新型【ノア】サイズ感や見た目はどんな感じ?外装オプションのご紹介

ノア

利用者急増中!愛車を手に入れる新しい方法

コロナ禍で移動手段に車を選択する人が増えています。

★★納車待ち期間が短くなるかも!?★★
(車種・グレードによる違いはあります)

★頭金が不要で毎月一定額で利用可能

★Web上で手続き可能で即納車

★自動車保険料・各種税金・車検費用コミコミ

★トヨタの正規販売店でメンテナンス

★クレジットカード払い可能

KINTOを利用して新しいカーライフを始めてみませんか?

↓↓ KINTOの詳細はこちらから ↓↓




トヨタ 新型【ノア】のボディサイズや外観の見た目はどんな感じとなっているのでしょうか。

2022年1月に待望のフルモデルチェンジが行われた4代目新型ノアですが、今回のモデルからは先代モデルまで設定されていた5ナンバー車サイズのボディが廃止され、全てのモデルで3ナンバー車サイズとなった事も大きな話題となりました。

ただし、もともとノアは5ナンバー車のサイズ感が日本の道路事情に適しているとの観点から人気が高かっただけに、実際にはどの程度大きくなったのか興味を持っている方は多いはずです。

そこで今回は、新型ノアのボディサイズや新しくなった外装のチェックポイント、見た目を大きく変える外装オプションの紹介などを中心に、新型ノアとボディサイズや外装部分について解説をしていきます。

スポンサードリンク

新型【ノア】サイズはどう?立体駐車場に入るのか?

引用:https://bit.ly/3HYxdW3

新型ノアは、2022年1月に約8年ぶりのフルモデルチェンジが行われトヨタ車として初となる運転支援システムの搭載や、今まで上位車種にのみ設定されたパワーバックドアやオットマン付セカンドシートの採用など、販売開始直後から大きな話題を集めています。

中でも新型モデルのノアは、従来設定されていた基本となる5ナンバー車サイズが廃止され、標準ボディグレードでも3ナンバー車サイズとなった点が1つの特徴です。

もともと旧世代のノアを中心とした5ナンバーミニバン車は、日本の道路事情に適したサイズ感と室内空間の広さで高い人気を誇っていただけに、新型モデルではどのくらい大きくなったのかサイズ感に興味を持っている方は多いと思います。

では実際に、新型ノアのボディサイズはどのくらいに設計されているのでしょうか。

トヨタ 新型 ノア ボディサイズ 外観 立体駐車場 展示車

新型モデルとなるノアには、旧型モデルと同じく標準ボディグレードとバンパーなどの形状が異なるエアロボディの2つのボディタイプが設定されていますが、基本的に両ボディタイプでサイズは同じとなりますが、詳しいボディサイズを見ていくと

  • 全長:4,695mm
  • 全幅:1,730mm
  • 全高:1,895mm(4WD/E Fourは1,925mm)

に設計され、全長部分は5ナンバー車のサイズ内ですが、全幅部分は規定の1,700mmを超える事から、新型モデルはエアロ/標準ボディを問わず、全てのグレードで3ナンバー車サイズとなる点が特徴です。

トヨタ 新型 ノア ボディサイズ 外観 立体駐車場 3代目モデル

これを、1つ前の先代モデルである3代目ノアのサイズと比較してみると

グレード/各サイズ 全長 全幅 全高
新型ノア(全グレード) 4,695mm 1,730mm 1,895~1,925mm
先代ノア(標準ボディ) 4,695mm 1,695mm 1,825~1,865mm
先代ノア(エアロボディ) 4,710mm 1,735mm 1,825~1,870mm

となり、確かに先代モデルの標準ボディと比較すると全幅部分が約35mm(3.5cm)程大きくなってはいますが、エアロボディと比較すると全長は約15mm(1.5cm)、全幅は約5mm新型モデル方が小さく設計されている事が分かります。

そのため、先代モデルの標準ボディを運転していたと仮定すると、新型ノアの車幅は左右で概ね17.5mm(1.75cm)ずつ大きくなったと言う事になりますので、車両感覚の個人差という部分はありますが、新型モデルは大幅にボディサイズが大きくなった訳では無いと言えるでしょう。

引用:https://bit.ly/3zY3j19

ちなみに、新型ノアと同じタイミングでフルモデルチェンジが行われた新型ヴォクシーと、新型モデルのノアのボディサイズを比較してみると

グレード/各サイズ 全長 全幅 全高
新型ノア(全グレード) 4,695mm 1,730mm 1,895~1,925mm
新型ヴォクシー 4,695mm 1,730mm 1,895~1,925mm

と、外観のデザインは両車で大きく異なるものの、ボディサイズに関しては全く同じ大きさとなりますので、こちらも個人差はあるものの先代モデルから乗り換えた場合でも、車両感覚が異なると言う事は無さそうです。

引用:https://bit.ly/3IXjFKJ

また、余談となりますが新型ノアは従来型の5ナンバー車から3ナンバー車規格に変更された事で、納める税金が増えるのではないかと懸念するかもいらっしゃると思いますが、ポイントとなる自動車重量税はボディサイズで納税額が変わる訳ではなく、車両の重さで納める額が変化します。

この自動車重量税は、0.5t(500kg)ごとに納める税金が異なり車両重量が重いほど納税額が増えていく点が特徴ですが、実際に5ナンバー車規格だった先代モデルのノアと、全てのモデルで3ナンバー車規格となった新型ノアの車両重量を見てみると

  • 先代モデルの標準ボディ(5ナンバー登録):1,570~1,620kg
  • 新型モデルの全グレード(3ナンバー登録):1,600~1,710kg

となり、両モデルとも1.5t~2.0t(1,500~2,000kg)までに収まる事から、ナンバープレートの区分は変わるものの、自動車重量税は5ナンバー車となる先代モデルと変わりありませんので覚えておくと良いでしょう。

立体駐車場には入るの?

引用:https://bit.ly/32Sw0k3

先述の通り、新型ノアはボディサイズが大きくなった事でエアロ/標準ボディを問わず、全てのモデルで3ナンバー車での登録となる事が分かりましたが、サイズが大きくなったと聞くと駐車場には入れることができるのか心配という方も多いのではないでしょうか。

特に昨今では、ショッピングモールを中心とした商業施設だけではなく、マンション等でも立体式の駐車場が増えており、ボディサイズの大型化によって購入後に駐める事ができないと言ったトラブルに遭遇する可能性もありますので、予め概要を把握していきたいところです。

では実際に、新型ノアは立体駐車場に入ることができるのでしょうか。

引用:https://bit.ly/3umX2LK

これは、駐車を行う施設に因っても差があるため一概に当てはまる訳ではありませんが、一般的な商業施設やマンションなどに完備される自走式立体駐車場であれば、殆どのケースで新型ノアは駐車場に入ることが可能だと言えます。

この自走式立体駐車場とは、文字通り道路から駐車場へ入り自ら走行して駐車を行うタイプ駐車場となり、一般的に2000年代以降に建設された多くの施設では入庫可能なボディサイズの主な条件として

  • 全長:5,000mm前後
  • 全幅:2000~2,500mm前後
  • 全高:2000~2,500mm前後
  • 車両重量:2,000~2,500kg

となっていますので、新型ノアはボディサイズが拡張されたものの、全ての条件が制限内に収まることから、基本的には立体駐車場への入庫は可能です。

ただし、設計が古い一部の施設では車両の全高が1,800mm以下に設定されている場合もあり、こちらの場合は制限を超えてしまうため、入ることができません。

引用:https://bit.ly/34b6JCp

また、立体駐車場の中には機械式と呼ばれ、パレットという名称の格納板に車両を乗せ車体を積み上げるような方式の駐車場も存在しますが、こちらの場合は構造の問題から車両の全高が1,500mmや1,800mm以内に制限されるケースが多くなっています。

昨今では、全高2,000mm以上のハイルーフ車に対応した機械式駐車場も増えつつありますが、収容台数が少なく入ることができないなど、数は決して多くありませんのでミニバン車の様な背の高い車は自走式の立体駐車場または、平面駐車場の利用が望ましいと言えるでしょう。

このように、新型ノアのボディサイズはフルモデルチェンジを行った事で、エアロ/標準ボディの全モデルで3ナンバー車サイズとなりますが、大きさ自体は先代モデルのエアロボディよりも小さく設計され、一般的な自走式立体駐車場であれば多くの施設で入庫が可能だと言えますので、購入などを検討している場合などの参考にして下さい。

スポンサードリンク

新型【ノア】どこが新しくなった?外装のチェックポイント

引用:https://bit.ly/3J2aIQ

前述の通り、新型ノアのボディサイズは先代モデルの標準ボディよりも大きくなったものの、エアロボディに関しては新型モデルの方がやや小さく、商業施設やマンションなど一般的な自走式の立体駐車場であれば、特に問題無く入れることが分かりました。

また、今回行われた新型ノアのフルモデルチェンジでは、外観デザインもボディサイズと並び1つの話題となっていますが、具体的にはどのように変わったのかよく分からない方もいらっしゃると思いますので、ここでは新しくなった外観デザインについて説明していきます。

引用:https://bit.ly/3L3pfgH https://bit.ly/3gmjL2y

新型モデルとなったノアの外観は、先代モデルからキープコンセプトで設計が行われ大まかな基礎となるフォルムは先代モデルを踏襲していますが、開発時のスローガンは標準ボディが

  • 堂々
  • モダン
  • 上質

の3つ、エアロボディはこれにプラスして

  • 王道
  • アグレッシブ

をテーマとしており、フロントデザインを中心に標準ボディは先代モデルでやや物足りなさがあった上質感を向上させ、エアロボディはグリル部をさらに大型化し、凹凸を付け立体な設計にする事で、躍動感を向上させている点が大きな特徴です。

引用:https://bit.ly/3J0OVIQ

これに加え、新型ノアのヘッドライトは先代モデルと比べ、細く小型化された事でボンネット部分と平行した直線的なデザインとなり、シャープな印象の顔立ちとなる点も新型モデルのフロント外装部分における1つの特徴となります。

サイド部分も、基本は先代モデルからのキープコンセプトですが、Aピラー部(フロントガラス脇のピラー部)のガラス面が大きくなり運転席からの視認性が向上したほか、ホイールアーチが先代までの丸形から新型は楕円系に変更されているため、SUVの様な力強さが表現されたデザインとなっています。

トヨタ 新型 ノア ボディサイズ 外観 立体駐車場 新旧比較

リヤ部分に目を向けていくと、こちらは初代から先代まで一貫して縦型のテールランプユニットが採用されていたのに対し、新型モデルではシリーズとしてはじめて横型のランプデザインとなった点が大きなポイントです。

さらに、先代モデルではバックドアとバンパー部に凸凹ができるデザインでしたが、新型モデルではこの凹凸を無くし、スムージングを行ったことでリヤフォルムは、同じくトヨタから販売されているアルファードを彷彿とさせるデザインとなっている点も、先代から大きく変わった外装デザインだと言えます。

引用:https://bit.ly/3om6ivL

ちなみに、新型ノアと同時にフルモデルチェンジが行われた新型ヴォクシーは、サイド部分とリヤ部分でほぼ共通したデザインですが、フロント部分は両車で大きく異なり、ヴォクシーの場合は三菱・デリカ:D5の様な、特徴的で独創性に富んだデザインが採用されていると言えるでしょう。

加えてフルモデルチェンジが行われた新型ヴォクシーの場合は、新型ノアの様に標準ボディのグレードは設定されず、外装デザインは全てエアロボディのみとなりますので、覚えておくと良いかも知れません。

このようにフルモデルチェンジが行われた新型ノアの外観は、フロントとサイド部分に関しては先代モデルから引き継がれる形となっていますが、リヤ部分に関しては大きくデザインが変更されていますので、購入や比較を行う際の参考にして下さい。

スポンサードリンク

新型【ノア】外装オプションのご紹介

引用:https://bit.ly/3K9qEBO

新型ノアの外装デザインは、フロントとサイド部はキープコンセプトであるものの、リヤ部分に関してはトヨタ・アルファードを彷彿させ、先代モデルとは大きくデザインが変わったことが分かりました。

また、ノアやヴォクシーを中心とした昨今のトヨタ車には、さらに外観のイメージを大きく変化させる外装オプションが設定される傾向にありますが、新型ノアではどのようなオプションが設定されているのか興味を持っている方も多いと思いますので、ここでは新型ノアに設定される外装オプションを紹介していきます。

  • モデリスタ エアロパーツセットA/B(価格A220,000円/B454,300円

引用:https://bit.ly/34psePD

モデリスタ エアロパーツセットAフロントスポイラーサイドスカートリヤスカートのエアロパーツ3点がセットとなっており、これらを装着する事でよりスポーティな外観に変化をさせる事のできるオプションです。

これらの3点に加えフロントグリルキットシグネチャーイルミブレードイルミルーフスポイラーがセットになったモデリスタ エアロパーツセットBも設定されており、外装全体をスポーティ且つラグジュアリー感漂う雰囲気に変化させる事が可能となります。

引用:https://bit.ly/3gmCfQe

また、これらの外装オプションはそれぞれ59,400円~93,500円で単品購入することができ、全てを購入した場合でも各セットと価格は同じになりますので、好みやデザインのバランスに応じて選択していくと良いでしょう。

ただし新型ノアの場合、これらのエアロパーツを装着できるのはS-GまたはS-Zのエアロボディのみとなっており、残念ながら標準ボディグレードでは設定が無く、選択する事ができませんので注意が必要です。

  • クールシャインキット(価格:117,700円

引用:https://bit.ly/32Z82E0

クールシャインキットフードガーニッシュサイドドアガーニッシュミラーガーニッシュバックドアガーニッシュのメッキパーツ4点がセットになった、モデリスタ製の外装オプションです。

先に紹介した各エアロパーツほど外観のイメージを大きく変える事はできませんが、さりげないワンポイントまたはアクセントとしての効果が高く、オリジナルデザインをベースとして派手さを抑えながらも、新型ノアの外観をカスタマイズしたいと言う方におすすめの外装オプションとなります。

また、こちらの外装オプションはエアロパーツの設定が無かった標準ボディのX/G/Zグレードでも選択でき、4点共それぞれ単品として17,600円~38,500円で購入する事も可能となりますので、他のパーツとのバランスを見ながら選択していく方法もおすすめです。

  • モデリスタ ユーティリティセット(価格:47,850円

引用:https://bit.ly/3ghE9BK

モデリスタ ユーティリティセットドアハンドルプロテクターセキュリティ付ナンバープレートボルトセキュリティロックナットセットの3点がセットになった外装オプションです。

どのパーツもクールシャインキットと同じく、外観のイメージを大きく変えるインパクトは少なくなりますが、ドア部分やホイール部などワンポイントとして外観のカスタマイズを行う事が可能となります。

また、他のモデリスタ製外装オプションと比べ、比較的に価格が抑えられたセットとなり他のオプションと同様に6,050円~35,200円で単品購入することも可能ですので、ちょっとしたアクセントを加えたい場合や、控えめにカスタマイズを行いたい方におすすめです。

この他の新型ノアに設定された外装オプションとしては

引用:https://bit.ly/3sg1Boq

  • GRスポーツバイザー(価格:27,500円
  • GRドアハンドルプロテクター(価格:6,600円
  • GRカーボンナンバーフレーム(価格:19,800円
  • GRバルブキャップ(価格:3,960円
  • GRロックボルト※ナンバープレート用(価格:5,500円
  • トヨタオリジナル サイドバイザー(価格:24,200円
  • トヨタオリジナル 盗難防止付ナンバーフレームセット(価格:5,390円~6,710円

など、数多くの外装オプションが新型ノアには設定されていますので、好みに応じて組み合わせていくと良いでしょう。

ちなみに、兄弟車となる新型ヴォクシーには新型ノアと同じくモデリスタ製の各外装オプションが設定されている点に加え

  • GRエアロパーツセット(価格:280,500円

引用:https://bit.ly/3gkhzbS

専用オプションパーツとして設定されており、外装パーツはノアよりも選択の幅が広くなっていますので、覚えておくことをおすすめします。

このように新型ノアには、外観のイメージを大きく変化させる事のできるエアロパーツやメッキパーツなど数多くの外装オプションが設定されていますので、好みやテーマに合わせてオリジナルの1台を作り上げてみて下さい。

新型【ノア】ボディサイズや外装部分のまとめ

今回は、新型ノアのボディサイズや外装部分について解説をしてきましたが、フルモデルチェンジが行われた新型ノアは、先代モデルで5ナンバーサイズとなっていた標準ボディでもボディの全幅が1,700mmを超える事から、3ンバー車登録となる事が分かったと思います。

ただし、エアロボディに関しては先代モデルよりも全長が15mm、全幅は5mm小さくなっており極端にボディサイズが大きくなったという訳ではなく、多くの自走式立体駐車場でも問題なく入ることができますので、個人差はあるものの車両感覚としては先代モデルとほぼ同じであると言えるでしょう。

外観のデザインに関しては、フロントとサイド部分を中心に先代モデルからのキープコンセプトとなりますが、リヤ部分に関しては歴代モデルが踏襲してきた縦型のテールランプではなく、横型に変更されるなどアルファードに近いデザインへ変更されている点が、新型モデルの大きな特徴です。

また、新型ノアには装着できるボディタイプに制限があるものの、モデリスタ製エアロパーツを中心として数多くの外装オプションが設定されていますので、装着を検討している場合などの参考にしてみて下さい。

Y:アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/3J2aIQi

新型【ノア】インテリアやシートアレンジ車中泊には向いているのか?

新型【ノア】良い口コミや辛口コメントなど

新型【ノア】ボディカラーとグレードの詳細

新型【ノア】納期・納車待ち情報

愛車のサブスクリプション【KINTO】の魅力とは!?

KINTOのメリット

★★納車待ち期間が短くなるかも!?★★
(車種・グレードによる違いはあります)

★購入やカーリースと比べるとトータルコストが結構安い
実際に各種カーリースなどと比べるとお値打ちな結果に

★自動車保険もコミコミ価格
事故を起こしても保険等級に変更なし

★契約途中でも車の乗り換えが可能
「乗り換えGO」というサービスで手数料を払えば乗り換え可能

★トヨタ正規販売店でメンテナンス
車検も正規販売店で行うので安心

★クレジットカード払い可能でポイントが貯まる
毎月の固定費でポイントが貯まっていくのは非常にお得

★契約はWEB上のみで完結出来る
見積もりの比較・検討が簡単に出来ます

★消耗品の交換費用も価格に含まれている
半年毎のメンテナンスの際、必要な部品は無償で交換

★車検代もコミコミ
なんと必要ならばタイヤ交換も無償でしてくれます

★各種税金もコミコミ価格
自動車税・重量税・自賠責保険も全てコミコミ

ポイントは毎月の固定費だけで車の維持費をほとんど計画出来る点です。
KINTOが高いと感じている方はこれも考慮した上で比較していただけるといいかもしれません。




タイトルとURLをコピーしました