新型【クラウン】クロスオーバー納期と価格

クラウン

利用者急増中!愛車を手に入れる新しい方法

コロナ禍で移動手段に車を選択する人が増えています。

★★納車待ち期間が短くなるかも!?★★
(車種・グレードによる違いはあります)

★頭金が不要で毎月一定額で利用可能

★Web上で手続き可能で即納車

★自動車保険料・各種税金・車検費用コミコミ

★トヨタの正規販売店でメンテナンス

★クレジットカード払い可能

KINTOを利用して新しいカーライフを始めてみませんか?

↓↓ KINTOの詳細はこちらから ↓↓




トヨタ 新型【クラウンクロスオーバー】の納期や価格は、どのようになっているのでしょうか。

クラウンと言えば、トヨタ車の中でも長年にわたって上級モデルの立ち位置を担ってきたセダン車としても有名ですが、2022年9月に行われたフルモデルチェンジでは今までと異なったクロスオーバースタイルのクラウンが発表されたため、価格設定が気になる方も多いのではないでしょうか。

また、新型クラウンクロスーバーに限らず昨今の新車は、世界的な感染症の拡大による部品の調達不足などの影響もあり、一昔前と比べ発注から納車まで時間を要するケースも少なくないため、購入や乗り換えを検討している際は予め大まかな納期を把握しておきたいところです。

そこで今回は、新型クラウンで新たに設定されたクロスオーバーモデルに設定される価格や現在の大まかな納期の状況、今後発売が予定されている他のモデルの紹介を中心に、新型クラウンクロスオーバーと納期や価格などについて解説をしていきます。

スポンサードリンク

新型【クラウン】クロスオーバー価格

引用:https://bit.ly/3V4Ryj7

トヨタ【クラウン】と言えば、長年トヨタのフラグシップブランドとして国産車の中で最も高級な自動車の1つに位置づけられ、1983年に登場したモデルでは『いつかはクラウン』と言うキャッチコピーが生まれたほど、日本における高級車の象徴となる車です。

初代モデルは1955年に販売が開始され、価格的に決して安価でないもののトヨタ自動車において上級モデルの象徴的存在を担い、2022年9月には歴代モデルから数えて16代目となるフルモデルチェンジが発表されました。

この16代目となる新型クラウンでは、世界規模で販売されるグローバル車として生まれ変わり、クラウンの代名詞とも言われるセダン型以外にも、SUVを中心とした大幅なラインナップの変更が発表された点も大きな話題となりました。

引用:https://bit.ly/3TfINC2

中でも、従来型のセダンスタイルとSUVを掛け合わせたクロスオーバーモデルの新型クラウンが先陣をきって販売開始され注目を浴びていますが、元々クラウンはトヨタのフラグシップモデルに位置づけられている事から、車両価格はいくらくらいなのか興味を持っている方も多いと思います。

では実際に、フルモデルチェンジが行われ新しいスタイルの1つとして発表された、新型クラウンクロスオーバーの価格はどのくらいに設定されているのでしょうか。

先代モデルまでのクラウンと言えば、従来型のガソリンモデルに加えエンジンとモーターを組み合わせるハイブリッドモデルが設定されていましたが、新型クラウンのクロスオーバーモデルでは全てのグレードでハイブリッドモデルのみの設定となっています。

引用:https://bit.ly/3giiFb8

また、駆動方式もクロスオーバーモデルらしくE-Fourと呼ばれる4WDのみが設定され、各XとGグレードには2.5Lの自然吸気エンジン、各RSグレードには2.4Lのターボエンジンがそれぞれ搭載されますが、具体的な価格を見ていくと

新型クラウンクロスオーバーの価格(全てハイブリッドモデル & E-Four)
グレード 乗車定員 価格
クロスオーバーX 5人 4,350,000円
クロスオーバーG 4,750,000円
クロスオーバーG”Advanced” 5,100,000円
クロスオーバーG”LeatherPackage” 5,400,000円
クロスオーバーG”Advanced Leather Package” 5,700,000円
クロスオーバーRS 6,050,000円
クロスオーバーRS”Advanced” 6,400,000円

にそれぞれ設定されており、概ね400万円前半~600万円中盤が新型クラウンクロスオーバーの価格帯となっています。

引用:https://bit.ly/3Gonevx

これを同じSUVのジャンルに分類され、こちらも高級車の1つに位置づけられるトヨタ【ハリアー】のE-Fourハイブリッドモデルや、量産型セダン車の上級モデルに位置づけられるトヨタ【カムリ】のE-Fourハイブリッドモデルの価格と比較すると

ハリアー/カムリの価格(全てハイブリッドモデル & E-Four)
車種 乗車定員 価格
ハリアー 5人 3,938,000円~5,148,000円
カムリ 3,693,000円~4,682,000円

にそれぞれ設定されていますので、クロスオーバーモデルの新型クラウンは引き続き、両車より車格という面で上級モデルに位置づけられていると言えます。

余談となりますが、冒頭でも少し触れた通りフルモデルチェンジが行われた新型クラウンは先陣を切って販売が開始されたクロスオーバーをはじめとして、世界規模で販売されるグローバル車となった点が1つの特徴です。

引用:https://bit.ly/3GBPhYL

この国外仕様に関しては、クラウンの象徴である王冠ロゴがトヨタロゴに変更されているなど一部を除き、基本的なデザインやスペックは日本仕様車と同じですが、アメリカでの具体的な販売価格を見ていくと

アメリカでの新型クラウンクロスオーバーの価格
グレード 乗車定員 価格(日本円換算)
XEL(=クロスオーバーX) 5人 約5,830,000円
Limited(=クロスオーバーG) 約6,650,000円
Platinum(クロスオーバーRS) 約7,640,000円

に設定されており、アメリカでの新型クラウンクロスオーバーは、概ね100万円~160万円程度日本仕様車よりも価格が高く、設定グレードも絞られている点が特徴ですので覚えておくと良いでしょう。

このように、フルモデルチェンジが行われた新型クラウンクロスオーバーの価格は、概ね400万円前半~600万円中盤に設定されており、トヨタ車の中でもトップクラスの車格に位置づけられていると言えますので参考にして下さい。

スポンサードリンク

新型【クラウン】クロスオーバー納期

引用:https://bit.ly/3XhPtCi

新型【クラウンクロスオーバー】は、歴代モデルの中でも新しい試みとなるセダン車とSUVを組み合わせたモデルとなり、価格は概ね400万円前半~600万円中盤に設定されている事が分かりましたが、フルモデルチェンジを行った車種と言うと納期が気になる方も多いのではないでしょうか。

特に昨今では、新型コロナウイルスによる世界的な感染拡大によって海外からの部品調達に滞りが生じているほか、新車の製造に欠かす事のできない半導体不足などの影響も重なり、2019年以降に販売された多くの車種では長期的な納期遅れとなっているのが現状です。

引用:https://bit.ly/3GkuqbV

新型クラウンを生産・販売するトヨタでも、ヤリスクロスやカローラクロスと言った人気の高い車種で最大1年程度、2022年初頭にフルモデルチェンジが行われたノア/ヴォクシーの場合は10ヶ月程度の納車待ちが発生しているため、乗り換える際は具体的な納期の概要を把握しておきたいところです。

では実際に、フルモデルチェンジが行われた新型クラウンのクロスオーバーモデルは、どれくらいの納期状態となっているのでしょうか。

これは、購入を行う地域や時期に加え選択するグレードとオプション品の有無によっても差が生じるため全てのケースに当てはまる訳ではありませんが、モデルチェンジ直後の現在としては、概ね6ヶ月~9ヶ月程度が新型クラウンクロスオーバーの目安となる納期になります。

引用:https://bit.ly/3gcrOCr

一部では、ボディカラーやオプション品の有無によっても異なるものの、現在のところ最も人気の高い最上級グレードとなる『クロスオーバーRS”Advanced”』で、最短5ヶ月程度の納期となるケースもある様です。

また、トヨタでは長期的な納期遅れを分散させる試みの1つとして、2022年8月に販売が開始された新型シエンタや9月に発売された新型クラウンのクロスオーバーモデルから、メーカー推奨仕様と呼ばれる制度が設けられています。

このメーカー推奨仕様とは、販売の開始時に特定のグレードのみを集中的に受注・生産する仕組みとなっており、一部のグレードは販売開始から概ね4ヶ月後に受注が可能となります。

引用:https://bit.ly/3EbmlE2

では、新型クラウンクロスオーバーの場合どのグレードがメーカーの推奨仕様となるのか気になるところですが、販売開始直後の状況としては

  • クロスオーバーG”Advanced”
  • クロスオーバーG”Advanced Leather Package”
  • クロスオーバーRS”Advanced”

となっており、グレード名の一部に『Advanced』と入る3グレードがメーカー推奨仕様に設定され、他のグレードについては2023年1月以降に生産が開始される予定となっています。

引用:https://bit.ly/3hBrzBa

ただし、グレード名の一部にAdvancedと入るメーカー推奨仕様の3グレードでも、選択を行うボディカラーのうち

  • ブラック×プレシャスホワイトパール(バイトーン)
  • ブラック×プレシャスシルバー(バイトーン)
  • プレシャスシルバー(モノトーン)
  • エモーショナルレッドII(モノトーン)

4種を選んだ場合には、メーカー推奨仕様以外のグレードと同じく2023年1月以降の生産開始予定となっていますので、納期にこだわる際はボディカラーの選択も注意が必要ですので覚えておくと良いでしょう。

KINTOを利用すれば大幅に納期の短縮が可能

引用:https://bit.ly/3CK8eEP

先述の通り新型クラウンクロスオーバーの納期は、選択するクレードやオプションによって異なるものの概ね6ヶ月~9ヶ月程度が1つの目安となる事が分かりましたが、購入や乗り換えを検討している方の中にはもっと早く納車できる方法を探している方も多いのではないでしょうか。

ただ、自動車の納期は基本的に受注を行った順で決まるため、何らかの事情で注文後にユーザーへ届けることが不可能となったキャンセル車を狙うと言う以外は、残念ながら購入者自身や販売店側で納期を短くさせることはできません

しかし、全く方法がないという訳では無く、昨今の新型クラウンクロスオーバーを含む多くの新車では、一般的な購入方法とは別に、大きく納期を短縮させる方法も存在します。

それは、トヨタが新しい車の購入方法として現在最も力を入れているサービスの1つとなるKINTOを利用すると言う方法です。

引用:https://bit.ly/3TGH9sz

トヨタが提供するKINTOとは、自動車におけるサブスクリプションサービスとなり、自動車を使用する期限を予め設定し、それに準じた月額使用料を支払うことで自動車を手に入れる事ができるサービスです。

このKINTOの中には

  • 車両使用料
  • 任意保険
  • 車検などの法定費用
  • 故障などに備えたメンテナンス費用

などが含まれており自動車に乗る際、必要となる高額な費用を大きく抑えられる点が最大の魅力ですが、KINTOを利用する際はこのほかに納期を大幅に短縮させることができると言うメリットも含まれています。

引用:https://bit.ly/3UVg1XQ

先に触れた通り、KINTOは現在トヨタが最も力を入れているサービスの1つですが、メーカーはサービスをより充実させるなどの目的から、工場にはKINTOの受注を優先した生産ラインが設けられています。

そのため、通常発注では納期まで半年以上が掛かってしまう車種でも、KINTOを利用すれば優先的に自動車の生産が行われるため、早い場合では最短1ヶ月程度で納車が可能となる点はKINTOの大きな魅力です。

では、実際に新型クラウンクロスオーバーの場合は、どれくらいの納期になるのか気になるところですが、先述したように現在は選択できるグレードを絞った状態で一般受注は概ね6ヶ月~9ヶ月が納期の目安となります。

引用:https://bit.ly/3GhbmLS

これに対してKINTOを利用した際は、多少の前後があるものの概ね2ヶ月程度で納車が可能となっており、一般受注と比べて大幅に納車までの時間を短縮することができますので、少しでも早く新型クラウンに乗りたいという場合は、KINTOの利用も選択の1つと言えるでしょう。

ただし、KINTOは予め車を使用する期限を設け契約期間が満了を迎えた際には、必ず車両を返却しなければならず、残価型クレジットの様に途中で車両を買い取ると言う事はできませんので覚えておく必要があります。

このように新型クラウンクロスオーバーの納期は、一般受注の場合概ね6ヶ月~9ヶ月程度が1つの目安となりますが、サブスクリプションサービスであるKINTOを利用した場合には、約2ヶ月程度で納車が可能となりますので車の使用環境に応じて参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

新型【クラウン】クロスオーバー 今後発表のモデルとは?

引用:https://bit.ly/3g8hJ98

冒頭でも触れた通り、新型【クラウンクロスオーバー】は従来型のセダンモデルとSUVを掛け合わせた歴代クラウンの中でも新しい試みとなる車種ですが、今後は2023年内を1つの目処にクロスオーバー以外の3種のモデルも販売が予定されています。

元々クラウンはトヨタの上級セダンとして販売が開始されましたが、歴代モデルの中にはステーションワゴンタイプやピックアップトラックなどでも、クラウンの名がついた車種が存在するため、ここでは今後発売が予定されている他のモデルを紹介していきます。

クラウンスポーツ

引用:https://bit.ly/3E9w3GN

クラウンスポーツは、名前から想像すると同じくトヨタから販売されているGR86やスープラと言った、スポーツカーを連想する方も多いと思いますが、現段階では新型クラウンクロスーバーの全高を高く設計し、スポーティー感のあるミドルSUVタイプとなる事が予定されています。

車両の全高がクロスオーバーよりも高く、車両中央からリヤにかけてスポーティーな形状となる事からポルシェ・マカンやBMW・Xシリーズの様にスポーツSUVを意識したデザインとなっており、立ち位置としてはハリアーの上級モデルと言える存在です。

その他の競合車としては、レクサスNXシリーズや車格と価格面は異なるもののマツダ・CX-60がボディサイズとしては同等となる事が予想されており、新型クラウンの中では最もアクティブなモデルと言えるかもしれません。

引用:https://bit.ly/3GpJdm1

ボディサイズは、今回モデルチェンジが行われる新型クラウンシリーズの中で最も全長部が短く、他の部分の大きさとしては

  • 全長:4,710mm
  • 全幅:1,880mm
  • 全高:1,560mm

に設計されています。

また、クラウンスポーツはトヨタが先立って発表を行った15台に上るBEV(電気自動車)の中の1台としても話題となっており、クラウンとして初の電気自動車になるのではないかと期待の大きい1台の様です。

クラウンエステート

引用:https://bit.ly/3tzSwrD

クラウンエステートと言う名は、どこかで聞き覚えがあると言う方も多いのではないでしょうか。

かつてクラウンには、従来型のセダンモデルをベースとして荷室部分を大型化したステーションワゴンタイプが初代モデルから併売されており、1999年に発売されたモデルでは正式にエステートの名称が付き、今回は16年ぶりの名称復活と言う点も大きな話題となりました。

引用:https://bit.ly/3AiXuNw

今回フルモデルチェンジが予定されている新型クラウンのエステートは、従来型となるステーションワゴンタイプとSUVを掛け合わせたモデルとなり、現在のところ詳細は不明ですがどちらかと言うと、三菱・アウトランダーの様なSUV志向の強い3列シート車となる事が予想されています。

また、メーカーからも余裕のある走りと機能性を併せ持つラージSUVと説明されていますので、今回モデルチェンジを控えた新型クラウンの中では最もSUV色が強く、海外で販売が行われるトヨタ・ハイランダーやボルボ・XCシリーズなどを意識した内容であると言えるかも知れません。

引用:https://bit.ly/3tx6Yk6

ちなみにボディサイズは、全長こそ新型クラウンクロスオーバーと同じですがその他の部分としては

グレード名 全長 全幅 全高
クロスオーバー 4,930mm 1,840mm 1,540mm
エステート 4,930mm 1,880mm 1,620mm

となり、エステートの方がやや大きく設計されている点も特徴です。

クラウンセダン

引用:https://bit.ly/3UEyNTR

最後は、クラウンと言えばこの形を連想する方も多い、セダンタイプのクラウンセダンです。

外観のデザインは前後共にクロスオーバーを基軸としており、横一直線となったヘッドライトやテールランプは先代モデルのフォルムから大きく変更されている点に加え、レクサスブランドにはない斬新なデザインに変更された点が大きな特徴となります。

新型クラウンクロスオーバーとの大きな違いは、セダンタイプらしく車両の全高を抑えラグジュアリー感が引き立つよう未塗装パーツは採用せず、シャープさがより伝わる縦型のグリルを採用している点です。

引用:https://bit.ly/3EdFYuW

先代モデルまでと比べると、直線的でシャープな部分が多くインパクトに欠ける部分もありますが、逆にシンプルな中にも重厚感などを感じさせるデザインとなるため、コンセプト自体は異なるもののレクサスブランドのセダン車と比較しても遜色が無いと言えます。

今回行われた新型クラウンシリーズのモデルチェンジでは、古き良き伝統を継承するセダンタイプと、新しいクラウンとしての形を表現する観点からSUVタイプの2種に分かれたと言われていますので、新型クラウンセダンは新しさと伝統が組み合わされたデザインだと言えるでしょう。

引用:https://bit.ly/3T68q8p

ちなみに、ボディサイズに関しては4つのモデルの中で最も大きく設計されており、他のモデルと比較をすると

グレード名 全長 全幅 全高
クロスオーバー 4,930mm 1,840mm 1,540mm
スポーツ 4,710mm 1,880mm 1,560mm
エステート 4,930mm 1,880mm 1,620mm
セダン 5,030mm 1,890mm 1,470mm

となっており、正にトヨタ車の最上級ブランドに相応しいラグジュアリーさと室内空間の広さを兼ね揃えたモデルだと言えるかも知れません。

このようにフルモデルチェンジが行われた新型クラウンには、先陣を切って販売が開始されたクロスオーバーモデルの他に、ミドルSUVのクラウンスポーツ、ラージSUVのクラウンエステート、先代モデルを継承するクラウンセダンの3種が今後発売予定となっていますので、覚えておくと良いでしょう。

新型【クラウン】クロスオーバーの価格や納期などのまとめ

今回は、トヨタ・新型クラウンクロスオーバーの価格や納期などを中心に解説してきました、フルモデルチェンジが行われた新型クラウンの価格は概ね400万円前半~600万円中盤に設計されており、他のトヨタ車と比べても先代モデルと同じく上級モデルの車格に位置づけられている事が分かったと思います。

また、気になる納期に関しては購入を行う地域や選択するオプションなどによっても差がありますが、現在は概ね約6ヶ月~9ヶ月が1つの目安となっており、サブスクリプションサービスであるKINTOを利用した場合は2ヶ月程度となりますので覚えておくと良いでしょう。

さらに新型クラウンシリーズは、2022年9月に販売が開始されクロスオーバーモデルを皮切りに、2023年にかけてミドルSUVのクラウンスポーツ、ラージSUVのクラウンエステート、従来モデルを継承するクラウンセダンの3種が今後発売予定となっていますので、購入を検討している際などの参考にして下さい。

Y:アイキャッチ画像 引用:https://bit.ly/3XhPtCi

愛車のサブスクリプション【KINTO】の魅力とは!?

KINTOのメリット

★★納車待ち期間が短くなるかも!?★★
(車種・グレードによる違いはあります)

★購入やカーリースと比べるとトータルコストが結構安い
実際に各種カーリースなどと比べるとお値打ちな結果に

★自動車保険もコミコミ価格
事故を起こしても保険等級に変更なし

★契約途中でも車の乗り換えが可能
「乗り換えGO」というサービスで手数料を払えば乗り換え可能

★トヨタ正規販売店でメンテナンス
車検も正規販売店で行うので安心

★クレジットカード払い可能でポイントが貯まる
毎月の固定費でポイントが貯まっていくのは非常にお得

★契約はWEB上のみで完結出来る
見積もりの比較・検討が簡単に出来ます

★消耗品の交換費用も価格に含まれている
半年毎のメンテナンスの際、必要な部品は無償で交換

★車検代もコミコミ
なんと必要ならばタイヤ交換も無償でしてくれます

★各種税金もコミコミ価格
自動車税・重量税・自賠責保険も全てコミコミ

ポイントは毎月の固定費だけで車の維持費をほとんど計画出来る点です。
KINTOが高いと感じている方はこれも考慮した上で比較していただけるといいかもしれません。




タイトルとURLをコピーしました