新型【ノア】良い口コミや辛口コメントなど

ノア

【無料】で試せる!クルマをさらに安く購入する方法!

愛車を少しでも高く売りたい。

新車を少しでも安く買いたい。

車は大きな買い物です。

【無料】で試せて大きな成果!!

浮いたお金で余分にオプションを付けるのも良し。

一つ上のグレードに変更してみるのもいいでしょう。

そんな情報を今回ここだけでお教えします!

【無料】一括査定を使うとどうなるか!?

中古車一括査定をご存じですか?

例えばディーラーで10万円の下取りが一括査定を利用することで数倍の値が付くことも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社があなたの愛車の買い取り価格を競ってくれるので結果的に値段が吊り上るのです。

トヨタ 新型【ノア】の口コミや評価は、どのようなものとなっているのでしょうか。

先代モデルの好評を受け、約8年ぶりに待望のフルモデルチェンジが行われた新型ノアですが、王道を行くファミリーミニバン車と言うことで実際の外観デザインや内装の質感など、様々な評価が気になると言う方も多いのではないでしょうか。

特にノアの場合は、今後モデルチェンジが予想される【ホンダ ステップワゴン】や【日産 セレナ】に加え、兄弟車となる新型ヴォクシーと激しいライバル争いが予想されますので、先陣を切って販売が開始された新型モデルの評価はどのようになっているのか、興味を持っている方は少なくないはずです。

そこで今回は、新型ノアにおける外観や内装部分、機能面や価格など様々な面の良い口コミと辛口な評価の紹介を中心に、新型ノアと口コミや評価について解説をしていきます。

スポンサードリンク

新型【ノア】良い口コミ

引用:https://bit.ly/3rq440l

新型【ノア】は2022年1月にフルモデルチェンジが行われ、最新の安全装備や世界初となる運転支援システムの搭載、上位車種に位置づけられるトヨタ・アルファードに勝るとも劣らない充実した機能性で大きな話題を呼んでおり、雑誌などでも特集が組まれるなど現在最も話題性の高い車です。

また、ノアや同じくフルモデルチェンジが行われた兄弟車のヴォクシーは、ライバル車種となるステップワゴンやセレナなど、2022年に続々とフルモデルチェンジが予定されるミニバン車の先陣を切って販売が開始されたため、新型モデルはどのような評価となっているのか興味を持っている方も多いと思います。

では、フルモデルチェンジが行われた新型ノアの実際の口コミや評価は、どのようになっているのでしょうか。

まずは、新型ノアの外観デザインや内装部分、機能面や価格などに対する良い口コミ紹介していきます。

外観に関する良い口コミ

引用:https://bit.ly/3B5aWDO

新型ノアの外観は、先代モデルのフォルムを受け継ぎつつも、5ナンバーモデルの廃止や大胆なリヤデザインの変更などが話題となっていますが、実際の外観部分に関する良い口コミを見てみると

フロントはキープコンセプトなので正常進化だが、リヤ部分はアルファードの様で高級感と重厚さがある

新型ヴォクシーほど奇抜なデザインではないので、良いと思う

先代モデルの標準ボディは、大人しいと言うよりもどこか物足りなさを感じていたが、新型は存在感や高級感などインパクトがあって良い

エアロボディは、先代モデルで設定されていたTRD製エアロパーツを装着したようなデザインなので、スポーティーさが感じられる

どちらのボディタイプも、実物を見ると思いのほかギラつきが抑えられているので、どちらかと言うと新型ヴォクシーよりも好印象だった

と言う口コミが見られ、デザイン全体は正常進化として高評価を受けており、リヤデザインの大きな変更もアルファードの様で良いと言う声が多くなっています。

また、標準ボディモデルは派手さを抑えつつも存在感や高級感と言ったインパクトがあり、エアロボディはスポーティーさが増したなど、ヴォクシーの様な奇抜さや独創性がない点も高評価となっている様です。

内装の良い口コミ

トヨタ 新型 ノア 口コミ コメント 内装部分

新型ノアの内装部分は、先代モデルと比べプラスチック感が抑えられた質感や、ミドルクラスミニバン車として初めてオットマンとシートヒーターを備えたセカンドシートが設定された事も大きな話題となりましたが、実際の良い口コミを見ていくと

前評判通り、先代モデルと比べダッシュボードやドアトリム部などステッチ付のソフトパッドなどで加飾されているため、高級感があって良いと思う

運転席側にあった様々なスイッチ類が、新型ではセンターパネル付近に集約されているため、使い勝手は良さそうだと感じた

先代モデルよりもボディサイズが大きくなったおかげで、室内空間も余裕が感じられた

サードシートを跳ね上げた際の固定がワンタッチ式になったため、利便性が向上した

車両価格を考えると、もう少し高級感があっても良いのではと思うが、質感自体は悪くないので十分合格点を与えられる内容だと思う

などとなっており、先代モデルよりも内装全体の質感が向上した点や、実際に試乗してみたところ、想像よりも室内が広く感じたと言う口コミが多く見られました。

また、先代モデルではサードシートを跳ね上げた際に、付属のベルトを室内側面部のアタッチメントを結合させ固定を行う方式でしたが、ベルトの長さに余裕がなく結合が難しかった部分が新型では改善され、シートアレンジが楽になったと言う意見も見られています。

全体的には、外観デザインと同じく質感や利便性が向上したことから高評価となっていますが、一部ではもう少しメッキなどの装飾品があっても良いのではと、合格点ではあるもののややもの足りないと感じる方も居るようです。

機能面の良い口コミ

引用:https://bit.ly/331QjvG

新型ノアでは、従来型のトヨタ・セーフティセンスと呼ばれる安全機能に加え、ハイブリッドモデルではスマートフォンを利用して車両を動かす機能や、ドライバーの負担を軽減する運転支援システムなどの機能が新たに搭載され、機能的にはアルファードよりも上になったと話題になりましたが、機能面の良い口コミとしては

先代モデルと比べて、安全機能や運転支援システムが大幅に向上したため、運転が楽になると思う

ノアを中心としたミニバン車のバックドアは、後方の場所を確保しなければ開ける事ができないが、新型は全て開けなくても途中で止まるため画期的な機能だと思う

ナビやデジタールキーなど、スマートフォンと連携した機能が大きく進化したため、未来的で満足度は高い

インフォメーションディスプレイがメーター内に配置されたため、視界移動が少なくなった点は高評価

オプションにはなってしまうが、セカンドシートにヒーターを付けられるのはありがたい

と言った口コミが多く、特に安全機能や新機能となる運転支援システムの設定は、新型ノアの中でも大きな目玉機能の1つに挙げられ、ファミリー世帯を中心とした購入層が多い事から高評価となっています。

また、新型ノアに採用される新機能の中でも賛否はあるもののフリーストップバックドアや、セットオプションに設定されるパワーバックドアは、開閉が楽になったと女性からの評価も良いようです。

価格・燃費・走行性能の良い口コミ

引用:https://bit.ly/3L7s1S6

最後は、購入の際に多くの方が気になる価格・燃費・走行性能に関する良い口コミです。

新型モデルとなったノアと言えば、トヨタ車として初めて新開発のハイブリッドシステムが搭載された点や、先代モデルと比べ車両価格が概ね20万円程度引き上げられた点が話題となりましたが、実際の価格・燃費・走行性能などに関する良い口コミを見ていくと

価格は、欲しい機能を追加していくとアルファードと同程度になってしまうが、機能的にはノアの方が現時点では勝るため、満足度は高いと思う

通常トヨタのハイブリッドシステムは、プリウスから新型となるのが通例だが、今回はノアに初めて最新システムが搭載されたため、燃費性能は大いに期待できる

短い時間で試乗した限りでは、先代モデルと比べ乗り心地自体に大きな変化は無いと感じたが、静粛性は新型モデルの方が高いと実感した

ガソリンモデルのエンジンは、先代モデルが約150馬力程度であったのに対し、新型では170馬力と進化しているため、走行性能が向上している点は評価が高い

ハイブリッドモデルにE Fourが設定されたので、雪道でも安定して走行できるようになった点は大きいと思う

などとなっており、車両価格の値上げ自体は厳しいもののそれを補うだけの機能が備わるため価格相応と言った意見や、新搭載のハイブリッドシステム採用されたことで、燃費性能の向上に対して大きな期待をしていると言った口コミが多く見られています。

また、先代モデルではハイブリッドモデルにE Fourと呼ばれる電気式4WD仕様車は設定されていませんでしたが、新型モデルでは7人乗りに限りE Fourが設定された事で、積雪の多い地域に住む方や冬のレジャーを楽しむ方からの評価も高くなっているようです。

このように新型ノアでは、外観デザインや内装部分に加え機能や価格と言った様々な面で高評価となる口コミが多くなっており、全体的な評価や期待値は個人差があるものの高いと言えますので、乗り換えや購入を検討している場合などの1つの参考にすると良いでしょう。

ただし、新型ノアを含めた多くの自動車には良い点があればその反面、もう少し変えて欲しかったなどの辛口評価も存在しますので、次の項目では新型ノアに対する辛口コメントを紹介していきます。

スポンサードリンク

新型【ノア】辛口コメント

引用:https://bit.ly/3onDIdu

前述した通り、新型ノアは外観や内装に加え機能や価格などの面において多くの良い口コミがある事が分かりましたが、自動車には良い口コミがある一方で、この点が惜しいなどの辛口なコメントが必ず存在します。

この辛口なコメントや評価は、その車種を一方的に批判しているという訳では無く、良い面だけでは無いと言う前向きな評価でもあるため、購入後に後悔をしないためにも辛口な評価は、良い口コミと併せて把握をしておきたいところです。

では実際に、フルモデルチェンジが行われた新型ノアでは、どのような辛口コメントが挙げられているのでしょうか。

こちらも前の項目と同じ様に、外観や内装部分に加え機能や価格面に分けて紹介していきます。

外観に関する辛口コメント

トヨタ 新型 ノア 口コミ コメント リヤデザイン

新型ノアの外観に関する良い口コミは、先代モデルを踏襲し正常進化を遂げた点や高級感と存在感など、インパクトのあるデザインが高評価となっていた一方で、辛口なコメントとしては

全体的にキープコンセプトと言うデザインは良いが、ノアのフロントフェイスにアルファード調のリヤデザインは、アンバランスに感じてしまう

デザイン自体は良いがエアログレードのフロント部分は、未塗装部分が多く少し安っぽく見えてしまう

外観デザインは賛否があるが、エアロボディに関しては先代モデルの方がシャープで好みだった

ブルー系やグリーン系など、ノアらしい優しさを感じられるボディカラーを設定して欲しかった

ギラつきを抑えた標準ボディは好印象だが、エアロパーツでカスタムするつもりだったので、設定が無いのは正直残念

と言ったコメントが挙げられ、フロント部分のデザインは比較的に評価が高いものの、一部ではアルファード調となったヤデザインが不釣り合いと感じている方もおり、評価が分かれる形となっています。

また、先代モデルとは異なり設定されるボディカラーはシックな色が増えた点や、標準ボディにエアロパーツなどの外装オプションが設定されないと言った点も、外装部分に関する辛口なコメントとして挙げられていますので、覚えておくと良いでしょう。

内装に関する辛口コメント

トヨタ 新型 ノア 口コミ コメント ドアトリム部

新型ノアの内装に関する良い口コミは、質感や利便性の向上と言った部分で高い評価を見受けられましたが、反面、辛口な評価としては

先代モデルと比べると良くなっているが、スタンダードグレードでも300万円弱の価格なので、もう少し装飾品も含めラグジュアリー感が伝わるデザインにして欲しかった

グレードにもよると思うが、フロントシートの間にあるセンターコンソールボックスは、フタが天井に向かってでは無く助手席側に開くタイプなので、使いづらいと感じた

全体的な質感やデザインは先代から大きく進化していると思う反面、サードシートは構造上の問題から薄くコンパクトな設計になったので、座る機会が多い場合は注意が必要

トヨタ・エスティマやホンダ・ステップワゴンの様に、サードシートの格納は床下方式にして欲しかった

ボディが大きくなったことによって、室内空間は先代モデルよりも広くなったが、乗り比べてみると新型モデルのセカンドシートは、やや窮屈な印象を受けた

などとなっており、もう少し価格に合った装飾が欲しかったと言うコメントや、収納部分に関する使い勝手の悪さを指摘する声が聞かれました。

また、良い口コミではサードシートがワンタッチで固定できることから高評価を得ていた一方で、構造変更に伴うシートの小型化によって乗り心地が悪くなったと言う指摘や、室内空間のデッドスペースを活かすため、シートの格納を床下にして欲しかったと言う意見も多く見られています。

機能面に関する辛口コメント

引用:https://bit.ly/3AVQK7b

新型ノアの機能面に対する良い口コミは、安全機能向上や新搭載となった運転支援システムの設定に加え、利便性を高めたバックドアの採用などが高い評価となっていましたが、反対に機能面に関する辛口なコメントを挙げていくと

エントリーモデル以外にオーディオレス仕様が選べず、高機能で安価な社外ナビゲーションが上級グレードで装着できないのは、大きなマイナス点

ミドルクラスミニバン車としては通例だが価格を考えると、せめてリヤエアコンくらいは全てのグレードで標準装備して欲しかった

機能は魅力的だが、セットオプションは不必要な物まで付いてくるので昔のように、個別で選択可能な方式が良かった

安全機能や最新の運転支援システムはとても魅力的だが、オプションとなるのは少し残念

新型モデルの売りの1つでもあるバックドアだが、手動だと男性でも閉めるのにそれなりの力が必要となるため、使い勝手は賛否があると感じた

となっており、好みのナビを選べないと言った点やセットオプションは必要以外の物も付いてくる上、価格が高く不満というコメントが目立っています。

また、新型ノアで目玉の機能となるフリーストップバックドアは、開ける途中で止めてしまうと1度閉めなければそれ以上開ける事ができない点に加え、構造の問題から男性でも開け閉めに力が必要なほど重く感じる点も、機能面に関する辛口コメントとして挙げられていますので、覚えておくと良いでしょう。

価格・燃費・走行性能に関する辛口コメント

引用:https://bit.ly/3GE6NYJ

最後は、新型ノアの価格・燃費・走行性能に関する辛口コメントです。

新型ノアの価格や走行性能などに関する良い口コミは、新開発のハイブリッドシステムが搭載されたことで燃費性能の向上を期待できる点や、引き上げられた車両価格を補う装備内容である点が高評価となっていましたが、一方で価格・燃費・走行性能に関する辛口コメントを見てみると

ハイブリッドモデルにE Fourが設定されたのは非常に嬉しいが、何故か8人乗りの設定が無いのは残念

先代モデルから約20万円ほど価格が高くなった点に加え、欲しい機能は高額なセットオプションになるため、機能は充実しているがやはり価格は高いと感じる

価格を考えると新機能が満載の新型ノアを選ぶか、エントリーモデルでも高級志向のアルファードを選ぶか迷うところ

ガソリン・ハイブリッドモデル共に燃費は申し分ないが、価格を考えるともう少し足まわりの構造にお金を掛けて、走行性能の質感にもこだわって欲しかった

試乗した限りではハイブリッドモデルの1.8Lエンジンは、改良が加えられて走り出しは好調だが、先代モデルと同じく乗車人数が多い場合や高速などでは、どうしても非力だと感じた

などのコメントがあり、最新のシステムが搭載され質感が向上しただけでは無く、安全性や運転支援の面で価格以上の価値はあると言った意見がある反面、やはり価格については高いと感じる方が多く、新型ノアの中では最も辛口なコメントが多い印象です。

また、新型モデルでは電気式4WDとなるE Fourがハイブリッドモデルに設定されますが、全て7人乗り限定となるほか最上位グレードでは8人乗りが選べず、下位グレードを選ばざるを得なかったと言うコメントも見られましたので、覚えておくと良いでしょう。

引用:https://bit.ly/3tihlJU

ただし、先にも触れた通り自動車に対する辛口のコメントは、批判だけを行っている訳では無く劣る点やこの部分が惜しいと言うカタログには載らない生きた情報の1つとなりますので、購入後に後悔しないためにも良い部分と併せて覚えておくことをおすすめします。

このように新型ノアでは、全体的に良い口コミが多く見られていますが、一部では外観や内装部分に加え機能や価格など様々な面で辛口となるコメントもありますので、購入を検討している場合などの参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

新型【ノア】評価まとめ

今回は、トヨタ・新型ノアの口コミや評価について解説をしてきましたが、フルモデルチェンジが行われた新型ノアはデザインや内装部分など様々な面で良い口コミが多く、評価も高いことが分かったと思います。

この中でも特に、安全機能や新搭載の運転支援システムは前評判通り評価が高く、実際の口コミも良いものが多いため、価格こそオプション品のため高く設定されていますが、それを十分に補えるだけの魅力があると言えるでしょう。

ただし、新型ノアは全体的に良い口コミや高評価が多い一方で、新機能の使い勝手や総合的な価格面では辛口となるコメントが挙げられているのも実状です。

しかし、これは単に新型モデル悪いと言う訳では無く、自動車には良い面もあれば必ず劣る面もあると言う生の意見となり、大切な情報の1つとなりますので購入を検討している場合は、良い口コミと併せて参考にする事をおすすめします。

Y:アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/3onDIdu

なぜ一括査定はお得だと言えるのか!?

乗り換えを行う際はディーラーでの下取りと中古車買取店での売却ではどちらが得なのかイマイチ分からないと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から先に言ってしまうと、こちらは現在所有している車種や車両の状態によっても異なりますが、

基本的に自動車を手放す際は、街中に存在する中古車買取店やインターネットによる一括査定を利用した売却の方が、高い値段で車を手放せる傾向にあると言えます。

一般的に、ディーラーなどで行われる下取り査定は

  • 年式
  • 走行距離
  • 車両の状態

などで判断されるため、車両自体や社外装備品の価値などは反映されず最低限の価格を提示される点が特徴です。

さらに、下取りで得られた金額は現金化する事ができず、新車の購入時のみ使用する事が可能となるため、後日タイヤの交換やドライブレコーダーなどの機器を追加する際は使用する事ができません。

一方の買取店や一括査定による車両の売却は、ディーラーでの下取り査定と同じく年式や走行距離、車両の状態などに加え

  • 中古車市場の需要と供給のバランス
  • 人気の有無
  • 装備品の価値

などが加味された査定となる事から、所有している車の価値に応じた買取査定額が提示されるため、ディーラーで行う下取り額よりも売却価格が高くなる傾向にある

と言う訳です。

また、車を売却した際の金額は1度現金化される事からタイヤやオイル交換等のメンテナンス、社外品の導入などにも使用する事が可能となるため、車を手放す際は下取りではなく売却を選択する方が得だと言えるでしょう。

ただし、中古車買取店などで売却を行う場合でも、車両の状態(事故等の有無)や市場の動向によっては必ずしも下取りより高額な査定を受ける事ができないケースもありますので、あくまでも1つの目安として無料の一括査定に申し込んでみることをおすすめします。

ディーラーの値引きを最大限に引き出し、さらにあなたの愛車の下取り金額を最大限にアップさせる。

これこそが、新車を最高に安く手に入れる方法なのです!

 

タイトルとURLをコピーしました