新型【スイフトスポーツ】ATかMTで迷っているあなたへ

スイフトスポーツ

愛車のサブスクリプション【KINTO】の魅力とは!?

★★納車待ち期間が短くなる★★
 (KINTO専用の納期があります)

★購入やカーリースと比べると
 トータルコストが結構安い

★自動車保険もコミコミ価格

★契約途中でも車の乗り換えが可能

★トヨタ正規販売店でメンテナンス

★クレジットカード払い可能で
 ポイントが貯まる

★契約はWEB上のみで完結出来る

★消耗品の交換費用も含まれている

★車検代もコミコミ

★各種税金もコミコミ価格

ポイントは毎月の固定費だけで車の維持費をほとんど計画出来る点です。
KINTOが高いと感じている方はこれも考慮した上で比較していただけるといいかもしれません。

利用者数もどんどん増え、ついに10万人を超えました!

KINTOでクルマを買うなら今!!

トヨタ車をご検討中の皆様、是非一度【KINTO】でのクルマ購入をご検討ください。

↓↓KINTOの詳細はこちらから↓↓



スズキ 新型【スイフト/スイフトスポーツ】では、ATとMTのどちらがよいのでしょうか。

スイフトとスイフトスポーツと言えば、スズキを代表するだけではなく今や日本を代表するコンパクトハッチバック車の1つですが、他のライバル車よりもスポーツ志向の強い特徴があることから、トランスミッションはATとMTでどちらがよいのか、迷ってしまうと言う方も多いのではないでしょうか。

また、スイフトは2023年12月にフルモデルチェンジが行われたばかりの車種と言うこともあり、価格やグレード設定に加え先代モデルと比べ、どのような部分が変わったのか概要を知りたい方は少なくないハズです。

そこで今回は、新型スイフトとスイフトスポーツで設定されるグレードや価格、ATモデルとMTモデルにおけるそれぞれの魅力や先代モデルとの違いの紹介などを中心に、スズキ・新型スイフト/スイフトスポーツのトランスミッションや価格について解説をしていきます。

スポンサードリンク

【スイフトスポーツ】グレードと価格の紹介

引用:http://tinyurl.com/ymczskht

スズキ・スイフト/スイフトスポーツと言えば、2000年2月に同じくスズキから販売されていたカルタスの後継車種として販売が開始され、低排気量のエンジンとハッチバックボディを組み合わせた、コンパクト車のジャンルに属する車です。

日本における、2000年代以降のコンパクト車の代表格と言えば、トヨタではヴィッツ(現ヤリス)ホンダではフィット、日産ではマーチノートと言った車種が有名ですが、スイフトはこれらのライバル車とは少々コンセプトが異なり、走行性能に重点を置いた本格的なスポーツモデルを展開している点も特徴となります。

その後もデザイン性の高さと存在感のある走行性能を武器に、スイフト/スイフトスポーツは4度に渡ってモデルチェンジが行われた人気車となり、初代モデルの販売が開始されてから23年が経過した2023年12月には、5代目となるフルモデルチェンジが行われた事も大きな話題となりました。

引用:http://tinyurl.com/ys9fj9sx

一見すると、歴代スイフトは2代目モデルから丸みを帯びたハッチバックスタイルを踏襲しており、外観部分の変化は少ない印象ですが各世代のモデルによって、搭載されるエンジンや機能が大きく変化している為、新型モデルではどのようなグレード構成となっているのか興味を持っている方も多いと思います。

では、フルモデルチェンジが行われた新型スイフトにおける現在のグレード構成価格設定は、どのようになっているのでしょうか。

引用:http://tinyurl.com/y2y54h4e

まず、ノーマルボディタイプとなる新型スイフトを見てみると、現在はガソリンモデル専用の『XG』グレード、マイルドハイブリッドの中でもスタンダードモデルに位置づけられる『HYBRID MX』グレード、HYBRID MXの上級モデルとなる『HYBRID MZ』の3種が、新型スイフトには設定されています。

また、走行性能に重点が置かれたスイフトスポーツの場合は1種のグレードが設定されており、車名そのものがグレード名なっている点も特徴として挙げられ、現在販売が行われているスイフトシリーズとしては、合計4種のグレード体制となっています。

気になる価格としては

  • XG:1,727,000~1,892,000円
  • HYBRID MX:1,922,800~2,087,800円
  • HYBRID MZ:2,167,000~2,332,000円
  • スイフトスポーツ:2,164,800~2,236,300円(全方位モニターカメラパッケージは+52,800円)

に設定されており、概ね100万円台後半~200万円中盤が新型スイフト/スイフトスポーツの価格帯です。

引用:http://tinyurl.com/asjw4aez

これを、先代4代目モデルとなるスイフトの最終型と比べてみると、グレード体制が異なるため全てを同じ目線で比較することはできないものの、同等グレードであるガソリンXGは約155万円に設定されていた事を考えると、新型モデルは概ね17万円前後(他のグレードは約20~30万円前後)の値上げとなっています。

ただし、昨今の円安や物価高に伴う原材料の高騰に加え、装備内容が刷新されている状況を考慮すると、実質的な値上げの幅は最小限に留められていると言えるかも知れません。

引用:http://tinyurl.com/59ee8emp

関連して、新型スイフト/スイフトスポーツでは、グレードによって設定される動力方式やトランスミッションに違いがある点も特徴ですが、分かりやすく各グレードごとの設定と上記の価格をまとめると、ガソリン専用となるXGの場合は

新型スイフト XGグレードの価格
トランスミッション/駆動方式2WD4WD
AT1,727,000円1,892,000円
MT設定無し設定無し

マイルドハイブリッドモデルのHYBRID MXグレードは

新型スイフト HYBRID MXグレードの価格
トランスミッション/駆動方式2WD4WD
AT1,922,800円2,087,800円
MT1,922,800円設定無し

HYBRID MXの上級グレードとなるHYBRID MZは

新型スイフト HYBRID MZの価格
トランスミッション/駆動方式2WD4WD
AT2,167,000円2,332,000円
MT設定無し設定無し

スイフトスポーツは

スイフトスポーツの価格
トランスミッション/駆動方式2WD4WD
AT2,236,300円設定無し
MT2,164,800円設定無し

となっており、ATは全てのグレードで選択が可能ですが、MTに関してはHYBRID MXとスイフトスポーツのみ設定されている点が特徴です。

さらに、新型スイフト/スイフトスポーツのMT仕様車では4WDモデルも設定が無く、全て2WDモデルのみとなりますので、駆動方式やトランスミッションを選択する際は注意が必要となります。

また、フルモデルチェンジが行われた新型スイフト及びスイフトスポーツの場合は、このほかに1点だけ、注意をしなければならい部分が存在します。

引用:http://tinyurl.com/3af476k2

実は、冒頭でも説明をした通り新型スイフトは2023年12月に5代目となるフルモデルチェンジが行われていますが、スイフトスポーツに関しては現在のところモデルチェンジは行われておらず、当面の間は4代目モデルをベースとした車両が継続して販売される見込みです。

ただし、スイフトスポーツは先代型の場合でもノーマルボディタイプの販売開始から、半年程度を目安にフルモデルチェンジが発表されている事もあり、現段階では2024年後半~2025年以内にフルモデルチェンジの発表があると予想されていますので、興味のある方は今後の情報に注目しておくとよいでしょう。

この様にフルモデルチェンジが行われた新型スイフト/スイフトスポーツでは、現段階で合計4種グレードが設定されており、価格は概ね100万円台後半~200万円中盤となる事に加え、特に人気の高いMTは全てのモデルで選択ができると言うわけではありませんので、乗り換えなどを検討している際の参考にして下さい。

スポンサードリンク

【スイフトスポーツ】MTにするならここが魅力

引用:http://tinyurl.com/bdd6762p

前述した通り、スズキ・新型スイフト/スイフトスポーツでは現在4種のグレード設定となっており、価格は先代モデルと比べ概ね17万円程度値上げされている事が分かりましたが、スイフトと言えば他のライバル車種と比べスポーツ志向の強いモデルであることから、ATとMTではどっちが良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。

昨今では、性能自体の向上と操作性の面から実に新車の98%はトランスミッションがAT仕様となっており、免許の取得も2000年以降は概ね70%弱がAT限定普通免許という数字もあるため、MT仕様は今や希少車と言うのが実状です。

そんな中、スイフトスポーツに限った話をすると歴代モデルを購入した約70%のユーザーは、MT仕様を選択していると言う統計も出ているため、MT車の魅力はどのようなところなのか興味を持っている方は多いはずです。

では、新型スイフト/スイフトスポーツの場合、MT仕様車にはどのような点で魅力があるのでしょうか。

引用:http://tinyurl.com/4fwczxvu

そもそも、この両トランスミッション形式の主な違いとしては

  • AT:コンピューターの制御によって自動的にシフトのアップダウンや、変速を行う
  • MT変速はドライバーが自らクラッチとシフトを操作してギヤチェンジを行う

と言う点が大きな違いとなり、MTは道路や路面の状況に応じドライバーの意思とタイミングで、自動車を自由に操ることが可能な点は、MT仕様車の最も大きな魅力です。

昨今では、技術の進歩もありATでもパドルシフトなどを使用し、ドライバーのタイミングでシフトチェンジを行うセミMT車も増えつつあるため、スポーティーな走行を行う事が可能となっています。

しかし、変速のタイミングはコンピューターとトルクコンバーターを介して行われるため、一昔前ほどではないものの、ドライバーの意思と変速のタイミングにどうしてもタイムラグが出てしまう点は、スポーティー志向の強い車にとって残念な点でもあるため、走りの楽しさはMT車の大きな魅了という訳です。

引用:http://tinyurl.com/5n8dn28w

また、ノーマルボディタイプとなる新型スイフトのMTモデルはATモデルと同じ約192万円に設定されていますが、スイフトスポーツの場合はMTの方が約216万円と、ATより約7万円安く設定されており、購入時のコストを抑えられる点も魅了の1つとして挙げられます。

ちなみに、自動車の価格に関連した項目と言えば売却時のリセールバリューを思い浮かべる方もいらっしゃると思いますが、スイフト/スイフトスポーツの場合はATとMTでどれくらいの価格差があるのか気になるところです。

これは、中古車市場の需要や流通量などによってもバラツキがあるため、一概に言える訳ではありませんが、先代型となる4代目モデルの場合は、若干MTの方が高額となるもののATとの差は概ね2~3万円程度が査定の相場となります。

このため、どちらのトランスミッション形式を選んでも極端にリセールバリューが変わると言う事はありませんので、覚えておくと良いでしょう。

引用:http://tinyurl.com/77txtwch

2点目の、新型スイフト/スイフトスポーツでMTを選んだ場合に魅力となる部分は、燃費性能です。

フルモデルチェンジが行われた新型スイフトには、先代モデルと異なり1.2L直列3気筒の自然吸気エンジンが搭載され、純粋なガソリンモデルのAT仕様車における燃費は23.4km/Lとなっており、非常に優秀な燃費性能を誇ります。

この数値は、新型スイフトと同じコンパクト車の代表格でもある、トヨタ・ヤリスやホンダ・フィットのガソリンモデルを抑え、現行型の純粋なガソリン国産登録車としては最も優れた燃費性能となる点が特徴です。

これを、同じエンジンを搭載したマイルドハイブリッドモデル(2WD)の燃費を見てみると

グレード燃費
ガソリン(AT)23.4km/L
マイルドハイブリッド(AT)24.5km/L
マイルドハイブリッド(MT)25.4kmL

となり、マイルドハイブリッドモデルは走り出しや加速時に、モーターからアシストを受ける事ができるため、純粋なガソリンモデルよりも低燃費を実現していますが、中でもMTはATよりもさらに約1.0km/L弱ほど燃費性能が高いことが分かります。

引用:http://tinyurl.com/yz5ddrfx

一般的に、自動車におけるトランスミッション形式別の燃費は、新型スイフトでも搭載されるCVT(AT)>MT>多段式ATの順となるケースが多く、無段変速によって最も効率良くエンジンの回転数を制御する、CVTが燃費面で有利とされています。

これに対して、多段変速を伴うATはアクセルワークの過程でエンジンが高回転なってしまう場合や、変速の回数が多いことで必要以外の燃料を消費してしまう事から、ドライバーの意思で適切な変速が行えるMTよりATは燃費面で劣ると言う訳です。

では、なぜATの中でもCVTを搭載する新型スイフトの場合はMTの方が低燃費なのか疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、主な要因としては

  • MTによる、最適なエンジン回転数の制御ができる
  • トルクコンバーターが不要となる事から、動力が伝わりやすく車両重量が軽くなる
  • シフトをニュートラルに入れる機会が多く、アイドリングストップ以外にも燃料の消費を抑えられる

などが挙げられるため、新型スイフトのMT仕様は車を自由に操れるだけでなく、燃費性能の高さによって、ランニングコストとなる燃料費を抑えられる点も魅力と言えます。

引用:http://tinyurl.com/4ukrea2v

一方、走行性能に特化したスイフトスポーツの場合は、排気量が1.4Lのターボ付きエンジンを搭載している点や、ボディの大型化に伴う車両重量の増加により、ガソリンMT仕様車でも燃費は17.6km/Lと残念ながら新型スイフトには及びません。

しかし、燃費の差を補う走破性が備わっている点を考慮すると、正にMTモデルは走りに特化している点が最大の魅力となりますので、満足度が高い1台と言えるでしょう。

余談となりますが、前述した通りノーマルモデルとなる新型スイフトは2023年12月にフルモデルチェンジが行われていますが、スイフトスポーツは現在のところ先代モデルが継続して販売されている点が特徴です。

現段階では、2024年~2025年内にフルモデルチェンジが行われると推測されていますが、新型モデルではMT仕様が設定されているHYBRID MXをベースとして、マイルドハイブリッド仕様のスイフトスポーツが発売される見込みとなっていますので、燃費面の向上も含めこちらも今後の情報に注目しておくと良いかも知れません。

この様に新型スイフト/スイフトスポーツのMT仕様における魅力は、車両を自由に操り走りの楽しさを追求できる点や、ATよりも燃費性能面で優れているなどの点が挙げられますので、比較や購入を検討している際の参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

【スイフトスポーツ】先代モデルとの違いのまとめ

引用:http://tinyurl.com/2vw6avs7

スズキ・新型スイフト/スイフトスポーツのMT仕様における魅力は、車を操る楽しさや省燃費性などとなる事が分かりましたが、新型スイフトは2023年12月にフルモデルチェンジが行われたばかり車種と言う事もあり、先代モデルとはどのような部分が変わったのか、興味を持っている方も多いのではないでしょうか。

特に、先代モデルが発売された2016年当時は、現在当たり前となっている運転支援システムなどの機能が普及し始めた時期と重なり、新型モデルでは先代型から大きく進化した部分も多いため、先代モデルとの違いを知りたい方は少なくないハズです。

では実際に、新型スイフト/スイフトスポーツと先代モデルでは、どのような違いがあるのでしょうか。

引用:http://tinyurl.com/34935s9k

まず外観部分に目を向けていくと、フロント・リヤを中心としたライト周り、ボンネット部などの部分でデザインに変更が加えられているものの、全体的なフォルムは新型と先代モデルの両方で共通しています。

大きく変わった訳ではありませんが、先代型はスズキのロゴマークがグリル部に配置されていたのに対し、新型モデルではレーダーやカメラが装着される事からロゴはボンネット付近に移設されていますので、新旧どちらのモデルかを判断する際はこの部分を見ると分かりやすいかも知れません。

次に、新型モデルと先代型のボディサイズを見てみると

モデル全長全幅全高
新型スイフト3,860mm1,695mm1,500mm
先代スイフト3,840mm1,695mm1,500mm

にそれぞれ設計されており、フロントグリル付近に運転支援システムなどが搭載される事から、新型モデルは先代型と比べ全長が20mm(2cm)と僅かながら長くなっていますが、その他のサイズについては両モデルで同じとなっており、車両の大きさに極端な違いはありません

引用:http://tinyurl.com/ycxbkww2

次に内装部分を見ていくと、全体的な質感やレイアウトは新型モデルと先代型概ね同じレイアウトが採用されており、運転席周りの計器類やエアコンパネルの操作位置も、大きな違いは無いと言えます。

ただし、先代型ではナビゲーションの取り付け位置がセンターパネルの中段に配置されていたため、画面の確認を行う際など視界移動が多いレイアウトでしたが、新型モデルではダッシュボード上にディスプレイの位置が変更されたため、視認性が向上した点は良くなったポイントです。

関連して、ディスプレイの下部に配置されたエアコン操作パネルは、先代型がダイヤル式だったのに対し新型モデルではスイッチ式に変更されており、内装部分の質感が上がった点に加えて操作性も向上しています。

引用:http://tinyurl.com/4k4s9ap4

さらに、内装部分の機能を見ていくと、新型モデルでは上位モデルに限り電動式パーキングブレーキが備わる点は先代型の改良モデルと同じですが、昨今、様々な車種で標準化されているディスプレイオーディオの中でも9インチサイズが設定された点は、大きな進歩となります。

また、スイフトの様なコンパクト車の使い勝手を大きく左右する荷室部分については、ボディのデザインが異なるため寸法こそ異なりますが、容量については265Lが確保されており、大きさについては両モデルで同じです。

しかし、新型モデルの場合は荷室の開口部となる部分が10mm低く、荷室の床面は25mm高く設計された事から、先代モデルよりも段差が軽減されている事で、荷物の出し入れを行いやすくなっているため、使い勝手が向上している点は嬉しいポイントと言えるでしょう。

引用:http://tinyurl.com/bde4cfxj

続いて、昨今の自動車では最も重要視される項目の1つとなる、運転支援や予防安全システムの違いですが、先代型が発売されて間もない2016年時は、これらの安全システムが普及し始めた時代となり、代表的な機能としては

  • 衝突被害軽減システム
  • 誤発進抑制機能
  • アダプティブクルーズコントール
  • カーテン+サイドエアバッグ

などの機能は設定こそされていたものの、これらはエントリーグレードを除き全てのグレードでメーカーオプションに設定されていました。

これに対し、新型モデルでは上記の基本的な予防安全機能のグレードアップに加え

  • 全車速追従機能付きクルーズコントロール
  • 標識認識機能
  • ブラインドスポットモニター
  • ドライバーモニタリングシステム(メーカーオプション)

など、一部の機能を除き先代モデルでオプション設定となっていた運転支援や予防安全システムは、エントリーグレードを含む全てのモデルで標準装備されているため、安全面については圧倒的に新型モデルの方が優れていると言えます。

引用:http://tinyurl.com/yckxjab2

最後に、搭載されるエンジンや燃費性能を比べてみると、先代型には1.2L直列4気筒の自然吸気エンジンと1.0L直列3気筒のターボエンジンが搭載されていました。

これに対し、新型スイフトではターボエンジンが廃止され、先代型よりも高効率を実現した1.2L直列3気筒の自然吸気エンジンのみが設定されており、スイフトとしては約16年ぶりの新型エンジンが搭載され走行面が強化された点は大きな違いです。

これに関連した項目として、両モデルの燃費性能を比較してみると

新型スイフト トランスミッション形式別の燃費
グレード/ミッション形式ATMT
新型スイフト22.0~24.5km/L25.4km/L
先代スイフト18.8~21.0km/L21.8km/L

となっており、新型スイフトは先代モデルと比べて概ね3.0km/L以上、燃費性能が向上している点は新型モデルにおける大きなアピールポイントだと言えるでしょう。

引用:http://tinyurl.com/yc6phh3c

なお、スイフトシリーズの中でも特に走行性能に重点が置かれたスイフトスポーツに関しては、前の項目でも触れた通りフルモデルチェンジが行われておらず、現在は先代型をベースとした車両が継続販売されています。

このため、現段階では先代モデルと比べてどのような変更点があるのかは残念ながら不明ですが、ノーマルボディとなるスイフトにおける先代モデルとの違いを考慮すると、エンジン性能だけではなく燃費面や機能の部分でも大きく進化すると予想されますので、今後の情報に注目しておくことをおすすめします。

この様に、新型スイフト/スイフトスポーツと先代モデルでは、外観デザインやボディの大きさに関しては違いが殆ど無いものの、内装部分の機能や運転支援システムに加え、燃費面でも大きな違いがありますので、比較を行う場合などの参考にしてみて下さい。

【スイフトスポーツ】トランスミッションや価格などのまとめ

今回は、新型スイフト/スイフトスポーツのトランスミッション形式や価格などにについて解説をしてきましたが、この両モデルは現在、合計で4種のグレードが設定されており、価格については概ね100万円台後半~200万円台中盤となる事が分かったと思います。

気になるATやMTと言ったトランスミッション形式については、一概にどちらが良いとい事はないものの、MT仕様の場合は車を自由に操る楽しさが1番の醍醐味となり、加えて車両の本体の価格が抑えられる点や燃費性能などの面が大きな魅力と言えますので、覚えておくと良いでしょう。

また、新型スイフトはモデルチェンジが行われた事で、運転支援システムを中心に先代モデルでは否搭載やオプションとなっていた機能の多くが標準化され、使い勝手や環境性能面でも大きく向上している点が違いとなりますので、比較を行う際などの参考にしてみて下さい。

Y:アイキャッチ画像 引用:http://tinyurl.com/bdd6762p

【車を高く売る】ベストな方法を教えます!

今まさにこの時代、クルマを高く売るには最高のチャンスです!!

▼ 半導体不足 

▼ 新車の納期が大幅に遅くなる 

▼ 中古車を購入したい人が増える 

▼ 中古車の販売価格が上昇する 

★ 中古車の買取り価格が上昇する!

中古車買取り業者は数多くありますが、最も楽にお得に愛車を売却したいのは当然の流れ。

まさか、ディーラーの言いなりになって安い下取りで満足していませんよね!?

高値で愛車を売却出来れば、その分次のクルマに使えるお金も増えますよ!

中古車需要は年々上がり、
買取り価格も最高レベル!!

査定だけでもお気軽にどうぞ!!

【オススメポイント】

1. 高額査定の最大3社のみと交渉するから、一括査定にありがちな電話ラッシュなし!

2. 申し込み翌日18時に、最大20社の査定結果がネットで見れる!

3. ネット比較&高額買取店と交渉して最高額の買取店が楽にわかる!

↓↓気になる方はこちらをクリック↓↓

タイトルとURLをコピーしました