカラーですので暖かくなっていくほどに人気が出てくる可能性があります。

アウトドアレジャーで新型【ヴォクシー】を利用したい、という方にとっては最も使いやすいボディカラーとなる可能性があります

引用:https://bit.ly/3ohQOsI

ボディカラーはカタログや公式サイトで見るだけでは本来のボディカラーとは全く異なる印象を受ける可能性が大きく、実際に販売店にて比較・検討するのが良いでしょう。

精悍で個性的なフロントデザインとの組み合わせだけに、実車を見てからボディカラーを選ぶ必要性が他車種よりも高いのも新型【ヴォクシー】の特徴です。

T:アイキャッチ画像引用URL:https://toyota.jp/voxy/

なぜ一括査定はお得だと言えるのか!?

乗り換えを行う際はディーラーでの下取りと中古車買取店での売却ではどちらが得なのかイマイチ分からないと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から先に言ってしまうと、こちらは現在所有している車種や車両の状態によっても異なりますが、

基本的に自動車を手放す際は、街中に存在する中古車買取店やインターネットによる一括査定を利用した売却の方が、高い値段で車を手放せる傾向にあると言えます。

一般的に、ディーラーなどで行われる下取り査定は

  • 年式
  • 走行距離
  • 車両の状態

などで判断されるため、車両自体や社外装備品の価値などは反映されず最低限の価格を提示される点が特徴です。

さらに、下取りで得られた金額は現金化する事ができず、新車の購入時のみ使用する事が可能となるため、後日タイヤの交換やドライブレコーダーなどの機器を追加する際は使用する事ができません。

一方の買取店や一括査定による車両の売却は、ディーラーでの下取り査定と同じく年式や走行距離、車両の状態などに加え

  • 中古車市場の需要と供給のバランス
  • 人気の有無
  • 装備品の価値

などが加味された査定となる事から、所有している車の価値に応じた買取査定額が提示されるため、ディーラーで行う下取り額よりも売却価格が高くなる傾向にある

と言う訳です。

また、車を売却した際の金額は1度現金化される事からタイヤやオイル交換等のメンテナンス、社外品の導入などにも使用する事が可能となるため、車を手放す際は下取りではなく売却を選択する方が得だと言えるでしょう。

ただし、中古車買取店などで売却を行う場合でも、車両の状態(事故等の有無)や市場の動向によっては必ずしも下取りより高額な査定を受ける事ができないケースもありますので、あくまでも1つの目安として無料の一括査定に申し込んでみることをおすすめします。

ディーラーの値引きを最大限に引き出し、さらにあなたの愛車の下取り金額を最大限にアップさせる。

これこそが、新車を最高に安く手に入れる方法なのです!

 

タイトルとURLをコピーしました