新型【オデッセイ】買うなら知っておきたい魅力と欠点

オデッセイ

愛車のサブスクリプション【KINTO】の魅力とは!?

★★納車待ち期間が短くなる★★
 (KINTO専用の納期があります)

★購入やカーリースと比べると
 トータルコストが結構安い

★自動車保険もコミコミ価格

★契約途中でも車の乗り換えが可能

★トヨタ正規販売店でメンテナンス

★クレジットカード払い可能で
 ポイントが貯まる

★契約はWEB上のみで完結出来る

★消耗品の交換費用も含まれている

★車検代もコミコミ

★各種税金もコミコミ価格

ポイントは毎月の固定費だけで車の維持費をほとんど計画出来る点です。
KINTOが高いと感じている方はこれも考慮した上で比較していただけるといいかもしれません。

利用者数もどんどん増え、ついに10万人を超えました!

KINTOでクルマを買うなら今!!

トヨタ車をご検討中の皆様、是非一度【KINTO】でのクルマ購入をご検討ください。

↓↓KINTOの詳細はこちらから↓↓



2023年12月より販売再開となった、ホンダ【オデッセイ】

生産拠点が変更となったのみならず、最新のラグジュアリーミニバンに相応しい改良が施されての再登場とあって、注目度の高いクルマとなっています。

新型【オデッセイ】を検討されている方にとって発売終了前のオデッセイとどこが違うのか、どこが改良されたのかが気になるところでしょう。

今回は買うなら知っておきたい新型【オデッセイ】の魅力と欠点について取り上げていきます。

スポンサードリンク

【オデッセイ】改良されて魅力アップ!良くなった点

オデッセイ

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

まずは新型【オデッセイ】の改良ポイントを見ていきましょう。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

フロントグリルグリル開口部が拡大され、水平基調のメッキバーを5本に増やしたうえで突起状のデザインと組み合わせた意匠へ変更フロントのHondaエンブレムがより前方に配置されました。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

最上位グレード「e:HEV ABSOLUTE・EX BLACK EDITION」では、フロントグリルをブラッククロームメッキリアコンビランプをブラックスモークレンズ18インチアルミホイールをマットベルリナブラックルーフやピラーライニングをブラックにするなど、内外装の随所にブラック加飾が採り入れられており、他のミニバンとは異なるスポーティーかつ上質な仕上がりとなっています。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

内装を見ていくと、2列目キャプテンシートは4ウェイパワーシートとなり、オットマンとリクライニング操作を電動化

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

また、シートヒーター、折りたたみ式センターテーブル、ミニテーブル付アームレスト、USBチャージャー(Type-C)が新たに標準装備されました。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

運転席周りではセンターパネルのギアセレクターが従来のレバー式からオデッセイでは初採用となるエレクトニックギアセレクターへと変更され、ステップWGNと同じく最新のホンダミニバンらしくなりました。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

またステアリング裏にはアクセルオフ時の減速感を3段階で調節可能なパドル式の減速セレクターが装備され、シーンに合わせた減速調整を素早く行う事が出来る様になりました。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

安全性での変更点では、先進安全装備「Honde SENSING」は近距離衝突軽減ブレーキ、オートハイビーム、急アクセル抑制機能を追加するとともに、衝突被害ブレーキはフロントカメラが広角化されたことで交差車両、右折時の対向車、横断自転車、二輪車、夜間の歩行者の検知が可能になりました。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

そして、オデッセイで初となる車載通信モジュール「Honda CONNECT」も導入され、サブスクリプションサービスの「Honda Total Care プレミアム」の利用が可能となった点も嬉しいポイントでしょう。

ボディカラーはシンプルな3色+「e:HEV ABSOLUTE・EX」専用色となるメテオロイドグレー・メタリック(有料色)を加えた4色展開へと再編されました。

メテオロイドグレー・メタリック(e:HEV ABSOLUTE・EX専用色・有料色)

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

・プラチナホワイト・パール(有料色)

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

・プレミアムヴィーナスブラック・パール(有料色)

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

・フォーマルブラック

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

標準色では旧モデル(2020年11月マイナーチェンジモデル)から追加されたプラチナホワイト・パールプレミアムヴィーナスブラック・パールの有料色2色が踏襲され、黒系は有料色であったプレミアムスパークルブラック・パールから無償設定のフォーマルブラックに差し替えされています。

シルバー系が無いのは少し物足りなく感じるかもしれませんが、輸入車である事からカラー構成を絞ったというよりも、これまでの販売実績からお客様の声を反映した人気色に絞った結果でしょう。

スポンサードリンク

【オデッセイ】ここがもう少し頑張ってもらいたかった点

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

最新の内外装と安全性能と快適性を向上させた改良により商品力をアップして販売再開となった新型【オデッセイ】ですが、残念な点もあります。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

まずはシート構成から2列目ベンチシート仕様が無くなりキャプテンシートのみとなりました。

オデッセイのクラスのミニバンではライバル勢においてもキャプテンシート仕様が販売の主流となっていますが、ベンチシート仕様の選択の余地は残されています。

ファミリー層のみならずショーファーカーとして2列目キャプテンシートにオーナーが座るというニーズも高く、オデッセイにおいてもニーズの高いキャプテンシート仕様に絞った、という見方があります。

ただし、今回のオデッセイは中国生産の輸入車となるため中国での生産仕様に即した内容とせざるを得ない点があり、中国ではキャプテンシート仕様のみの設定となるために今回の販売再開でキャプテンシート仕様のみとなった、という事情もあります。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

オデッセイの場合、3列目に3人乗りシートが存在するので2列目がキャプテンシート仕様でも多くのケースで困らないという判断もあるのでしょう。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

しかし、3列目シートを収納して荷物を積載した状態で後席に3人乗車出来るベンチシート仕様のメリットを活かしたい、という意見も多いのも確かです。

特にオデッセイの場合、3列目シートが床下収納であるためラゲッジスペースが出っ張りの少ない形状となるので各種レジャーシーンで活用しやすいというライバルに優るポイントがありながら乗車人数が4人に絞られるのは残念な点といえるでしょう。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

ベンチマークシート仕様が無いのは残念ではありますが、多くの乗車ケースで5人以上の乗車する機会が少なくてキャプテンシートでも困らないのも確かですし、3列目シートは分割格納が出来ますので5人乗車でもラゲッジスペースを広げる事は出来ます

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

次に、改良の上での販売再開となったとはいえ、2020年のマイナーチェンジ仕様と大きく変わらない外装なのは残念に感じるポイントでしょう。

改良が加えられているとはいえ、2014年発売のベース車両の古さもフルモデルチェンジしたライバルと比較すると見劣りする点でしょう。

しかし、内装では上記の通りエレクトニックギアセレクターへと変更された運転席周りや電動化したキャプテンシートこれからの主流であるType-CのUSBチャージャーが2列目キャプテンシートに標準装備となり、使い勝手が向上しています。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

また、ホンダの最新ハイブリッドシステムである「e:HEV」を採用しており燃費性能と走りで2024年の最新車両に相応しい仕上がりとなっていて古さを感じさせません。

そして、e:HEV専用車となった弊害として、ガソリン車が無いため販売価格が480万円~と価格帯が上がってしまったのも残念な点でしょう。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

しかし、ベースグレードである「e:HEV ABSOLUTE」でも標準装備が充実していて不足を感じさせないので実際に見積していくと「高い」とは感じないでしょう。

ガソリン車の魅力も確かにありますが、e:HEVは燃費性能のみならず走行性能も高いハイブリッドシステムですので価格以上の満足度を得る事が出来るでしょう。

スポンサードリンク

【オデッセイ】口コミまとめ

Odyssey

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

新型【オデッセイ】の魅力と欠点を取り上げてきましたが、オデッセイに関する口コミを見ていきましょう。

■良い口コミ

・内外装に手を加えられており、ホンダのフラッグシップミニバンとして深化したと言ってもいいかも。

・フロントグリルの開口部上段を拡大してグリルがさらに大きくなり、メッキにアクセントを持たせた立体表現になることで、ワイド感と高級感がさらにアップしていて迫力がある

・新型【ステップWGN】と同じくエレクトリックギアセレクターとパドル操作の減速セレクターに変更されて新しさを感じさせる

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

11.4インチモニター対応となったナビシステムコンソールは市販のDIN規格のナビやオーディオなども装着できる形式が引き継がれており、音響に拘ることが出来るのが良い。

キャプテンシートが電動化して快適に使えそう。

引用:https://www.honda.co.jp/magazine/vol47/01/

ミニバンらしからぬスポーティーな走り、というオデッセイらしさは引き継がれていて復活したことは嬉しい。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

2列目のシートは足まで延ばせるようになっていて心地よい

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

内装が素晴らしいので仕事関係でお世話になっている人を乗せても安心で、シートの素材は本革なので高級感があります。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

3列目シートを倒せば本当に荷物がたくさん載せれるので、キャンプ、ゴルフ、釣り、と遊びの幅が広がる。

・オデッセイを乗り継いできたのでガッカリさせない改良になっていて嬉しい。

 

■残念な口コミ

・オデッセイが販売終了となったので他車種に乗り換えたが、販売再開するのならば事前に予告しておいてほしかった

販売再開するなら他社に乗り換えなかったのに……

・中国生産に切り替えるという事情は致し方ないにしても、販売終了から短い期間での販売再開するならば販売終了では無く一時停止と告知するなど既存ユーザーへの配慮が無いホンダのスタンスが残念

・フラッグシップカーとしてはステアリングホイールヒーター、3パーソン程度のドライバーシートメモリー機能は備えて欲しかった

アプティブドライビングビーム機能が無いなど、ステップWGNやZR-Vなどにある機能が無かったり、基本装備が旧式のままだったりとフラッグシップの割りに改良が中途半端で残念。

・内外装で改良が加えられたとはいえ、価格上昇しており1割程度割高に感じる

引用:https://www.honda.co.jp/ACCORD/new/

次期アコードで採用される「Googleビルトインシステム」を採用して欲しかった。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

・運転する分にはスポーティーで快適だが、後席はゴツゴツした印象の乗り心地で豪華な内装に似つかわしく、もっと上手にいなせる足回りに出来なかったのか?

3列目シートへのアクセスはイマイチのままでステップWGNや日産【セレナ】のようにキャプテンシートに横スライド機構を加えて3列目への開口部を広げる工夫をしてほしかった。

 

まだ発売再開となったばかりで口コミは少なめですが、既存のオデッセイからの乗り換え・比較の声が多く、販売終了前から乗っていた方からは期待の声と共に厳しい声も見受けられました。

特に歴代オデッセイを乗り継いできた方からの期待の声は大きいと感じさせました。

中国生産になった事への不安の声は少なく、販売再開への喜びと期待を感じさせます。

ブラッシュアップされた新型【オデッセイ】、是非お近くの販売店で一度お確かめください。

アイキャッチ画像引用URL:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

【車を高く売る】ベストな方法を教えます!

今まさにこの時代、クルマを高く売るには最高のチャンスです!!

▼ 半導体不足 

▼ 新車の納期が大幅に遅くなる 

▼ 中古車を購入したい人が増える 

▼ 中古車の販売価格が上昇する 

★ 中古車の買取り価格が上昇する!

中古車買取り業者は数多くありますが、最も楽にお得に愛車を売却したいのは当然の流れ。

まさか、ディーラーの言いなりになって安い下取りで満足していませんよね!?

高値で愛車を売却出来れば、その分次のクルマに使えるお金も増えますよ!

中古車需要は年々上がり、
買取り価格も最高レベル!!

査定だけでもお気軽にどうぞ!!

【オススメポイント】

1. 高額査定の最大3社のみと交渉するから、一括査定にありがちな電話ラッシュなし!

2. 申し込み翌日18時に、最大20社の査定結果がネットで見れる!

3. ネット比較&高額買取店と交渉して最高額の買取店が楽にわかる!

↓↓気になる方はこちらをクリック↓↓

タイトルとURLをコピーしました