新型【ヴォクシー】サイズ感と見た目はどんな感じ?外装オプションのご紹介

ヴォクシー

【無料】で試せる!クルマをさらに安く購入する方法!

愛車を少しでも高く売りたい。

新車を少しでも安く買いたい。

車は大きな買い物です。

【無料】で試せて大きな成果!!

浮いたお金で余分にオプションを付けるのも良し。

一つ上のグレードに変更してみるのもいいでしょう。

そんな情報を今回ここだけでお教えします!

【無料】一括査定を使うとどうなるか!?

中古車一括査定をご存じですか?

例えばディーラーで10万円の下取りが一括査定を利用することで数倍の値が付くことも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社があなたの愛車の買い取り価格を競ってくれるので結果的に値段が吊り上るのです。

2022年1月13日、8年ぶりにフルモデルチェンジした新型【ヴォクシー】

待望のフルモデルチェンジを迎えるとあって、発表前から話題性が高く、兄弟車である新型【ノア】と合わせて発売から1週間で3万台を超える受注となるなど既に大ヒット車となっています。

直近でホンダから新型【ステップワゴン】が登場予定となっており、ミドルサイズミニバン市場は激しい販売競争となっていくでしょう。

今回は、TNGA採用など約8年ぶりに刷新された新型【ヴォクシー】の外装を中心に取り上げていきます。

スポンサードリンク

新型【ヴォクシー】サイズはどう?立体駐車場に入るのか?

引用URL:https://toyota.jp/voxy/

新型【ヴォクシー】は先代までの5ナンバーサイズ(「ZS」グレードのみ3ナンバーサイズ)から拡幅し、全幅1,730mmの全グレード3ナンバーへと生まれ変わりました

最近では新型【カローラ】シリーズが3ナンバー化されるなど、5ナンバーサイズを超える車種が増えており3ナンバーは珍しくもなくなりましたが、従来の5ナンバーサイズの【ヴォクシー】と比べて取り回しが悪化したり狭い道や駐車場で一苦労するのではないか、と不安に感じる方も居られるでしょう

引用URL:https://toyota.jp/voxy/

3ナンバー化、といっても「全幅1,730mm」と5ナンバーサイズ(全幅1,695mm)を大幅に超えるサイズではなく、サイドミラーを含めた幅では先代と大きな変化は無く全長4,695mmと先代の標準グレードと同サイズとなっており、それほど「大きくなった」と感じるシーンは少ないでしょう。

引用URL:https://toyota.jp/voxy/

5ナンバー枠に縛られずに拡幅することでトレッド幅を広げることが出来たので、車高が高いミニバンの欠点となる横風の影響を足回りでいなしやすくなり、カーブでしっかりと踏ん張りやすくなるなど多くのメリットを享受できます。

つまり、3ナンバー化の恩恵は走ると感じ取れる、という事です。

 

3ナンバー化で心配な点として多く取り上げられるのが駐車場となります。

以前は車室サイズが小さく「3ナンバーお断り」という駐車場が見受けられました。

しかし、近年では車室サイズ「全長5,000mm・全幅2,500mm」を確保するのが当たり前となり、全高以外で制限を受けることが無くなってきています

引用:https://bit.ly/30Als8b

全高サイズで制限を受けるのは、都心部やマンションなどで見受けられる自走式立体駐車場・機械式駐車場高架下駐車場といった高さ方向での制限がある駐車場に限られます。

引用:https://bit.ly/3Dl0esV

ミニバンの場合、全高サイズ1,600mmを超えると制限を受ける場合が多く、タワーパーキング多段式機械式駐車場の下段駐車出来ないことがあります。

全高に関しては先代の全高1,825mm(標準グレード・2WD)に対し、新型【ヴォクシー】は全高1,895mm(2WD)/1,925mm(4WD車)先代比で70mm高くなっています。

全高が高くなっていますが上位車種となるトヨタ【アルファード】/【ヴェルファイア】よりは低いので、多くの場合では新型【ヴォクシー】だからと制限されるシーンは少なく、【アルファード】/【ヴェルファイア】が利用出来る駐車場なら特に問題ありません。

引用:https://bit.ly/3DlTivM

例えば高さ制限2m~2.5mの自走式立体駐車場では問題無く利用出来ます。

注意しないといけないのは高さ制限1.9mと2WD車でギリギリの制限であるタワーパーキング多段式機械式駐車場の下段を利用する場合です。

先代【ヴォクシー】よりも余裕は無く、4WD車ではオーバーしていますので買い替えたら利用出来なくなる可能性がありますので御自宅の駐車場が機械式駐車場の方は購入検討前に確認しておいた方が良いでしょう

スポンサードリンク

新型【ヴォクシー】どこが新しくなった?外装のチェックポイント

引用URL:https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/36614622.html

次に新型【ヴォクシー】の外装デザインについて。

従来の【ヴォクシー】では5ナンバーサイズに抑えつつ広い室内空間を確保するため横方向のデザインには大きな縛りがありました。

新型【ヴォクシー】は3ナンバー化の恩恵で横方向にデザインの余裕が生まれており先代までの【ヴォクシー】よりもワイドなデザインとなっています。

全高が高くなっている事もあり、1クラス上のゆとりを感じさせます。

ヴォクシー

引用URL:https://toyota.jp/voxy/

新型【ヴォクシー】の外装で大きな特徴となっているのがフロントフェイスです。

薄くなったアッパー部分厚いスクエア形状のロア部を組み合わせた立体構成のフロントフェイスにより、【ヴォクシー】らしい迫力のあるデザインとしつつ上質な仕上がりとなっています。

 

更に、ヘッドランプの配置も大きな特徴となります。

引用URL:https://global.toyota/jp/mobility/toyota-brand/toyota-design/noah-voxy/

薄いアッパー部にLEDクリアランスランプとLEDターンランプロア部最上部にリフレクター式LEDヘッドランプ(マニュアルレベリング機能付)を配置しています。

グリル下部には菱形六灯に分割されたフォクランプが配置されており、絶妙なデザインバランスとなっています。

引用:https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/36614622.html

これにより他とは違う個性的な鋭いフロントフェイスデザインとなっており、兄弟車である新型【ノア】との差別化が従来よりも明確になっています。

ヴォクシー

引用URL:https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/33759960.html

このクリアランスランプとターンランプを上部、ヘッドランプを下部に分割するデザイン先代【ヴォクシー】と同様ですが、新型【ヴォクシー】ではヘッドランプをフロントグリル内に内蔵するデザインとなっており、鋭いフロントフェイスを印象づける事に一役買っています。

引用URL:https://toyota.jp/voxy/

サイドデザインを見ていくとワイド化の恩恵としてフェンダーアーチが従来のフラットデザインよりも明確になり、引き締まった足回りデザインを演出しています。

3列目サイドガラスのアンダーラインがリアコンビネーションランプに続くように上向きに上がる事でアグレッシブな印象となっているのも大きな特徴です。

引用URL:https://toyota.jp/voxy/

リアデザインは、【アルファード】/【ヴェルファイア】と似通った水平基調のリアコンビネーションランプが大きな特徴となっており、先代の縦長リアコンビネーションランプとは大きく異なるでの、一目で新型【ヴォクシー】だとわかるデザインとなっています。

引用URL:https://toyota.jp/voxy/

リアコンビネーションランプが装着されるバックドアですが、世界初となる任意の角度で停止を可能とする「フリーストップバックドア」が採用された事も新型【ヴォクシー】のトピックとなっています。

引用URL:https://toyota.jp/voxy/

これは現行型ホンダ【ステップワゴン】で採用されている【わくわくゲート】と同じく、クルマの後ろにスペースが無い場合でもバックドアを開けて小さな荷物の積み降ろしをする事が出来ます

【わくわくゲート】のような複雑な機構を用いること無く、デザインの制約も受ける事も無いなど恩恵の大きい機構です。

引用URL:https://toyota.jp/voxy/

パワーバックドア装着車には両側のリアクォーターパネル内にスイッチが設置されており、車両の横に立った状態で開閉操作が可能となっています。

これにより、小柄な方でもバックドア開閉の操作がしやすくバックドア周辺を視認しながら開閉操作が出来るなど日常生活での利便性が高いスイッチ配置となっています。

 

このように、デザインの刷新のみならず、ファミリーカーとしての使い勝手の向上も図られているのが新型【ヴォクシー】外装デザインの特徴となっています。

スポンサードリンク

新型【ヴォクシー】外装オプションのご紹介

引用URL:https://www.trdparts.jp/product/voxy/

新型【ヴォクシー】には様々な外装オプションが純正アクセサリーにラインナップされています。

トヨタ純正カスタマイズパーツとして大きく三種類のパーツセットがラインナップされています。

モデリスタ製の2種類のドレスアップパーツと、先代と同じくGR PARTS(TRD製)がラインナップされており、どれもメーカー直系カスタマイズパーツとして完成度の高さを誇る仕上がりとなっています。

引用URL:https://toyota.jp/voxy/

MODELLISTA AERO PARTS SET水平基調で鋭く、強くエモーショナルなエアロデザインとなっています。

シグネチャーイルミグリルはLEDクリアランスランプとLEDターンランプとの一体感のあるブルーLEDカスタマイズとなっており、イルミルーフスポイラーを組み合わせる事で前後のデザインバランスを生み出せます。

引用URL:https://toyota.jp/voxy/

MODELLISTA COOL SHINE KITは【ヴォクシー】らしいクールな煌めきを生み出すメッキパーツの組み合わせとなっています。

上質感を向上させる効果のあるサイドドアガーニッシュ・ミラーガーニッシュなどが用意されており、単独で装着するなど個性的なデザインを生み出す事も出来ます。

引用URL:https://toyota.jp/voxy/

AERO PARTS SET(GR PARTS)はGRブランドらしいスポーティーなデザインとなっています。

GRドアスタビライザー&GRブレースセットといった走りを向上させるパーツもラインナップされているのは先代のGR PARTSと同じくします。

引用URL:https://toyota.jp/voxy/

多くの車種用にラインナップしているGR PARTSの中で、他には無い機能性とデザイン性を両立しているパーツとして装着をオススメしたいパーツとして、GRスポーツサイドバイザーを特に取り上げます。

引用URL:https://www.trdparts.jp/product/grparts/gr_sports_side_visor.html

GRスポーツサイドバイザー」はフロントガラス開口後端部から外気の再侵入を防ぐように閉じた形状となっているのが最大の特徴で、走行中に外気で髪が乱されるような事が無く、車両内のベンチレーション機能(換気性能)を向上させています。

また、エアロスタビライジングフィンを設けることで走行安定性・ステアリング応答性などを向上させる効果があります。

純正アクセサリーのサイドバイザーよりも価格が若干高くなりますが、エアロデザインで見た目が良くなるメリットもあります。

「喫煙者向けの装備」というイメージが強く、装着しているクルマが減っているサイドバイザーですが、近年のコロナ禍の影響で室内換気をするために走行中に窓を開ける機会が増えておりサイドバイザーの利便性が再注目されています。

通常のサイドバイザーは雨天時の換気時に雨の吹き込みを防ぐ効果のみですが、「GRスポーツサイドバイザー」は驚くほどに外気の吹き込みを抑えつつ効率的に換気が出来る効果を実感出来ます。

「GRスポーツサイドバイザー」を装着した状態でフロントサイドガラスを少し開けて走行すると勢い良く空気が吸い出されていくのを体感する事が出来る上、頭髪がほとんど乱れない事がわかります。

これは「GRスポーツサイドバイザー」の性能検証動画を見ると視覚的に理解することが出来ます。

販売店の試乗車で別車種でも「GRスポーツサイドバイザー」装着車があれば、一度体験試乗してみると、如何に「GRスポーツサイドバイザー」が機能性の高いパーツなのだと実感出来るでしょう。

カスタマイズパーツにあまり興味が無い、お金をかけたくない、という方でも「GRスポーツサイドバイザー」だけは新型【ヴォクシー】の発注時に同時発注しておくことをオススメします。

T:アイキャッチ画像引用URL:https://toyota.jp/voxy/

なぜ一括査定はお得だと言えるのか!?

乗り換えを行う際はディーラーでの下取りと中古車買取店での売却ではどちらが得なのかイマイチ分からないと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から先に言ってしまうと、こちらは現在所有している車種や車両の状態によっても異なりますが、

基本的に自動車を手放す際は、街中に存在する中古車買取店やインターネットによる一括査定を利用した売却の方が、高い値段で車を手放せる傾向にあると言えます。

一般的に、ディーラーなどで行われる下取り査定は

  • 年式
  • 走行距離
  • 車両の状態

などで判断されるため、車両自体や社外装備品の価値などは反映されず最低限の価格を提示される点が特徴です。

さらに、下取りで得られた金額は現金化する事ができず、新車の購入時のみ使用する事が可能となるため、後日タイヤの交換やドライブレコーダーなどの機器を追加する際は使用する事ができません。

一方の買取店や一括査定による車両の売却は、ディーラーでの下取り査定と同じく年式や走行距離、車両の状態などに加え

  • 中古車市場の需要と供給のバランス
  • 人気の有無
  • 装備品の価値

などが加味された査定となる事から、所有している車の価値に応じた買取査定額が提示されるため、ディーラーで行う下取り額よりも売却価格が高くなる傾向にある

と言う訳です。

また、車を売却した際の金額は1度現金化される事からタイヤやオイル交換等のメンテナンス、社外品の導入などにも使用する事が可能となるため、車を手放す際は下取りではなく売却を選択する方が得だと言えるでしょう。

ただし、中古車買取店などで売却を行う場合でも、車両の状態(事故等の有無)や市場の動向によっては必ずしも下取りより高額な査定を受ける事ができないケースもありますので、あくまでも1つの目安として無料の一括査定に申し込んでみることをおすすめします。

ディーラーの値引きを最大限に引き出し、さらにあなたの愛車の下取り金額を最大限にアップさせる。

これこそが、新車を最高に安く手に入れる方法なのです!

 

タイトルとURLをコピーしました