新型【ステップワゴン】人気ボディカラーランキング

ステップワゴン

利用者急増中!愛車を手に入れる新しい方法

コロナ禍で移動手段に車を選択する人が増えています。

★★納車待ち期間が短くなるかも!?★★
(車種・タイミングによる違いはあります)

★頭金が不要で毎月一定額で利用可能

★Web上で手続き可能で即納車

★自動車保険料・各種税金・車検費用コミコミ

★トヨタの正規販売店でメンテナンス

★クレジットカード払い可能

KINTOを利用して新しいカーライフを始めてみませんか?

↓↓ KINTOの詳細はこちらから ↓↓




ホンダ 新型【ステップワゴン】で人気となるボディカラーは、どの色なのでしょうか。

先代モデルの好評を受け、約7年ぶりに6代目モデルへとフルモデルチェンジが行われた新型ステップワゴンですが、ステップワゴンと言えば幅広い年齢層から支持を受ける車である事から、歴代シリーズは豊富なボディカラーバリエーションが設定されてきた車種です。

また、新型モデルは先代型と比べガラリと外観デザインが変更され、グレードがAIR(エアー)とスパーダに名称が分けられた点も大きな話題となりましたが、具体的にはどのような違いがあるのか詳細を知りたいと言う方は多いと思います。

そこで今回は、新型ステップワゴンで設定されるグレード間の違いやボディカラーバリエーションに加え人気カラーの紹介などを中心に、新型ステップワゴンとボディカラーについて解説をしていきます。

スポンサードリンク

新型【ステップワゴン】AIRとスパーダの違いは?

引用:https://bit.ly/3Os0OdK

新型ステップワゴンは、2022年5月フルモデルチェンジが行われ初代モデルから数えて6代目となり、トヨタ・ノア/ヴォクシーや日産・セレナとならんで競争の激しいミドルサイズミニバン車を牽引する存在です。

今回の新型モデルでは、原点回帰をテーマとしており内装部分は最新の機能を備えながらも、外観デザインは初代~2代目モデルと言ったレトロの感ある風貌となり、多のミニバン車と比べ独自性の高いデザインを採用した点が特徴となります。

さらに今回のフルモデルチェンジでは、グレードがAIR(エアー)とスパーダ系の2種類となる基本グレードが設定された点も大きな話題となりましたが、この2つ基本グレードではどのような違いがあるのか分からないと言う方もいらっしゃると思いますので、まずは両グレードの違いを説明していきます。

引用:https://bit.ly/3EWIFzy

新型モデルで新たに名称が付けられたAIRグレードは、従来モデルの標準型ステップワゴンにあたるグレードとなり、外観部分に関してはスパーダがエアロディやスポーツタイプのフロントグリルであるのに対し、AIRはフロント部分を中心に凹凸やメッキパーツが少ないノーマルボディとなる点が1つの特徴です。

加えて、先代モデルでは標準グレードとスパーダで異なるデザインのフロントライトが採用されていましたが、最新モデルではパーツが共通化されバンパーやグリル部分で、グレードの差別化が行われています。

引用:https://bit.ly/34j2Nz4

サイド部分を見てみると、サイドラインやドアハンドルなどの基本部分と配色が異なるもののホイールデザインは同じですが、フロント/スライドドアの下部にはスパーダの場合サイドスポイラーが装着されるのに対し、AIRの場合には何も装着されずシンプルでスッキリとした印象を受けます。

引用:https://bit.ly/3G3IrrR

リヤ部分は、スパーダがメッキ装飾付きのエアロバンパーに加えルーフ部にはスポイラーが装着されるのに対し、AIRはブラックを差し色としたツートンカラーのバンパーとなり、リヤスポイラーも装着されない点が両グレードの外観部分のデザインに関する違いです。

これに加え新型ステップワゴンのAIRとスパーダには、それぞれ5色ずつのボディカラーが設定されますが、両グレードともこのうち各2色は専用カラーとなっており、グレードによって選択できるボディカラーが異なる点も大きな違いとなります。

引用:https://bit.ly/3A0387T

内装部分は、AIRがグレーとブラックの2色から選択が可能となっており、シート表皮などのインテリア部分は全てファブリック生地で統一されますが、スパーダの場合はブラックのみの内装色となっており、シート表皮もファブリックと合成皮革を合わせたコンビシートとなります。

また、両グレードのセカンドシート部分においてはAIRが従来型の左右独立式キャプテンシートまたは6:4の8人乗り分割シートであるのに対し、スパーダの場合はキャプテンシートに限りオットマンが標準化され、フロントシートはシートヒーター付となるなど両グレードで機能面が異なる点も大きな違いです。

この他、両グレードの主な違いとしては

各部分/グレード AIR スパーダ
LEDアクティブコーナーライト ×
フルオートエアコン フロントのみ 全席
全列USBチャージャー ×
本革巻きステアリングホイール ×
パワーテールゲート ×

などとなっており全体的にはAIRが標準ボディのベースグレード、スパーダはエアロボディの上級グレードにそれぞれ位置づけられていると言えるでしょう。

このように、新型ステップワゴンに設定されるAIRとスパーダの各グレードは、外観部分と内装や機能面でそれぞれ異なる部分があり、AIRは従来モデルの標準ボディ、スパーダは先代モデルと同じくエアロボディの上級グレードとなる違いがありますので、購入を検討している場合などの参考にして下さい。

スポンサードリンク

新型【ステップワゴン】ボディカラーのご紹介

引用:https://bit.ly/3xHMUxj

新型ステップワゴンに設定されるAIRとスパーダの各グレードは、従来モデルの標準ボディタイプがAIR、先代と同じくエアロボディタイプがスパーダとなり、両車で外観や内装部分などに違いがあることが分かりました。

また、前の項目でも触れた通り新型ステップワゴンの各グレードにはそれぞれ5色のボディカラーが設定され、このうち各2色はグレード専用となりますが、具体的にはどのような色なのか興味を持っている方も多いと思いますので、ここでは新型ステップワゴンに設定されるカラーを色見本形式で紹介していきます。

両グレード共通カラー

  • プラチナホワイト・パール(有料:+38,500円

引用:https://bit.ly/3xMGkFS

特徴:透き通る様な純白で、光によって淡い光を放つ

  • スーパープラチナグレー・メタリック(有料:+38,500円

引用:https://bit.ly/3Oys2iI

特徴:色の透過度が低く、ボディの凹凸部が引き立つ

  • クリスタルブラック・パール(標準色)

引用:https://bit.ly/3n5v7LF

特徴:重厚さと存在感の強い漆黒色が魅力

と新型ステップワゴンでは、ホワイト/グレー/ブラックの3色が両グレードの共通色となり、先代モデルで設定されていたグリーン系カラーやレッド系カラーに加え、他車種では定番カラーとなるシルバー系カラーはラインナップされない点が特徴です。

AIR専用カラー

冒頭でも触れた通り、新型ステップワゴンには3色の共通カラーと各グレード2色ずつの専用カラーが設定されていますが、標準ボディタイプのAIRグレード専用カラー

  • フィヨルドミスト・パール(有料:+38,500円

引用:https://bit.ly/3OB0F7T

特徴:名称の通り、大自然を意識したエメラルド系パステルカラー

  • シーグラスブルー・パール(標準色)

引用:https://bit.ly/3y9XJcK

特徴:海岸などで見られる、美しいガラス片をイメージしたブルー系カラー

となっており、どちらも標準ボディのデザインに相応しい柔らかさを感じさせるボディカラーが設定されています。

また、フィヨルドミスト・パールは先代モデルのミルクグラス・パールに近く、シーグラスブルー・パールは同じくホンダから販売されているフリードにも採用されているため、比較的にイメージしやすいカラーであると言えるでしょう。

スパーダ専用カラー

スパーダグレードは、歴代モデルで設定されてきたステップワゴンの中でもスポーティー感溢れるデザインが特徴ですが、新型モデルで採用された2色は

  • トワイライトミストブラック・パール(有料:+38,500円

引用:https://bit.ly/3QCSARI

特徴:艶やかさとスポーティーさが融合した、パープル系カラー

  • ミッドナイトブルービーム・メタリック(有料:+38,500円

引用:https://bit.ly/3OwH8p3

特徴:多くのホンダ車に採用され、光の当たり具合で鮮やかな色味に変化するブルー系カラー

となっており、トワイライトミストブラック・パールは新型ステップワゴンのスパーダグレードの為に新開発されたもので、ミッドナイトブルービーム・メタリックと併せ、どちらもプラス38,500円の有料色に設定されている点が特徴です。

また、AIRグレードとは異なりシックで落ち着いた雰囲気の色が設定されている事から、スポーティーさやラグジュアリー感を重視したカラーバリエーションだと言えます。

引用:https://bit.ly/3rM2XZ3

ちなみにスパーダグレードには、残念ながら現在は生産が終了したオデッセイを補う立ち位置として、装備内容を豪華にしたスパーダプレミアムラインという名称のグレードが設定されていますが、カラーバリエーションはスパーダと同じとなりますので覚えておくと良いでしょう。

このように、フルモデルチェンジが行われた新型ステップワゴンには各グレード共通として3色、AIRとスパーダ系の各グレードでそれぞれ2色ずつの合計7色のカラーが設定されていますので、ボディカラー選びを行う際の参考にして下さい。

スポンサードリンク

新型【ステップワゴン】おすすめグレードとカラー

引用:https://bit.ly/3N596He

前述した通り、新型ステップワゴンには現在合計で7種のボディカラーが設定されており、このうち標準ボディとなるAIRとエアロボディとなるスパーダ系では、それぞれ2色ずつの専用カラーが設定されている事が分かりました。

ただ、購入を検討している方の中には実際にどのグレードがおすすめなのか、あるいは人気のカラーが知りたいと言う方もいらっしゃると思いますので、ここでは新型ステップワゴンでおすすめとなるグレードの紹介と、人気のカラーをランキング式でそれぞれ紹介していきます。

新型ステップワゴンでおすすめのグレードは?

引用:https://bit.ly/3O6UloK

冒頭でも触れた通り、フルモデルチェンジが行われた新型ステップワゴンには

  • 従来型の標準ボディとなるAIRグレード
  • エアロボディとなるスパーダグレード
  • スパーダの装備内容を、より豪華に仕立てたスパーダプレミアムライン

の合計3種のグレードが設定されおり、全グレードでガソリンモデルとe:HEVと呼ばれるハイブリッドモデルがラインナップされていますが、実際におすすめとなるグレードはどれなのでしょうか。

これは、車を使用する環境や好みなどにもよって異なるため一概に言える訳ではありませんが、敢えて挙げるのであれば新型ステップワゴンの場合は、各動力方式のスパーダグレードがおすすめとなります。

引用:https://bit.ly/39zOppp

新型モデルとなるステップワゴンは、先代モデルと比較して外観は初代から2代目モデルのモダンさをコンセプトとしており、他車種と比べるとおとなしめなデザインである点が特徴です。

ただ、AIRグレードはスパーダグレードと比べフロント部分やリヤのシルエットにメリハリが少なく、やや物足りなさを感じさせ全体的な主張も控えめな印象です。

また、ステップワゴンの歴代モデルはエアロボディタイプとなるスパーダグレードの方が、下取りや売却時のリセールバリューが高くなる傾向にあるため、外観デザインはスパーダの方がやや有利と言えます。

次に新型ステップワゴンに設定された各グレードの価格を見ていくと

グレード/動力方式 ガソリン e:HEV
AIR 2,998,600円~3,240,600円 3,382,500円
スパーダ 3,257,100円~3,477,100円 3,641,000円
スパーダプレミアムライン 3,462,800円~3,653,100円 3,846,700円

となり、各グレード間の価格差は概ね20~25万円前後、動力方式の違いによる差は約40万円程度にそれぞれ設定されていますが、最初の項目でも紹介した通り、AIRとスパーダの主な装備内容を考慮すると価格差となる約25万円は、十分に納得できる印象です。

引用:https://bit.ly/3Ol4U7a

反対にスパーダプレミアムラインは、スパーダの装備内容に2列目シートヒーターや17インチアルミホイールの追加、アダプティブドライビングビーム等の安全装備が標準化される点は大きな魅力ですが、質感自体はスパーダも引けをとらない内容と言えます。

加えて、アルミホイールの大型化によって運動性能は向上するものの、乗り心地や静粛性と言った面ではスパーダに装着される16インチサイズの方が優れており、使い勝手と質感に加え価格面を考慮すると、バランスのとれたスパーダがおすすめのグレードになると言う訳です。

引用:https://bit.ly/3zV8IIv

ちなみに、新型ステップワゴンの様に従来型のガソリンモデルとハイブリッドモデルが併売される車種の場合、どちらが良いのか悩みどころですがスパーダグレードの同じ2WD(FF車)同士で比較すると、価格差は概ね38万となります。

これを燃費で換算していくとガソリンモデルは13.7km/L、ハイブリッドモデルは19.6km/Lとなっていますので年間10,000km走行した場合、1Lあたり160円前後とすると走行頻度や環境によって異なるものの納める税金の優遇などを含め、概ね6年半~7年半程度で38万円の価格差を埋める事が可能です。

そのため、年間の走行距離が多く長期間乗り続ける場合はハイブリッドモデル、年間の走行距離が少なく車検など短期的な乗り換えを検討している場合は、ガソリンモデルがそれぞれおすすめだと言えますので覚えておくと良いでしょう。

新型ステップワゴンで人気のカラーランキング

引用:https://bit.ly/3N1U8Sl

新型ステップワゴンでは、車を使用する頻度や用途などによって異なるものの、おすすめのグレードは機能や質感と価格面のバランスがとれたスパーダである事が分かりましたが、自動車を購入する際迷うことと言えばオプション品などと並んでボディカラーと言う方も多いのではないでしょうか。

特に自動車のボディカラーは、人気の高い色が好きな方から色被りしにくい色が好みと言う方もいらっしゃいますので、ここでは新型ステップワゴンで人気のカラーをランキング形式で紹介していきます。

  • 第1位:クリスタルブラック・パール(標準・共通色

引用:https://bit.ly/3bk8BMo

新型ステップワゴンで人気のボディカラー、第1位は『クリスタルブラック・パール』となりました。

クリスタルブラック・パールは、漆黒の力強さとパールの光輝材が含まれる事によって柔らかさが演出されている点に加え、AIRとスパーダ系グレード共通色と言う事もあり第1位となりました。

また、新型ステップワゴンのボディカラーにおいては、全7色のうち5色が有料カラーに設定されており、グレード共通色や定番色と言う点に加え数少ない無料の標準色に設定されている事も、人気に繋がっているようです。

  • 第2位:プラチナホワイト・パール(有料・共通色

引用:https://bit.ly/3Ou510q

新型ステップワゴンで人気となるボディカラー、第2位は『プラチナホワイト・パール』となりました。

パール系ホワイトカラーは、ブラック系と並んで自動車の定番色となりますがこちらの色は、純白にパールが加わる事によって、柔らかさとファミリーカーらしい優しさが表現された風合いとなっています。

また、柔らかな風合いである事から性別や年齢層を問わず支持を得ており、こちらもAIR/スパーダのグレードを問わず、共通色に設定されている点に加え、定番色である事から下取りや売却時の価格がプラス査定になりやすい事も、人気の高さに繋がっていると言えるでしょう。

  • 第3位:トワイライトミストブラック・パール(有料・スパーダ専用色

引用:https://bit.ly/3Ot6rIw

新型ステップワゴンの人気カラーランキング、第3位はスパーダ専用色の『トワイライトミストブラック・パール』がランクインとなりました。

トワイライトミストブラック・パールは、新型ステップワゴンのスパーダグレードの為に造られた新色で、ブラック系の色ではあるもののどちらかと言うと、先代モデルで採用されていたプレミアムスパイスパープル・パールの様な、やや紫に近い色味が特徴です。

また、新型ステップワゴンのスパーダにおいてはカタログや雑誌等のメディアでも目にする機会の多いイメージカラーに設定されており、スポーティー感をラグジュアリーさ併せ持つ風合いである事から、比較的に若い年齢層からの人気が高くなっています。

  • 第4位:スーパープラチナグレー・メタリック(有料・共通色

引用:https://bit.ly/3Nd2Jlo

続いて第4位となった新型ステップワゴンで人気のカラーは『スーパープラチナグレー・メタリック』でした。

スーパープラチナグレー・メタリックは、グレー系カラーの中でもやや色のトーンが落とされ落ち着きと重厚さが魅力の配色となり、無骨ながらも昨今では同じくホンダから販売されているフリードやCR-Vなど様々な車種に採用されているカラーです。

新型ステップワゴンでは、先代モデルで設定されていた定番色の1つとなるシルバー系カラーが採用されなかった事から、主にブラック系やホワイト系の人気カラーを避けた方、シルバー系を本命としていた方からの支持を得ており、共通色である点も人気の高さに繋がっているようです。

  • 第5位:シーグラスブルー・パール(標準:AIR専用色

引用:https://bit.ly/3O8vRvg

新型ステップワゴンで人気のカラー、第5位はAIR専用色の『シーグラスブルー・パール』となりました。

シーグラスブルー・パールは、ハッキリとしたブルー系と言うよりは発色を抑えた水色系のパステルカラーとなり、スーパープラチナグレー・メタリックと同じくホンダではフリードにも採用され、目にする機会も多いボディカラーです。

新型ステップワゴンでは、標準ボディのAIRグレード専用色に設定されモダンで大人しい印象のボディデザインとマッチするなどの理由が人気に繋がっており、AIRでしか選ぶ事ができない事に加え無料の標準色に設定されている点も高評価となっています。

全体としては、共通色や販売台数の多いスパーダグレード専用色の人気が高い傾向にあるものの、ランキングの上位に入ることはできなかった『ミッドナイトブルービーム・メタリック』や『フィヨルドミスト・パール』も、新型ステップワゴンにマッチした綺麗な色ですので、他のユーザーとの色被りを避けたい場合はこちらを選ぶと良いかも知れません。

引用:https://bit.ly/3tRCt9s

ただし、自動車の人気カラーは販売を行う地域や年次改良などによってラインナップが変わり、紹介してきたランキングとは異なる場合がありますので、上記の順位は1つの目安にすると良いでしょう。

このように新型ステップワゴンでは、機能や装備と価格面のバランスがとれたスパーダがおすすめのグレードに挙げられ、共通色を中心として個性のあるボディカラーが人気となっていますので1つの参考にしてみて下さい。

新型【ステップワゴン】人気ボディカラーランキングのまとめ

今回は、新型ステップワゴンとボディカラーになどについて解説をしてきましたが、フルモデルチェンジが行われた新型ステップワゴンは、従来型の標準ボディのグレード名にAIR、エアロボディにはスパーダとボディタイプによって異なるグレード名となる事が分かったと思います。

主な違いとしては、両グレードでフロントグリルやバンパー周りのデザイン、選択可能なボディカラーの種類に加え、フルオートエアコンやパワーテールゲートの有無など、機能面でも異なる箇所がありますので、覚えておくと良いでしょう。

気になる人気カラーに関しては、両グレードの共通色をはじめとして個性的な各グレード専用カラーも人気が高い傾向にありますので、上記のランキングを参考に好みの色を探してみて下さい。

Y:アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/3xHMUxj

新型【ステップワゴン】最適なエンジンオイルや交換時期について

新型【ステップワゴン】車中泊の快適性について

新型【ステップワゴン】良い口コミと辛口コメント

新型【ステップワゴン】納期・納車待ち情報

愛車のサブスクリプション【KINTO】の魅力とは!?

KINTOのメリット

★★納車待ち期間が短くなるかも!?★★
(車種・タイミングによる違いはあります)

★購入やカーリースと比べるとトータルコストが結構安い
実際に各種カーリースなどと比べるとお値打ちな結果に

★自動車保険もコミコミ価格
事故を起こしても保険等級に変更なし

★契約途中でも車の乗り換えが可能
「乗り換えGO」というサービスで手数料を払えば乗り換え可能

★トヨタ正規販売店でメンテナンス
車検も正規販売店で行うので安心

★クレジットカード払い可能でポイントが貯まる
毎月の固定費でポイントが貯まっていくのは非常にお得

★契約はWEB上のみで完結出来る
見積もりの比較・検討が簡単に出来ます

★消耗品の交換費用も価格に含まれている
半年毎のメンテナンスの際、必要な部品は無償で交換

★車検代もコミコミ
なんと必要ならばタイヤ交換も無償でしてくれます

★各種税金もコミコミ価格
自動車税・重量税・自賠責保険も全てコミコミ

ポイントは毎月の固定費だけで車の維持費をほとんど計画出来る点です。
KINTOが高いと感じている方はこれも考慮した上で比較していただけるといいかもしれません。




タイトルとURLをコピーしました